Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

COCO AVANT CHANEL  ココ・アヴァン・シャネル ’09 フランス

e0079992_1554817.jpg

シャーリー・マクレーンのシャネル映画に続いて
公開されたこの映画  (あと もう1本あるらしい?!)

私 オドレイ・トトゥは どうも苦手でして
シャーリーの方が どっしりと貫禄ありそうだな・・・と
思ったものの 台詞は英語と聞き やっぱり言葉は大事よね
シャネル=フランス やっぱりフランス映画よね・・・
と思いなおし こちらを観賞 

丁度 ヨーロッパ的な映画が見たいな~
美しいものが見たいな~と 思っていたのもあって・・・
詳しく:eiga.com

まだ若いオドレイ・トトゥが主演ということで
この映画は 孤児院での少女時代ほんの少し
そして 下積み&愛人時代のココ・シャネルが中心となる

冒頭の雰囲気ある孤児院のシーン 
少女時代のココの黒い毛糸で編んだ制服(これが凄く可愛い!)
そして成長し 姉役(本当の姉?孤児院での?)のマリー・ジランと
オドレイがフランス語で喋り 場末の酒場でココの歌を歌うだけで
見てる側も一気におフランスへ連れていかれたような気分になり
掴みはOK! 1時間位は夢中になって見てしまう

こまっしゃくれた感じのオドレイの容姿 発する台詞だけでも
やっぱりおフランスだな~(って抽象的だけど)という匂いがプンプン
若くったって妙に考え方も大人で 独特の世界観を持つ
オドレイ演じるココなんである この辺もおフランスくささ満点

ありがちだけど パトロンを見つけ 
その邸宅へ身を寄せ 英国人の男と知りあう・・・

e0079992_16123735.jpg


方や 美しい邸宅を持ち 親子ほど歳の違う
    悪い人ではないけど いわゆる金づる系のオヤジ
方や 自分と年の近い魅力的な英国人男 
    しかし 大金持ちの英国娘と結婚間近

結局 ココは一緒にいても 自分を恥じない英国男を
選ぶけど 男は別の女と結婚する それも納得済みで
ココは 誰とも結婚しないと宣言し 一生独身を貫く

この映画 そういうココの下積み時代を中心に描いたもの

終始 ほとんどこ難しい顔したオドレイ演じるココの顔が
輝くのは 英国男と一緒にいる時だけ その瞬間だけは
輝いていて 凄く幸せそうで 可愛くて 物凄く印象に残った
仕事と結婚したようなココにも そういう時間があったということも

正直 シャネルの一生に関しては よく知らないのだけど
若かりし日の悩み多き時代を過ごし 
そしてパリに出て 成功者となる・・・

女は慎ましく・・・
女性が表舞台には まだ出てなかった時代 
世に出ていくために 強い美学と信念を持ち 
そして そんなココを支える男がいた・・・
ある意味 とても現代的な女だったココ

有名になり 英国男と 不倫関係を続ける中 
ふと ”有名人を妻にすることが出来たのに 
炭鉱持ちの英国娘を選んだのね” と言う

終わってみると あっという間で
まるで小説を映像化して 垣間見てるような 
走馬灯のような映画だった

サラーっと流れていった中にも 
フランス映画らしい濃密な空気が漂ってたので 
見ごたえはあったけど いまひとつ 
人間くささはなかったかな?

きっとシャーリー版の方が そういう人間くささや重みはあるかも?
チャンスがあれば そっちも見てみようと思う

英国男を演じた アレッサンドロ・ニボラは ゴール1 2でも
いかがわしい系サッカー選手(笑)を演じてたけど 
この映画では フランス語喋って ヨーロピアンな雰囲気
(でもアメリカ人) だけど英国というよりやっぱり顔からしてイタリア男
この人 エミリー・モーティマーの旦那さんらしい

それにしても 彼女の若かった時代は 
あんな風にゴテゴテ・フリフリが よしとされてた時代なんだな~

e0079992_16505612.jpg


なので オドレイが身に纏う シンプルなチェックのワンピース 
メンズもの 皆白でも自分は黒色 ボーダーのシャツ パジャマ姿
そんなシンプルな恰好が オドレイの細い身体によく似合っていた

シャネルが全面的に協力というこの映画
ファッションショーは あれだけ?!という感じだったものの・・・

シャネル=優雅だけどゴテゴテしてるというイメージが
あったけど 意外にも 無駄な装飾をそぎ落として 
彼女独特の美学&美的センスで 必要な装飾だけプラス
というコンセプトだったんだなぁ・・・と気づきました

今日の映画:77点
[PR]
Commented by fotobella at 2009-09-23 20:32
acineさん こんばんはー!
そうでしたか、オドレイの方だったんですね~どっちかな?と思ってました^^
わたしはオドレイについてほとんど知らないも同然でして・・
どんな女優さんなのかなぁと思っていました。アメリしか観てないんです
あともう一つ、なんだっけなぁ・・わりとシリアスなもの(忘れた)
でもこうして画像を見ると、男顔?!ごつい感じしますねぇ・・

わたしはちょっと前に、シャネルの生前についてのテレビ番組を見ました
時代を先取りというか、仕事に生きたというか、
すごいスタミナだよなぁ・・なんて思ってみました^^
でも家族の愛だけは、手に入れられなかったのですよね

ブティックとしてのシャネルは、わたしは大好きです
もちろん、買えませんが・・・ザ・エレガンス!と思っています
たぶんacineさんが「ゴテゴテしてる」と思うのは、日本人というか
日本の芸能人からのイメージなのかなぁと思ってしまいましたが、どうでしょう?
本来は、白、黒、真珠、ツイード、キルティングバッグ、カメリアが基本で
そんなに華美な感じではないような気がします^^
最近では遊び心のあるデザインも豊富ですけどね
Commented by acine at 2009-09-23 21:31
◇ゆりさん こんばんは!
そーなんです。シャーリー・マクレーン演じる方も貫禄たっぷりと
いう感じなので、そっちも見たいな~とも思ってるんだけど。

私もオドレイ知らないも同然。アメリさえ見てないですから~(笑)。
そーなんです。小顔なんだけど、意外といかつい感じでキツい感じします。
いかにもこまっしゃくれたフランス女という感じで。
私はやっぱり口調も雰囲気も柔らかくて可愛いシャルロットとか
の方が好きだな~。

そーなんだ。そうそう、この映画を見る限り、凄く時代を先取りして、
自分の美的センス、美学に絶対の自信を持ってた人のような感じでした。

そうか~、ゆりさんは大好きなんですね♪。シャネル。
確かにザ・エレガンス!って当ってると思います~。
だけど、単に自分が辛口系の方が好きなので、そんなイメージがあって。
この映画見てると、黒を好んでいたココ、私も黒が大好きなので、
それはよくわかるわ~。そしてこの秋は黒い服にパール(元々
ここんとこハマってるし)に赤い口紅いいかもな~なんて、見てました。
またチャンスあったら、ゆりさんも見てみてくださいね!
Commented by sumi2211 at 2009-09-23 23:19
acineさん、こんばんは。
私はシャーリー・マクレーン版と両方観ました。
オドレイ版の方が仏語なのでリアルではありますが、映画としては
シャーリー版の方が見応えがあって好きでした。
シャーリー版では戦時中の様子なども描かれているし、恋愛の
ニュアンスもちょっと違います。おまけに若いシャネルの女優
さんがかわいかったですよ!シャーリーも生き写しですし。
本人が他界しているので、何が本当かは分かりませんが
2作品を比べて観るのも面白かったです。
冬にもう1本公開されるというウワサも聞きました。
同じ人物なのに、映画によってずいぶん印象が変わるなと!
Commented by acine at 2009-09-24 00:09
◇sumiさん こんばんは!
sumiさんは両方見られたんですね♪ シャーリー版の方が
概ね評判よいみたいだし、予告見ても彼女が貫禄たっぷりで
シャネルルックも凄くハマってたので、やっぱりそっちも見てみようかな~。
オドレイは元々苦手なタイプなので、この映画も半信半疑という
感じだったけど、これはこれでアリかな~と思いました。
確かに、sumiさんの書かれてる通り、何が真実かわからないけど、
2本見て、混ぜて整理したら、ココ・シャネルの人生となるのかもですね~。
そうそう、もう1本あるって話ありますよね。そっちは誰なんでしょうね~?
でもこんな風に一気に競作も珍しいですよねぇ。
Commented by CaeRu_noix at 2009-09-24 02:04
acineさん、こんばんはー
私も何となく、シャネルというと、へんに華やかにきらびやかなイメージがあったりします。
でも、本来はシンプルでシックなところが魅力なんだとわかりましたっ。

そして、来年公開されるのは『シャネル&ストラヴィンスキー』
シャネルの"ミューズ"アナ・ムグラリスがシャネル役で、カール・ラガーフェルドが衣装デザインをしたらしいー。
こちらも楽しみですよねー。
Commented by acine at 2009-09-24 07:19
◇かえるさん おはようございます~!
やっぱりかえるさんもそうですよね~。そーなんです。華やかで
甘い系統ですよね。 私もこの映画を見て、有名になる前の彼女が
好んで着た服のタイプや着眼点見てると、なるほど~、
だからシャネルはこういう路線になったのか・・・と理解できました。
でも、カメリアとか絶対甘口路線ですよねぇ。私は絶対付けない
タイプだな~。

3本目はそーなんですね!情報有難うございます♪
アナとラガーフェルドのタッグはこれまた強力ですね。
この映画では、シャネルが全面協力の割には、服借りてきた
だけ?という感じでしたもんねぇ。
アナはD・オートゥイユと共演した”そして、デブノーの森へ”で
見てます。アンニュイないかにもヨーロッパ的な女性ですよね。
特に背中のラインが物凄く綺麗だったのを覚えてます。そうか~、
彼女が主役だったら、これまた凄く雰囲気ありそーで、楽しみ!

シャーリー版も見てみよーと思います。ちょっと美化されてても(笑)。
Commented by gloria-x at 2009-09-24 20:45
わたしも来週観にいく予定です♪
ブランドとしてのシャネルはあまり好みじゃないけど
ココ・シャネルの人生には興味あります。
わたしもオドレィは苦手なのでシャーリー・マクレーン版も気になるなぁ・・・
Commented by acine at 2009-09-24 21:00
◇Gloriaさん そーなんですね!感想楽しみにしております♪
Gloriaさんもオドレイ苦手ですか~!おんなじですね~。
同じいけすかないのなら、まだサニエとかの方が、爆弾みたいで
見てて面白いかな~(笑)。
そーなんです。ブランドとしてのシャネルは好き嫌い分かれますよね。
シャーリーの方は、年の功で、貫禄ありそーですもんね。私も見れたら
そっちも見たいな~と思ってます。
Commented at 2009-09-25 01:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2009-09-25 09:08
◇鍵コメさん いえいえ!こちらこそ、わかりくかったかな~?
直接メールさせてもらえばよかったなぁ・・・と反省。ごめんなさいね!
またお返事させてもらいますね。どうも有難うございました!

私もその映画、、もっとお涙頂戴のわざとらしい映画かな~と
うさんくさく思ってたんだけど、予告編見たら、良さそうだったので、
見てもいいかな~?と思ってたところでした。アビゲイルちゃんも
可愛かったし。そうか、よい映画なんですね~!
そーいえば、娘さんが監督した映画も今年は見ましたね~。
またおすすめ作品あれば、ぜひ教えてくださいね♪
Commented by takas1961 at 2009-09-26 08:20
観てきました。オドレィ版のみですけど。
WIKIなんかに書かれているリアルストーリー(?)と比較すると、無難なセンに落ち着いていたなぁと。まあ、シャネル社が協力しているだけに、イメージ悪くなるシーンを描かないのは当たり前でしょうけどね。
シャーリー版はテレビムービーなので、実際にはかなり長いのではないでしょうか。
マルコム・マクダウェルが出ているってだけで見に行くつもりでしたが、近所では上映してなかった、上映期間が短かったので見逃してしまいました。
Commented by kiki at 2009-09-26 19:25 x
acineさん、お久しぶりです~。ココ、ワタシも観てきました。確かにサラリとしてたけど、割りに面白く観ましたよん。オドレイ・トトゥもハマってたし。そうそうおフランスくささ満点でしたね。(笑)アレッサンドロ・ニボラ、エミリー・モーティマーのご亭主なのね~。知らなかった。英国男の感じがまったく無かったですね。ニヤニヤしてて、どうみてもラテン系な感じで。シャネルがデザインしていた頃の初期のシャネルは無駄を極力取り去ったシンプル・イズ・ベストの服でいい感じだった気配ですね。昨今はイメージ的にシャネルっていうと、どうも…な人々が愛好する傾向にあるので、なんだかなぁ、な印象になりがちなのだけれど、そのへんも少し認識を改めました。
Commented by acine at 2009-09-28 20:01
◇takasさん 私も、今のところオドレイ版のみです(笑)。
やっぱりシャネルになる前の・・・というのがミソなんでしょうね~。
いつも難しい顔して偏屈な小娘なオドレイが一杯でしたもんね。
正直、シャネルが全面協力してる割には、最後のファッションショーはとって
つけたようで、これだけ・・・?!って感じでしたけど(笑)。
シャーリーはテレビムービーなんですねぇ。それでもシャーリー版の方が
概ね評判よいみたいなので、チャンスあれば、見ようと思ってます。
↑に情報ある、3本目のアナ・ムグラリス版が個人的には楽しみです
~。

Commented by acine at 2009-09-28 20:08
◇kikiさん こちらこそお久しぶりです~! 
おぉ、見てこられましたね。kikiさんも♪ おフランスくささ満点だったよね。
あのモーティマー旦那と一緒に旅から帰ってきて、あの白い邸宅に
花に、オールドカーにあの二人・・・それだけで、なーんて絵になるんだろう!って。
アメリカ映画じゃとても描けないエレガントさだな~と見とれました。
そう、あの旦那は名前もだけど、デル・ピエロ顔なので、どー見ても
ラテン男よね(笑)。
そうそう、シャネルはどうも・・・って私も思ってたけど、私もこれ見て
シャネルへの印象は変わったかも・・・。とはいえ、やっぱり
こういうエレガント&甘め路線は好みではないな~(笑)。
Commented by sabunori at 2009-10-03 00:34
acineさん、こんばんは。
「ココ・シャネルの人生の序章」と考えれば興味深く観れたのかも
しれませんが私としては「映画としておもしろくなかった」ですねぇ・・・。
私もオドレイ・トトゥがいまひとつ好きではないというのもネックだったのかも。
それにしても本当にあの時代に生まれなくてよかった。
あんなヒラヒラしたゴテゴテ余計なモノがぶる下がったうるさい洋服を
着なくちゃいけないなんて、拷問だわ〜。(笑)
Commented by acine at 2009-10-05 20:58
◇sabunoriさん こんばんは!
けっこうこの映画、期待はずれだった人と、これはこれでアリな人に
ハッキリ分かれてますね(笑)。
でも、しっかりココ・シャネルと名前が入ってるなら、誰しも期待は
しますよね~。確かに映画としては平凡だったし、ファッション面も
地味なのがほとんどだし、ショーはとってつけたみたいだったし・・・。
私もsabunoriiさんと同様、オドレイ苦手なんだけど(意外と
彼女は曲者ですよね~)、これは許せる範囲でした。
確かに~!あんな女はお飾りみたいな時代ですもんね~。
窮屈そうですね。しかし、今の時代は、女にも厳しいから、
ヒラヒラしたの着て、演技してる方が楽かもな~・・・なーんて(笑)。
by acine | 2009-09-23 16:22 | Francia フランス映画 | Comments(16)