Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

十萬火急 ファイヤーライン ’97 香港 (WOWOW)

e0079992_19152373.jpg

ジョニー・トーの’97年作 劇場未公開作

原題とこのポスターの雰囲気はよーく覚えてるけど
未見の作品でした しかも ラウ・チンワンが主役!!! 
これは見なくては~!

今週 WOWOWでは ジョニー・トー特集をしてまして
嬉しいことに 連日 彼の作品を放送してます 
特集:香港の鬼才 ジョニー・トーを見よ!
ここんとこ 毎日録画してます

これもタイトル、雰囲気 当時から見覚えのある
1日目のシンチーの映画も (今は亡きアニタ・ムイが奥さん役)
チラっと見たけど 凄くテンポがよくて 映像も綺麗で
整合性ありそうで(笑) シンチーの舌も絶好調っぽくて 
面白そうでした また時間のある時に見る予定!
しかし この映画もジョニー・トーだったのか~と驚きでした

そして この映画・・・ 詳しく:WOWOW

ジョニー・トーのスタイリッシュさは かなり影を潜めてて
タッチとしては ブレイキング・ニュース系かな 
ただ あそこまでシリアスではなく 最近の美学系でもなく 
リアリティやドキュメント感があり 人間ドラマ中心で話が進む

それにしても チンワンが出てきただけで もう嬉しくなります

あの赤黒い肌に ジャガイモのような顔だけど なんとも男前!
造形的に男前な人が男前と呼ばれるだけじゃなく
こういう男気のある男前も十二分に男前!

目元はキリっとしてて 姿勢がよくて 男は喋りすぎない 
行動よという感じでね こういう男こそ信頼できそうなタイプだと思う
最近 彼はどこか紅塩と似てるな~と思う私
ギョロっとした目に 静けさを保ち 演技達者なとこも

実直すぎて 不器用な男だと 上司との面接でそう評価される 
レスキュー隊のリーダーを演じるのがチンワン

そして 彼が惚れる女に 久方ぶりに見たカルメン・リー
(武と共演してたパラダイスや 
 シンチーの008以来のよーな気が・・・)

こうして見ると チンワンしかり カルメンしかり
なんとも南方系のルックスなんだな~
浅黒い肌に キリっと濃い顔つき 
中華圏南方を通り越して フィリピンとかインドネシアっぽい感じ
やっぱり 香港はアジアの南方だよな~と思う
しかし 皆さん顔立ちが自然で見てて凄く安心する(笑)

そして 消防署にはまだユニオンジャックの旗が
なびいていて まだイギリス時代のあの頃の香港なんだなぁ・・・
Yes, sir とか Sorry, sir とか言う台詞に懐かしさを覚える

消防署の署長に 勝手に ほうなかしん と呼んでいる
アレックス・フォン これまたキリっと男らしいいい男だ
初めて アレックス・フォンいいと思ったかも(笑)

そして 後輩のお父さんに ”天使の涙”で 
武のお父さんやってた チャン・マンロッさん (確かこんな名前
だったと思うんだけど)が ほとんど同じルックスで出てて(笑) 
あ~ あの頃の映画だな~と思わせる

ヒロインのカルメンは どちらかというとお飾りっぽくて
同じレスキュー隊にいる 仕事か子供かと悩みながら 
でも溌剌と 男の同僚たちと たくましく働く
ヒロインの方がぐっと魅力的でした

女を妙に美化しない 等身大でなるべく描こうとしていて
この辺の描き方が ジョニー・トーらしいかも

映画自体は 人間くささも交えた 
地に足のついた レスキュー人間ドラマという感じ
CGも(多分)さほど使わず 描ける範囲の実写で
いってるので 等身大でそこそこリアルな感じが逆によかった

ジョニー・トーらしく ストーリーの流れが綺麗で
充実してるので 1時間半の小作品ながら
実際はもっと長い時間見ていたような感じだった

印象的だったシーンは
消防車が出て行く前のチンワンとカルメンのシーン 
寡黙なチンワンだからこそ おぉ~!という感じ
そして 無事救出したあと 消防車の放水で皆で水浴びするシーン

爽やかで後味のいい小作品でした

しかし 映画内の街中の看板あれこれが
馴染みのある漢字というのはホっとするな~(笑)
エンドクレジットもなんとか理解できるし・・・! 

今日の映画:77点

チンワンといえば この夏 ”つきせぬ想い”を
久しぶりに見たんだけど 半分残ってるので
続きも見なくちゃー!
[PR]
by acine | 2009-10-07 19:43 | Hong Kong  香港映画