Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

Steal it if you can  盗られてたまるか ’02 韓国 (DVD)

e0079992_2173973.jpg

”映画は映画だ”をきっかけに 
すっかりハマりつつある ソ・ジソブ出演作です
日本の小説がベースで 日本でも映画化されてる作品らしい
詳しく:CINEMA TOPICS ONLINE

スタイリッシュなのか 泥臭いのか よくわからない(笑)
そのバランスが 凄く不思議な感じで シュールで
妙なおかしさが所々にある泥棒コメディだった
けっこう大真面目に こんなストーリーを作ってあるのも可笑しい

話はなんてことない話・・・だけど 着眼点が面白い
ヤンエグ(死語か?)で 泥棒なんて 趣味でやってる男と
片や 奥さんの親がリッチなので もの凄くいい家に住み
(インテリアなどなかなかお洒落!) 美人の奥さんがいるけど 
ホントにただのおっさんというか 冴えないオヤジな訳です
なので 緊張感があるようでないようで 妙な不思議なリズム(笑)

ソ・ジソブ演じる泥棒が盗むものも TVのリモコン お札2枚とか
果ては 美人の奥さん(ただし超味オンチ・笑)が作った 
冷蔵庫の中の凄い味した残り物とか~!

その料理を食べた 旦那の同僚は目をひんむいて悶絶していたけど
泥棒の彼は妙にその奥さんの凄い味した料理にハマってしまい(笑)
次なる料理のリクエストのメッセージ残して その場を立ち去ったり・・・!

どうでもいいけど この奥さん 私の仕事仲間に凄く雰囲気似てたな(笑)
彼女もとても綺麗な人だけど・・!

果ては まだ当時珍しかったと見える 
壁掛の大型TVも狙われたり・・・とか(笑)

そんな泥棒に立ち向かう旦那も 泥棒をやっつける為に 道場へ通う
この道場シーンはいい大人がバカバカしさ全開!
でも大真面目なのも 妙におかしい

そして 何度も泥棒に侵入され 道場で技を身につけ 
家もこれでもか!(これもありえない・笑)と完全武装し 
泥棒に立ち向かうオヤジと泥棒ジソブの対決はいかに・・・? 
そしてオチは・・・? どっちもこんなんあり~?!的世界でしたが(笑)

妙なリズム感とシュールさとおかしさと
脱力真面目な不思議なタッチの映画でした

しかし 韓国映画のクレジット もうさっぱり訳わかりません~
アルファベットや漢字ならともかく 想像さえつかない

今日の映画:70点

お目当てのソ・ジソブは まだまだ若くて短髪で
スタイリッシュに決めた助演という感じで 
とりたてて 目立つ訳ではなかったかな
MIのトム・クルーズばりのピタっとした衣装なんだけど
暗闇がほとんどだったので あのよいスタイルが
あんまりわからなくて 勿体なかったな~

今の方が断然いい男! いい成長を遂げてます 



”映画は映画だ” でも エンディングで流れる
本人がラップ&歌ってるこの曲・・・なかなかいい曲で
声も凄くいい! 即 i-tunesに落としました(笑)
クリップも王家衛テイストでよい感じだし
まさに ”映画は映画だ” 調なのも魅力



しかし ソ・ジソブ ホントに気に入りました~(笑)

今  先週から WOWOWで始まったこのドラマを見つつ

見るならこれ!らしいこのドラマも 徐々に見てる最中(笑)
ストーリーは 力技ありのレトロ少女マンガ調
やっぱり あちこちに韓国らしく 血の気も多いし 
誰ががケンカみたいに叫び出すし 死ぬ死ぬ言ってるし
ありえん親子ベタベタとか・・・! 濃い~です
中華世界も 濃くて熱くてベタだけど 
そのベタ具合の色合いがまた違う気がする

もとい ここでも彼はとてもいい感じ 
寡黙でちょっと粗暴で寂しげで・・・
あの目がやっぱり効いていて ここでも彼は女殺し系

この人は本当に目がいい! 
目や佇まい それだけで 十分演技できるタイプ 
とても韓国的な顔だと思うけど あの切れ長の目が 
物凄く効いていて 個性的で魅力的
役者としても とても器が大きそうで 
演技派なのもいい (これは大事!)
そのスケール感は ドラマより映画に向いてそう

そして あのダイナミックで美しい体躯! 
長身 長い脚 綺麗な肌 分厚い胸板 ぶっとい二の腕 
なのに ウエストがスッキリとして 着やせするタイプで 
立ち姿がとても美しい 個人的には大変好みの体型(笑) 

チャン・ツィイーやファン・ビンビンとラブコメディへ出るのもいいけど
同じ中華圏とやるなら アンドリュー・ラウかジョニー・トー辺りの
ノワールものへ出てもらいたいな きっとハマりそうな気がする

何にせよ 稀に見るいい役者 稀に見るいい男
ワールドワイドに見ても レベル高いと思う
映画見るまで 全然知らない人でしたが・・・
余りにもキョーレツでした  あの眼力のように・・・

と 戯言失礼しました
[PR]
by acine | 2009-07-29 21:46 | Corea  韓国映画 | Comments(0)