Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

刀の音がキンキンとこだまする! 七劍 / セブンソード ’05 香港

e0079992_0422817.jpg
大々的公開 ツイ・ハークの武侠映画 公式HP 
ツイ・ハークの映画見るのって いつ以来?と思いつつ
レオン・ライ ドニー・イェン チャーリー・ヤンが出る
アクション大作という前情報のみで見に行った

印象的だったことを羅列

刀のぶつかり合う音 今もキンキンと頭の中でこだましている!
HEROでは厳かで神聖な感じがした刀 
こちらでは かなり派手でデコラティブでわかりやすいデザイン

アクションが早すぎる! カメラが寄りすぎてるのか
狭いところでもアクション一杯なので しっかり見ていても 今のどうなった?!と
どんくさい私には見切れない 確認し切れないシーンが一杯
大道具・小道具 ありとあらゆるものを使っての 
アクションの組み立て方が これまた上手い 
この道具使いの上手さは 最近よく見かけるハリウッド映画の
エセ香港風カンフーアクションとは全然違う
この小物使い 技の細やかさ 体のキレを見よ!って感じ
HEROと違って ワイヤーが余り使われてなくて
生身のアクションが多用されてよかった
チン・シウトンとラウ・カーリョンのアクションはタイプ・見せ方がまた違う

かなりロック&パンキッシュな衣装とメイク
ロンドンパンクあり KISSあり 西洋と東洋が混ざりあったもの
放牧民風 中華風綿入れあり 自由な発想の古装

どこで撮ったのか 村・イスラムテイストな砦 土と共にアースカラーが印象的
エンディングで ウイグルって書いてたようなような気もするけれど
中国は広いので いろんな景色が映画で見れるのが楽しみ

映画で 北京語を喋るレオン・ライを初めて見た でも違和感なく自然
彼は北京生まれなので 北京語の方がネイティブとも言えるのかな
ドニー・イェンも韓国語をしゃべる! 韓国の女優さんは延々韓国語だけ
どうやって 意思の疎通が取れてるのが不思議 なんていらないことは言わない
ツイ・ハークの映画は10本近く見てるけど (時間たってるので 内容かなりうろ覚え)
北京語で作る時代になったのねぇ・・・
エンドロールでもメインキャストの名前が簡体字で出てるし
でも資金が入ってくるから エンドロールもあっと言う間に終わらない
最近 いろいろと感じる香港映画の様変わりをまたここでも感じた

りよん(レオン)は水戸黄門? 助さん格さん?のような頭巾が
よく似合っていた(笑) やはり彼は はんなりとした和菓子のような味わい
アースカラーではなく 紺色の衣装が彼にぴったり 
そういえば 彼の古装片って 初めて見たような気がする
そして 声のトーンに深みがあるので  いつもながらセリフに聞きほれる

チャーリーとりよんというと 各々相手が違うけど 天使の涙
あれから何年たつ?と しみじみ考えてしまった
女優とはいえ 手抜かりなしのアクションもこなさないとダメ 香港の女優さんは大変ね
チャーリーは落ち着いたけど 無鉄砲な感じも少しまだ残ってる

ドニー・イェン ちょっと! めちゃくちゃ カッコいいじゃないの!!!
アクション出来るのに ワイヤー使われまくれてしまった 英雄のうっぷん晴らしのよう
そして 今回の古装の雰囲気&長髪はよく似合っていた
本物のアクションが出来るドニーに アクションの見せ場をまかせたのも大正解
壁のシーン 英雄のあと見た ワンス・アポン・・・シリーズで 
リー・リンチェイとも あんな感じでやってたような気が ?!

悪役・・・○井(某野球選手)に見えてしょうがなかったのは私だけ?
大変貫禄あって 堂々のヒール役 見ごたえあり
初恋のきた道 に出てたらしいけど どの人だったっけ?って感じ
クレジットからいくと どうもチャン・ツィイーの旦那みたいだけど ほんとにあの旦那?!
だったら あの変わり身は凄い かなりの演技派
鎧+ブルーの中華な刺繍入りサブリナパンツ+黒いロングブーツという
ファンキーな衣装も気になった というよりあの衣装はかなりツボ 誰ばれ似合うまい

白塗り女はとっても強烈だった ある意味女性陣の中でも一番印象的だったかも

一瞬 渡辺謙?と思ったけど マイケル・ウォンまで出ていてビックリ

台湾で活躍中のダンカンは初見 普通っぽい可愛い子だった

何故二人はメンバーに入ったのか どうして?どうして?
人間関係の描き方が浅め 相関図が大味 唐突な展開もあるけど 
香港映画は大体こんなもん これも一種様式美ということで(笑) 
意外とスケール感が大きくて アクションがしっかりしてたのでOKとしましょう
香港名物3人で戦うシーンもあったし! なかなか楽しめました

今日の映画 78点

ツイ・ハークのフイルモ・グラフィ見てると レスリーの金玉満堂もそうだったのね!びっくり
ブレード の趙文卓のアクションもカッコよかったけど 彼は今いずこ?

こんなテイストの映画を見ると  HERO や チャーリーつながりでもある楽園の瑕
キラーウルフ/白髪魔女伝 あたりが見たくなった
おまけに ウラ楽園の瑕とも言える超おバカ映画 大英雄 まで何だか見たくなる!
[PR]
Commented by maggie at 2005-10-06 14:44 x
acineさん こんにちは~。
「七剣」見られたんですね~~、私は まだ見てません。
ってか 予告で 見たけど どうしても りおんの古装モノに・・・違和感があって。。観に行った友達も アクションの部分が 何やってるか 分からない!って言ってました~。でも ドニーは 素晴らしかったとの事。。。

りおんのホンハムも 売り切れらしく、おまけに チャップマン トウが ゲストらしいですよ~~~、もちろん マーク ロイは 準レギュですけど^^

私も 金玉満堂や キラーウルフ 大英雄 そのあたりの香港映画 見まくってました~~。楽園の瑕も 確か アクションシーンが分からないんですよね。。(笑) だけど 映像の美しさは 好きです。
Commented by acine at 2005-10-06 20:45
◇maggieさん こんばんは!
行ける時にで見てきましたよ。映画も見るのパワー必要なので。
それがね~りよんの古装よく似合ってましたよ。あの頭巾は?(笑)
だったけど、アースカラーや黒でなく紺色の衣装が彼にはよく似合ってました。
そうなのです。アクションシーン、大忙しです。何やってるのか見届けるの大変。
ドニーはめちゃくちゃカッコよかったですねぇ。夜半歌声の怪人のような
マント姿もよかったし、アクション面もドラマ面も美味しい役でした。

りよんのホンハム・・・いいですねぇ!maggieさん行くの?
チャップマン・トウが来て何するんだろう?漫才?歌唄わないよね彼は。
マーク・ロイとはまだコンビなんですね。懐かしいよ~!

楽園の瑕・・・何を隠そう、王家衛の映画でブエノスアイレスと1,2を
争うくらい大好きなんです。書かれてる通り美しい映像と刹那感。
私の中では究極のラブストーリーですよ。アノ映画は。大好き!
とんでもなくおバカな大英雄(特にWトニー・レオン!)も大好きです♪
Commented by kazupon at 2005-10-06 22:15 x
こんにちわ!やはり判りにくい!ってみなさん書かれてますね;;
ちょっとほっとしました(笑)
ところで、この映画の「言語」がとっても気になったんですが、メインは
北京語なんでしょうか?人によっては同じ中国語でも口とセリフが
シンクロしてたりしてなかったり。全部吹替えならわかるんですけど
かなり中途半端だったので???ってなってしまいました。
誰が吹替えで誰がそうじゃないかどこかでまとめたサイト無いかな
なんて(笑)
実はこれ見てて「スゥオーズマン 女神伝説の章」を
とっても観たくなってしまいました(笑)ブリジットリンが同じような
役で(ちょっとだけですけど)出てくるので楽園の瑕も好きですよ~
「大英雄」ももちろん!これってDVDになってないですよね!??
久々にあの腰砕け映画で笑ってみたいです^^もちろん「瑕」と
続けて観るのだ!(笑)
Commented by Gun0826 at 2005-10-07 17:41
実は古装片は苦手なんで、うちのブログでもスルー状態だったんですが
ドニー先生の超絶アクションはちょっと見たいですね。チャーリー・ヤンも
好きだし。そうか、シュートンじゃないのか動作指導。

チェウ・マンチェク(ブレード)は現在はテレビを中心に活躍してるはず。
それにしても大陸資本なんすか? 扱いは中国映画なのかなぁ。
ツイ・ハークの映画では「ドリフト」がすげぇヘンな映画で好きでした。
Commented by acine at 2005-10-08 09:00
◇kazuponさん おはようございます。
あれは、絶対見にくいですよね。そうでなくても動き自体が早いのに!
私も中国語はそんなに詳しくないですが、今回の言葉は北京語でした。
口の動きまでは見てなかったけど、香港の俳優さんも今はほとんど北京語OK
みたいだけど、クセがあるので、そういう人は吹き替えにされてしまうみたいです。
HEROのトニーとマギーもそうでしたよね。

ブリジット・リン懐かしいですねぇ~。彼女はすっかり引退してしまったのかな?スォーズマンは私未見なんですよ~。
セシリアはブリジット系のべっぴんさんですよね。演技も上手いし。
”大英雄”おととし位にDVDになってると思います。
こっちだと広東語版でも聞けるのかな?
私はだいぶ前にレンタル屋で中古ビデオが出ていて、速攻で買いました(笑)。
残念ながら、北京語吹き替えなんだけど、たまに見てもいつも爆笑!

マグノリア・・・エイミー・マンの歌がそんな形で使われてたのですね~。
ラストの空から降ってくるカエルがものすごく印象的で、すっかり忘れておりました。
Commented by acine at 2005-10-08 09:07
◇Gunさん 私も現代ものの方が好きだけど、メンバーとストーリーによっては、
時にはいいかな~。
ドニー先生の超絶アクションぜひ見てみてください。しかもドラマ面でもカッコいいです。
ただ、資本の関係で?韓国語を喋ってるのは、何だかな~なのですが。
クレジットは香港映画みたいだけど、ロケ地もそうだし、言葉も北京語。
香港映画も時代とともに様代わりしてますね。でも原語で公開されただけ某頭文字よりマシです。
ドリフト・・・?未見です。どんな映画なんだろう?
ツイ・ハーク、香港にしてはスケール大きいけど、ドラマは大味だったりしますねぇ(笑)。

Commented by Gun0826 at 2005-10-08 23:10
一応香港映画なんですね。しかし、最近韓国さんとの共同製作が多くて
どうもなぁ。

そうなんすよね。ツイ・ハーク、風呂敷広げるのは得意なんだけど・・・
ドリフトは怪作です。ウー・バイ、ニコラス、キャンディ・ロー主演っていう
だけでなんかわからんでしょ? でもなんか嫌いになれない映画なんすよね。

ドニー先生、見にいくか・・・今月は映画の出費もすごそう(汗
Commented by acine at 2005-10-09 17:37
◇Gunさん そーなんですよね。香港映画が台湾や大陸とのタッグは
いいとして、韓国、日本とのコラボはどうもねぇ・・・です。私も。
ドリフト・・・またチャンスがあったら見てみますが、メンバー見ただけでも
よくわからん・・・って感じですね(笑)。ウー・バイって歌手ですよね?

ドニー先生・・・いいですよ。気が向いたら見てみてくださいね~。

今日、PTU借りてきました!無事見て返却できるといいんだけど。
Commented by santapapa at 2005-10-10 07:10
いいタイトルですね。頭の中に映画がよみがえります。いやあ、堪能しました。
趙文卓は日活の『英雄・国姓爺合戦』や『ブルー・エンカウンター』に出たりしてますよ。
映画『スウォーズマン』の3作、特に『スウォーズマン 女神伝説の章』は私を香港映画に突き落とした張本人なので(笑)、機会があったら見てみてください。うちではトホホ系松扱いです(^^;。
Commented by acine at 2005-10-10 07:32
◇santapapaさん TBありがとうございます。
大味なところはあったものの、私も楽しんだ映画です。
あとで一番驚いたのは悪役が"初恋のきた道”のツィイーの旦那だったらしい!ということです。
趙文卓は日活のそんな映画にも出てたのですね。ブルー・エンカウンターはタイトルさえも聞いたことなかったです。
また調べてみます。
スウォーズマンがpapaさんを香港映画へ突き落とした映画なんですね!トホホですか(笑)。
でも香港トホホ系・・・あれはあれで魅力ありなんですよね。
私の場合は”恋する惑星” ”君さえいれば” ”月夜の願い”なんですよ~。
Commented by santapapa at 2005-10-10 08:36
そうそう、趙文卓は大陸で年末から始まるテレビドラマ版『七剣下天山』で楚昭南を演じるそうですよ。
http://ent.sina.com.cn/v/f/qjxts1/
大陸の金庸の3作品がDVDで出た今の調子だったら、これも多分日本でノーカットのDVDボックスが出るんじゃないかなあと思われるのでとても楽しみです。
『キラーウルフ/白髪魔女伝』も原作は『七剣下天山』の梁羽生でしたね。『七剣下天山』も文庫で本が出たことだし、これを機会に梁羽生の本も出してほしいです。
香港映画にハマった3作品、納得がいきますね。いい映画ばかりです。
Commented by mihhoT at 2005-10-10 22:34
『大英雄』に誘われてこちらにもお邪魔。
“七劍”まだ観てないんです。どうしようかと思案中。
“大英雄”でのキャスト陣の「はじけっぷり」はプロだなぁ~と
ひたすら感心です。
“銀のブーツ”に爆笑ですね。
Commented by acine at 2005-10-11 16:04
◇santapapaさん 趙文卓そうなんですね。
最近は香港の俳優さんも大陸や台湾のドラマへ出ていて驚くこと多いです。
マンタおじさんまで大陸の古装片に出てて、ビックリしたことあります。
papaさんはさすが!金庸ものも押さえておいでですね。
そうなんだ。白髪魔女伝も元は同じなのですね。
”七剣下天山”の文庫本、気にしておきます。読むとより背景がわかりそうですね。
3作品とも私の中では特別な存在なんですよ~!
Commented by acine at 2005-10-11 16:23
◇mihhoさん こちらにもありがとう!
”七劍” つっこみどころは一杯なんだけど、映画館で見るときっと楽しいと思いますよ~。
きっとmihhoさんだったら、鋭い突っ込みいろいろしてくれそうです(笑)。
”大英雄”書かれてる通り、彼らはプロ中のプロ!でも嬉々としてみんなやってるのが、微笑ましいし、たまらぬ面白さ!
銀のブーツ・・・Bさんですね(笑)。
私のツボはレスリーの流し目戦法、トニーのタラコ唇&放電、トニーとジャッキーのガマの戦い、
ジャッキーの野原での歌、カーフェイの女装&レスリーとの歌!
トニーのはじけっぷりもすごいもんがあるけど、カーフェイの悪乗りもものすごく好きです(笑)。
Commented by RIN at 2005-10-12 21:03 x
はじめまして、kazuponさま経由でお邪魔しました。
「初恋のきた道」、お葬式に帰ってくる息子ですよ~!
すごく地味でしたねえ・・・。
レオンは、「ラブ・ソング」でも北京語しゃべってませんでした?
「七剣」なんで、日本語タイトル、英語にするんでしょうね?
Commented by acine at 2005-10-13 21:31
◇RINさん はじめまして!コメント&TBありがとうございます。
息子ですか?!旦那の方かとてっきり思ってました。旦那は強烈だったけど、
息子は記憶なし・・・です。えらい変わり身ですね~。
ラブ・ソングも大陸出身者だったけど、婚約者と喋る時やマギーと喋る
時ちょこっと喋ってたけど、フルは初めてだったような気がします。
七剣・・・でいいですよね。それ言えば、英雄だってそうですね。
by acine | 2005-10-06 00:41 | Hong Kong  香港映画 | Comments(16)