Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

THIS IS IT   '09  アメリカ DVD 特典編

e0079992_236880.jpg

発売と同時に手に入れてたものの・・・

敬意を持って
中途半端な時間や状態の時には見ない 
じっくりと見れるときにしか本編も特典も見ないと
固く心に決めてまして・・・

意を決して 今回 特典編を見ることができました!

映像と音が始まった途端
毎回毎回 映画館の席で ワクワクしながら
見ていた あの時の何とも言えない気分が甦る感じ!

多分 私は10回位 映画館で見たと思います
この映画・・・ 感想1 感想2

だけど この特典には 映画内でなかったシーンや
このツアーに関わった いろんな人たちを追った貴重な
シーンや話が一杯で いやー大満足!でした

以下 感想を羅列

◆冒険の始まり 

監督のケニー・オルテガ中心

とにかく 皆 一致してるのが ”最高のものにしよう” 

世界初のLEDの3Dスクリーンだったということ 
3Dスクリーンとコンサートの融合 これも世界初の試みだったらしい
※LEDはとても明るいらしく 確かにめちゃくちゃ
  綺麗な映像だったもんなぁ

マイケルが唄いだすと ダンサーが彼から離れようとしなかった
※あのほとんど観客いやファン状態 微笑ましかったもんなぁ

”マン・イン・ザ・ミラー”では 飛行機が現れて 彼を乗せて
行くはずだったらしく 本当に飛行機が現れていた・・・!
※あの救命胴衣シーンは伊達ではなかったんだ~

説明は不要 何も説明のいらないショーにする
※確かに! 見りゃわかる  だけど それが凄いレベルだったもんなぁ

オルテガ監督の言葉:
このツアーは 皆の血と汗の結晶だ
全てお蔵入りせずに こうして フィルムとして残り
心から感謝している このメンバーは 
情熱を形にしようと 誰も諦めなかった
もう一度マイケルに会いたい 
彼との仕事は 僕の人生の宝物だ

※わかる わかる・・・!
あそこまで仕上げて ステージに立てなかった
マイケル&彼ら 切なすぎたけど 
こうして世に出て 良かった 良かった! 

50日間立つはずだった ステージに結局立てなかった彼ら
でも 皆 顔が晴々してるんだよなぁ
そこでも 抜擢されてから いかに濃密な時間を過ごしたか
貴重な体験をしたかがよくわかる

◆キング・オブ・ポップの衣装

30年来マイケルの衣装を担当してきた人と
NYのアジア系の若手デザイナーが組んで作った衣装
( ↑ この兄ちゃんがいかにもそっち系の人だったけど 才能ある!)

これがもう凄かったー!

スワロフスキー社もビックリよと関係者も話してたけど 
膨大な数&金額を費やしただろう とてもつもないスワロ使いの衣装!

あとフィリップス(オランダの電機メーカーだったよね?)と共同開発した
100色の電飾がリモコンで遠隔操作される”ビリー・ジーン”の衣装
本人も試着して 口があんぐり・・・だったらしい
あと日本の甲冑をイメージしたというスタッズだらけの衣装とか
インドや中国や原住民など 世界中の刺繍をほどこした衣装とか
ポケット(よ!)に山のようにスワロを仕込んだ衣装とか

とにかく この衣装のどれもこれもがもう凄かった
見たことのない衣装というか 
オートクチュール中のオートクチュール!!!

イメージの強い曲の衣装は そのイメージを生かしつつ
モダンに発展させていて・・・ これを着て あのショーしてたら 
地球を飛び越えて もう宇宙的だったかもなぁという感じ 
どえらい衣装でした この衣装たちは一見の価値あり!

◆ダンサーについて

私が映画を見て まず一番に惹かれたのが このダンサーたち!
オーディション風景から 各人の紹介まで・・・
すごく楽しかった! 本当に皆 目がキラキラしてるんだよなぁ

”伝説的な振付を学べるなんて本当に貴重だ”
”2日前に飛行機へ飛び乗ってやってきた”
”マイケルと共演するのが夢だったから 
 夢が叶って これから どうしたらいいんだろう?”

世界中から集まったダンサーの中から 各人の選ばれた理由 
そして ダンスの特徴など 細かいところまで追ってて 
このダンサーズ大好きな私には 大満足な内容でした ↓ 
大好きなダンサーズシーン!



ダンスも大事だけど アティチュードやマインドが大事
あと人柄も重視というところも印象的でした
しかし 皆のダンス 凄すぎるけど
マイケルのダンスを傍で見たら 自分のはダンスではないと
感じた・・・いうコメントも 確かにマイケルのは重力感が全然違う

◆ミュージシャンについて

マイケルの曲はシンプルに思えて 実は凄く複雑なんだ
そしてジャンルも幅広い そんな曲を演奏する彼らは・・・

これまた もう熟練の職人ばかり!
ソロ部分の演奏 聞いてるだけでも 凄い~というのは
よーくわかりました マイケルの曲はベースラインが
めちゃくちゃカッコいいということも・・・

そして お互い この素晴らしいメンバーとやれて嬉しいと
コメントしてるのも ダンサーチームとヴォーカルチームとも共通

ブラックの凄腕の熟練職人に混ざった紅一点
オリアンティは やはりカッコ可愛かった!
あんなに可愛くても ちゃんとエディやスラッシュのパート 
完璧に弾けるんだもんなぁ そして華がある

◆ヴォーカルについて

これまた マイケルの曲は和音が厚くて
8人分位のパートを 4人でこなす・・・
これまた 選ばれし人たちばかり・・・!

紅一点の日米ハーフのジュディス・ヒル
唯一 彼女は厳しいオーディションを抜けて 
ステージに立てたとか

とにかく マイケルがとてつもない天才なら
バックにいる人たちも凄いレベルの人たちで 
まさに選ばれし人たち 超一流の人しか 
このステージに立ててないわけで・・・

そんな凄い人たちが プロの仕事を各人着々とこなし
全ての人のベクトルが一方向へ向き
もの凄いステージを作り上げていく

モノ作りの仕事をしてる人は 
ジャンルに関わらず この映画を見るべし! 
と どなたか書かれてたけど

余りにも 規模も計画自体も能力も違いすぎるけど・・・
モノ作りの一部を担当するはしくれとして私も同感

こんなとてつもないレベルの仕事の集合体
その過程がこんな風に見れることなんて そうそうない
というか 今後もまずありえない・・・と思う

各人の仕事を最大限全うし よい連携を取り
よりよいものを作り上げる 彼らを見てると 
ダラダラしてちゃダメだぞ!と 叱咤激励されるよーな気分 
そしてシビアに そして楽しむ!

あぁ このマイケルとメンバーたちの関係 本当に好き!

皆が口を揃えて言う言葉

マイケルと共演できるなんて夢のよう
彼と一緒の体験が出来てよかった
このメンバーでやれて本当によかった

改めて 宝物のような映画だなぁ・・・と思います

そして まるで奇跡のような音楽ドキュメントだなぁ・・・とも

これが実現されていたら どんな凄いものになっていたか?
借金して ロンドンまで行っても 絶対損はなかっただろうなぁ・・・

ホントは3月にビルボードLIVEに来るはずだった
このバンド&ヴォーカルの面々 私はチケット買って行くの
物凄く楽しみにしてたのに 公演中止! ショックでした~!

見たかったよなぁ・・・
[PR]
Commented by kk at 2010-05-20 10:46 x
こちらにもお邪魔ですー☆

そうそう!マイケルはもう何もいえないとして、私もダンサー達のキラキラした高揚感にものすごく引き付けられました!
ダンサーを選ぶ基準として技術は当然として、’華’がない人はとらない、とたしかスタッフがコメントしていたと思うのですが激しく同意しました。
一般人でもそうですがスキルがあった上でその人に’華’があるとものすごい存在感ですよね。
マイケルのステージを残念ながら体験する事はなかったんですが、あのとてつもないエネルギーはマイケル×才能のある華集団が放つパワーなんだなーと感じました。
私は個人的にビリー・ジーンが大好きなのでラスト近くのステージではもう高揚感がピークに!
あと彼らの間ではマイケルが’MJ’と呼ばれているのを聞いてあぁ、マイケルよりこの呼び方がしっくりくるよね、なんて思ったりしました。
妥協しない厳しさと同時に周りの人間に対する愛情のある語り口、態度を見て誤解される事が多かったけれど本当に’愛’の人だったんだなぁという印象を持ちましたねー。
Commented by acine at 2010-05-20 21:20
◇kkさん こちらにもありがとうー!

マイケルが素晴らしいのは、あの映画見たら、誰にもわかることだけど、
kkさん同様、私もあのとびっきりキラキラした目をして踊って、
マイケルを見つめてたダンサーたちの姿が、もう凄く印象的で。
そうそう、華って言ってましたねー。裏方さんなら華はいらないけど、
あぁいうショービズ界で、華があるなしは物凄く大事ですよー!
オリアンティちゃんしかり。
しかし、思えば、バックの人たちだって、あんな凄い人たち
ばかりなのに、ステージ上のあのマイケルの吸引力の凄さ!
私は正直、マイケル全盛期は、断然プリンス派だったので
(私の生涯ベストライヴも殿下が不動!)、プリンス好きな人は
皆そーだったように、マイケルなんかケッ!っ感じで思って
たんですよねー。
だからこそ、一体これは何?!マイケルってこんなアーティスト
だったのか?!という感じで、誤解してた人ほど(私)
この映画見て目から鱗だったんじゃないでしょーか?
Commented by acine at 2010-05-20 21:20
◇kkさん 続きですー。
”ビリー・ジーン”、あれはシンプルだけど、あの密かなテンションの
盛り上がりは尋常じゃないですね~。ほんとあの高揚感!
あのシーン辺りになると、あぁもう終わってしまうのか・・・と悲しくなってました。
しかし、こんな愛ある天才はそうそう生まれてこないでしょうね。
また本編見なくちゃー!
Commented by やっほー at 2010-05-27 22:22 x
香港で買ってきました。楽しみです。見るの。見たら感想書きますね。
で、リンク、改めましてよろしくお願いいたします。
Commented by acine at 2010-05-28 00:18
◇やっほーさん おぉ~!そうなんですね。
これはぜひぜひご覧ください♪ 個人的には人類は皆見るべき! 
熱心な”This Is It"信者な私です(笑)。 
やっほーさんの感想楽しみにしております♪

こちらこそ、こんな雑食&偏食ブログですが、よろしくお願いしまーす!

で、書き忘れたんですが、”食神”は周期的に見たくなって
レンタルしてたんですが、去年、再発された時に、これは
マイ”食神”があればいつでも見れるわ~!と飛びつきました(笑)。
シンチー映画では、一番好きです!
by acine | 2010-05-19 23:50 | Estados Unidos 米映画 | Comments(5)