Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

Vicky Cristina Barcelona それでも恋するバルセロナ ’08 アメリカ

e0079992_16445187.jpg

ウディ・アレンのイギリス2作に続き
今度の舞台はスペインのバルセロナ
詳しく:シネマトゥデイ

スペイン人監督が描くのとはまったく違う 観光的バルセロナ 
(それもとっても楽しいんだけど・・・)
そして太陽とアートとワインと男と女と とってもわかりやすい 
アメリカンガール in バルセロナ

冒頭のプラット空港 そしてタクシーでバルセロナの街へ向かうシーン
そうそうこんな感じだよなぁ・・・と記憶が甦ったりして

ただし このアメリカ人2名 ヴィッキーとクリスティーナ
うちレベッカ・ホール演じるヴィッキーには 
バルセロナに親戚がいて 彼らの家に滞在するのだけど
これがなかなかの邸宅で 若いくせにハイソな旅だなぁ
(今時はセレブな旅か・・・) という匂いがプンプン

そして ヴィッキーの叔母?より ギャラリーのレセプションで見かけた
赤シャツの男が妙に気になる スカーレット・ヨハンソン演じるクリスティーナ
そして 翌日の晩 夕食を食べていると 再びその男を見かける二人
そんな二人に近づく ハビエル・バルデム演じる ファン・アントニオ

e0079992_1765629.jpg


いかにもラテン男的 かつ単刀直入かつ甘く 
二人を週末のオビエド(ファンの故郷)に誘う・・・
クリスティーナは元々ファンに興味があるので行きたいわ!と即答
そして 婚約者がいるヴィッキーはあれこれ言って食い下がる・・・

え~?! バルセロナが舞台なのに 何でオビエドへ行くの?と驚いたり
あんなにうるさかったヴィッキーがその飛行機へちゃっかり乗ってるし
アンタね~という感じ(笑)が強引でいい ワイン飲んですっかりいい気分で 
あのスペインの濃い空気感がそうさせてしまうのね~ という予感

この映画 ワインを飲むシーンが一杯あって (こっちまで飲みたくなる位!)
ワイン飲んですっかりいい気分で ついつい勢いで・・・という雰囲気を 
ストーリー展開にも 凄く上手く利用してるような気がする(笑) 
それでもしょーがないか的雰囲気を バルセロナの街や
スペインの空気は持ってるからこれまたしょうがない

e0079992_17143486.jpg


そして 三角関係 四角関係 爺の自己投影&妄想炸裂?! 
ハビさん中心に いい女がくっついたり 離れたり 
カスカスですっかり枯れてしまってるように見える外見でも 
爺いや御大 若いよなぁ・・・(笑)と ある意味感心
ラテンの本場で 負けじとなかなか情熱的に撮ってるし・・・

タイトルのように 恋をするというより 魅力的な街での
アバンチュール系ストーリーが展開されるわけだけど
飲んで 寝て 愛を語って 楽しけりゃ それでいいじゃないか~!
意外と事なかれ主義というか あまり深いテーマはないと見た

単に 御大 ムチムチしたスカ子と また映画が撮りたかったんだろうなぁ
そしてこれまたスペインのムチムチ系 ペネロペ・クルスも絡ませて
そして 舞台は美しいバルセロナで・・・! 単なるそういう筋書きっぽい

普通 今 GFと暮らしてる所へ いくら問題があるからと言って
元妻を連れ込む~!? それを許すGFもGFだし そんな男も男だし
乗りこんで平気な元妻も元妻というか・・・ 皆 えらい器が大きいというか
何も考えてなさすぎでおかしい 共感できないな~(笑)

e0079992_1785254.jpg


3作続けて起用されて お気に入りのスカーレット
御大入れ込んでるだけあって すごく魅力的に撮られていて
ノースリーブの腕をチラチラさせ プラチナブロンドの髪をかき上げ
ぽってりした唇からあのハスキーヴォイス
ほんの数秒でも色気ムンムン なんともセクシーで小悪魔的

親友のヴィッキーに批判されても 
気になる男にはホイホイついていく尻軽女で 
でもサバサバしてたり 彼女にピッタリなキャスティング
あと 思ったのは 彼女は上半身とか顔のアップは凄く
いいんだけど 全身になると どうもバランス悪くない?

そして 濃い~濃い~ハビエル・バルデム
ハンサムじゃないわ・・・とヴィッキーに陰で言われても
濃厚に漂うラテン的色気 舞台がスペインということで
アメリカ女相手に英語喋ってても やっぱりハマっている

e0079992_1725047.jpg


そして ペネロペ・クルスが登場すると 一気に空気が
ますます濃厚になる 頭おかしいので 喋りすぎてうるさい位!
だけども いかにもスペイン女的なルックスは
いくらセクシーなブロンドでも クリスティーナよりは
その空気感にピッタリマッチする ペネロペが登場してから
どうもスカーレットは所在なさげになってしまった感がある

だけど これが助演女優賞かというと どうなんだろう?!
気性が激しい女なので わかりやすいけど 審査員もスペイン語
喋ってるし エキゾチックに見えて 得した部分もあるかな?
ボルベールで主演女優賞の方が合ってるような気がしたけど・・・

しかし 自分はさんざんスペイン語喋ってるくせに 何度も何度も
元妻のペネロペにはこの家では英語を使え!と言うハビエル 
矛盾してません?! この辺が英語人種のエゴというか
設定に無理があると思う 同国人同士がわざわざ外国語で
普通喋らないと思うけどな~

e0079992_17354563.jpg


インパクト強いキャスト陣の中 不思議な3人暮らしをきっかけに
どうもインパクト薄になりがちなスカーレットをよそ目に
段々と気になってくるのが このヴィッキー役のレベッカ・ホール

最初は説教臭いことを スカーレットやハビに言っておきながら
自分はちゃっかりハビエルと・・・ とのその優等生キャラが
鼻につくんだけど 段々このまま婚約者とそのまま結婚していいのか? 
またハビとと・・・妄想したり 等身大の人間くさい
そのキャラクターが 段々と印象に残ってくるわけ
フロスト×ニクソンでは 単なるなりゆきまかせなグルーピー的存在
だったけど こちらではより演技をしてて 
地味目だけど なかなかよい手堅い女優さんかも・・・

そして 一番の楽しみだったバルセロナの街並み

かなりステレオタイプというか 物凄くお上りさん感覚で撮られてて
名所はちゃーんと押さえてるんだけど もっといいとこも
一杯あるのになぁ・・・と 大のバルセロナマニア&贔屓の私には
ちょっと物足りない位でした それほど登場人物たちが濃かったなぁ

映画としては スカ子3作の中では マッチポイントが圧倒的に面白いかな
タロットカード殺人事件では 御大出しゃばりすぎでうっとおしいし・・・

これは一夏の雰囲気もんアバンチュール系で
出てくる人も街も濃いけど 意外とアッサリ味 

バルセロナが舞台というだけで 点数かさ上げしてしまうんですが
この映画に関しては現実的にシビアかも(笑)

今日の映画:76点

 ↓ 余裕のある方はどうぞ ↓



私 バルセロナの写真は多分900枚位撮ってます
これは ほーんの一部ですが UPさせてください
フイルム時代のスキャンなので あまり写りがよくないけど・・・
初代ブログで陽の目を見なかったので ここで夢実現

この映画に出てくるところもあり 
出てこなかった もっといいところもあり!
ご覧の通り 本当にフォトジェニックな街なのです~
e0079992_20163164.jpg

カテドラル
e0079992_22155279.jpg

ゴシック地区 旧市街の一番古いエリア
e0079992_21401033.jpg

〃 チリから来たギタリスト
e0079992_22172659.jpg

ライエタナ通りから見たカテドラル
e0079992_2017767.jpg

港のコロンブスの塔
e0079992_20181041.jpg

グエル公園近くのエスカレーター
e0079992_20192862.jpg

グエル公園の上あたりのゴルゴダの丘からの眺め
サグラダ・ファミリアと地中海
e0079992_20195977.jpg

ランブラスから旧市街へ抜ける道
e0079992_20304028.jpg

モンジュイックの麓あたり
e0079992_20204137.jpg

グエル公園内 ガウディが住んでいた家
e0079992_20264131.jpg

カサ・ミラの屋上
e0079992_20213732.jpg

グラシア通りのアール・ヌーヴォー建築
e0079992_20312481.jpg

旧市街 カタルーニャ音楽堂の近く
e0079992_20222856.jpg

リーガ・エスパニョーラで バルサが優勝した夜 
深夜も街中は凄いパラララ状態!  
e0079992_2023427.jpg

カサ・ミラ内部
e0079992_20235045.jpg

カサ・ミラの階段
e0079992_20242971.jpg

サグラダ・ファミリア
e0079992_22185773.jpg


e0079992_21414989.jpg

サン・パウ病院
e0079992_22193722.jpg

同病院からの眺め
e0079992_20252668.jpg

モンジュイック オリンピック・スタジアム付近
e0079992_21424110.jpg

バルセロナ プラット空港
e0079992_20331884.jpg

バルセロナ・パヴィリオン
e0079992_20341768.jpg

バルサの本拠地 カンプ・ノウスタジアム
e0079992_20352869.jpg

グエル別邸
e0079992_20364027.jpg

国立カタルーニャ美術館
e0079992_2222083.jpg

新市街 バルセロナ大学近く
e0079992_22285237.jpg

カタルーニャ美術館からの眺め
e0079992_20371632.jpg


e0079992_2145313.jpg

旧市街の路地
e0079992_22231370.jpg

サンタ・マリア・デル・マル教会
e0079992_2038246.jpg

カテドラル前のピカソの壁画
e0079992_20395062.jpg

グラシア通り ガウディデザインの街灯
e0079992_22271100.jpg

旧市街 通っていた学校
e0079992_21463494.jpg

旧市街 学校近くの路地
e0079992_20403981.jpg

カサ・アマトリェール
e0079992_20420100.jpg

カタルーニャ美術館からの眺め サグラダ・ファミリアも見える
e0079992_22242456.jpg

アパートのあった トレント・デ・オリャ通り
e0079992_204383.jpg

カサ・ビセンス ガウディの処女作 近所だった
e0079992_20441161.jpg

カサ・ミラ
e0079992_20451031.jpg

旧市街 ゴシック地区 ガラスの向こうはローマ遺跡
e0079992_20473496.jpg

サグラダ・ファミリア 地下の展示コーナー
e0079992_20483070.jpg

グエル公園
e0079992_20495026.jpg

ヴィア・オリンピカ 高いビルはオリンピックの時の選手宿舎
e0079992_20525047.jpg

グエル公園の柱
e0079992_20541110.jpg

サグラダ・ファミリア
e0079992_20553271.jpg


e0079992_935699.jpg


e0079992_20561792.jpg


e0079992_22302019.jpg

サグラダ・ファミリアから眺める地中海
e0079992_20573211.jpg

グエル邸の屋上
e0079992_20583444.jpg

クアドラス男爵邸
e0079992_2101151.jpg

カサ・ミラ内部
e0079992_2114628.jpg

カサ・ミラ
e0079992_21473030.jpg

旧市街 アルヘンテリア通り
[PR]
Commented by fotobella at 2009-07-01 00:05
acineさん こんばんは~待ってました!この映画の感想を!
観たいな~でも観れないな~どんな感じなんだろう?と思ってたので^^
ふーむふーむ、そうなんですね、なるほど・・・
確かにスカーレットは現代的洋服を着てるとバランスが・・・
「真珠の耳飾の少女」や、観てないけど「ブーリン家の姉妹」なんかで
時代物の服を着てる方が似合いますね~
もしかして下半身が隠れた方がいいのかな?!

ペネロペはほんとに顔が小さいですね!
しかし彼女の二の腕に貫禄を感じました(笑

御大はいいですね、好きな女優を集めて、好きな場所で
好きなように映画が取れるんですから・・・!
Commented at 2009-07-01 16:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gloria-x at 2009-07-01 17:28
タイミングが合えば観にいこうと思ってます。
「レイチェルの結婚」も観たいのに、大阪ではまだなんですよねー。
ペネロペは最初嫌いだったけど「ボルベール」観て印象変わりました。
やっぱり英語よりスペイン語の時のほうが断然魅力的ですね。
英語で英語圏映画に出てるときは可愛いコぶってる感あり、
スペイン語だと声がけっこうドスきいててサバサバ感あっていいです。
Commented by acine at 2009-07-01 21:58
◇ゆりさん こんばんは! そーなんです。この映画。
なんとなく、御大が単にそういう気持ちだったのかな・・・で
ハビエルに自分を投影して、セクシーな女はべらせて四角関係・・・
という願望炸裂・・・という感じでした(笑)。

そーなんです。スカーレット、クラシック系(胸ふくよかな方が映えるしね)や
上半身はいいんだけど、現代ものになると、胸だけが立派すぎて、
どうも全体的なバランスがあんまりよくない気がしません?
それに対し、ペネロペはバランスよかったですよ~。
でもあの二の腕は全然OK!ほどよく肉ついてた方がいいですもん~。

ゆりさんもチャンスあったら、ぜひご覧くださいね。
どうのこうの言っても、それなりに面白いです♪
Commented by acine at 2009-07-01 22:05
◇鍵コメさん いえいえ、スパムコメになってしまうので、
わかりにくい&早とちりな内容でごめんなさいね~!
きっとあれで大丈夫だと思いますが、またわかりにくかったら
聞いてくださいね♪

あらら~!PCが! ショックですよね。けっこうお金だってかかるし~。
私も1月に買い替えて、やっと今頃、慣れてきた感じです。

あはは!私がいた頃はブラジルのリバウドやフランスのプチとかがいて、
(今いるスペイン人だと、プジョルやシャビとかも)、試合も
見に行きましたよ~。バルサが活躍してると、やっぱり嬉しくなります♪
Commented by acine at 2009-07-01 22:14
◇Gloriaさん バルセロナ行かれたことあるし、チャンスあれば
ぜひ♪ 勢いいい行き当たりばったり映画なので、気楽に見れます。
”レイチェル・・・”そーなんですね~?! もしかして、もう終わってるとか・・・?! 大阪の方が早そうですもんね。
”レイチェル”、”愛をよむひと”同様、なかなか見がいがあって、
よい映画でしたよ~♪

そうそう、ペネロペはやっぱりスペイン語映画ですよ!
今年のアカデミーですごい訛りの英語喋ってるのでビックリしたけど(笑)。
今回の映画もキテるけど、同じくキテる、ガエル・ガルシア・ベルナル
とかも一緒に出てるスペイン映画”ウェルカム・へヴン!”とかも
凄く姉御系でカッコいいですよ!
どうもスペインでは、女はドスの利いた低い声がよしとされてる
らしく、アナウンサーとかも、凄い美女なのに、皆すっごいドスが
利いてたりするんですよ(笑)。
ついでに言うと、ハビエルもスペイン語映画の方が、やっぱりいい感じ。
Commented by sabunori at 2009-07-02 00:00
acineさん、こんばんは★
バルセロナのステキな写真、ごっつぁんです!
やっぱり絵になる街ですね。
実際に街に立って空気を感じてこの目で見たいです!
ペネロペ・クルスの存在感は確かにスゴかったですね。
いきなりスカ子が弾き飛ばされちゃったもの。(笑)
でも私もこの役で助演女優賞はどーなのよ?と思いました。
派手なキャラクターなだけに演じやすいといえば演じやすそうな気が・・・。
でも彼女はやっぱりスペイン語をしゃべっている方がだんぜんいいですね。
しかし思いがけずスカ子の中国語を聞くことができるとは
思わなかった・・・。
「你好嗎?(ニーハオマ?)」の一言でしたが。(笑)
Commented by gloria-x at 2009-07-02 15:26
写真拝見しました♪
なつかし~い!(と言うにはあまりに遠い過去だけど・・・)
やっぱりガウディはすごいですね!acineさんの写真の、グエル公園内のガウディが住んでいた家のショットと階段のが特に好きです。
バルセロナ、どこをとっても絵になりますよねー。
わたしは以前にもお話したかもしれないけど、襲われた時に盗まれたバックにカメラと撮影済みフィルムも入っていたのがつくづく残念・・・

>スペインでは、女はドスの利いた低い声がよしとされてる

きゃー!わたしスペインに行くべきかも(笑)
Commented by acine at 2009-07-02 20:39
◇sabunoriさん TBもありがとうございます♪
いえいえ、有難うございます♪ 昔の自己満足写真でした(笑)。
そーなんです。バルセロナは自信を持ってお勧めできる、すごくいい街ですよ~!旅行で、とにかくハマってしまって、舞い戻ったわけ・・・でした。
sabunoriさんも、いつかぜひ行ってみてください♪

完璧ホームのペネロペが参戦してから、スカ子は英語圏じゃないし、
すっかりアウェイ状態というか、すっかりレッドカード気味っぽかったですね(笑)。いつもの映画だったら、スカ子もけっこう濃いけど、
あの濃い~濃い~二人と同居では、かなり薄味もしょうがないかも!

やっぱりsabunoriさんも思いました?なーんとなく、おととし?位の
ジェニファー・ハドソン(歌が強烈)や菊池凛子(脱げばいいのか)的な
感じもちょっとしたりして。”ボルベール”でなら、私も大納得だったんですが。スカ子のニーハオマはけっこういい感じの発音でしたよね。
バルセロナでスカ子の中国語はかなり意表をつきましたねぇ(笑)。
Commented by acine at 2009-07-02 20:53
◇Gloriaさん 再びありがとうございます♪ って、私もあまりにも
遠い過去になりつつあります。
でも、この写真の辺りはほとんど今も変わらないと思うんですね~。
サグラダ・ファミリアはかなり急ピッチになってきてるみたいだけど。(進行状況をいつも見たい~!と思ってます)

お話、思い出しました! そうそう、大変だったんですよね。Gloriaさん。
写真=思い出だから、辛いですよねぇ。でも、身に支障がなくて、良かった良かった。バルセロナはスリ・かっぱらい多いからなぁ。
私が居たころはさらに首絞め強盗が横行してて、日本人のパスポートが凄く狙われてる時期で、北アフリカの組織~中国の組織へ流れる
らしい・・・という話を聞いてました。
行った当初はかなり冷や冷やしてたけど、段々肝が座ってきました(笑)。

そーなんですよ!スペインで大人の女のいい条件の一つは
ドスが利いた低い声なんです!その上、スペインのスペイン語は
機関銃のようなスピードなので、余計迫力倍増で、けっこう凄いもんがあります。でも、美女!なんですよね(笑)。
Gloriaさんの声、私は柔らかい~印象ありますよ♪
Commented by paris.fleur at 2009-07-03 22:41
私もこれみたよ!!ベネロペのあの役が妙にハマッててよかったわー。
これみてバルセロナに行ってみたくなっちゃった。
しかし、どーしたらこんなお色気ムンムンな女性になれるのでしょうか?
まずは目指せ杉本彩!で頑張りまーす。

お祝いコメントどうもありがとーーー!
Commented by takas1961 at 2009-07-04 09:23
スカ娘はとっても好きで、実はバーバーから目をつけていたので、今回も早速観てきました。
でも、そんなスカ娘が好きなワタシでもペネロペには目を奪われっぱなしでした。出てくるタイミングが絶妙でしたね。前半は話の中だけでの人物像だったのに。前作の「エレジー」から気になってきたのです。
次回作以降はスカ娘の出番は無いようですね。ウディって惚れやすい人なんで、ミューズもまた物色かな?
ウチの親父と同い年ってのが信じられません。
Commented by acine at 2009-07-04 18:40
◇アヤコちゃん おめでとうございました♪ ちょっと落ち着いた頃かな?
疲れ出さないようにね~♪ そして楽しい日々を!

おぉ~アヤコちゃんも見たのね~。これ。
ペネロペが登場すると、スカは存在感なくなってしまったよね。
いやー、ぜひバルセロナ行ってみてください!アヤコちゃんとこからは
近いし~!私も今、行くたくってたまらん病なのですわ。
ははは!杉本彩!いえいえ、アナタはアムールの国に居られるから
大丈夫!きっと負けないと思います。
Commented by acine at 2009-07-04 18:48
◇takasさん 私もスカ子は大好きですよ~!
今回もペネロペが登場するまでは、レベッカ・ホールが可哀想な位、タイプキャストで、すっごく良かったと思いますが・・・。
余りにもペネロペが強烈でした(笑)。
”エレジー”結局見れてないので、またチャンスがあれば、見ようと思ってます。彼女はスペイン語喋る役の方が絶対よいですね。
そうか~、次回はスカは出ないんですねぇ。ウディの次なるミューズは
誰なんだろう?エヴァン・レイチェル・ウッドとかかな~?
お父様と御大は同い年なのですね!それにしても、爺は老いて
ますます盛ん・・・という感じです(笑)。

Commented by CaeRu_noix at 2009-07-12 23:05
acine さん、こんばんは。
ステキな写真、はいけーんいたしました。
ガウディ建築、大好きなんです。ウットリー。
私が行ったのは90年代前半なので、サグラダ・ファミリアがもうちょっと低かったかも。?
ヨーロピアンはよくスペインやイタリアに行きますけど、アメリカ人を行かせるのは面白い試みだったと思いますー。

ユアンの「Cassandra's Dream」は配給されないのかしら・・・。
つまらないらしいけど・・・
Commented by acine at 2009-07-14 15:52
◇かえるさん こんにちは!
写真見てくださって、Muchas gracias! です。 ガウディのオリジナリティ
は凄いですよねぇ。それを受け入れたバルセロナの街もこれまた
凄いと思うけれど。100年以上前でこのデザインですもんね。
ガウディと同時代の人も素晴らしい人が一杯いて、バルセロナの
街自体がホント凄いよなぁ・・・と思います。大好きな街!
いつも行きたいなぁ・・・と思っています。
かえるさんはその頃行かれたんですね~♪ サグラダ・ファミリア、
ゆっくりと言っても、ジワジワ進んでるし、ここ数年はかなりのピッチに
なってきてるらしいので、生きてる間に完成したのが見れそうで楽しみ!です。確かに、アメリカ人@バルセロナは面白かったですよね~!

そうそう、ユアンのその映画もありましたよね~。どうなったんだろう?!
ユアンとウディの相性って想像がつきません(笑)。
Commented by rabiovsky at 2009-07-15 00:34 x
コメントありがとうございました
ウディ・アレン、とうとう新しい大陸に上陸してしまいましたね。
今までのイギリスを舞台にしているとなんか湿気多いそうな感じだったのが
やっぱバルセロナに来ると湿気なんかなく、いつまでも太陽が
上っていそうな感じがする映画だな~と。新境地開拓というよりも
今まで持っていたものをバルセロナにあわせたって感じがしました。

それにしても御大は本気でムチムチしたスカ子に惚れてますな。
じゃないとあそこまで使わないでしょ!それもラテンなバルセロナ!
お年を召した御大の妄想炸裂って感じがします(笑)

>全身になると どうもバランス悪くない?
そう!そうなんです!(笑)
これはマッチポイントぐらいから思っていたんですよ。
なんかこの人、太っているわけではないんだけど なんか紙一重な
ところがあるように思っていたんです。それがレベッカ・ホール
と並ぶと もう 強調されてて・・・。アメリカ人ってああいう女の人って
好きなのかもしれないけど なんかね~ 
だから未だに彼女には引っ掛かるんですよ。
これからが正念場かもな~。
Commented by acine at 2009-07-15 12:56
◇rabioさん こちらこそ!TBも有難うございました!
何故だか、rabioさんちへはTB出来ないみたいで、残念!

そうそう、御大ピレネー越えていってしまいました。確かに湿気は
なくて、なんとなく、リラックスした空気が漂ってましたよね。
確かにおっしゃる通り、別にバルセロナだからって、御大のやり方は
変えてませんね。そのまんま!相変わらず妄想炸裂だし!

そうそう、スカちゃんに惚れてるのはわかるけど、バルセロナが
舞台で、あの強烈な真打ペネロペ姐さんなんかに出てこられよう日には、
残念ながら、ムチムチスカ子の威力もかすんでしまいましたねぇ。
私もこの映画で初めて、無敵かと思われたスカの限界を初めて
見てしまったよーな気が。

そーなんですよ!スカちゃん、顔だけとか、上半身だったら、
イケてるのに、全身写すとあらら・・・?!って感じで。
今回はレベッカが完璧モデル体型だったし、ペネロペはペネロペで
バランス取れてるから、余計スカの全身姿はあらら?!でしたよね。
それ言うとハビも顔デカいし、カバ系なんだけど(笑)。

正念場を迎えたrabioさん@スカの関係、これからも楽しみです!
by acine | 2009-06-30 17:41 | Estados Unidos 米映画 | Comments(18)