Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

I LOVE YOU PHILLIP MORRIS フィリップ、きみを愛してる! '09 フランス

e0079992_18222353.jpg

てっきりアメリカ映画かと思ってたら フランス映画だったんだ~

舞台は思いっきりアメリカだったけど (しかも半分は刑務所のシーン!)
言われてみれば 確かに冒頭のシーンとか 音楽の使い方とか
どこか 欧州っぽい香りが漂っていたかも・・・

主役のジム・キャリーが思いっきりアメリカンなので
そのテンポいい ちょっと笑える 笑うに笑えない 
ストーリー展開は 異色のゲイラブストーリーかも・・・
もしくは 異色のクライムラブストーリーかも・・・
詳しく:ozmall

普通に結婚をし 妻と娘と仲良く暮らす警官のスティーヴン
突然の交通事故で瀕死の重症を負い これからは
自分の思うように生きるぞー! と ”I am gay ! "と
高らかに宣言し 素敵な恋人を見つけ 恋人を喜ばすために
詐欺の道へ入り 刑務所へ・・・というストーリー

スティーヴン役のジム・キャリー どうも苦手で今回初めて見たけど
役柄のせいもあるけど 確かに演技はくどめ 
だけど こういうラブコメディ系の役にはコメディアンっぽい
(この人もとコメディアンだったっけ?!) 演技でOKという感じ

しかし この人の顔 頭蓋骨そのまんまというか 頭蓋骨に
薄い皮が乗っただけという感じの独特の顔つきしてません?

e0079992_1832299.jpg


そんなスティーヴンが 堂々ゲイ宣言をし 見つけた恋人が 
ロドリゴ・サントロ! オープニングでロドリゴの名前を発見し
えぇ~?ロドリゴも出るんだ~!この映画 儲けた!と思いましたねぇ(笑)
素敵な恋人という台詞の通り 美しい顔にこんがりと日焼けした素敵な体 
間違いなくラテンのいい男 しかしロドリゴは190cm位あるはずなので
ジム・キャリーも同じ位大きいってことよねー?

しかし 哀しいかな ロドリゴへ貢ぐために 詐欺を働き 
スティーヴンは刑務所へ初入所 金か○○○すれば 刑務所の中は
どうにでもなる・・・というからくりを 面白おかしくテンポよく描いていく 
しかし あんな図体のデカイ男ばかりで 気の弱い男だったら 
もう恐ろしくって あんなところへいられないだろうなぁと思う
アメリカの刑務所 皆体格よすぎるし 極悪人もいるわけで怖いよねぇ

e0079992_18391443.jpg


で そんな中出会うのが 悪人ではない 純粋で心優しいフィリップ
ユアン・マクレガーが演じるんだけど 彼本来の人の良さが
そのまんま出てるような役柄で ゲイであっても 別にクネクネするわけでもなく
マッチョ(ちょっと体は膨張気味だったけど)で 力を誇示するわけでもなく
まるで女の子のような可愛いフィリップなのでした

やっぱり ユアンは基本はピュアで可愛いので 
それをそのまま生かした役という感じ
しっかし今回体が大きかったなぁ(笑) 
トレスポの頃の1.7倍位あるんじゃないかな?

すっかりフィリップに惚れたスティーヴンは あれこれとフィリップを
手助けし すっかりフィリップもほだされていくんだけど・・・
この二人房(?)の夜のシーンがいい お金を出せばなんとでもなるので
音楽をかけてもらい 二人で見つめ合い ダンスを踊るシーン
大きな男が何してるんだ・・・ってな感じは全くなくって
純粋にお互いを想ういいシーン 
相性はどうなの?と思ってたけど この二人のキャスト 悪くない 

e0079992_18481913.jpg


しかし 天性の詐欺師のスティーヴンは まず自分があの手この手を使い 
まずは出所し 残されたフィリップを救いだそうとする・・・
その後の展開はおかしいくらい とんとん拍子に幸せに進むんだけど
しょせん 彼のやってることは詐欺 当然ながら何度も捕まってしまう

そんな彼に三行半をたたきつけたフィリップ そんなフィリップを
なんとしてでも また振り向かせたいスティーヴンの策は・・・という
かなり変わったラブストーリーでした

好きな人に振り向いてもらいたいための嘘
自分をよく見せたいための嘘

そんな嘘は誰でも一杯つくし つかない人なんか絶対いないと思う

ただ 余りにもスティーヴンのついた嘘は スケールがデカすぎて
調子にのりすぎて それが結局彼の命取りになるわけで・・・

これが実話とは驚き・・・! 

刑務所に入り 妻と娘が頼りなんだと話してたけど
いつの間にか二人の存在が消えてしまったり ご都合主義だったけど
母親に捨てられたというトラウマが 彼の詐欺の根本かなという
ちょっと胸が痛む 哀しい話でもあったな~

気楽に見るには なかなか面白い映画でした 
しかし テンションかなり高いし 音楽もかなりの大音量
体調 今イチで見たので ちょっと疲れました(笑)

今日の映画:77点
[PR]
Commented by はらみ at 2010-05-01 11:23 x
ああーこれ見たかったんですがもうシネコンあたりでは撤退してる模様。名画座待ちでしょうかねえ~。予告見たときから楽しみにしてたのに。ユアンはきっちりやさしく演じてる感じがして好感もてたし、ジム・キャリーが意外とマッチしてるような気がしました。でもやっぱり体力は必要なんですね?了解ですw
「エレクション2」も「冷たい雨に撃て~」も気になる気になる!
Commented by acine at 2010-05-02 21:55
◇はらみさん 東京ではシネマートだけで今やってるみたいですよ~。
はらみさんのおっしゃる通り、ユアンはきっちりとやさしく・・・その通り。
彼の演技はいつも誠実だと思うんですよねー。なので、いつ見ても
好感度が高い。ここ最近決定打がないけれど、コンスタントに出てますよねー。
ウディ御大の映画の方が、すっきりとしたルックスだったけど、
ユアンらしいという点ではこっちの方が上かな~。
どうのこうの言っても、やっぱり私ユアンが好きです~!
ジム・キャリーとの組み合わせも意外と合ってました。しかし、
ジム・キャリーは濃いー演技ですね(笑)。好き嫌いはっきり分かれるタイプ
という感じ。はらみさんも元気のある日にぜひご覧ください♪
かなーりテンション高いですよ(笑)。
”エレクション2”も”冷たい雨に・・・”もきっとはらみさん、お好みの
テイストだと思うので、ぜひ見てみてくださいねー!
私もまたトーさん映画借りてきましたよ。
Commented by gloria-x at 2010-05-03 11:04
ユアン大好き(顔が理屈抜きに好み)だし、
この役は評判いいので観たいんだけど
ジム・キャリーが昔から苦手なので二の足踏んでますー。
同じく大嫌いな小島よしおに通じる
「コメディアンなのに痛々しい感じ」しませんか?
私生活では激しいウツや情緒不安定な人らしいですね・・・
(大嫌いなのに妙に詳しいわたし(;^_^A)
Commented by paris.fleur at 2010-05-03 18:10
え~!絶対アメリカ映画って思ってた~。
私これ観たかったけど見逃したのよね~。残念・・・。
でも体調イマイチでみたのはちょっとね(笑)
いつもパリオと映画バトルするけど、これはいつもタイミング合わずで
そうこうしてる間に終わってしまった・・・。
Commented by acine at 2010-05-04 23:40
◇Gloriaさん そうそう!Gloriaさんもユアン大好きですよね!
そーなんです。私もジム・キャリーに抵抗あって、どーなんだろ?
って思ってたけど、この映画はけっこうハマってたかも。
確かに、小島よしお・・・通じるもんあるかも~!
で、私生活では・・・ってのもありそうな感じするする!
嫌いだけど詳しい・・・ってグウィネスとかと一緒ですよねー(笑)?
今回の映画でも、そこまでやらんでも?!ってなシーンもあって、
濃いー演技なのは間違いない(笑)。で私生活で病みそうな感じもわかる。
でも、ユアンが清涼剤というか一種オアシスのような感じなので、
またチャンスあったらぜひ見てみてくださいね。今回ユアンかなり
ゴツいけど・・・。
Commented by acine at 2010-05-04 23:44
◇アヤコちゃん アヤコちゃん、お久しぶり~!
そーなのよ。おフランス映画とは意外でしょ~?
この映画、テンション高いし、濃いから、コンディションいい時に
また見てみてね~。あはは!バトってるのね(笑)。
パリオさんはお元気にされてますか~?!そういえば、
だいぶ前、アヤコちゃんがそちらで見たという香港のスリ映画、見たよ~!
異色のスリ映画でした(笑)。
by acine | 2010-04-30 18:50 | Francia フランス映画 | Comments(6)