Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

THE INTERNATIONAL ザ・バンク 堕ちた巨像 '09 アメリカ

e0079992_19461875.jpg
これも監督買い映画

監督がトム・ティクヴァだから・・・ 
※トム・ティクヴァ作品:パフューム ~ある人殺しの物語~
   この映画は圧巻です ↑

意味不明な邦題より 原題の方が当然ながら ストーリーの核心に近い
ルクセンブルグにある国際銀行と 国・軍事産業・インターポールが絡み合う
小難しい映画かと思いきや ストーリーはシンプルでわかりやすい
詳しく:シネマトゥデイ

一言 地味な映画
トム・ティクヴァ 程よいテンポ 静けさ 
人間の奥底がチラつくタイプの映画だった

e0079992_19455891.jpg


その国際銀行の裏側を追う捜査官がクライヴ・オーウェン
いぶし銀の演技でとても安定していた
それまで全然と言っていいほど 興味がなかったクライヴ
去年のエリザベスで見て こんなにカッコいい人だったんだ?!と
ビックリしました 今回も大人のいい男っぷり健在!
デコデコした顔で 一見派手さはないのに かと言って 
決して地味ではない 大人の華やかさを持っている人だ
長身で立ち姿も絵になる この人がボンドでも凄くハマるだろうなぁ・・・

そして 予想が当たってしまった ナオミ・ワッツ
私はどうも彼女の演技や喋り方が生理的に合わない

今回も役柄のせいか 彼女の演技不足か
NY検事局でバリバリ仕事してる人にはどの場面も見えない・・・
彼女が出てくる度に 格好ばかり気にしてそうで
こういう系統の仕事を職業にしてる女じゃないよね
仕事できそうなタイプじゃないよね・・・と

一言 女優としても平凡
特徴がない 下手じゃないけど 上手くもない
クセがあるわけでもない 特別綺麗 スタイルが
いいというわけでもないし どうも没個性
今回の検事局の役はミスキャスト 

仕事に力入れてるより どういう風に自分がカメラに
映るかの方が大事という感じがしてしょうがなかった
彼女が出てくると 妙に画面の空気も緩くなって
彼女が出ない方が 男ばかりでストーリーを追った方が
映画は引き締まったと思う

という せっかくクライヴやトムの描くシンプルなストーリーは
悪くないのに ナオミがどーもね・・・という感じで 
居眠りしかけてたら NYのグッゲンハイムのシーン・・・

その激しさに 今までのストーリーをすっかり忘れて
しまいそうになって 一抹の不安を覚えたら・・・

そのあとは望んだ通り 男の世界になったので一気に集中!

あの地下室の老人とクライヴのシーンからは映画自体も
ぐっと引き締まった感じがして 終盤は良かったと思う
あの地下室の話も ドイツ人の監督ならではの視点という感じだし
正義一辺倒のクライヴに対し あの訥々と語る老人の話も確かに正しい

しかし いくら裏を暴こうとしても 暴けないルールがある
儲ける人は儲ける 不正と知りながら 
それを追及しない世界の国々 なんとも難しい世の中だと思う 

とにもかくにも ナオミがいなければ もっと点数が上がったと思う
よって 映画としては 何とか劇場で見る価値ありの及第点スレスレという感じ

e0079992_19473918.jpg


だけど この映画 まったく予想してなかったのが
007より スゴいんじゃない?と思わせる ロケーションの豪華さ
ベルリン、ミラノ、リヨン、ルクセンブルグ、イスタンブール、NYなどの
街の景色や街並み そして建物とインテリア・・・
オフィスの内部なども どれも素晴らしかった!

街&建物フェチの私にはたまんない景色がいっぱい
散りばめられていて おぉ~!カッコいい!の連続でありました
ついでに言うと 欧州なので 当然ながら
欧州車が一杯そこら辺を走ってるのも素敵!

そういえば 今までのトム・ティクヴァの映画も
こういう風景やアングル ロケ地の活かし方がとても上手い

ただそこへ行って撮りましたとか 
このアングル凄いだろう! というこれみよがしでもなく 
その街の空気感をさりげなく 景色や建物の持つ美しさを
ありのままに端正に切り取ることが出来る人

こういうロケーションと共存する映画 
ロケーションが生きてる映画 私はとても好き! 
それだけで ポイントが上がる

というわけで クライヴ:〇 ナオミ:× ストーリー:△ 街:◎

今日の映画:70点
[PR]
Commented by Gun0826 at 2009-04-08 20:30
なんか最近、俺が観たいと思ってる映画をacineさんがレビューして
くれてる感じなんですが(多分気のせい

これも以前から気になってたんですよね。あぁもうちょっと自由に
映画とか行ける時間を確保しないと。
邦題は現在の金融危機に絡めたタイトルらしいです。

ナオミだめですか。俺もこの人、あんまりいいとは思ったことないですね。
クライブ・オーウェン狙いで観にいきたいと思います。
Commented by acine at 2009-04-08 21:21
◇Gunさん そーですか?(笑)。そうそう、前もそう書いて下さい
ましたよね!覚えてます。この辺もブログの醍醐味?
不思議さかもしれませんね。

映画はホントに時間との戦いですよね~(笑)。私も見れる時、
行ける時に行っておかないと~で。

邦題、そうなんですね?金融危機とはちょっと路線違うなぁ・・・と
いう感じですが、なかなか真面目に作った映画でした。

ナオミ・・・Gunさんもそうですか~!別に下手じゃないし、
普通よりは少しは綺麗な人なんだけど、女優として特別な魅力が
あるわけじゃないし、どうも没個性という感じがして。
いい役をもらえてるのが、私にはよくわからないなぁ・・・。

クライヴはいい男ですね(笑)。文中にも書いてるけど、
彼がボンドでも凄くハマりそうな気がします。

まずはウォッチメンの方をおすすめ!

Commented by gloria-x at 2009-04-08 21:25
わたしもナオミ・ワッツどうもNGなんですよねぇ。
なんかどんな役やっても安いというか、不幸オーラが出てるというか・・・
クライブ・オーウェンはさらに苦手!顔が生理的にダメ・・・・(-_-;
なのでこの映画はパス必至ですが、苦手な監督&キャスト揃いなのに実際観たら★5つの「イースタン・プロミス」みたいな例もあるから決め付けはダメですね。機会があったら観てみま~す。
Commented by acine at 2009-04-08 21:36
◇Gloriaさん そうそう! Gloriaさんそうでしたよね!
そーなんですよ。とにかく平凡という印象。
今回も演技より、綺麗に映される方に意識がいってるな~と
いう感じでした。なのに、何か書類を渡すシーンでは額に
5,6本皺が入ってて、怖っ~!って感じで、アナタ、意識するなら、
そこまで意識しないと~!と思ってしまいました(笑)。
ホントその額に皺顔、すごく怖かったんですよー!!!
あはは!クライヴもダメですか~?私も、実はニコラス・ケイジ似の
デコデコしたもっさい人というイメージがあって、どうも苦手
(別にニコラスも嫌いじゃないんですよ・笑)だったんだけど、
”エリザベス”見て、あら・・・?カッコいいじゃないの~!と
コロっと変わったんです。ちょっとジェラルド・バトラー系でも
ありません?
Gloriaさんは濃い人苦手ですもんね(笑)。私は濃い人全然OKなのです(笑)。ヴィゴ・・・は私も苦手ですね~。
この映画は、街と建物とインテリアはイケてますよ!

Commented by lafra at 2009-04-09 12:23
なるほど~
私も何かがいま一つと思ったのはナオミ・ワッツだったのかもしれません。
観ているときにはあまり気付きませんでしたが、ナオミが出てくると重みに欠けて軽いイメージになるんですよね~。
本当、仕事できる女には全く見えなかったですもん!
仕事より家庭、恋愛な雰囲気のほうが向いてそうです^^

邦題どうにかならないものですかね><もったいない!

そうですね、街並みやアングル、建物のチョイス、インテリアと雰囲気はとっても良かったと思います♪
引き込まれたのもロケーションのうまさがあったからかな^^
Commented by sabunori at 2009-04-09 23:13
acineさん、こんばんは。
ただただ「観た」という記録として書いた手抜き感想へのTBありがとう
ございました。(笑)
おっしゃる通り街とインテリアはステキな作品でしたね!
ストーリーについては、勝手にもっと社会派ドラマだと思っていたら
結構娯楽作だったので「あ、あら??」とちょっとビックリ。
ナオミさん、最後には逃げ出しちゃうし一体なんだったんでしょ?(笑)
Commented by acine at 2009-04-09 23:22
◇lafraさん そーなんですよ。どう見たって、こういうへヴィな仕事してる女
には見えなかったでしょ~? お飾りだったら、もっと本筋から
離れて出てくればいいのに、妙に本筋に絡んでくるので、
うっとおしいなぁ・・・という感じでした(笑)。どう見たって、彼女が
起爆剤になる雰囲気は全然なくて、単に話がダレただけ・・・って
感じでした。そうそう、lafraさんのいう通り、そういう役をおやりに
なった方がまだマシかもしれませんね。って、ボロボロに書いてますね。私!

この映画、そういう面ではとっても楽しめました。ロケーションを
ちゃんと生かして、端正に切り取ってましたもんね♪
Commented by acine at 2009-04-09 23:26
◇sabunoriさん ははは!私も単に見た・・・系だったはずなんですが、
ついつい、いつものクセでダラダラ書いてしまってました(笑)。
そうそう、私ももっと狭い範囲で描いてるかと思いきや、確かに娯楽系でしたよね(笑)。まぁナオミなんかが出てる時点で、そうなのかもですねぇ。
マジならもっとマシな女優選びますもん・・・ってまたボロボロ!
そーなんですよ。最後に去って行ってしまって、さんざんクライヴに
絡んで、何だったんアンタ?状態でしたよねぇ。TBもありがとうございました♪
by acine | 2009-04-08 19:41 | Estados Unidos 米映画 | Comments(8)