Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

MOTHER   母なる証明 ’09 韓国

e0079992_22174746.jpg


冒頭 突然 あの踊り始めるシーン

一体この映画はどこへ向かうんだろう?

こんな冒頭シーン見たことない・・・

思ってもいなかった展開にまずはビックリした

その後 韓国の地方の町で貧しくとも慎ましく暮らす
母親と知的障害を持つ息子の食事シーンから物語は始まる 
詳しく:シネマトゥデイ

e0079992_2384525.jpg


女子高校生の殺人事件の犯人として捕まってしまった
息子の無実を晴らしたい・・・と 次々と行動に出る母

チェイサーにも通じるような ずさんな捜査方法 
知的障害者だから? あまりにも理不尽な進み具合に
憤りを感じると共に あきらめのため息も・・・

そして 立ち上がった母がこれまた息子を思うばかり
次々と行動に出る 被害者の葬式に行くのだが
母も凄いが 被害者の家族もこれまた凄い

町の敏腕弁護士を雇うのだが その男の母への
扱いもある意味凄い あんな店へ呼ぶのにもビックリ 

そして どこか笑えてしまう なめとんのか的で
ユルユルな警察の捜査方法にも やっぱり驚く・・・

e0079992_2310637.jpg


この辺りが 同じアジアでも 全く物事の捉え方が違う
観念の違いというか 情の濃さの違いというか  
日本人の想像の域を はるかに超える方向へ
凄い勢いで行ってしまうのが 韓国映画ならでは・・・

良い悪いとか好き嫌いとは 全く別の次元で
予定調和なんて○ソくらえ! みたいな世界なわけで・・・

今回はちょっと おとなしかったと思うけど
一体どうなるのか? ハラハラドキドキ 他の韓国映画同様 
その吸引力たるや 見終ると エネルギーを大量消耗した気分

今回 主人公が女性ということで さほど暴力的というわけでもなく
その着々とした行動は どこかクムジャさんを思い出すような感じ

だけど どこまでも彼女(母親)は真面目で 
濡れ衣を着せられた 不憫で可愛い可愛い息子を 
ただただ 助けたいだけなのだ

しかし その一心が これまた予想しない展開に広がっていく

モラルなんて あってないようなもの
自分がモラル 自分が正しいと思えば正しい!みたいな世界

被害者の女子高校生の背景は 多分そうだろうな・・・
という点は当っていたけど 全体的なストーリー展開は
なかなか読めない この辺り 監督 ポン・ジュノ (初見)
独特な面白い展開&引っ張り方をする人だな~と思う

ネタバレするのは 気が引けるので 書かないけど

結論として 終わってみると この映画
ある程度の予想通り 後味はよくない

えぇ~・・・?!こんなのあり?みたいな展開となり 
どよーんとした気分のまま 神経だけが研ぎ澄まされ
混沌としたまま エンディングのシーンをぼーっと見てる
自分がいる・・・という感じで あの結果で良かったと
思うか?と聞かれると 決していいとは言えない

思っていたより 突っ走りすぎないし 物凄いパワー
という映画でもなかったけど 予想ができない展開
時折 え?!と 考える隙も与えられないような
地雷のような一瞬に ビックリしてしまう

e0079992_2319027.jpg


母親を演じたキム・ヘジャの一挙手一動にも目が釘付け!
盲目すぎる母の愛も行きすぎるとこうなる・・・という
危うさをはらみ そして 母の愛は海より深い・・・
もう深すぎて はたから見てるだけで痛い位で凄かった

そして これも初見のウォンビン
こういう役は難しいと思うけど 正直良い悪いの判断付かず 
映画内でも言われていた 小鹿のような目で可愛いけど
この映画のこの演技を見る限り 普通だな~と思った 
ちょっと可愛すぎるかも・・・ もう少し普通っぽい人使った方が
よりリアリティが出たんじゃないかと思う この人 周渝民とも似てる

友達役のチン・グの方が 演技達者っぽかったな 
上手かった こっちの方が得な役まわりだと思うけど 
一瞬こいつが?という怖さもあったし ねっとりとした色気もある

この映画 けっこう脇役もいい役者が揃っていて
短い出番でも各々自分の持ち場で しっかりと
見てる側に印象を残すのは良かった

予想していた映画とは ちょっと違ったし・・・
インパクトという点では 今年見た”チェイサー”の方が
引きずり込まれたし あのブルドーザー並みのパワーに
とにかく凄い!と思ったけど この映画はこの映画で 
独特の後味と波紋を投げかける不思議な映画だった 

で やっぱり 何回も見たいタイプの映画ではない

だけど 何だろう この韓国映画の強引な吸引力!
底知れない! 見てる間はよそ事考えてるヒマはない
こんな映画は作る国は世界中探してもなかなかないかもね

今日の映画:77点
[PR]
Commented by bellissima_2046 at 2009-12-14 14:56
こんにちは! 

>この人周渝民とも似てる

カムサハムニダ。(笑)
私、ずっとこれ思ってたんですけど、世界中で誰も思ってない(気がついてない?)みたいなので公に発表するの自粛していました。
似てますよね!
私の場合ビンを見てヴィックを思い浮かべることはないのですが、ヴィックを見てると「あ~ビンだった、今の表情」とか思うのです。
私の美形部門の(笑)好みのカオなんですね。

往年の(?)ビンファンとしては、「アンタ(ビンのこと)満足だろ。こういう役したかったんだよね?」と喜ばしいやら、もう満足したならこういう作品には(似合わないから)出なくていいと思っています。

このひと、軽いタッチのラブコメとかで良いんですよ(笑)

ルックスの良さは誰もが認めるところだから人前に出る仕事はして良いんですが、俳優は私はあまり向いてないと思うんですよね。
本人もあまり芸能人であることに興味なさそうなときもあるし(かなりの照れ屋です)

Commented by bellissima_2046 at 2009-12-14 14:57
すみません、続きです。

けれど、俳優として生きていくなら美男子ではなく演技派で生きて生きたいらしく・・・(苦笑)
困ったもんです(笑)

この作品、色んな意味で凄いのですが、ひとこと「母親を誤解してもらっては困る(笑)」と一応母親である私は思うのでした。まあ、ああいう部分は誰しもあるとは思いますが。

Commented by acine at 2009-12-14 19:03
◇アキさん でしょう?!よかった!共感していただけて。
この映画を見る限り、ふとした表情とか、佇まい、デカい体で純朴そうな
可愛げのあるところとか、似てるなぁ・・・と思ったんですよ。

あはは!美形部門ね(笑)。何を隠そう、私も”流星花園”を見た時、
最初は彼にハマりましたよ(笑)。こんな少女漫画に出てくるような可愛い男の子がいるなんて~!って(笑)。
その後一番人気に心変わりしましたが(笑)。

でも、彼はあぁ見えてとてもしたたかというか、何をやっても
器用だし、それなりに上手いし、絵になる。
あの4人の中で一番エンタメ界に向いてる人のような気がします。
アジアの某所で生見たけど、その時凄くそう思ったんですよ。
タイプは違うけど、本人の好きなアンディ・ラウっぽい芸人タイプ。
Commented by acine at 2009-12-14 19:05
◇アキさん 続きです。

って話がそれてしまったけど、永年のファンのアキさんには
申し訳ない・・・!普通って書いてしまってごめんなさい。
だけど、この映画は見る限り・・・と思ってくださいね。
やっぱり映画や役には向き不向きってあるから、
ハマる役だと・・・というお話、想像できそーな気がします。

確かに、美男子より演技派でいきたい・・・という気持ちもわからんでも
ないですね。誰しもいつまでも若いわけではないし、脱美男子を
望むのもわかるよーな気がするけれど。

そして、母親・・・この映画ではあまりにも極端に走っていたよーな
気がするけれど、韓国ならではの描き方だな~と。
何にしろ個性的すぎです・・・韓国映画。
Commented by はらみ at 2009-12-20 09:54 x
この映画評価分かれてますよね。「傑作だ!」と絶賛の人とacineさんのような意見と。
私は今回結構複雑な印象でした。やっぱり主役が年老いた母親だから余計いろんなことが生々しく見えてしまって。
ポン・ジュノならではのブラックユーモア的表現もなんか笑えなかったし。かといって「母とはいえ女なんだからもっと息子の為に女ならではのやり方があったはず」と相反することを感じちゃったり。
これが男親だとなぜか冷静に見れるような気がする~。
でも映画好きの母親たちには好評で「あのなりふり構わずさ、わかる」「共感する」とのご意見が多かったです。
私はウォンビンは良かった、と思いました。「友達」役のチン・グも。
友達役で名前がチン・グっていうのはなんか偶然みたいで面白かったw
Commented by acine at 2009-12-20 22:11
◇はらみさん 確かにそうみたい・・・ですね。
確かに、年老いた母、そしてあの息子・・・救いようがないですもんねぇ。
あの母の限界の見える縦横無尽な暴走ぶりにも、痛さを
感じてしまいました。私はこのポン・ジュノ・・・初見だったけど、
あの予想のつかない展開ぶりには、才能ある人だなぁ・・・と
感心しました。オチはあぁだったけど、それまでの引っ張り方、
もうどこへこの映画は行ってしまうのか?もうハラハラドキドキでしたもん。
そういう点では”パブリック・エネミーズ”より、こんな内容なのに、
こっちの方がエンタテイメント性が遥かに高い!と思いましたもん。
しかし、あの草原の踊りから始まり、バス踊りで終わるこの映画・・・
ある意味凄いですよねぇ。本であのバス踊りの話は読んだこと
あったけど、あ~!これか!とこれもある意味感心。
あれで、急ブレーキなんか踏んだらどうなるんでしょうね~(笑)?!
全て自己責任・・・その潔さが凄いですよね。日本ではありえない。
確かに、チングがチン・グでした(笑)!
by acine | 2009-12-13 22:55 | Corea  韓国映画 | Comments(6)