Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

MILK ミルク ’08 アメリカ

e0079992_20221624.jpg

同性愛者であることを公表し 
アメリカ初の政治家となった男 ハーヴェイ・ミルクを描いた映画
そして ショーン・ペンが このハーヴェイを演じて
アカデミー賞 主演男優賞を受賞
詳しく:シネマトゥデイ

そのアカデミー賞で見た この映画のシーンや 
ショーン・ペンのスピーチ 監督ガス・ヴァン・サントの選んだ
ユニークなキャスト陣も興味を惹いたけれど・・・

何より この映画が見たいと思ったのは
同じく アカデミーの脚本賞を取った若き脚本家 
ダスティン・ランス・ブルックの感極まったスピーチに
私はとても感動したから・・・なのでした
’09 アカデミー賞 ウォッチング
今思えば 彼はそのまんま この映画の登場人物に
なってもおかしくない感じ

e0079992_20311768.jpg


ゲイということを隠し NYの保険業界で働いていた
ハーヴェイ・ミルクが 40歳の誕生日前に地下鉄駅の通路で
スコットという美青年と出会うシーンから始まる・・・

ショーン・ペン=シリアスというイメージがあったので
彼とゲイ役というのは結びつかないようでいて
意外と相性がよくて 温かみがあって 人間臭くて 
安定感もありいい感じ こういう役を自然にこなす事が
できるのも さすが実力派俳優

理想を実現するためには まずはこのコミュニティから 
そしてサンフランシスコから アメリカを変えるんだ!
ゲイ そして マイノリティにも権利がある!
立ち上がろう!と 周囲を巻き込み 引き込み
成し遂げようとする姿は まったく彼のことを知らない
人間でも 自然とスクリーンに目を惹きつける

そして 彼の周りにいる男たちがこれまた魅力的!
この辺 監督ガス・ヴァン・サントの美的センスというか
好みといおうか 彼ならではの人選と言おうか・・・ 
いろんなタイプの男たち キャスト陣が集まっている

ハーヴェイ同様 70年代ファッションに身を包み
サンフランシスコのゲイ・コミュニティで生きる男たち

e0079992_2131538.jpg


なんとも人間くさくて美しい ジェームズ・フランコ
エンドクレジットまで 全然気がつかなかった ショーン・ペン監督作 
”イントゥ・ザ・ワイルド”で 主演していた エミール・ハーシュ
そして メキシコから お久しぶりのディエゴ・ルナ
ここんとこ話題作に引っ張りだこのジョシュ・ブローリンまで

個人的には・・・ タコと呼ばれ やっぱりメヒカーノの役
甘ったれディエゴも可愛いかったけど・・・

別れた後でも よりハーヴェイを包み込む
包容力や優しさのある ジェームズ・フランコの人間臭い
美青年ぶりが 今回とてもハマっていて魅力的だった

政治とゲイ 

そして極端すぎる対立候補たちとの戦い

とてもアメリカ的だなぁ・・・と思って見ていたけれど

e0079992_2143780.jpg


このハーヴェイ・ミルクの生き方を見て 
一番いいなと思ったのは・・・

自分たちは人間なんだ

そして 
出発点はゲイ・コミュニティからでも・・・
もっと大きな意味でのマイノリティな人たちも
含めて 皆で変えていこうじゃないか・・・!
誰でも歓迎だと まずはスピーチしていた場面

同性愛者 障害者 子供 女性 老人 黒人 アジア人・・・
そういう 社会的に弱い立場にある人たち

皆で希望を持ってやっていこうじゃないか・・・

こういう純粋な志を持った人こそ
政治家をやってもらいたい・・・と思う
それがストレートかゲイかなんて 何も関係ないと思う
そんな彼を支持した人があちこちにいたから
彼は当選したわけだし・・・

だからこそ エンディングの行進 
”希望がないと人間は頑張れない”というミルクの言葉

そして 彼や取り巻いてた実在の人物たちの写真と
今が紹介されるシーンでは 思わず涙・・・
場内でも 鼻をすする音があちこちから聞こえてきた

志なんてすっかり忘れそうになられてしまってる今
志すことさえなかなか見つからない今
そして志を作る余裕さえない今
そんな言い訳をしてしまう今

こういう志映画 たまには見た方がいい 
ダラけた自分に 喝を入れないとね

と言っても シリアスすぎず
ハーヴェイ・ミルクという人を知らなくても 
コンパクトながら 彼の人となりがちゃんとわかる 
人間的な温かみを感じる映画でした

今日の映画:80点
[PR]
Commented by kiki at 2009-05-21 00:21 x
acineさん、こんばんは。メッセージ性のある映画なのに、力み過ぎてなくてさらっと描いていたのが良かったよね。ロマンティックな部分もあったり、画面分割したりの遊びの入ったシーンや70年代ファッションなどもともども、色々なものをこれを見よ!みたいにガシガシしないでさらっと、しかも印象的に見せる事に成功していたなと思いましたわ。J・フランコ、哀愁があって凄く良かったよね。J・ブローリンもしっかりといい仕事をしてました。ろうそくの大行進もあざとくなくて良かったです。実在の人物の顔写真が出てくると「あ~」という感じで、引き込まれるよね。
Commented by acine at 2009-05-21 22:15
◇kikiさん こんばんは! そーなのよ。お固くなく、サラリと見せたのが
よかった。そうそう、単に政治的でなだけでなく、男と男のロマン、
男ばっかりの空間の見せ方が上手かった。ガス・ヴァン・サントには
間違いなくピッタリの題材だったよーな気がします。
雰囲気もんの彼の映画にしては、今回はさらりと見せつつも、
しっかりと芯が通ってたなー。
70年代ファッションやあの雰囲気もすごく良かったよね。
ショーン・ペンが上手いのはわかってるけど、J・フランコが今回あそこまで
よいとは、思わずだったわー♪ ショーン・ペンの主演男優賞も
ジェームズの助演あってこそ・・・って感じも。
そうそう、派手さはなくとも、J・ブローリンも、E・ハーシュも、D・ルナも
皆適材適所でちゃーんと役目を果たしてたと思います。
あの大行進と顔写真には私もマイりました。よい映画でした。

by acine | 2009-05-19 21:01 | Estados Unidos 米映画 | Comments(2)