Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

赤壁 決戦天下 レッドクリフ Part II/未来への最終決戦 '09 アメリカ・中国・日本・台湾・韓国

e0079992_2314484.jpg

PartⅠを見終わった時・・・

このまま 休憩挟んですぐ見せてくれ~!
もしくは 明日でもあさってでもいいからすぐ見せてくれ~! 

と思っておりましたが・・・
間が空くと ちょっと落ち着くもんですね(笑)

その間 某aの策略に乗せられるもんか!と思いながら

1のDVDを買い(まだ全然見れてませんが・・・)
おとといの日本語吹替(すっかりストーリーわかってるので副音声にて)
うたた寝しながら見て そんな安っぽい見せ方やめてくれー!と
思った2のシーンが始まったのを見て 即スイッチを切ったけど・・・
まんまと策略に乗せられつつあるワタクシでありました(恥)
*今日もトニー&武のクリアファイルも1同様買ってしまったし・・・!

前置きが長くなりましたが
やっぱり気になる・・・! 早く見ないと~で見てまいりました。

一言・・・ 個人的には1のリズムの方が好きです

だけども本来は2が主役のはず・・・

aの策略で 間が空きすぎて かえって
1の興奮がすっかり落ち着いてからの2なので 
半分あたりに来るまで どうも2のリズムに慣れないまんまでした

以下 ネタバレ 核心に近い書き方あり・・・

しかしデブ助こと 尚香・・・女だってわからない~?!
女が軍にいてもおかしくないんだろうか・・・?!

剣で舞う白衣の周喩 そして 詩を詠む小喬・・・
これぞシノワズリー! オリエンタリズム! で素敵なんだけど
二人しかいないのにカッコつけすぎじゃないの~?!

とか あれこれ心の中で 突っ込みながら見てると
なかなか集中できない部分も(笑)

どうも これってギャクなのか? 大真面目なのか
素敵なのか? クサいのか? あれこれどう判断していいのか
わからないジョン・ウーならではのユルい?シーンが
1以上に散りばめられていて ちょっと理解に苦しみました

e0079992_23441310.jpg


軍師でありながら ピースフルな空気漂う 金城孔明(素敵なんだけど!)
を始め 決戦間近ながら 呉蜀連合軍陣営はどうも緩い空気が漂っている感じ

その中で この人が登場すると 空気が引き締まる曹操!
今回の主役はこの人と言っても過言ではないでしょう

e0079992_20205960.jpg


予想通り 張豊穀・・・とても良かった!!!
嫌らしさも漂わせつつ トップに立つ人間としての威厳と怖さ・・・
上手かったし 大変素敵でした!
そんな曹操も チーリン演じる小喬の人妻お茶談義に
まんまと攻撃の機会を惑わされてしまう 
只の人間ぶりも面白かったりするんだけど(笑)
あのざんばら髪も ”王妃・・・”のユンファ父を彷彿とさせて素敵でした 
あぁいうざんばら髪は色気と哀愁をなぜか漂わせるね
オヤジ年代ならではの色気 孫権が青二才扱いされるのも納得

e0079992_23571411.jpg


今回トニーは大活躍ながら 演技としてはノーマルアベレージで
(彼ならもっと出来るはずだと思うけど アクションもあったりで
大変だったんだろうなぁ・・・) 終わってしまってると思うので 
張豊穀の存在感ある演技の方が断然目立ってた感じ
どうもかつらが似合わない 比較的大柄な人が多いキャストの中
あのトニーの上背では厳しいものがあったような気が・・・

武くんは 今回はハマり役 実戦にも出ず けっこうお得な役柄だったけど
安心して見れました 〇を吹かすのも不思議ちゃんな武くんなら
ホントぴったりよね~ そしてラストもひょっこり現れて面白かった!
しかし あのラストも大真面目にこれかよ~?とかなり驚きました
あの3人だから絵になるものの・・・

あと個人的に好きだったのは  
ビックリしたような顔の呉の老将軍
孔明さんといいコンビの可愛いて魯 粛

e0079992_23581227.jpg


そして 張震も黄金の鎧に身を包み最前線へ・・・
派手さはなかったけど どこか漂うヤンキーの香りを活かした 
勇ましいシーンも麗しかったし ヤンキーくさいと言っても品はよいのです

e0079992_23584765.jpg


あと1より うんとよかったのは リン・チーリン
吹き替えだったので 落ち着いて聞けたし
あの曹操を前にしての演技や しっとりと美しい佇まいも
なかなかよかったです しかし あの人妻お茶談義・・・ 
最後にあんなに曹操を情緒&体調不良に陥れるとは
思いもしませんでした(笑) いやはや凄いわ あのお茶談義!

e0079992_23594556.jpg


残念ながら 1では大活躍だった 
蜀の将軍たちは 撤退してたりで あんまり目立たなくて残念でした

2はやはり戦いがメインなので そのシーンには確かに力が入ってたけれど 
炎&爆発に人間(キャラクター)が埋もれてしまったような気が・・・
今回女性陣が活躍するので 特に男性陣
あと そこへ行きつくまでも キャラクターが余り立ってない人が
多かったし・・・ 1はまるで顔見世興行か?という位凄かったのに・・・
それか自分がすっかり慣れてしまっていたのか・・・

全体的に人間があくまでも主役だった1の方が遥かに魅力的でした
ワクワクさせるようなテンポも1の方が断然よかったような気が・・・

と言いつつ 個人的にポイント高かったシーンもありました

団子のシーンのあとの トニーと老将軍の会話

疫病テントでの曹操の話

思わず鼻がツーンと致しました

e0079992_2345336.jpg

で もう1回 曹操さん!

というわけで 個人的には1の方が好きだけど
2もあって 完結する映画ということで 見て損はないと思います
曹操 凄くいいしね~!!! 

あと1同様音楽も印象的 エンディングも密かにとてもいい曲だと思う

今日の映画:79点

やっぱりチェ2作のように 即2も公開の方が効果的なような気がしますね
もしくは ギュッと肝心なシーンと絞って まとめて1本か・・・
[PR]
Commented by RIN at 2009-04-15 20:35 x
こんばんはー。
コレ、パート1が絶賛だった人ほどパート2でテンション下がるみたいです(苦笑)
私、パート1、ひそかに落胆してたんで、(クリアファイルもキューピーもゲットしてません・・・)
パート2で上昇しました。
でも、睡魔はかなり何度もきました。
前半のヴィッキー・チャオ潜入とか後半の炎&爆発とか
「まだやるのか?」というほど長いんですよね。
一気上映されてたら確実に寝てたと思います。

テント演説はすごかったですね。普通の役者ではなかなかあそこまで
引き込めませんよね。
チャン・フォンイーさんで成立していた映画だったと思います。
Commented by rabiovsky at 2009-04-15 23:34 x
間が空くと落ち着いちゃいますね。
DVDまで出ちゃいましたし、暴挙ともいえるテレビでの放映!
大人の世界は恐いですね~(笑)

パート2はどうも好みが別れるみたいみたいですね。

今回は心理戦とクライマックスが見せ場。そうなると金城孔明と
我らが曹操、張豊穀さんがどうしてもクローズアップされてしまうでしょう。
特に張豊穀さんはスゴイ!どんな場面でも力強く立っている姿は
もう誰も寄せ付けることの出来ない雰囲気を醸し出しています。
立ち尽くしても魅力的!
やっぱ朗々と話したり、力強く立っている姿などで緩急を自在に操るのだから
誰も太刀打ちできないでしょう。

尚香はどう見ても女ですよね(笑)
私はヴィッキー・チャオには若干引き気味でした。

孔明さんといいコンビの魯粛は面白かったですね。
彼がいるから孔明の軍師としての凄さ、頭脳明晰さが出ていますしね!
調子が良すぎるのもいいです(笑)。

でもやっぱこの映画は良いも悪くもジョン・ウーの映画だと思います。
だからこの映画の限界も見えますし、魅力も見れますから。
Commented by mayo at 2009-04-16 00:37 x
acineさん、どうもです!
パート2、なーんかヘンなバランスだったですよね。女性の活躍に時間を
割いたせいで男性陣の描き方が浅い感じになっていたのが気になりました。なので、チーリンやヴィッキー・チャオはこちらの方が魅力的だったけれど、でも、私は別にこの映画で彼女たちの活躍が見たいわけじゃないんだよなあ、とちょっと引いてしまったんですよね。やっぱり男たちの熱い戦いと駆け引きがもっと見たい!
そういう意味で、パート1はスクリーンに向かって身を乗り出すような気持ちになって見れたけれど、パート2にはそれがなかったのがちょっと残念。

といいつつ、やっぱりあと1回観ちゃいますかね(笑)もう一度観ればまた
感じることが違ってくるかしら?



Commented by acine at 2009-04-16 22:35
◇RINさん TBもありがとうございました!
”パート1が絶賛だった人ほどパート2でテンション下がるみたい”って、私です(笑)。
そうか、RINさんは1はそうだったんですね?!
さすがに私もキューピーは買ってないけど(笑・使い道ないし!)
クリアファイルはなかなかカッコよくて、重宝してますよ~♪
(なかなか武&トニーのコンビで揃うチャンスなんてめったにないし!)
1は個人的には予想を遥かに上回る面白さだったんですが、
2のリズムにはなかなかノレなかったです。
確かに、ヴィッキー潜入もかなりひつこかったですよね。
普通どう見たって怪しいだろう・・・!と思いましたもん。
どう見たって女、しかも鳩飛ばしたり、見取り図書いたり、
あれでまんまと逃げれるわけないじゃん・・・!と。
そして、私も炎は長かったというか間延びしてたと思います。

テント演説!思わず見てる私たちもシーン・・・!そして勝利!と
とりあえず叫びたくなる気分になりましたね~。
本当にパート2はフォンイーさんで持ってるというのは当たってます。
あの年代の大陸の俳優さん、ホント侮れませんねぇ。
ダオミンさんといい、フォンイーさんといい。ホント文鎮ですねぇ!
”覇王別姫”や”始皇帝暗殺”では、単なる馬面・・・という印象しか
なかった私ですが(すまん!)、フォンイーさん年と共に、いい男になりましたよ。
Commented by acine at 2009-04-16 22:46
◇rabioさん TBもありがとうございます♪ 私も何度かチャレンジしてるんですが、
なぜかrabioさんちへTBできないんですよ~。ごめんなさい。

ほんとあの手この手で攻めてくる大人の世界恐ろしいですね(笑)。
正直、某aには中華圏映画関わってほしくないですね~。
2もあんなにTVで放送しちゃあかんやろ・・・と思いました。
やり方安っぽいんですよね。

そうそう、いくらトニーが剣舞を舞おうが、ハチマキをしようが、
魔術師的なタケちゃんと、貫禄の豊穀さんの戦いになりますよね。
ラスト、アンタいったいどこにいたの?的タケちゃんが急に出てきて
ビックリしたりしましたが(笑)。
いやー、rabioさん、我らが張豊穀さん!やってくれましたね!
終わってみれば、アンタが一等賞!という感じでしたもんね。
もはや勝ち負けなんてどうでもいいのです・・・って感じで。
1の登場シーンから、おぉ~っ!と私は感激してたのですが、
その期待を裏切らない、素晴らしい出来でしたね。
この人、声や朗々とした台詞回し(これは大陸の人はホント
素晴らしいですよね)、演技者としても、素晴らしかったと思います。

尚香・・・RINさんへのコメにも書きましたが、怪しすぎだし、
ドタドタ走ってる姿が、ちょっと田舎くさかったりもしましたね(笑)。
Commented by acine at 2009-04-16 22:49
◇rabioさん 続きです。

魯粛さんはいい味わいでしたねぇ。金城孔明とボケとツッコミならぬ
ボケとボケという感じで、ほのぼのとしておりました。
武くんは、この役はホントハマり役でよくフィットしてたと思います。
1同様、眼がとにかくキラキラしてましたし。って、それは別に関係ないですが(笑)。

そうですね。ジョン・うー印、あのクサすぎる、どう理解すればいいのか
わからない演出は気になりました。頑張って女を描いても、
チーリンさんの人妻お茶談義くらいが限界のような気がします。
Commented by acine at 2009-04-16 22:56
◇mayoさん どうもです~!
そーなんです。どうもあのリズムになかなかノレなくって、入り込めなくて。
mayoさんのおっしゃる通り、限界がどうしてもある、
中途半端に女に時間を割くより、男を描いた方が絶対よいですね。
女から見ると、こんな女いないよ~!みたいな余りにもステレオタイプな女
ばっかりなので。それか女にロマンを残しておきたいのか(笑)?
そーなると、ホントリアリティなくなってしまうんですよね。
私も、1は予想をはるかに上回る面白さで、ホント身を何度も
乗り出してました(笑)。
2は予想外のリズムというか描き方で、あら~?!という感じでした。
個人的にはごひいきの豊穀さん@曹操が見ごたえたっぷりだったので、
それで、まぁいいか~!と納得したんですけどね(笑)。

ははは!私もあと1回は見そうです(笑)。mayoさんも行かれるかしら~?!
Commented by sabunorihk at 2009-04-16 23:55
acineさん、こんばんは。
劉備軍の一時撤退で趙雲たちの中抜けが私も少々残念でした。
それにしてもPart2は曹操に尽きますね。
敵役ながらなんとも色気のある魅力的なキャラクターを張豊毅がナイスに
演じていました。
個人的には疫病にかかった兵士をねぎらった時にその声をかけられた
兵士の隣にいた同じく疫病の兵士の顔がツボでした。
CMで見かけるイケてない顔のもこみちくんにソックリでおかしくて
おかしくて。(笑)
・・・ショウモナイことを書いてしまいました。失礼。
Part2で気になったのは「我愛你」にも出ていた蹴鞠の男の子
(佟大為・・・トン・ダーウェイくん)。
とっても若く見えるけど彼すでに30歳なんですってね~。
Commented by gloria-x at 2009-04-17 20:44
来週ダーリンと観にいくつもりだったんですが、
な~んか間が空きすぎて、他に2人で観たい作品も出てきて、
「DVDでいいかも」的な心境に・・・・(笑)
acineさんのレビューをざっと拝見したらよけいDVD待ちに落ち着きそう(;^_^A  どうしよーかなー
ところで吹き替え版でご覧になったんですか!?
Commented by acine at 2009-04-20 00:30
◇sabunoriさん TBもありがとうございます♪
そうなんですよ~。あれだけ1ではカッコよかった趙雲や関羽が
中抜けして、あれだけ~?!(しかもあの辺予告でもさんざん見てたし)
という感じで、大変残念でした。
そうなんですよ。豪華な連合軍に対し、まさに孤軍奮闘の豊穀さん、
大健闘だったんではないでしょうか?パート2の顔はまさに彼だと思いますね。
sabunoriさん、細かく見てる~!私はテント演説の時は、曹操さんの
演説にすっかり酔ってまして、疫病兵士は四の次くらいでして(笑)。
”我愛你”って全然知りませんでした~。彼は中国の有望株なんでしょうね?!多分、演技も良かったと思うんだけど、あのヴィッキーとの話
自体にどうも引き気味だった上、ダーウェイくんは、あんまり好みでもなかったので(単にルックス・笑)
私の視界からはすーっと流れてしまってたのでした。
ごめんなさい~!そうか、そんなお年なのに、あんなウブなことを
二人してやってたわけですね(笑)。
Commented by acine at 2009-04-20 00:37
◇Gloriaさん ははは!確かに、行こうと思いつつも、他に
見たいの出てきたら、そうなりますね(笑)。
確かにDVDでもいいかも・・・ですが、あのジョン・ウー的
クサい大風呂敷ぶりも映画館で見るには悪くないと思うので、
チャンスがあれば、映画館で見ても、ツッコミどころいっぱいで
それなりに楽しいかも(笑)。
曹操の豊穀さんがお好みだったら、2は必見!という感じです(笑)。
↑ 私はそう!
いえいえ、まさか~!見たのは字幕版ですよ♪ TVでは
吹替版だったので、わざわざ副音声で見たくらいです(笑)。
Commented by 紅粉 at 2009-04-20 14:17 x
まったくその通りの感想です(笑)
ちょっと「プッ!」となって「ホンマかいな〜」って
突っ込みたくなるところチラホラ。
やっぱりこの映画の見所、魅力が炸裂してるのは
豊穀さんだと私も思いました。
トニーさん好きだけど、「地下鉄」のトニーさんの方が
魅力的に見えるし、「天堂口」の張震の方が、彼の持ち備えた
陰影を存分に発揮できてると思います。
やっぱり規模が大きくなりすぎると、ちょっと散漫な感じには
なっちゃうんでしょうかね。。。
いや!しかし良い映画ですよ!

PS あのざんばら髪、見た時私も
「お〜おっちゃん!格好よろしいやん!」って思いました(笑)


Commented by acine at 2009-04-22 11:05
◇紅粉さん ははは! ほんと、「プッ!」となって「ホンマかいな〜」がけっこうありましたよね。創作というより作り話っぽいところが(笑)。
1は目移りするくらい皆インパクトあったけど、2は終わってみれば
曹操の一人勝ちという感じで、豊穀さんが圧倒的存在感でした!
私もこんなに好きな俳優が集まってる映画もめったにないけど、
紅粉さんのおっしゃる通り、規模が大きくなりすぎて散漫に
2は特になってしまったよーな気がしました。決戦までひっぱりすぎるし・・・!でも、娯楽として見れば確かに面白い映画ですね!
”天堂口”彦祖もリウ・イエも出てるので、見なくては!と思ってるんですが、
まだ見れてないんですよね~。

ざんばら髪、おぉ~!おっちゃん!素敵!でしたよね。
れはあの年代ならではの色気炸裂でした!
by acine | 2009-04-14 23:41 | Asia アジア映画 | Comments(13)