「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ


by acine
プロフィールを見る
画像一覧
なんだかんだと言って見てしまう
マイケル・ムーアのドキュメント映画

やりすぎ感が漂ってた(けど面白い)旧作に比べると
かなり優等生的出来というか お行儀のいい映画だったと思う

あちこちの国へ行き その国民の話を聞いていると
シンプルに人生を送る 生活を過ごすことを考えると
自国は決して恵まれていない状況に驚く マイケル・ムーア

ただ幸せの基準がどこか? 人それぞれ国それぞれ違うと思うので
いいところを寄せ集めて それで国を作ればいいかというとなると話は別

いろんな価値観を持っている人がいる時代なんでは?と感じた

結局なんだかんだ言っても マイケル・ムーアはアメリカを愛してるんだな
自分の国をそんなふうに表現できる彼は幸せな人だと思う
[PR]
# by acine | 2016-08-11 15:22 | Estados Unidos 米映画 | Trackback | Comments(0)
着工から130年を過ぎても未だ工事が進行中のサグラダ・ファミリア
その歴史、ガウディとその遺志=意思を継ぐ人々の証言
現在進行中の工事現場であり教会である
世界に二つとないバルセロナの教会をマジメに追ったドキュメント

大のサグラダ・ファミリアファンなので見ないわけにはいかない

今も地下鉄を駅の階段を上がり、どこ?!と振り返った時の
迫り来るようなあの質感、あの圧倒的なボリューム感、重量感は忘れられない
そして、工事現場なのにあの厳かなで静かな雰囲気は
今まで味わったことのない空気だった
塔に登って見たバルセロナの街並、空と地中海のブルー
そして、何より静かながらも脈々と感じた
ガウディの遺志とそれを引き継ぐ人々の心意気がそこにあった
初めて行った時はとにかくその凄さに圧倒され
流れる空気にとにかく感動し 入場料が建築費になるならと
2回入場し、ほぼ1日そこにいた 離れられない何かがそこにあった

映画もその時の思いを久しぶりに思い出した感じで
自分たちは歴史の教科書には載らないけど 
誇りを持ってこの教会を作っている・・・
ガウディがしたかったことを探しながら仕事をしている・・・なんて
こんな風に遺した仕事をやってくれている人たちがいるなんて
ガウディも空の上で建築家冥利に尽きてるだろうと思う

私が見た時より遥かに急ピッチで進んでいる工事
なんとも有機的で美しい唯一無二の空間
天国にいるような気さえする工事現場
工事が進行中だからこそ他にない特別な空気があるんだと思う
出来たところをぜひ見たいけど
いつまでも未完で工事中のサグラダ・ファミリアを
まだまだこれからも見てみたい気もする

映画はシリアスで淡々としていたけれど
最後の遺志を継ぐ人たちの言葉に思わず涙した

ぜひ完成したところを見たい!
バルセロナに行きたい!と思った
死ぬまでに完成したところを絶対見たい!
[PR]
# by acine | 2016-03-05 23:39 | Europa  ヨーロッパ映画 | Trackback | Comments(0)
ケイト・ブランシェットが主演
トッド・ヘインズが監督というだけで見に行った映画
クラシックな古き良き時代のNYが舞台
ケイトとルーニー・マーラのクラシックな美貌と
これまたクラシックな恋模様がよく似合う
どう考えても二人の未来がそんなに明るいとは思えず
ルーニーを取れば、娘は遠のく・・・よなと
心配しながらも、二人の純愛(まさに)逃避行を傍観する
ケイトが乗っていたグレーベージュのクラシックな車が
これまたよい雰囲気を醸し出すロードムーヴィー的逃避行
ハッピーエンドなのかなとちょっとほっとしつつも
男は男らしく 女は女らしい装いが素敵で
そんな古き良きアメリカを味わう映画でもあった
ケイトもクール・ウォームビューティは変わらずだけど
ちょっと肉厚なお顔になったかな? 
人のこととても言えないけど・・・!
[PR]
# by acine | 2016-03-03 22:36 | Estados Unidos 米映画 | Trackback | Comments(0)
ダニエル・ボンド 4作目
場面、場面でちょいとお年を召した?ダニエル?
前2作は不完全燃焼気味だったりしたけど
今回も世界各地でアクションしまくり
大活躍のダニエル・ボンド!
立ってる、歩いてるだけでなんとも絵になるんだな~
あの声で喋ってるだけでたまらん・・・のですな
やっぱりなんだかんだ言ってもスタイリッシュでカッコいい
なんだかレイフもモニカもお年を召したな・・・と再び思いつつ
小動物のようなベン@Qで和み クラシックでモダンなロンドン
世界の都市の重厚さ、こんな景色がある~と感心しながら 
ダニエル・ボントを鑑賞し尽す 堪能!
まだまだボンドをやって欲しいけど
マンネリにならない方がいいのか?と思いつつ 
次こそカジノ・ロワイヤルみたいな刺激的なヤツを頼む 
ついでに監督はマシュー・ヴォーンか
クリストファー・ノーランで、ダニエル・ボンドを頼みたい
[PR]
# by acine | 2016-01-25 21:42 | Inglaterra イギリス映画 | Trackback | Comments(0)
まるで環境映画?
美しい自然 
美しい衣装 
美しい建物
美しい音楽
美しいキャスト
ストーリーがすべてわかったわけじゃないけど
いかにも風流で東洋的で 詩的で私的な映像美映画
つまらなかったわけじゃないのに
間で10分位思いっきり居眠りしてしまった
映像美と間を垣間見るだけでも価値ありかも
スー・チーとチャン・チェンも美しい
チャン・チェン ホントに佇まいが素晴らしいな 男前!
[PR]
# by acine | 2016-01-25 21:15 | Asia アジア映画 | Trackback | Comments(0)
ダニエル・ボンド3作目
まずは結論 ちょっと小粒かな?
出だしのイスタンブールは一体どんだけ一般人
巻き込むの?状態でちょっと引き気味
屋根をバイクで走るシーンも凄いことやってるはず
なのに 何故か余り凄く見えないのは何で?
諜報員の立ち位置を問われるのは現代的なんだけど
もうちょっとハビ演じる敵もダークナイト並の
パンチが欲しい ボンドガールも地味
お膝元の英国シーンが半分位で地に足ついて
品良かったものの もうちょっとゴージャスさも欲しい
レイフもベンもでなかなかこれまた品の良い
キャスティングなものの Mにあそこまで
持っていかれていいものか?
もっともっとボンドを目立たせてちょーだい!
という感じ ダニエルはとても素敵でクールなのに
サム・メンデス ちょっとちんまり作ってしまったなぁ
前作も今作も見終わった後 カジノ・ロワイヤルが見たくなった
個人的には ノーランかヴォーン監督作にてダニエル・ボンド熱望!

12.12 80点
[PR]
# by acine | 2012-12-04 23:05 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(0)
紅塩も本作で監督デビューを果たした
7人の監督が描く @ハバナオムニバス
個人的には もう少し ブエナ・ビスタ的
音楽の充実感 あの空気感が味わいたかったなぁ
という感じ 街もだけど どちらかというと
人間にスポットを当ててる (それもえらく集中的)ので 
そのテイストが好きじゃないと
傍観者になってしまうのが残念だった
紅塩のはアメリカンテイストでまぁまぁ
個人的には あの”アナとオットー”の
フリオ・メデムの一話が一番印象的だった
マドリーのクラブ経営者とサクセスに惹かれつつ
野球選手の恋人を放っておけない若い女性歌手の話
きっと 見た人皆これが一番印象的だったのではないかな?

12.10 72点
[PR]
# by acine | 2012-11-07 18:58 | Europa  ヨーロッパ映画 | Comments(0)