Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

KICK-ASS キック・アス ’10 アメリカ・イギリス

e0079992_17564580.jpg

3ヶ月半ぶりの映画館!
そして 今年1本目がこの映画

内容はさして知らない 見に行った理由は 
マシュー・ヴォーンが監督だから それだけ

あのレイヤー・ケーキのマシュー・ヴォーンなら
見ないわけにはいかない 詳しく:eiga.com

冒頭のシーンから 彼らしいスタイリッシュさ
音楽のセンスの良さ 全開!

今回はアメリカが舞台ということで
かなりアメカーンな出来になっていたけど

監督、主人公ともイギリス人 そしてマフィア絡みの
”レイヤー・ケーキ”でも見かけた強面の面々
そして そんな奴らが倉庫やボスのオフィスでたむろってる
姿はまるで レイヤーのマフィアたちを彷彿とさせる感じ

何の特別な能力も持たない その辺のオタク一高校生が
ヒーローになれるのか? なれるものなのか?
その過程を描いたもので なんとなく”スパイダーマン"を
イメージしていて お子様向け?みたいな題材だけども

e0079992_1810236.jpg


見ていたら これは安易に子供は見ちゃあいけませんわなー

児童虐待? 大人虐待? 暴力シーン 殺戮シーン 
アクションシーン そりゃもう本気で 見てて
物凄く痛そうだし ハンパじゃない位 残酷極まりない

モラルすれすれというか モラルなんてもの ないも同然
確信犯というか わかりきってやっているのが潔い

こういうことをすれば 半端じゃなく痛いんだぜ
半端じゃなく残酷なんだから ということを 
きっちりと描いた 一味変わった 
でも ある意味王道の素人ヒーロー成長物語

相手がとんでもない大ダコ(スパイダーマンじゃなかったっけ?)
とか 超人ではなく マフィア=人間というのも等身大でいい

真面目一辺倒では 全く無くて
おバカなホルモン全開男子高校生の日常
おマヌケな笑えるシーンやブラックな笑いも散りばめられて 
あちこちから んなわけねーだろ的笑いが起こりまくってました

イケてない風を装って きっちりコスプレすれば
さほどカッコ悪くない 主人公キックアス・役ののアーロン・ジョンソン
しかし キック・アスのコスチュームは 中学生の体操服のような
ポリエステルっぽい素材感で フィット感もない(笑)

当然ながら 特別な能力もないから 
ビルとビルの間を飛べるわけでもなく 
オモチャのようなヌンチャクでさえ 持てあまし 
結局 ボコボコに殴られ 果ては刺されて コスチュームのまま
救急車に乗せられ病院へ・・・ やられ放題の自警団ごっご
なのに このネット時代 巷の人気者になってしまうこのギャップ!

e0079992_1885685.jpg


そんな中 出会うのが ビッグ・ダディ&ヒット・ガール父娘
その娘ヒット・ガール役 クロエ・グレース・モレッツ 
このクロエちゃんがかなり凄い! タイトルがキック・アスより 
ヒット・ガールでもいいんじゃないか?と思う位

中途半端なキック・アスでも 本物だと確信するこの父娘
冒頭シーンから なんてイカれたクレイジーな父娘なんだ!?と
誰もが驚くシーン その父親がニコラス・ケイジ
やってることはさほど間違ってないと思える信念と漂うクレイジーさ
ひさびさにニコラス・ケイジ いいなと思いました(笑)

しかし いくら 悪いことをされたからとはいえ
復讐になんでもやってもいいってわけじゃないんだぜ
そのためには失うものもデカいんだぜ それでもいいのか?

という 現実的で 社会派な側面も持ちつつ
確信犯のやりたい放題 そんな中に マシュー・ヴォーンらしい
スタイリッシュさ ジョークも交えつつ とにかくスピーディに
一気にエンディングまで 突っ走る映画
妙に笑えるシーンも多く 独特の仕上がりになっていたと思う

なんとなく ダークナイトや ウォッチメン とかともつながる世界観
今回 主人公が高校生と子供ということで 
もっとポップ(死語) だけど 容赦なくシビアという感じで

なんとなく 続編もどんどん出来そうな感じのこの映画
ジェットコースタームーヴィーでした

マシュー・ヴォーンはジョン・ウーも好きなのね

それにしても この映画 大人気で 見た回は立見まで出てました

全然知らなかったけど ブラッド・ピットがプロデューサーなのね
ガイ・リッチー絡みのラインなのでしょーか?
そして マシューの奥様はクラウディア・シファー
意外と マシュー・ヴォーン セレブな監督だったりして

ひつこいようですが 私は彼の”レイヤー・ケーキ”が大好き!!!
ダニエル・クレイグを見染めた映画

あぁいう犯罪映画 そしてファンタジー 今回のようなアメコミ系
いろんなジャンル撮れる人なんですね~

今日の映画:78点

エンディングテーマ 凄くかっこよかった
メタル命な頃の私なら 即DLしてるな(笑)
[PR]
Commented by sabunori at 2011-01-02 21:15
acineさん、あけましておめでとうございます!
今年も愛と偏見に満ちた映画感想を語りあいましょうね。(笑)
今年の1本目がこの作品とは幸先いいじゃありませんか。
そうか、この監督は「レイヤー・ケーキ」の監督なのね・・・。
(相変わらずこういう情報に疎いです)
ビッグ・ダディとヒット・ガールのちょっと歪んだ親子関係・・・
でもこういうのもアリですよね。
「ジョン・ウーの最初の長編映画は?」「カラテ愚連隊」
もうこの会話でこの親子にノックアウトされました。(笑)
確かにキック・アスのコスチュームのフィット感の甘さがキャラクターの
ゆるさを語っていましたよね。
おまけにあの普段履きふるしたと思われる足元のブーツ・・・。(笑)
活動後の帰宅にもコスチュームのまま徒歩で・・・というのはどーよ!?
と思わずツッコミを入れてしまいました。
それなのにキック・アスの正体が謎って・・・。(笑)
絶対誰かが目撃しているはずだわ〜。
それにしてもヒット・ガールのかっこよさに鼻血が出そうになりましたー。
Commented by acine at 2011-01-02 22:28
◇sabunoriさん 明けましておめでとうございます!
早速TBも有難うございました~!
あはは!この映画もまさに愛と偏見タイプですねぇ(笑)。
そーなんですよ。レイヤーの監督さんなんですよ~。
私はsabunoriさんと逆に、その他の前情報はほとんど白紙で
行きました(笑)。
そうか~”カラテ愚連隊”はホントなんですね(笑)。
あの辺はちょっとタランティーノ的遊びという感じでしたね。
sabunoriさんは徹底的にあの親子。特にあのお嬢ちゃんに
惚れ惚れですね(笑)!私もタイトル”ヒット・ガール”の方が
しっくりくると思いましたもん。
で、彼のブーツ、しかもトレッキング用みたいなダサい(死語)の
でしたよねー。ツッコミどころは一杯。しかもあの体操服みたいな
生地の質感&フィット感、でも本人は御満悦!というのが
まさにキック・アスのユルキャラぶりを表してましたね(笑)。
Commented by Gun0826 at 2011-01-04 16:40
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

いいですねぇ俺またまた見逃してしまっています。
マシュー・ヴォーンってレイヤー・ケーキの人だったんですか、
気にしてなかったw あれはいい映画でしたなぁ。

ヴォーン監督、たしかX-MENのリブート作品で監督やるはずです・・・
かなり見ごたえのある映画のようですので、何とかして観てきたいなー。
(東京たしか単館だったような・・・)
Commented by acine at 2011-01-05 00:32
◇Gunさん 明けましておめでとうございます!
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します♪
きっとGunさんは見に行かれるんじゃ?と思っておりました。
ぜひ、ご覧になってくださいね。銃もそりゃもう一杯出てきますよ!
で、マシュー・ヴォーン、そーなんですよ。私はあの一作で
完璧ノックアウトされ、DVDで見た監督のインタビューとか
withダニエルとのティーチインなど見てたら、その映画哲学も
すごく好みだったんですよねー。X-MENも彼なんですね?
それだったら見なくっちゃー!えぇ~?東京でも何と単館なんですか?
私が見た回は立ち見まで出てましたよ~。密かにすごく人気ある映画と見ました。
by acine | 2011-01-02 18:36 | Estados Unidos 米映画 | Comments(4)