Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

CAFE DE LOS MAESTROS アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち ’08 アルゼンチン

e0079992_2257817.jpg

いやー 最高でした!

豊かな気分に浸れる・・・とはまさにこのこと

悪いけど この前↓の 独りよがりなセレブリセット旅には
ほとんどの時間帯 そんな気分になれなかったけど
この映画では 何十回とそんな気分に浸れただろうか・・・!

3秒、5秒でも 彼らの演奏が流れると
ただスクリーンを見聞きしてる 私たちまで
一瞬にして 甘美で豊かな世界にぱっと包まれる

そんな繰返しを延々味わえた 五感に響く 
さりげないけど 至福の音楽ドキュメント

詳しく:eiga.com

しかし こういうアルゼンチンタンゴのミュージシャンたちにこそ
マエストロという言葉が本当によく似合うこと!

スペイン語圏の音楽でも 
また独特のエレガントさと品と哀愁が漂って
なんとも言えない魅力がある音楽だなぁ・・・と
今回 ひしひしと感じました

アルゼンチンタンゴ 何度か 生を見聞きしたことあるけど
こんな風に 即3秒で豊かな気分!というのは
なかなか生でも味わえない雰囲気でした
 (というか 今まで自分が気がつかなかっただけかも!)

タンゴはブエノスアイレスにしか存在しない
と言い切ってたけど まさにそういう感じ

e0079992_2365940.jpg


そして 安岡力也みたいに 恰幅がよく
楽天的で そして 人生経験がたっぷりと
刻まれた彼らの指先からこぼれだす音 
喉からこぼれだす歌 そのすばらしいこと!

なんとも甘美なバンドネオンの音
リリカルなピアノの音
ドラマティックなヴァイオリンの音
ピュアで熟成赤ワインのような歌声

全てが恐ろしく魅力的だった

そして 同じように魅力的だったのは
マエストロたちの佇まいやお喋りや顔に刻まれた皺

一芸に秀でて 一芸に生きる人たちの素晴らしさ!
なーんて 素敵なんだろう~!

ニコニコと男同士でキスしあいハグしあい

場末で唄ってた自分がこんな劇場で歌えるなんて・・・!とか

自分は働いたことなくて 歌ばっかりで50年過ぎた・・・とか
 
(好きなミュージシャンのことを) 
天国に行ってまでも 彼のことを語りつくしたいくらいさ! とか 

タンゴはヨーロッパの影響は受けない!とか

多くのミュージシャンが出るので さほど一人一人に
時間が割けるわけではないけど なんとも味わい深い老人たち

タンゴは3分間のドラマさ・・・と 彼らが言う通り

タンゴに対する愛
音楽に対する愛
仲間に愛する愛
家族に対する愛

そのあたりの想いや人生経験が
瞬時に音で表現される魔法のような瞬間

いやー ほんとミュージシャンってカッコいいなぁ・・・!
と今回もほとほと感心しました

聞いてるだけで こんな幸せな気分になれるのに
演奏してる彼らは どんな幸福感が味わえるんだろう?!

うらやましいな~!

それにしても どこかシャンソン的でもあり
もちろんラテン色も強く そしてどこかヨーロッパ的であり
踊りの足さばきのセクシーさ・エレガントさ

そして ”ブエナビスタ・ソシアル・クラブ”
 (私 大・大好きな映画! サントラも大好き!)の曲たちとも通じる 
スペイン語圏音楽のスペイン語の単語たち

花・蝶・愛・目・別れ・涙・裏切り・人生etc・・・

だけど 他のどの音楽とも違う 
土着なんだけど どこか洗練されたエレガントであの甘美さ

e0079992_2341083.jpg


最後にミュージシャンたちが紹介されて なんとなく納得

アルゼンチンはイタリア系の人も多いので
 (アルゼンチンのスペイン語はイタリア語っぽい喋り方をするので有名)
マエストロたちの半数はイタリア系の名前 半数はスペイン系の名前

イタリアの血が入ってるから どこかエレガントなのかも
しれないなぁ・・・と 納得しました

特に映像に凝ってるわけでもないけど
マエストロたちの演奏に乗って流れる ブエノスアイレスの街の景色
南米のNYのようであり 南米のパリのようであり 
でも そこはブエノスアイレス

王家衛の”ブエノスアイレス”にも出てきた
サッカーあり 競馬あり 運河あり 壁の落書きあり
この映画見てると ブエノスアイレスにいる
レスリーとトニーとチャン・チェンに久々に会いたくなった

そして タンゴを踊る人 演奏をする人

さりげないけど 印象に残る
ブエノスアイレスの街と至福の演奏と歌

ピシッとタキシードとドレスで身を固め
ステージで演奏をするマエストロたち・・・

本当に豊かな時間を楽しめました!

エンディングの誰もいなくなったスタジオの風景
そんなところへ差し込まれた 一人のバンドネオン奏者が
黒い椅子に座って (↑の写真) メロディを奏でる
エンディングまで 本当に素敵でした

あの黒い革張り+多分キルティング+黒い薔薇の飾り+猫足
あの椅子いいなぁ・・・欲しい!と思って見てました

アルゼンチンタンゴ好きな人
音楽好きな人
老ミュージシャン好きな人

そのあたり どれか好きな人には 
絶対おすすめの すごく出来のいい 音楽ドキュメント

個人的に こういう土着系音楽ドキュメント

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ (キューバ) / amazon  
永遠のモータウン (アメリカ)
イベリア 魂のフラメンコ (スペイン)
12タンゴ/ブエノス・アイレスへの往復切符 (アルゼンチン) 
ディス・イズ・ボサノヴァ (ブラジル)
スクリーミング・マスターピース (アイスランド) 
クロッシング・ザ・ブリッジ (トルコ)
LIGHTNING IN A BOTTLE )(アメリカ) 
ジンガ (ブラジル) ジンガ 2回目
ジプシー・キャラバン (インド・ルーマニア・マケドニア・スペイン)

この映画も ↑ の映画と並んで

音楽好き ワールド系音楽好き 音楽ドキュメント好き
どれかに当てはまる人にも ぜひおすすめ!

全部当てはまる私には たまらない内容だった

曲やミュージシャンを知らなくても
なんとも甘美で豊かな気持ちになる素敵なドキュメント!

アルゼンチンタンゴ 生で見聞きしたくなりました~
誰か来たら行こうっと!

今日の映画:90点



子供の頃 嫌々通ってたヤマハ音楽教室

行くのが嫌で嫌で そばの小学校の校庭で
ブランコ乗ったり 滑り台滑ったりして 
子供ながら ひたすら時間をツブしてました(笑)

でも 出席したら貼られるシールがないので 
帰ったら 親にバレバレ! そして 怒られ・・・ 
結局 1、2年しか行かず 全く音楽はモノにならす
あまりいい思い出はありませんが・・・

4年ほど前 あのジェイ・チョウも子供のころ
台湾でヤマハ音楽教室に通ってたと知り 
(年代違うが・・・!) ちょっと嬉しくなった私です(笑)

というわけで 全く音楽的才能には恵まれなかった
私ですが そのうさを晴らすかのように 音楽を聞くのは大好き!

今回の映画見て アルゼンチンタンゴのプレイヤー
なーんて素敵なんだろう! 今からでも 時間とお金があれば
バンドネオンやりたい~ とチラっと妄想しました(笑)
(出来ないと思うけど) バンドネオンって高そうですよね?!

ミュージシャン系 昔っからミーハー的にも
憧れの的なんですよね~ 未だに!

アルゼンチンタンゴのプレイヤーが素敵!と
思えるってことは 私もそんな年か・・・と思ったりもしました

それにしても 演奏出来たり 唄ったり
ダンスしたり 絵を書けたり スポーツができたり 
そういう才能がある人がものすごーくうらやましい!

これもいつまでたっても ないものねだり・・・だなぁ
[PR]
Commented by gloria-x at 2010-09-28 21:48
アルゼンチンタンゴ、いいですねぇ~♪
わたしも大好き!(そんなに詳しくないけれど(;^_^A)
カーウァイ監督も効果的に使ってますよね。

なんとなくエットーレ・スコラ監督の「ル・バル」なんかもう一度観たくなりました。
Commented by acine at 2010-09-29 11:13
◇Gloriaさん Gloriaさんもアルゼンチン・タンゴ、お好きですか~!
私も全く詳しくなけいけど、音として単に好き!です。
この映画のマエストロたちの音は、ピアソラとかに全く
ひけをとらなくて、彼らの年期&人生経験が全て音の中に
現れていて、素晴らしかったです~。
チャンスあれば、ぜひこのドキュメントおすすめです~。
そして、”ブエノスアイレス”が見たくなりました。
カーウァイ監督はラテン音楽絶対好きですよね。
”ル・バル”恥ずかしながら、全く知りませんでした~。
Commented by sue at 2010-10-02 23:11 x
連日、おじゃまします・・・
私も音楽映画大好きです。
こちらは、先月地元のミニシアターで観ましたが、
かなりマニアな方がいらしたみたいで、
一曲終わるごとに拍手してらっしゃいました(笑)
個人的には、そういうノリ大好きですけど。

数年前に観た「ヘドウック&アングリーインチ」も
東京では、ライブみたいにノリノリスタンディングでOKな映画館があったと聞き羨ましかったです。

ところで、このサントラ買いましたが、やはりあの年輪の刻まれたルックスあっての音かもしれません。
ミニデッキでは、ちっとも臨場感なく・・・さら~と聴いただけですが・・・2枚組というのも・・・(聞きたい曲に到達できない)

別件ですが、先日中国人留学生が緊張の面持ちでうちにショートステイに来たのですが、ジェイのCD、でっかい写真集などなど揃っているのを見て、すぐに馴染みました。
「こんなところ(をいをい失礼では?笑)で、ジェイのファンがいると知ったら彼すごく喜ぶよ」と言われました。
Commented by acine at 2010-10-02 23:44
◇sueさん こんばんは! 今日も有難うございます♪
音楽映画、音楽ドキュメント、いいですよねー!
私は映画にハマる前は、音楽キチ(特に洋楽)と言ってもいいほど、
音楽が大好きだったので、=音楽映画や音楽のいい映画や
選曲のいい映画(サントラ)はたまりませんね~。
そういう拍手したくなる気持ちわかりますね~!
このマエストロもまさにそうでした。去年の”This is it"
なんて、立って、ダンサーたちみたいに声援や拍手を送らせてくれ~っ!
って感じでしたもん・・・。ほんと、あぁいう音楽系はスタンディング
させてくれたら最高!ですよね。いい年して、女のくせに
ロック小僧な血が騒ぐんです(笑)。

”ヘドウィグ・・・”は、映画館で見れてなくて、飛行機の中で
見ましたが、またいつかじっくり見直したい・・・と思ってるんですが、
そのままになっています。

マエストロのサントラ良さそうですよね~!今まで見た生は
何だったのか?というほど、2,3秒で空気がさっと変わって
ましたもんね。どの曲も。
Commented by acine at 2010-10-02 23:49
◇sueさん 続きです。
留学生の方がステイされてたんですね~。
そうそう!そういう風に、音楽や映画はさっと国境を超えますよね♪
南米人の友達(ラテン美女!)は金城武&リー・リンチェイファンで(笑)、
私も武好きなので、武映画は一緒に見に行ったりしてます(笑)。

あと、スコットランド人と”トレインスポッティング”やユアンの
話で一気に打ち解けたことあったり・・・。
そういうのはホント楽しいですよね!
by acine | 2010-09-26 01:12 | Sudamerica  南米映画 | Comments(5)