Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

チャイナパワー ”電影革命”の衝撃 (NHK)


録画して見ようと思ってたのに・・・ 
ピーター・チャン監督がほぼ出ずっぱりだったので
ついつい生で見てしまいましたがな~でした
詳しく:NHK

上海でドニー・イェン、ファン・ビンビン他出演の新作
”十月囲城”を撮っている ピーターを中心に追うこのドキュメント
その新作は ドニー先生が孫文を演じるらしい
アクション歴史物という感じでしたが・・・

見ていくうちに 香港~ハリウッド~中国と拠点を移してきた
ピーターは本腰で大陸を拠点にしたんだな~と
いうことがわかってきて 寂しくもあり・・・

そんなピーターや 彼を取り巻く大陸のスタッフたちの
ハリウッドにもそのうちこっちを向くさ 中国の映画の体制も
自分たちが徐々に変えていけばいいんだという
その攻めの姿勢は 頼もしくもあり そのポジティブな姿は 
今はこういう時代なんだな~と思わせる

ピーターが出席した北京でのパーティでは
リン・チーリン (ピーターは赤壁での彼女の演技を
本人前に褒めていた あれこれ言う人はいたかもしれないけど
僕はとても良かったと思う・・・と)、ヴィヴィアン・スーの台湾勢
ジョウ・シュン、リー・ビンビンの中国勢 その他男性俳優
黄暁明など まだ彼の映画に出たことない俳優陣は
こぞって笑顔で あなたの映画に出たいとアピールする

この辺り全編に渡って 中国の電影革命という
内容にも関わらず 監督、キャスト陣含め
大陸、香港、台湾の映画人が入り乱れている 

そして市場は13億人の中国人だけでなく
華人の多い東南アジア全域に広がっている

そして 映画公開時期も 大陸と中華圏 
華人の多いその辺りの東南アジアの国
(そして 韓国まで含まれている)は一緒というシーンもあり

そこでも日本は含まれてないわけで やっぱり時差あるよな~ 
昔っからそうだけど 日本は当然ながら蚊帳の外に変わりなし
中華圏からの人材がハリウッドに行って また中国へ戻って
きてるというCGでも その流れは日本列島の上を通りすぎて
大陸へ戻るというのが そのままの状況だな~と

凄く高そうな葉巻きたばこを吸ってる(笑)ドニー・イェンと 
ピーターがアクション談義をしてる撮影風景のあと 
紹介されたのが 同じ時期に公開されるらしいぞと 
ピーター陣営をあわてさせた 
チョウ・ユンファ、ジョウ・シュン出演の ”孔子”
これまた古装片のユンファの貫禄たっぷりそうな映画
(監督名は知らない人だったよーな気が)

中国国内のTV局を総動員し 洪水のような大宣伝をかけようという
ピーター陣営に対し こちらは新進の映画会社で
まずはベルリン他世界の映画祭で賞をいろいろ取って 
その評判を武器に 海外からどんどん宣伝していこうという作戦

そのあたりのシーンで思ったのが 
その作戦会議に出席してる各会社の代表の年代の若さ
20代~40代が中心だから こんな風に柔軟で
怖いもんなしで 攻めの姿勢なんだな~と納得 

そんなイケイケドンドンな大陸での風景とは反対に 
香港で撮り続ける監督というので紹介された イー・トンシン 
大陸での撮影風景とは反対に 香港の街中での
こじんまりとしたセットとスタッフ陣 その撮影中の作品では
モニターに彦祖が映っていた (新宿インシデントまだ見てないわ!)

彼曰く まだ中国では表現できる部分に制約がある
香港でしか撮れないシーンは いろいろあると思うから
自分は自分の映画を香港で撮る・・・という
静かだけど強い意志を持っているのがまた印象的

大陸向けでないと 興行的には苦戦を強いられるのが
わかっていても 自分は香港でしか撮れない映画を撮る
表現者として こんな時代にこの姿勢はとても勇気がいると思うし 
これはこれでホント気持ちわかるよな~ と香港映画迷の私はそう思う

そして いろいろなことで 毎日戦ってるけど
ハリウッドの方がむしろ制約があると思うし
まだ中国の方がマシ 自分がいい映画を撮って
制度を変えていけばいい ハリウッドと比べて 
まだ過度期の中国だから 変えていけることも
多いと構えるピーターも確かに正しい

それまでなんとなく思ってた ピーターが大陸に飲み込まれてる
というより 拠点を大陸に構え 大市場を相手に 
本気で挑戦していくというのも これも一理あるし 
とてつもなくこれもエネルギーがいることだと思う

そして ピーター陣営にまた強力なライバル現る・・・で
こんどはチャン・イーモウの新作(サスペンスらしい)が
ピーター作品と同じ日に公開をするらしいと噂が入るが
結局は 1週間イーモウが公開を早めて・・・というラストだったけれど

その動き スピーディーさ 上海の巨大なスタジオ
(ハリウッドや日本映画の製作を引き受け ノウハウを
身に付け それを中国映画に活かすという上手い方法)
その巨大な市場 中国映画に興味を示す国が多いということ

そのうち 中国映画がハリウッドに影響するようになるよと語る 
映画人たち その攻めの姿勢 エネルギッシュさには
素直に凄いよな~ あぁいうパワーは日本にはないもんだなと・・・

中華圏映画に興味のある方は
再放送とかあれば 見たら面白いと思います

個人的には ピーターの香港時代の写真
マギー・チャンと写ってたので ”甜蜜蜜”の撮影風景だと
思うけど まだ若いピーターとマギーの姿がとても懐かしくて・・・
もうあんな時代は 二度と戻ってこないんだよな~と
若い二人の姿に 少し感傷的になった私でした

※追記

ピーターと編集のことで話をしてた二人
どっかで見たことある~!誰だっけ~?
一人はビンセントくんっぽいけど・・・ 垢ぬけてるし 違う?
と思っていたら やはりアンドリュー・ラウとビンセント・コクだったらしい
ピーター・チャンと この二人の顔合わせがあるんだ~と
意外な顔合わせだな~とビックリしました しかも中国で・・・ 
香港チーム その力を発揮して 頑張って欲しいもんです
[PR]
Commented by sumi2211 at 2009-11-23 00:49
acineさん、こんばんは。
アップデートが早いですね!私は録画してこれから見ますが
こちらの記事を読んで予習できました^^

ピーター・チャン監督といえば、投名状の日本版DVDご覧に
なりましたか?映画館とは違って、オリジナル版を収録しています。
友人が特典付きを購入したので借りたのですが、特典映像が
とても見応えあって面白かったですよ〜!
監督のコメントや、ばっさりカットされた未公開シーンの数々。
壮絶な撮影現場の風景など どれもスケールが大きくて。
ウーヤンの幻の処刑シーン、怖いですが目が離せません。
監督のコメントが良いので、機会がありましたらぜひ。
Commented by acine at 2009-11-23 07:53
◇sumiさん おはようございます~。
生で見てしまって、中味も濃かったので、明日も仕事なのに~
と思いつつ、ついつい勢いでUPしました(笑)。
sumiさんもその後見られましたか~?

”投名状”のオリジナル版見ないと~と思いつつ、あれこれと忙しい
&マイケルに気を取られていて、なかなか!
やっぱり見てみないといけませんね。

ピーターは王家衛同様、私を香港映画に引き込んでくれた監督
なので、彼の動向、どんな映画を撮るのかというのはいつも興味があります。
正直、香港で撮ってた時代がとても懐かしいけど、このドキュメントを
見ると、あの大陸の勢い、パワーには、こういう姿勢もわかるなぁ・・・と
思いました。あれはあれで、物凄くパワーいることだと思うけど、
自然体で向き合ってるピーターの姿はえらいな~と・・・。

そうそう、この前、書き忘れたんだけど、例の品、無事戻ってきて
よかったです♪ sumiさんとあの品がまたご縁があって、嬉しいな~。
Commented by Gun0826 at 2009-11-23 15:26
気になってはいたんですが、NHKが「中国」とひとまとめに
してる辺りがハナについて、敬遠してしまいました(チーリン
出るのは知ってたんですが・・・

勿論チャイナ・パワーという意味では華人は全てそうなんでしょうけど、
香港、台湾と中国本土を一緒にして欲しくない、という気持ちは俺の
中にはあります。
(まぁ当の香港映画人が大陸と組んでやってるんですけど)

ピーター・チャンはもともとかなりのビジネスマンですから、
大陸側でやっていくことは想定内な気がします。
王晶もなんだかんだで大陸向けテレビドラマをがんがんやって
ますし。
トーさんだけが、もっと遠くを見て映画を作っている気がします。
(キャスト的には大陸の人も使ってるけど

でもなぁ・・・末尾に書かれている、香港時代の、あの頃はもう戻って
来ないんだな・・・という寂しさばかりが、今はありますね。
Commented by acine at 2009-11-23 22:22
◇Gunさん そーなんですよね。お気持ちわかります~。
個人的には私も、いっしょくたにして欲しくない派ですが、
ついつい見てしまいましたね。

チーリンさんは胸元が凄く艶めかしかったです。しかし、背が高かったな~。
Gunさんごひいきのビンビンもよく映ってましたよ♪

ピーターはビジネスマン、当たってますね~。昨日の放送でも、
撮影中もひっきりなしに世界中から電話がかかってくると言ってたし、
ただ映画を撮るだけではなく、宣伝他、いろんな形で映画に関わって、
自分でコントロールしたいタイプなんだな~と見ました。
だけど、そんなあっちこっちに気を配りつつ、映画もいつも
クォリティ高いのは凄いことだと思います~。
Commented by acine at 2009-11-23 22:22
◇Gunさん 続きです。

確かにトーさんはそうかもですね。
そして、こじんまりとした撮影チームで、香港で映画撮ってた
イー・トンシンの姿はこれまた職人気質だよな~とあのバブルっぽい
大陸での風景とは裏腹に好感を感じました。
だけど、”新宿インシデント”も結局大陸では公開されてないらしく、
興行成績を取るか、撮りたい映画を撮るか・・・凄い&厳しい選択を
迫られてる感じがして、なんとなく気の毒な気が・・・。

で、いつもながら、そういう締めくくりになってしまうんですよね~。
あの頃はもう戻らない・・・と。
Commented by takas1961 at 2009-11-24 09:01
途中で気がついて観たので、半分しか観られませんでした。
再放送は11月25日(水)【24日深夜】午前0時45分~1時35分、なので、早速録画セット完了!
ハリウッドでは自分たちがやりたいことは完全にできないのでしょう。ウー先生のように「出稼ぎ」して戻ってくる人が手本になっているのでしょうね。
Commented by Gun0826 at 2009-11-24 16:07
蛇足気味で申し訳ないですが、ハリウッドのチャイナパワーバブルが
あっという間に去ってしまったように、今の中国本土の熱も結構早く
過ぎていくのではないか・・・と思います。

なので、トーさんやトンシンさんのような、香港に腰を据えている監督
たちが、結局は強いんじゃないかと。

トンシンさんといえばもうすぐ、「トリプル・タップ」が公開のようですね。
(もうされたかな?)
レスリーの「ダブル・タップ」の続編?のような作品のようです。
(またダニエルですがw)
Commented by はらみ at 2009-11-25 08:10 x
私もリアルタイムで見てました、この番組。
余り難しいことは考えず、晩酌しながら「へー今度ドニーの新作あるんだ。ほおーチョウ・ユンファが『孔子』をねえ~」みたいな感じでw
イー・トンシンさんのくだりでは、なんか「新宿インシデント」見逃したの後悔しちゃいましたよ。レンタルでたら借りなくっちゃ~!
Commented by acine at 2009-11-26 22:41
◇takasさん 情報有難うございました!追記で再放送UP
させてもらおうと思ってたら、出張の間に既に終わってました~。残念!
無事前半部分見れましたか~?
ハリウッドはいろいろ保守的そうですもんね。中華系のいい意味での
なりゆきまかせというわけにはいきそうにないですもんねぇ。
でも、ウー先生は出稼ぎでも、ちゃんと成績を残せてるから偉いと思います~。

Commented by acine at 2009-11-26 22:49
◇Gunさん 再び多謝です~。 確かに、Gunさんおっしゃるバブルが
はじけるのってありそうですよね。熱しやすく冷めやすそうなタイプだし。
だけど、いい意味で、何でも商売にするのは上手そうなので、
あの手この手で、ニッチ商売やったり、意外としぶといかも・・・なぁ
とも思ったりもして。

で、香港に残ってる人たちの方が、信念はありそうだし、
地に足ついてそうですね。
安易に商売だけで大陸に迎合しない・・・。
それはそれで、勇気も必要なことですよね。
商売を取るか、地道に撮りたいものを撮るか・・・。

トンシンさんのその映画、この番組で撮ってた映画かな~?
モニターに彦祖が映ってたんですよ~。
Commented by acine at 2009-11-26 22:53
◇はらみさん おぉ!はらみさんも見られてましたか~!
そーなんですよ。私も見てた時は、別に難しいことを考えてた
わけじゃなくて(笑)、こんな映画があるのか~とか、誰誰が出るんだ~とか、
単に中華圏映画情報ドキュメントとして、見ても楽しかったですよね!
私も”新宿インシデント"見れてないんですよ~。J・チェンが私は
どーも苦手でして(しかもマジ演技系は特にダメ)、それで見れてなくって。
Commented by gloria-x at 2009-11-28 00:55
NHKやBS1系はつい見逃してしまうんです~残念!

>”甜蜜蜜”の撮影風景

オールタイムベストで今でもたまに観ますが、
既に「古き良き」という範疇ですよね。
わたしもacineさん同様、これのサントラ探し回って
挿入歌全曲入ってるテレサのCD買ったんですよ♪
Commented by acine at 2009-11-28 01:14
◇Gloriaさん そうですよね~。私はもともとTVはあまり見ない
方で、見るとしたらニュースとかこういうドキュメント系位。
なので、意外とNHKはチェックしてる方なんです~(笑)。
これもたまたま新聞欄で目に入ったので、これは匂うな~と
思って見たら、大正解でした。ピーターを追うっていうのも貴重ですもんね。

本当に”甜蜜蜜”はよい映画ですよね~!私は未だにピーターの
最高傑作はこれじゃないかと思います。”金枝玉葉”や”如果愛”も
好きだけど・・・。ほんと、もうレオン・ライがマギーを自転車に乗せて
廣東道を走るなんて芸当は二度と見られないですよね~。
そのテレサのCD!私もきっと同じの持ってます♪ いいアルバムですよね~。
エンドクレジットのレオンの”甜蜜蜜”も凄く私は好きです。
この映画では”グッドバイ・マイ・ラブ”とか日本の歌も効果的に
使われてますよね~。

by acine | 2009-11-22 23:34 | documental ドキュメント | Comments(13)