Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

THE CHASER チェイサー ’08 韓国

e0079992_22123371.jpg

残酷だし テンション高いし  
見終わったら 疲れ果ててしまいました
恐るべし 韓国映画パワー

疲れるのも当然で 実際に起こった猟奇殺人事件を
ベースにしている上 韓国映画ならではのこれでもか!の
残酷さ 過激さ  善玉のはずの警察内部での出来事まで
胸やけしそうな位のパワーで迫ってくるので 疲れるのも当然
詳しく:@nifty映画

残酷さは思ってた通りだったけど 
もっとどよーんと とてつもなく暗くて重い映画かと思ってたけど・・・

思ってた以上に 全体的に登場人物のテンションが高いというか
余りにも血の気が多く 良く喋り 良くつっかかり・・・と
そのパワフルさに引きずられ 見たくもない残酷なシーンまで
一緒に目撃さされて ダークな映画なのに見てる方も
妙な高いテンション保って見てしまう・・・という 
良くも悪くもパワー全開な映画

とはいえ テーマがテーマなだけに 残酷シーンはこれでもか!と凄惨だ
そして 早々と明かされる犯人のそのはぐらかし具合がこれまた絶妙
演じるハ・ジョンウは のらりくらりとしてとても怖い
何故そういうことをするのかが明かされないのは 
昨年のガスボンベ男と一緒 だから余計怖さ倍増

こういう犯行に理由はない・犯人は何も語らない・・・というのが
今の映画の犯人像のトレンドなのかもしれません
ハビエル・バルデムしかり このハ・ジョンウしかり どっちも見事!
このハ・ジョンウも若いけど 凄い演技派だと思う
この人 あの”ブレス”にも出てたらしいけど 
あのチャン・チェンのことを想ってたあの子だろうか?

e0079992_22495359.jpg


そして 失踪した店の女の子を探し 疾走するやさぐれた元刑事
立場上警察を頼るわけにもいかず だけども腐れ縁で
警察にも出入りしたり この男がとにかくテンション高いので
見てる側も 彼のパワーにつられて ソウルの街の暗闇と雨の中を
とにかく走って走って 追っかけて 追っかけられて 殴って 殴られて 
血を流して ソウルの暗闇や坂道を全速力で一緒に疾走してしまう 
元刑事を演じるキム・ユンソクも人間くさすぎてとても上手い

イケメンでなくとも こういうよい味わいの中年&
おっさん俳優も一杯いるのが 韓国映画のよいところ

そして もう一つの主役が 出てくる人の血の気の多さ
現場もそうだけど 出てくる人間 一般人だろうか 
警察内だろうがもう凄い! 警察内部でもつかみ合いしてるし
市長に向かって投げるものだって 卵や小麦粉どころじゃなくて
うへ~!って感じで もう唖然としました

ガチンコ勝負の韓国映画よいな~と思ってた今日この頃だけど
この映画の余りのこの濃さとテンションの高さと
いろんな意味での 血の気の多さにグッタリしました 
当分はもういいわ・・・という感じさえ

”映画は映画だ”は 何回見たっていい!という位
物凄く好みだったんだけど・・・ あの位の濃さでよいです

昨日から始まった ソ・ジソブのドラマ 
”カインとアベル”でも 病院が舞台だからって 
手術シーン(しかも局部)をリアルにバンバン 
しつこくしつこく写さなくっても~!と もうもうビックリしました
本筋よりそっちが気になって大変だったので余計(笑)

しかし 監禁されてたヒロイン 
あれはホントに怖い仕事だわ あの門で鍵をジャラジャラの時点で 
何で家に入り込んで行ったのか? ああいう仕事をしてるからこそ 
危険な客って 直感的にピンと来るはずじゃないの?とか
雑貨屋のおばさんも何で~?! と 見てる方もハラハラしながら
とことん映画の世界へ引きずり込まれて 後味悪い・・・

映画としては 物凄くパワフルで 引きずり込まれるし
こっちでも体張ったキャスト陣も 上手いし凄い
とにかく 前評判通り 物凄い映画でした
好き嫌いは別として・・・ 私はお腹一杯でした

それにしても このパワーと重さ 
ブルドーザー並みのこのテンションとアグレッシブさ・・・! 
そしてダークナイト並みの社会の暗闇

確かにハリウッドが狙いそうな映画だと思うけど
ここまでの残酷さを描くには無理そう また製作費だけは一杯かけて
甘っちょろくて生ぬるい映画に また着地するんだろうなぁ
湿気を帯びたアジアの業や残酷さを描くのはハリウッドには無理

実際の事件は こんな風に救いがない
そして不条理なことだらけ・・・なんだろうけどね
妙にリアルで見るのにパワーが必要でした
あの何度も振りかざされる グサっという音もね・・・

なんだか ゆったりほっこりとした台湾映画や
力の抜けたおバカ系香港映画が見たくなりました

はー 疲れた!

今日の映画 78点
[PR]
Commented by はらみ at 2009-07-27 11:43 x
私はこの映画大好きです。確かに疲れますけどねw
犯人の殺し方がすごいと思った。刃物とかじゃないんですよね。
最初は金づるでしかなかった女性を追いかけていくうちに、やりきれない怒りに変わって爆発しそうになっていく元警察官のあの過程がいいです。
痛そうなシーン以外の演出も気に入ってます。子供をうまく使ってるなあと思ったり。
ハ・ジョンウは「ブレス」では浮気夫の役です。余りにも容貌が違うのでわかりませんよね~。私もネットで知ってびっくりでした。
Commented by takas1961 at 2009-07-27 19:05
公開時に見てきました。さすがにDVD買ってまで見る気をありませんけど。
確かにどっと疲れる作品でした。
ディカプリオがハリウッドリメイク権利を獲得したそうですが、チカラ抜けたどころか、脱力系作品にならないことを祈るばかりです。
そうそう、ウォーロード、念願の完全版で発売ですね。なんで上映時に完全版にしなかったのでしょうか。ライトスタッフの頃から、配給会社に1日に何回上映できるかばかりを考えているのではないでしょうか。
Commented by acine at 2009-07-27 21:33
◇はらみさん ホントに疲れました。でも、はらみさんは大好きときましたか!私は決して好きとは言えないけど、映画自体のパワー、
規格サイズに納まりきらない、韓国映画のパワフルさとアグレッシブさにひたすら感心しました。
確かに殺し方・・・凄かった!あのグサっという音・・・嫌ですよね~。怖!
そうそう、彼にとっては、女の子は最初は単なる金づるですよね。
最後、あの一撃をくらわさなかったけど、本当は振り下ろしたい気分
だったんじゃないかなぁ・・・と。確かに子供の使い方上手かったですね。
あざとさを感じる一歩手前だけど、子供にも容赦ないのが、これまた
韓国らしいなぁと。
え~?!ハ・ジョンウはあの浮気夫だったんですか~?!?
まったく別人じゃないですか?!ルックスなどは好みではないけど、
この映画でのハ・ジョンウは凄かった!役者としての、とてつもない
才能とポテンシャルを感じました。これからも要チェックですね。
Commented by acine at 2009-07-27 21:37
◇takasさん 確かに! 買ってまで見ようとは決して思いませんね。
レンタルもいいかな~。余りにも重くて。
だけど、この映画しかり、パク・チャヌク映画しかり、もんのすごい
パワーを持った映画が出てくるのが、韓国映画の凄いところだなぁと。
よくも悪くもお上品で規格サイズにちんまりと納まってしまう邦画なんか
真似できないパワーですよねぇ。
脱力系・・・ありえそうですね~。単なる力んだお間抜けな奴らが
出てきそうです。主要キャストもあの警察内部も・・・・。
”ウォーロード”そうなんですね~? というか当たり前ですよね!
訳のわからん編集やどうでもいい歌なんかつけなくていいですよ~。ホント!しかし、今年の中華系・・・今のところ個人的に一番よかったのは
意外にも、アンディ兄さんの”三国志”なんです~。
Commented by takas1961 at 2009-07-27 23:23
三国志もよかったですね。マギーQにドッキリさせられました。
琵琶かなでるシーンはちとヤバかったですな。
三国志はソニーピクチャーズなので、ソニー製のブルーレイやDVDはちょっと待てば廉価盤が出る傾向にあるので待ちですが、ウォーロードは初回限定に引っかかりました。
Commented by acine at 2009-07-29 22:18
◇takasさん ”三国志”良かったですよね~!ジョン・ウー版
何でもありな赤壁パート2より、私は断然よかったです。
マギーQは本当に綺麗でしたね♪ 何故曹操の家系に欧州系の血が
入ったのかは別として、戦う前にボロローンと琵琶とか、
あの力技的展開も、圧倒的な彼女の美貌ですべてチャラになってましたよね。私は、年くってからのアンディ兄さんは物凄く良かったし、
アンディとサモ・ハン、アンディとアンディのシーンにも泣けましたよ~。
Commented by kiki at 2009-08-01 00:21 x
acineさん、久しぶりにお邪魔したら「チェイサー」が。ご覧になったのね~。「300」の濃~い世界をあんなに何度も観に行ったacineさんが、これに疲れるっていうのも面白い(笑)。確かにテンション高いし疲れるのだけど、トレーラーで観て面白そうだと思った通りの映画だったので、うぐぐーと思いつつ韓国映画を初めて劇場に観に行った甲斐はあったかも、と思ってます。クライム・サスペンスだし連続殺人犯の話だし、ある程度の残酷描写は覚悟していったので、予想したほど壮絶でもなかった気がするけど、浴槽の底にわだかまる髪の毛などでゾワゾワ感を煽る演出がうまかった。それと甘っちょろい予定調和を排した、徹底的に甘くない展開なども潔いなと思いました。だからって韓国映画ファンにもならないけど、あそこの国はたまにビックリするような作品をドカーンと放つので油断も隙もないのよね。(笑)でも、またアンテナが働く作品が封切られたらハングル映画も観に行ってみようと思ってます。
Commented by acine at 2009-08-01 22:02
◇kikiさん お~、初韓国映画だったんだ。 ははは! そーなんですよ。
あんな超肉食な300は全然平気(笑)だったくせに(ま、あれは
一種神話の世界というか、半分CGアートみたいなもんだし)、
これは妙に生生しくて、おぞましくて、疲れました。
だけど、あの気持ち悪いバスルームの髪の毛と何かのシーン
のあたりから、気持ち悪さ全開で・・・。そしてあのグサっという音も!
だけど、映画自体は、おっしゃる通り、演出が巧みで、物凄い
パワーを持った映画でしたね。まるで、ついてこい!おい!
ついて来れるか?!状態でした。
そうそう、決して予定調和でなくて、男はもちろん、女子供にも容赦ないところが凄いよね。私もこれでファンにとはならないけど、
韓国映画は、ホント、時々ドカーンと凄い映画を送り込んでくるから、
チェック要よ。個人的におすすめは、パク・チャヌクの”オールド・ボーイ”
(カンヌ大賞作)です。チャンスあれば、見てみてください。
これも見終わったあと、凄い衝撃だった。
あと、↓で私が褒めまくってる、9月にDVD出る”映画は映画”も
低予算ながら、凄く面白い!これもぜひお勧め!
Commented by まるめろ at 2009-08-03 13:51 x
これ見てみたかったんですよね~
韓国映画ならGoodBadWeirdもおもしろそうですよ~
Commented by acine at 2009-08-05 22:18
◇まるめろさん これはあらゆる意味で超ヘビィ級ですが、
見て損はないですよ~。Good・・・もきっと行きますよ♪
Commented by rabiovsky at 2009-08-18 22:35 x
TB&コメントありがとうございました。

何か、禁止されている言葉があるみたいで書き込みができないのですが、
何が禁止なのかわからないので こんな感じでは大丈夫かな?(笑)

私は前評判並みの感想は抱かなかったのですが、あの汗とか体臭とかさえ
感じさせる生々しさというか人間臭さ そしてグロさを体感して
「あ~やっぱり韓国映画だな~」と思ってしまいました。
血の気の多さもね(笑)
テンションが高かったり、低かったり 乱高下するけど底がまた魅力なのかもしれません。
犯人が犯した犯罪をあっさり言う所にはかなり不意打ちされましたけど・・・。

それにしてもこのテンションの高さはどうやったら出せるのでしょうかね。
デビュー作でこれだもんな~ スゴイ過ぎです。
Commented by acine at 2009-08-19 07:17
◇rabioさん こちらこそ、有難うございます~!

そーなんですよ。スパム防止で、いくらか語句を入れてるんだけど、
自らレスしてて、何でハネられるんだろう?という時も、時々
あるんです。お手数かけてすみません~。

本当にあの生々しさは凄かったですね。汗、体臭、グサっという音、
不快感すれすれにグイグイと攻めてくる映画でした。
私も好きか嫌いかというと、何とも言えない感じだけど、
映画自体の持つパワー、アグレッシブさにかけては、とにかく凄いよな~
と感心しました。製作陣、キャストのとんでんもない勢いにも。

韓国映画、やっぱり血の気多いですよね~?! 映画自体の
パワーもそうですが、人間同士のぶつかり合いもハンパじゃない
もんがありますね。中華のぶつかり合いとはまた違いますよねぇ。

rabioさんは規格内映画・・・ですね。私はなーんとなく、その規格のスケール感が
全然日本映画(私もほとんど見ないけど・笑)とは、次元が違うような
気がします。ホントあのテンションとかね。デビュー作でこれだとは
確かに凄すぎです。
by acine | 2009-07-25 22:50 | Corea  韓国映画 | Comments(12)