Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

INCEPTION インセプション ’10 アメリカ

e0079992_10132383.jpg

ダークナイトでの クリストファー・ノーランの
描き出すダークな世界観がすごく好みだった
& テーマも予告編もなかなか面白そうだったので 
見たかったんだけど ずっと忙しくて 
なかなか行けず・・・で やっと見れました!

この映画を文章で説明するのは難しい

他人の夢に潜入し 秘密を盗む
夢の中で他人の潜在意識を変えることが生業の人々
そんな風に夢の中に潜入したり 
夢の中の世界を構築する設計士がいたり
夢と現実の時間感覚の違い 
そして 夢の共有 夢の多重構造
 
この辺りは見て 各々確かめてくださいな 
としか言いようがないんだけど
詳しく:映画.com

私のように ”他人の夢の中に潜入する話らしい”位の
すごいアバウトな前知識で行った人間にも 
エンディングまで目が離せない スピーディな展開で 
心地よい集中力がずっと継続してくれる 
映画らしい映画!という感じだった

正直 その多重構造の仕組とか 細かそうなルールとか
細部まで理解するのは無理でも なんとなくストーリーは追えるし
その場その場での疑問点は多々あっても 深く考える間もない
スピード感ある展開で それは置いといて 先へ!先へ! 
なのに えらくテンポのゆっくりした時間帯もあったり
なかなか面白い時間の進み方をする映画だったと思う

しかし こういう説明するのが難しい世界を
こんな風に映像化できるというのは 
このクリストファー・ノーランは すごく頭のいい人
なんだろうな~という気がする

だけど 自分の作りたいように作って 自分は満足だけど
観客は置き去りにされるような監督&映画も多い中
いい意味で彼は頭の良さをひけらかさないのが好感度高い

こんな風に 誰が見ても ある程度理解できる
& よくわからなくても なんとなくついていけるように
作れるのは やっぱり才能と相当の頭が必要だと思う
凡人には想像つかない世界だわ

そして この映画のように 難しい題材でも
バランスの優れた映画が作れる人だなーと思う

そして ”ダークナイト”同様 キャストのコラボも面白かった
 
個人的には”ダークナイト”の方が 好み&インパクトあるけど
今回の地味なような豪華なような
不思議な顔触れも悪くなかったと思う

個人的には 大人になってからのデカプリオは
なんかこうオトナコドモみたいな顔して でも体はゴツくて
なんかバランスが変で 魅力を感じないし 
ほどほどに上手い役者なんだろうけど 
別に彼が出てるからで 指名買いしない役者になってしまった 

子供~少年時代は あんなにキラキラと輝いていたのに
大人になってから凡人 すっかり普通になってしまった感じがする
しかし この人一体いくつになったんだろう?
30代半ば位?! 年齢不詳だわ

e0079992_11242888.jpg


今回はまぁまぁよかったと思うけど 
大人なフレンチ マリオン・コティヤールとのコンビ
や子持ちの父親役 やっぱり あのオトナコドモな顔や
雰囲気がビミョーではありましたが・・・

そして クレジット順も2番目だった 渡辺謙
彼の場合は 堂々としてるし 上背もあるし 顔も濃いので
こういうハリウッド映画に出ても 全然違和感なし
良心的な扱いだったと思うけど やっぱり日本人なので
観光客が・・・という台詞 日本人キャストはやっぱり
ハリウッドでは どこかしらそういう立ち位置なんだろうな~と思った

e0079992_11252651.jpg


以下 キャスト一言感想

マリオン・コティヤール
話題作にひっぱりだこの彼女 オトナコドモなレオの相手としては
ちょっと大人っぽすぎたかな 彼女の演技自体は良かったんだけど 
相手がもっと釣り合い取れたら もっと良かったかな~

ジョゼフ・ゴードン・レヴィット
一人スッキリした顔で クールに淡々と仕事をこなす
線が細いようで 骨太な演技で 地味なようで 
意外と目立ってました 上手い役者だと思う

エレン・ペイジ
若いけれど 人間臭さも漂わせ デカプリオのセラピスト的
役割も果たしていて 可愛いいし なかなかハマってたと思う

e0079992_11265357.jpg


キリアン・マーフィー
地味目な役で登場だけど こういうクセのない役も
サラリと嫌みなく存在感もありつつ演じられるのも彼の上手さ
思ってたより登場場面多くてよかった 御曹司役も悪くないね

e0079992_11274561.jpg


トム・ハーディ
今回 私 とっても好みだったのは彼!雰囲気とか
”レイヤーケーキ”とかにも 出てたらしいけど 
どこに出てたんだろう?

あと ”ダークナイト”と ほとんど同じ風貌のマイケル・ケイン
この人は本当に見てると安心!というタイプ

映像的には 一番面白いなーと思ったのが 
ホテルの一室で ロープで・・・し 
エレベーターへのシーンがほぉ~!という感じでした

あと この監督のこだわりのある
独特な俯瞰図的 シンプルでいわくありげな街並みの映し方 
ビルや建築物のバリエーション その建物から見える景色 
ホテルの室内や家の内部など 丁寧に作りこんだインテリアとか
街・建築物・インテリア・景色  その辺りもぐっと目を引く

あと 車が出てくるシーンなどでの
走行・衝突シーンの重量感 音楽の重量感 
音にもすごくこだわってる人だと思う
あの重低音がすごくインパクトがある

この監督の 街並み・建築物・インテリア・景色
音へのこだわり この辺り 私はすごーく好みです

ストーリーに戻って デカプリオ&エレンの
エレベーターで停まる度にあぁ・・・は嫌だなぁ

見たくないものまで見る
人の夢の中には潜入しなくてもいいやと思いましたね

見た後も 潜入のルール 半分 いや ほとんどわかってないけど
終わってみれば ルールと共に展開するストーリー自体は
意外とシンプルで エンディングもシンプル
まだどんでん返しがあるんじゃないか?!と思ってたけど・・・

このシンプルに終わるとこ
ハリウッド的であり ハリウッド的でなく 
一歩離れた目線で映画を作ってる感じで
大作でありながら 面白い立ち位置の映画でした
この辺 監督がイギリス人だからかな?

ちょっとでも興味があれば 見ても損はないと思う
ほぼ2時間半という長尺にも関わらず 
時間がたつのがあっと言う間!

今日の映画:81点



余談1:

しかし 始まってから いきなり日本語の台詞で

えぇ~っ?!?!  これ吹替え版?!

そんなのあったっけ? えぇ~っ?! 吹替え版~?!

字幕版見に来たはずなのに~!!! 時間 間違ったっけ~?! 

と すごくあせったけど 見て行くと やっぱり字幕版でほっとしました

これ あせる人一杯いないだろうかー? 私だけか(笑)?!

余談2:

予告編 3Dもんがバンバン! 

まるで ”3Dじゃないと映画じゃない” みたいな
予告ばかりで 見れば見るほど ウンザリ・・・

3Dなんか 個人的には まったくどーでもいいんだけどな~!

映像にこだわるばかりに 内容は反比例してそうな感じが 
ものすごくするんですがねー 

驚かすのだけに命かけて 中味スカスカって感じで
ホントにどうでもいいなぁ 3Dなんて・・・
[PR]
Commented by Gun0826 at 2010-08-11 13:00
お疲れ様です
まだ見に行けてない(ほんと映画に行けなくなっちゃって・・・
のですが、とても楽しみにしています。
ノーラン監督は仰る通りすごく理知的でありながら節度もある
監督さんだと思います。
それゆえ「ダークナイト」を作り得たのかなぁと。

バットマン3作目もそろそろ撮影ででょうか? 今後が楽しみです。

そうそう、俺も3Dとかどうでもいいですw
Commented by acine at 2010-08-11 21:09
◇Gunさん お疲れ様です。 Gunさんもお忙しそうですね~。
なかなか”インセプション”も見に行けないって書かれてましたもんね。 
私も!私も!と思っておりました(笑)。製作の方は順調に
進まれてますか? 暑いけど、頑張ってくださいね!

本当にノーラン監督は頭のいい方ですよね。きっと。
でも、頭でっかちでなく、節度があり、ほどよくマニアック、
ほどよく人間臭く、品のある映画を作れる人ですよね~。
すごくバランスのいい監督さんだと思います。
前のが素晴らしかったから、バッドマンも楽しみですよね~!
この映画、またGunさん見られたら感想楽しみにしてます!

そして、3Dそーですよね!この映画だって、3Dじゃないけど、
十分刺激的でした。視覚的に凄い=凄い映画じゃないと
私は思ってます。
Commented by はらみ at 2010-08-12 08:09 x
acineさん、私の「探しにくい日記」にたどり着いてくださっていつもありがとう。さっきお返事でも書いたんですけど、この映画のここ改善すればもっと良くなるのに~のポイントの一つとして、ディカプリオがもっとプロらしかったら、という点が挙げられるのかなあ~と。
アノ人がもっとストイックでシャープなプロだったら、あんなアーサーくんみたいな部下が付くのも分かるし、エレンが妙に彼を理解しようとするのも納得できると思う。(渡辺謙が仕事を依頼したくなる理由もね)しかし当の彼は何だか危ういのよね~wこの「危うさ」ってディカプリオの演技癖なのかもしれないけど、もっとプロフェッショナルでびくともしない方が、突然出てきた妻の姿に動揺する様が引き立つと思うんですよ~。で、より二人のシーンが生きる、というか・・何かあのディカプさんじゃ不安で私が謙さんだったらもっと仕事内容をチェックするかも。
・・でもその前に謙さんほどの財力ある社長だったらもっと違う方法で御曹司をたらし込む方が早いと思うんですけどね~。
おっとここでも長くなっちゃいました。申し訳ないw
Commented by kiki at 2010-08-12 23:00 x
acineさん。ワタシも色々出ている出演者の中でトム・ハーディが目立ってたな、と思いました。ちょっと太ってオッサンになってたけど、ビッグバジェットの映画で、ついに日の当るところに出てきたなぁ、という感じでしたわ。で、「レイヤーケーキ」での彼はダニエルと一緒に薬をパッキングしている男で冒頭とか数シーン出てくるのだけど、顔がハッキリ映らないので、眼を皿のようにして見てないと分らないのよ(笑)「ロックンローラ」では目立つ役で出てるので、こっちを観てみるのも面白いかもです。
「見たくないものまで見る 人の夢の中には潜入しなくてもいいや」 ってほんとそうですね。そして、確かに建物やインテリアへのこだわりもクリストファー・ノーランならではのセンスでしたね。けっこう長いけど、ずっと集中して観ました。無重力のアクションが新鮮だったわ。
Commented by acine at 2010-08-13 10:12
◇はらみさん いえいえ!そんなそんな気にしないでくださいね!
この前は楽々とたどり着けました(笑)!
言われてみれば確かに~!デカプリオ・・・なんか不安定
でしたもんねぇ。
奥さんのことがずっと潜在意識から離れないのもわかるけど、
それを仕事に出しちゃあダメですね。確かにプロじゃない。
確かに、危うさ癖があの人あるかも・・・と思います。
10代の頃はそれが繊細さとも見れたけど、大人になってから
は何でもかんでもそれはマズいかも。
確かに、普段、びくともしないプロフェッショナルが、突然
揺れる方が絶対説得感ありますよねー。はらみさん、見方が
鋭いわ~!さすが!
私も、見てる途中に、この人大丈夫なんだろううか?
こんな自分のトラウマに皆を道ずれにして~!と思ってたんだけど、
そういう理由だから・・・というのがはらみさんのコメでわかって
スッキリしました。
ほんとね。謙さん、あんな危険を冒してまでしなくってもね~(笑)。
御曹司キリアンも夢の中で武装もしてたけど、意外と素直でしたもんねー!
Commented by acine at 2010-08-13 10:21
◇kikiさん トム・ハーディよかったですよね~!
ちょっと太めな加減が程良い味わいで、割とシリアスな
連中の中で、一人イージーゴーイング的な雰囲気が生きてたと思います。
うんうん、私も”レイヤー”だったら、あの薬のシーンかな?と
思ってました。また見てみよう!”ロックン・・・”は途中まで
見てるんだけど、これも続きを見なくっちゃ~。あと”マリー・
アントワネット”にも出てたみたいね。
今回、このトムを始め、ジョゼフ、エレン辺りの2番手グループが
実はけっこう目立ってるというか、与えられた役を着実に
こなしてて、1番グループに負けない位、いい具合に目立ってたよーな
気がします。
でも、出しゃばり過ぎず、ほどよく皆コラボしてて、そのへんの
バランス感覚がノーランさん上手いなー!と思いました。
そうそう、このノーランさんの静かだけど、何かが起こりそうな、
あのビルのシーンとかの俯瞰図的な構図凄く私は好き!
インテリアもこだわってる人だよね~。
あの無重力もありそうでなさそうで斬新でした。
007、ぜひノーランさんに撮ってもらいたい!
ダニエルがあんまり歳をとらないうちに・・・!
Commented by ゆり at 2010-09-12 02:19 x
acineさん こんばんはー!未ログインですが、ゆりです
今更ながら、観てきましたヽ(´ー`)ノ
感想は…ほぼacineさんと同じ!(95%!)
わたしが感じた感想を、ここまで文章にして起こせる
acineさん…さすがです!

観ていてハラハラドキドキ、心拍数・血圧があがり、
映画館を出る時には頭痛が(笑
わたしっていいお客さんですね^^

わたしもこの脚本を書き、監督したノーランさん、
ものっすごく頭がいい!すごい!と思いました
いるんですね、こういう頭のいい人って…

ストーリーが進むにつれて「ああ、そうなのか」と
ついて行くことができるようになりましたね
う~ん、本当に面白かったです。久々にうなりました

わたしもヒョロヒョロした少年・ディカプリオのファン
だったので、acineさんの気持ち、わかります(笑
ちなみに、ディカプリオとぺネロぺ・クルスと、
わたしは同い年!!!なんです~(ひぇ~)
アジアと欧米を比べると、不思議な感じがしますねぇ…
ぺネロぺの妖艶さ可愛さを思うと、
恥ずかしくなりますね(苦笑
Commented by acine at 2010-09-13 21:41
◇ゆりさん こんばんはー! おぉ~見られましたね!
95%感想同じとは嬉しいな~♪ いえいえ!この映画、
ほんと感想書くのが難しいから、単に思ったことをツラツラ
書いただけなんですよ~(恥)。

頭痛・・・確かにわかる!頭を総動員させないと(笑)いけないもんね。
この監督の映画って、前の”ダークナイト”ももうぐ~っと
スクリーンに引き込まれてしまいます。ほんと、こんな難しいテーマを
誰が見ても、それなりについていけるように作るのって
凄い大変ですよね?! ノーランさん頭がいい説、私も同感です!

ゆりさん、ひとつ前の”ダークナイト”見られました?
これが小説としたら、あれは劇画だけど、これも大人の鑑賞に
耐える見ごたえたっぷりのバットマン映画なんですよ~!
まだ見られてなかったら、チャンスあればぜひノーランワールド
堪能してみてください。← この映画、ヒース・レジャーばかり
話題になったけど、地味な主人公、クリスチャン・ベイルの
いかにも英国男的スーツ姿のカッコいいこと~!これも見所です(笑)
Commented by acine at 2010-09-13 21:47
◇ゆりさん 続きです。
つい”ダークナイト”大好きなので、熱が入ってしまったけど、
この映画も、キャスト陣も皆主役が張れるクラスの人が
集まって、すごくよいコラボというか、各人が生きる演出してたのも
唸りました。バランスがいーんですよね。この辺も頭のよさでしょう。
きっとキャスト陣も皆各々満足してそうだもの~。

で、ゆりさん、二人と同い年なんですか~?!
あはは!でも、ペネロペはラテン女だから、東洋人とは
もう別の生き物と思った方がいいから、大丈夫!
しかし、単にルックスで言うと、ペネロペってスペイン人だったら、
5点満点としたら、3.5点位だな~と思います。
街中、一般人でももっとグアパ(ぺっぴんさん)一杯歩いてるもの~!
しかし、ハビと結婚するとは・・・!ピッタリだと思うけど!
Commented by fotobella at 2010-09-14 00:16
acineさん 再びおじゃまします~
ダークナイト、必見ですねっわかりましたっ!
ノーランさんが監督なら、期待できますね^^

あとぺネロぺが3.5点とは!驚き!
そうかぁ、スペイン女性は顔がきりっとして、
美女が多そうな感じがします^^

結局、同郷の人と結婚するのって、なんだか好印象でした^^
じゃあトム・クルーズはなんだったんだのでしょう…(笑
Commented by acine at 2010-09-15 18:06
◇ゆりさん 再びありがとう! ダークナイト、アメコミ系なので、
また雰囲気はちょっと違うけど、ノーラン節全開なので、
ぜひご覧くださいな♪ いかにも西洋人的な重量感たっぷりの
ダークな世界が見どころ一杯です。

ペネロペ、そーなんですよね。演技関係なく、単にルックスで
言うと・・・。そーなんですよ。スペイン男は・・・な人も多いけど
(個人的には南米のスペイン系で他の欧州系とかインディオと
混ざった方がカッコいいと思う)、スペイン女は綺麗な人
ほんと多かった記憶が・・・。だけど、若いうちはそうなんだけど、
ひととしいくと、キツーイ感じになる人が多いのが勿体ない感じ。
この辺り、東洋人女の方が、派手さはないけど、全体的に
ほどよく若さを保ってる感じがするなぁ。 ゆりさん、イタリアこそ、
美男美女だらけだったでしょう~?!服のセンスもいいし!

トムと並んでるより、やっぱりハビちゃんの方が似合ってるよね~。
しかも、ご懐妊発表!さぞ濃い~濃い~お子が生まれることでしょう!
役者としても楽しみですね♪
by acine | 2010-08-11 11:02 | Estados Unidos 米映画 | Comments(11)