Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

文雀-SPARROW-  スリ ’08 香港 (DVD)

e0079992_21525453.jpg

ジョニー・トーのスリ映画

どんな映画だろう?と思ってましたが
詳しく:映画の森

出だしのヤムヤム 
今回 とても男前なサイモン・ヤムの住んでいるコジャレた部屋 
赤い椅子 スタンドの灯り そして外の看板
そして 暗い裏通りから表通りへ・・・

まるで ヨーロッパ映画を見てるような雰囲気で
ズバリ! 映像がクリアで すごくコジャレた映画です

音楽も ピアノ曲あり ジャズっぽくあり 中華っぽくあり
あんまり音楽にこだわってなさそうに思える トーさん
今回やってくれるじゃないですか・・・!

香港の中環(セントラル)周辺が舞台なんだけど
レトロやモダンな雰囲気のビル街はまるでNYのようだし
坂道はまるでパリの街並みのような感じ

確かに香港なんだけど どこか香港でないような 
今までに見たことないような ちょっと異空間な香港が楽しめます

これまた 愛のある香港の描き方というのかな~

表向きはカメラマンをしてるらしい 
ダンディ・ヤムヤムの撮る 香港の街の写真もレトロですごくいい
これ見ると モノクロ写真を香港で撮りたくなってしまう

そんな香港の街並みと 音楽と キャストが 
バランス良く そこに存在する トーさん異色の映画系

ものすごくリラックスして見れる映画

題材は確かに スリなんだけど 主人公は あくまでも人間と香港の街

そして 確かにトーさんなりのこだわりや美学は一杯ばらまかれている

e0079992_22195619.jpg


何気ない 人の配置とか そのバックにあるシャンデリアとか
ヒロイン ケリー・リンのエレガント系ドレスにハイヒール姿@中環の街 
階段の映し方とか ビルの屋上とか ジャグジーに入る男たちとか

そんな美学と共存するのが いい意味で コテコテ香港映画の味わい

んなわけないだろう!的 可笑しさ (特にあの人の女装ね・笑)も
今回はあって トー先生の美学と 肩の力の抜けたリラックス感
その共存が心地いい いい意味で香港映画くささも濃いし
なのに センスが凄くいい 映像やライティングや配置が絶妙で

そして メインのスリ場面 

あんなものどうやって口に仕込んでるんだろう?とか
一体 横断歩道渡るのって 何秒かかる?と思いつつも
その技&演出に感嘆 スリというよりバレエなんだよなぁ

優雅です 

コテコテの男たちが雨の中で踊るスリ・バレエ!

一体 何のこっちゃ?ですが 見ればわかるんだよな~

こんな芸当はトーさん映画でしか見れないよね

e0079992_22212791.jpg


今回 ラム・カートンがけっこう美味しい役だったけど
あのワイン競争 私だったら ヤム兄さんとガンガン飲みたいわ~!

キャストも出すぎず 各々 持ち場で確実に仕事してるし
とにかく バランスがいい 異色のコジャレたスリ映画

ヒロインのケリー・リンは 綺麗なのかそうでないのか
よくわからない感じだったけど ワンピースやトレンチにヒール
キリっとクールな彼女の衣装 雑誌でいえば Domaniや
Precious系の小奇麗なスタイルで 品が良くてセンスよかったと思う

この辺もトーさんこだわりの部分なんだろうなぁ
意外と女性の服もイケてるわ・・・トー先生と感心しました

愛すべき小作品 愛すべき香港映画 
愛すべきお気楽プチノワール って感じですね

とっても気楽に見れる そういう点では 
トーさん映画では ターンレフト ターンライトに近いかな?

とはいえ この映画も ものすごく徹底された様式美
トーさん流様式美の中で こういうゾーンもあるのか・・・という感じ
根底にあるセンスで どんな風に展開していっても 
魅せることができるというお手本のような 趣味性高い一品 

今日の映画:80点
[PR]
Commented by やっほー at 2010-05-05 21:52 x
この作品、一昨年(だったかな?)のあたしのNO.1でした。
確か、香港へのラブレター、と言われた作品だったとか。

トー監督の描く香港、臭いまでしてきそうでワクワクします。

これのヤムヤム、素敵です。

そうか、スリバレエなんですね(笑)
これも購入してるので、届いた暁には改めて優雅なスリを堪能したいと思います。
Commented by Gun0826 at 2010-05-06 12:35
これがDVDスルー、しかも販売なしってのが許せません。
あぁ見たい。悔しい。
もうトーさんは自由自在に映画と遊んでおられるようで羨ましいです。

ケリー・リンはトーさん好みなのか、結構キャストされますよね。
Commented by acine at 2010-05-06 20:35
◇やっほーさん そうなんですね~!その時点でもう見られていたとは・・・!
確かに、香港へのラブレター、香港の街をとっても愛のある
描き方してますよね。

そうそう、匂い、雨の匂い、あの夜のガスったような霧のような
独特な空気感や裏通りの雰囲気。でも、この映画では、一体
これはどこの街?と思うようなファンタジックさも溢れる描写でしたよね。

冒頭のシーンから、あら!このヤムヤムは素敵~!と私も思いました。
なので、ワイン競争するなら、私は絶対ヤムヤムとがいい(笑)。

あはは!なーんとなく、そう思ったんです。こんなスリのシーンを
こんな優雅に描くなんて、滅多にないよな~と思って。
しかも、お馴染みの雨&傘の中で(笑)!

また手に入れられたら、優雅なスリをぜひぜひご覧くださいませ♪
Commented by acine at 2010-05-06 21:02
◇Gunさん こちらにも多謝です~。
えぇ~?これはセルなしなんですか?!
私も知らない間に、レンタル屋で見かけて、あれ?いつの間に?!って
感じでした。

リンク先のパリ在住のブロガーさんが、もう2年位前に現地で
香港のスリ映画見たよ~ってコメくれて、ヨーロッパでも
とっくに上映されてるのに、何で同じアジアで公開されない
かなー?!と、寂しいもんがありますね。
しかも、トー先生はある程度日本でもメジャーなはずなのに。

内容かな~?確かに、男たちの美学系とはまた全然違う
映画だけど、好きな人はすごく好きだと思うんですね~。

で、確かにトー先生はもう自由に泳ぎまわられてますねぇ。
枠があって枠がないというか・・・。素晴らしきマイウェイぶり
だと思います。

ケリー・リン、そーなんですね?彼女も台湾の人ですよね?
確か。スタイルは凄くいいんだけど、あんまり愛想がない
感じで、クールですね。
でも、甘すぎないという点では、やはり常連のマギー・シュウとかと
共通項ありかな?!
Commented by RIN at 2010-05-07 21:21 x
ついでにこちらにも。。。
ケリー・リン、「鉄三角」で、ヤムヤムと夫婦なのにラム・カートンと
不倫しているという(しかもバレる)恐ろしい設定になっていたのですが、
この映画よりうんと魅力アップしていて良かったですよ!
この映画はナゾの美人という設定だけど、なんかよくわからない
ところも多々ありましたしね。
(設定も、魅力も・・・)

ヤムヤムはダンディでしたね!
自転車とかカメラとか小道具もコジャレてました。
コジャレているのに、コテコテなところがジョニトー先生らしいですよね。

Commented by はらみ at 2010-05-08 09:52 x
実はうちの旦那、どうもトーさんと相性悪いみたいなんです。
「ザ・ミッション」を酔っ払ってみて一言「これのどこが面白いの?」と問われて以来、我が家ではトーさんの作品は上映しなくなりましたw(私は一人でこっそり見てるのですが)そんな旦那が何故か自主的に借りてきたのが「スリ」。私はノーチェックだったので何か悔しかった。で、感想を聞くと余りかんばしくないwてことは逆にトー監督美学爆裂なのかも?と期待。acineさんの日記読んで益々大期待です!そうですか、バレエなんですね??今度借ります!
Commented by acine at 2010-05-09 19:42
◇RINさん こちらにも多謝です♪
そーか、その”鉄三角”にもヤムヤムやラム・カートンと
出てるんだ。ケリー・リン。私はこの人知ったの、F4の朱孝天
つながりで知ったんですよねー。まだ付き合ってるのかな?
私もこの映画のケリー・リン、綺麗な恰好して、スタイルは
抜群なんだけど、なんかよくわからん設定だな~と思って見てました。
なので、綺麗なんだか、そうでないのか、よくわからん・・・と
思って。

この映画のヤムヤムは出だしからおぉ~!って感じでしたもんね!
そーなんですよ。あのダンディさに、何で自転車?文鳥?
モノクロ写真?確かに組み合わせの妙でした。
そのセンスのよさとコテコテぶりが絶妙に存在してますよね。
Commented by acine at 2010-05-09 19:50
◇はらみさん あぁ~でも、わかりますよー。トーさん、好き嫌い
はっきり分かれるみたいですねぇ。
あはは!こっそりはらみさん見てるのね(笑)。
で、旦那様、この”スリ”もやっぱりダメでしたか~(笑)。
この映画は、トー先生の美学でも、ちょっと異色の存在かも・・・ですよ。
美学&様式美はぎっしりなんだけど、肩ひじ張らずに見れるというか・・・。
バレエはちょっと大げさかもしれないけど(笑)、スリ現場を
トーさん流に描くと、こんな流麗な流れになるんだなぁ・・・という感じ?
ぜひ、また見てみてくださいねー!

私も正直言うと、トーさん。手放しで何もかも好き!(同じ香港なら
王家衛の世界の方が手放しで好き!)というわけではなくて、
美学でもなく、私はあの様式美に惹かれてるというのが正しい気がします~。
by acine | 2010-05-04 22:14 | Hong Kong  香港映画 | Comments(8)