Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

投名状  ウォーロード 男たちの誓い ’08 香港・中国

e0079992_15522230.jpg

ピーター・チャン 初の歴史アクションもの
どんな感じなんだろう? と思ってましたが・・・

丁寧に熱く作られていて 見甲斐はあるものの
すーっと流れていってしまった感じでした
詳しく:シネマ・トウディ

何でだろう? と考えてみたら

どうもキャラクターに深みがない・・・というか 
感情移入も共感もあんまりできず 
傍観者のまま 終わってしまったという感じ

あれよあれよという間に 主役の3人は義兄弟になり 
アンディ妻が絡んでくるのはいいんだけど 
主人公三人が 余りにも熱血というか
ストレートすぎて 裏もさほどない・・・

ピーターさん お得意の心の機微を描くには 
そういう俳優を少しは混ぜないといけないと思う

ま ただ今回は戦いの場が主なので 
ストレート系のわかりやすいスター俳優を
揃えたのが 裏目に出た感じ・・・

俺、リンチェイ! 俺、アンディ! 俺、武! という3人衆
それはそれで悪くないんだけど どーもヒネりがない3人なのね
まさに 各々タイプキャストで・・・ 各々悪くはないんだけど・・・
スターオーラがあるので 何年戦おうと 主人公は絶対死なないという 
不自然さを感じさせない利もあるけれど(笑)

そして 前回はピーターさんがミュージカル~?と驚き
今回もアクション時代もの~?と驚きましたが・・・

映画の雰囲気としては 意外や 男臭く 血なまぐさく
泥臭い感じは こういうジャンルの映画としては
ちゃんと 成功してると思います

得意のドラマや恋愛ものであろうが ミュージカルであろうが 
こういうアクション時代劇であろうが ちゃんと自分の世界を
築けるのは ピーターさんの凄いところ

しかし 今回に限っては あまりストーリーテラーでなく
得意ジャンルの心の機微や 繊細な表現に関しては
今一つ印象が薄かった気がする

e0079992_16211972.jpg


今回 心の機微(&色気!)担当は ホントはリンチェイだと思うけど
演技系場面では 表現力にどうしても限界が・・・
年を経て貫禄は出てきたものの 力が入ると 
あのミャーミャー声を張り上げての台詞が一本調子で頂けない
しかし動くと本職 キレもよく 彼が動くと空気が変わる

そして リンチェイが心を奪われる アンディ妻
シュー・ジンレイ 演技は上手いんだろうけど・・・ 

何せ地味! とにかく地味!

今回 混乱の中での生活なので ノーメーク調 汚れ顔など
厳しい条件だったのはわかるけど・・・ 地味すぎる~!
何故リンチェイやアンディがそこまで惚れ込むのか
他にマシな女があの村にはいなかったのか? 
単にピーター好みなのか 正直よくわからない 
薄幸系なので 男には受けるだろうけど 女から見ると 
見てて楽しくない 女優にはどこかしら華やかさも求めたい私にはNG

そして これまたタイプキャスト 元山賊の長 アンディ兄さん
やっぱり苦手ですが 今回彼は健闘してた方ではないでしょうか
”俺は英雄になりたい” というセリフ
”俺は善人になりたい” みたいで あれは良かった(笑)
しかし ホントは彼が長兄でもよかったんじゃないでしょうか
あんな流れ者と契りを結んだばかりに
結果的に彼の人生はボロボロじゃん・・・って

e0079992_16234459.jpg


そして 映画の中でも 見た目で一人若く 
義兄弟の末っ子的役割だったタケちゃん
たしかにアクションは大変そうだったけど 演技的にはまぁいつもの感じかな
久しぶりに声を張り上げたり 鼻血出したり (この辺は懐かしい感じ)
コスチューム系だったり こっちでは ちゃんと本人のセリフだったり 
ナレーター的役割も彼だったり 赤壁同様 ラストでも
美味しい所をさらっていき お得な感じではありました

あと 思ったこと・・・

蘇州城に監禁されてた人はカッコよかったな~
 *監禁でなく 自主籠城が正しいそう・・・

長老たちの台詞廻しが これまた朗々と良かった
私は完璧 中華朗々台詞廻しのファンですね 

建具の格子が 物凄く綺麗

戦争の戦いが 赤壁みたいにいかにもワイヤーという
わざとらしい動きがなく シンプルな肉弾戦なのがよかった
同じくその他大勢も コントロールできてなかった赤壁よりも
ちゃんと戦う空気が漂ってるのもよかった
アンディも武も中華圏俳優 本職でなくとも
あの位は平気で動けるのは ホント頼もしい!

・・・というわけで 
もともと時代背景もよくわかってなかったり
ここの所ずっと疲労困憊気味なので 一部寝てしまったり
やっぱり期待していた ピーターさんの映画
残念ながら すーっと流れていってしまいました
まさに可もなく不可もなく・・・という感じ

これだったら 突っ込み所満載でも 
豊穀さん@曹操が 思う存分楽しめる 
”赤壁2” もう1回見てもいいなぁ・・・と

あと タイトル 何で原題じゃダメなんですかね?!
”投名状 義兄弟の契り” でよいじゃないですか・・・

ま タイトルは別に譲っても・・・

譲れないのは またまた日本版エンディングテーマ!

なんですか~?! あれは! 酷すぎる・・・

あの曲調と歌詞が始まった途端 
映画の内容を きれいさっぱり忘れてしまいそうな感じ
余韻も〇ソもあったもんじゃない ホントにね~

いい加減にしてもらいたい~!

どっかよそで こんな映画以外で 勝手に何とでも 
タイアップして 商売してくださいという感じ 
こんな縁もゆかりもない曲 映画館まで行って 
わざわざ聞かせてもらわなくてもいいし・・・

10秒聞いて 限界! さっさと出ました
聞けば聞くほど 余計映画の内容すっぱり忘れそうで・・・

ニーズなんて全く無視
金輪際 映画と縁もゆかりもない人の曲はいりません(怒)

これって マジメに映画を作ったスタッフやキャストの人たち
そして 時間とお金使って 映画館で見てる人にも
凄く失礼なことだと思うんですがね~

今日の映画:76点

ピーターさん映画 最高峰はやはり”甜蜜蜜”だなぁ

そして この日本版・・・ 情報もらったんですが
オリジナルの編集版と比べると 編集が違うそうで
3人の心の動きとか 大事な場面がかなりカットされたり
順番が変わってたりしてるとか・・・

釈然としない理由がわかったような気がします
[PR]
Commented by sumi2211 at 2009-05-15 00:16
acineさん こんにちは。
私も今週観てきたばかりです。DVDで一度観ていたので、あんまり
驚きはなかったのですが エンディングテーマには絶句!
最後まで聴いてしまうとかなり強烈でした〜(涙)
タイトルも日本では「投名状」の方が良いですよね。

今の時期、どうしても「赤壁」と比べてしまいますが
こちらは暗いですよね。色も表情もストーリーも。
それでいてトントン進むから、ずっしりくる感じでもなく
acineさんのご感想、わかる気がします。嫌いじゃないんですけど。
あとDVDと比べると、カットされているシーンがありましたよ。
蘇州城の人、私も気になりました!美形でしたね。
Commented by Gun0826 at 2009-05-15 12:26
レビューお疲れ様です。
やはり日本版のみのエンディングとかはカンベンして欲しいですね。
(俺は007=ブロスナンの頃にこれをやられて参りました)

俺もピーターさんが古装片というのは非常に不思議な組み合わせ
だなと思ってたんですが、彼もビジネスマン、中国本土とのビジネス
ではこういうのがウケるという事なんでしょう。
アンディは俺がこの間観た「プロテージ」がよかったので、おすすめです。

なんかここ最近の香港映画の古装片に乗れないな、と思ってたんですが
何が足りないって「荒唐無稽」が足りないんだなと。
スォーズマンとか、チャイニーズゴーストストーリーとか、大英雄とかw
あぁいうのなら俺、率先して?観にいきます。
Commented by RIN at 2009-05-15 14:12 x
蘇州城主は監禁されてたんじゃなくて、自主籠城だと思いますよ。
最初、イーキンかと思いました。

>ラストでも美味しい所をさらっていき お得な感じではありました

ラスト、美味しかったですか?
なんかアンディ兄さんの復讐というより、自分のバカさ加減への
八つ当たりっぽかったです(苦笑)

今回は、ピーターのねらい目がどのあたりなのかがよくわからない
感じがします。
男同士の友情と亀裂???
だったら、いっそ、嫁抜きの方が良かったんじゃないかという気もするし。
シュー・ジンレイは、思えば傷城もそうなんですが、
どうも本音がわかりにくい感じのキャラが多いです。
中華圏では、意外とそういう雰囲気がなぞめいてる存在なのかも
しれません。
(わかりやすい女優さんが多いし・・・)
「刺馬」でも、「こんなオンナに皆みんな、惚れるかー?」と思ったんですが(三男も兄嫁に惚れてる模様だったし)
あの映画は、他にオンナは全然いない村でした(笑)


Commented at 2009-05-15 15:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gloria-x at 2009-05-15 21:44
acineさんのラスト一行に激しく同意!
年に数回は再鑑賞してその度に気持ちいい涙を流すのが楽しみです(;^_^A


>”俺は善人になりたい” みたいで あれは良かった

ここ、思わず笑いましたー。

>蘇州城に監禁されてた人はカッコよかったな~

うわー気になるー見てみたいー
内容に関係ないとこばかり反応してすみません・・・(-_-;

しかし金城クンもよく仕事してますよねー。
時代物は正直食傷気味なので現代モノで見たいわぁ・・・
Commented by acine at 2009-05-15 22:05
◇sumiさん こんばんは!
そうそう、sumiさんは見ておられましたよね~。
ホントあのエンディングは酷いですね。絶句!sumiさんは
我慢強く聞かれたのね~(笑)。私もエンドクレジットはよっぽど
でない限りは見るようにしてますが、これはもう我慢ならん・・・!
10秒で自分へレッドカードでした。

そーなんですよ。つい”赤壁”と比べてしまいがちですが、全く
カラーは違う映画ですよね。でも、この暗さで、ついついあの能天気な
”赤壁”が妙に思い出されてしまうんです(笑)。
そうか~DVDとは内容が違うんですね?
お!sumiさんもあの蘇州城の人カッコいいと思いましたか!
別に顔立ちがどうこうというより、雰囲気が男前でしたね~。
ちょっと韓流系の色気あるタイプという感じで。
Commented by acine at 2009-05-15 22:14
◇Gunさん またまたダラダラと綴ってしまいました(笑)。
ホントそーですね。ブロスナン時代の007にもあったんですね~?
私はけっこう最近そういうのが多くて、特に中華系は被害に合いやすい
ですねぇ。某Aの押しつけとかも目に余ります。

ホント、ピーターが古装片ってピンと来ないですよね。そうそう、おっしゃる
通り、やっぱりそういう面もありますよね。モーガンとかいう欧米人と
今は組んでるみたいです。
ホント、これも今やありえない懐かしいUFO時代(悲)。
アンディ・・・この前のトンシンさんの分ですよね?
アンディ・・・どの映画も俺、アンディで苦手ですが、しかし
彼は安定してますね~。いつも。

荒唐無稽・・・確かに。ここまでやるか・・・?!やってくれると
そりゃポイント高いですよね。どの俳優もそんな道を歩んできてるわけだし。

この映画に関しては、ピーターが監督するより、ツイ・ハークとか
最近外れ気味だけど、チェン・カイコー辺りが撮っても似合いそう。
あと、こういう男の世界なので、思いっきり異色の古装片でトーさんとかも面白そう。
Commented by acine at 2009-05-15 22:30
◇RINさん そーなんですね。ちょっと訂正しておきます。
いや、1回見ただけでは、正直、話が今イチつかめてなくて。
人と約束してるので、もう1回見に行く(ノルマです・笑)予定
なので、2回め見ると、RINさんの書かれてるように、心の動きが
つかめて、ミャーミャー声のリンチェイもよく見えるかも~。
ラスト、美味しいというか、ま、目立っていたということで(笑)。

そーなんですよ。とってもストーリーテラーで、小技もしっかい
効いてるピーターにしてはかなり焦点が絞り切れてなかったですね。
女の扱い、上手いピーターにしては、何だかな~でしたよね。
そーなんですよ。あんなに皆が惚れるんなら、そういう女を用意しないと、
あんな薄幸&不幸オーラが出てそうな女がウロウロしても
は・・・?!という感じだけなんですもん。
そうか~、確かに中華圏女優はハッキリしてる人多いので、
あぁいう人は貴重なのかな? でも同じ女としては、ああいう女を
見ても全然面白くないですもん(笑)。ああいう負のオーラが
出てる女には近寄りたくないと思いません?!
Commented by acine at 2009-05-15 22:39
◇鍵コメさん 情報どうもありがとう!
釈然としない理由がわかったような気がします。
その3人が・・・というのは、一番大事なところですよね。
何だか、気がついたら、あっという間に義兄弟になって、
戦いへ出たし、その後も、あらすじだけ追わされているような
気がしてしょうがなかったのは、そういうことだったのね・・・と
いう感じです。

そうそう、その弁髪姿って、写真では見たのに、そういえば、
本編ではあったっけ?!という感じだったし。
それは、ぜひその編集版を見たいもんですね。

そんな編集版にあのエンディング・・・は~・・・ですね(悲)。
Commented by acine at 2009-05-15 22:49
◇Gloriaさん

私も久しぶりに、見たくなりました。私はあの映画見て、
あの映画の中で使われた曲が入ったテレサ・テンのCDまで
買ってしまったくらいです(笑)。
”金枝玉葉”も大好きな映画なんですが、完成度という点で
いうと、コレですよね~。

原語ではどうか、わからないんだけど、つい、あのセリフを思い出して、
私はえらくウケてしまいました(笑)。

蘇州城の人、Gloriaさん好みがどうかは今イチ自信がないけど、色気のある雰囲気のある人でしたよ~!
顔立ち、濃くはないので、多分Gloriaさんも大丈夫だと思います♪

ホント、ここんとこ出ずっぱりですよね。でも、その分、間が
また空いてしまうのも、さびしいような気が・・・。
時代物・・・私は嫌いではないので(笑)、程ほどの間隔で映画
見せてくれたら、それでよいかな~。あとは、ハマる役希望!
Commented by CaeRu_noix at 2009-05-17 23:27
acineさん、こんばんは。
これ観たのですけど、レヴューは省略しようかなって思うほどに、楽しめませんでした・・・。
やはり人物描写がイマイチでしたよねー。
こんなに豪華主演なのに、みんなキャラクター的には魅力的に感じられずに残念。
そうか、リンチェイは声が甲高いのもいかんのかも。
(個人的には清朝のラーメンマンな髪形もどうも・・・;)
2人の男にもてもてのヒロインは『新宿インシデント』でももてもてでしたー。
アンディものなら、むしろ私は撮影賞ノミニーな『三国志』を見ればよかったかなぁ。
代わりに?『エンブレス』を見ましたが、ファンタジックなこちらの方が『ウォーロード』よりは楽しめましたー。
(でも、ケリー・チャンの演技がアレで・・・、それに比べるとこちらの地味ヒロインの方がゆるせるんですよ。)
中華圏歴史活劇に自分的HITがなかなかない昨今ですー。ううむ。
Commented by acine at 2009-05-18 10:18
◇かえるさん おはようございます~。
そーなんですよ。私もやっぱり期待してたので、モヤモヤしたまま
終わってしまった・・・という感じです。
その人物描写が、日本版はかなりカットされてる(何で?!)らしいので、
こんな感じで見た人が釈然としないまま、あの衝撃的なエンディング
テーマ聞かされて・・・
あぁ憐れ!という感じになってしまいました。
こんな中途半端な見せ方するんなら、公開する意味がないですよね~(悲)。
せっかくのピーター・チャンの映画なのに。
そーなんですよ。リンチェイさん、声高いですよね。しかも力入ると
ますますミャーミャー調になるし。そして、ラーメンマン!確かに、
あの髪形でカッコよく見せるには、難易度は高いですね(笑)。
Commented by acine at 2009-05-18 10:19
◇かえるさん 続きです。 その”新宿”私も気になってるんですが、
私はジャッキー・チェンNGなので、見るのキツいだろうなぁ・・・と思って、
見てないんですよ~。
そうか、そっちでもモテモテでしたか・・・。どうも私はこのシュー・
ジンレイの良さがよくわかりません。演技は上手いのかも
しれないけど、どうも地味で華がない・・・。
”エンブレス”チャンスあれば、チェックしますね♪
同じアンディの”三国志”は意外や意外、なかなか良かったですよ~。
ジョン・ウーの大枚はたいての夢実現もいいけど、2なんて、
半分位???な出来だったし、ほどほどの予算で、ちゃんと実が伴っているこちらの方が好感持てました。
Commented by takas1961 at 2009-05-19 10:51
オリジナル、というかディレクターズカットでは126分あるそうです。
アンディの声だけ吹替えだったみたいですね。北京語ダメなのでしょうか?
エンディング曲差し替えることにより、どっかで商売として成り立つ限りは続くでしょうね。
ビッグ・ウェンズデーやナイル殺人事件の昔から変わりませんな。

新宿インシデント、観てください。
ちゃんと日本が描けています。でも音楽は相変わらずの外国人が感じる日本調の楽器使っています。
シュー・ジンレイの良さがわかる作品は、実は日本映画の「最後の恋、初めての恋」だったりします。
Commented by acine at 2009-05-20 00:52
◇takasさん 今、公開してるのは、結局はカットしてわかりにくい・・・
ってことですよね~。どうでもいいエンディングなんかに力を入れて、
肝心要の本編もちゃんと見せてくれてないなんて。なんだかな~ですね。

アンディを始め、香港の俳優さんは北京語だとよく吹き替えられてますよね。やっぱり普段は広東語の人たちなので、癖があるからなのかな?この映画に関しては、金城武がちゃんと本人の声だったので、
それですっかり満足して、別にアンディの声までは気にしてなかったんですよね~(笑)。”三国志”もアンディはやはり吹き替えだったと思います。

”新宿・・・” 私はジャッキーはNGなので、彼が主役というのは
キツいし、今忙しいので、より見たい映画を優先してると、
今回は多分無理ですね~。多分。またレンタルになったら・・・かな。
シュー・ジンレイさん、その映画ではよいのですね~。

Commented by sabunori at 2009-05-22 16:14
acineさん、こんにちは。
日本公開版はカットや編集がされていたからいまいちノレなかったのでしょうか。
前評判を鵜呑みにしすぎたんだわ〜と自己反省したのですが、
オリジナル版を観たら意見が変わるのかしら。
それにしても義兄弟で契りを交わし、1人の野望からやがてその関係が
崩れていく・・・このパターンをどうしてチャイニーズはこれほどまでに
好むのでしょうか。
私はもうお腹いっぱいです。げふっ。
蘇州城の人・・・確かにちょっと目を引くステキな顔立ちのお方でしたね!
Commented by acine at 2009-05-23 09:31
◇sabunoriさん おはようございます!TBもありがとうございます~。
そーなんですよ。多分。楽しみにしてたのに、思ってた以上に
すーっと流れていってしまって、終わってしまったという感じで、
どうも釈然としなかったんですよ~。あちら版やDVD見られた
方には概ね評判いいんですよね。監督もキャストも揃ってて
あぁだったので、やっぱりそうなのかな~?と。
確かに、あの義兄弟好き・・・日本人にはちょっと範疇を超えたものが
ありますよね。でもあの極端さ、誇張具合がまた面白いんだけど・・・。
しかも、あんな罪のない人巻き込んでね(笑)。
お!sabunoriさんも蘇州城の人に反応されましたね♪
雰囲気が大変男前でした。
by acine | 2009-05-14 16:19 | Asia アジア映画 | Comments(17)