Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

NEVER LET ME GO わたしを離さないで ’10 イギリス・アメリカ

e0079992_2258532.jpg

日系英国人 カズオ・イシグロ原作のこの映画

小説は読んでないけど チラっと見た記事で
なんとなく・・・そんな展開?という情報だけは知っていて
映画として 話題の英国王より こっちの方に惹かれる
年度末 なんとかやりくりして 早速見ました
詳しく:シネマトゥデイ

あまり詳しく書くと ネタバレになるので
簡単にしか 感想書きませんが・・・

なんとも 心痛く 主人公たちが自分の立場を
知った上で 淡々と健気に日々を送るその姿を
部外者はもう黙って見てるしかない・・・という感じで

これが夢だったら どんなにいいだろう?と思えるような
彼らのその現実はショッキングでした・・・

あれが自分だったら 即逃げ出したくなる
自ら人生を断ち切ってしまいたくなるだろうなぁ
と思って見てました

e0079992_23111637.jpg


イギリスが舞台のこの映画 
とてもイギリスらしい空気感・場面が一杯なのに 
とても日本的な静けさを感じました

静けさと奥ゆかしさ そして ほのあたたかさも
同居していて そのバランスに 原作者の血筋を感じたりして

そして 同じ島国 不思議だけど イギリスと日本
何か通じるものが確かにある気がしました

そして 今から見れば 過去を舞台にした映画なのに
不思議と近未来的というか 実際こんなことが
近未来に起こったら 余りにも悲しすぎることだよなぁ・・・

もしかして 今現在も 既にこんな状況があるんではないか?と
いや あって欲しくない! あってはいけない!と痛切に思いました

e0079992_23133421.jpg


近未来SFならぬ 近過去SF もしくは 近過去スリラー
哀しいなかにも 感受性豊かに そして静けさが漂う

そんな 独特なタッチのこの映画に存在するキャストたち
皆 適材適所で 素晴らしかった

キャリー・マリガン:健気さ・芯の強さ・悲しいが達観してしまった心
ブサかわいい彼女の素朴な演技がキャシー役にピッタリだった
初めて見たけど とても演技派だと思う 気に入りました

キーラ・ナイトレイ:女の残酷さ・心の底からそうでなかったとしても
悔やみきれない過去と現実 憎たらしいからこそ哀しいルース役にピッタリ
キーラだけ老けて見えたけど 実際はそーでもないのね

アンドリュー・ガーフィールド:一緒に小さいときから過ごした
女二人との関係が 彼の幸せでもあり 悩みの種でもある 
一見のほほんとして 強くて繊細なトミー役がピッタリ 
初めて見た BOY A で彼は凄い!と思ったけど 
今回の演技もなかなか良かった しかし えらく濃い~顔なのね 
新スパイダーマンが彼なら楽しみだ

と 見事なキャスティングでした

そんな彼らにつながる 子役3人も大納得のキャスティング
3人とも凄くよかったし うすら怖いシャーロット・ランプリングも適役

この映画見たら 涙ボロボロだろうか? と思っていたけど
悲しいより 心が痛い 心が冷える・・・ 

グサグサというより どうしたらいいのか?
自分だったらこんなの絶対耐えられないと思う
常に続く鈍痛 心の冷えを感じる

彼らの置かれた立場もショッキングだけど

キーラの○○のシーン

絵の真相を知った二人のシーン

エンディングのキャシーの台詞のシーン が特に印象的だった

どんよりとしてしまった鑑賞後
後味がいいとは決して言えないけれど

映画としての出来は誠実でとてもいい
 
映画館で その空気感に浸って見るのをおすすめします
原作も読みたくなりました

今日の映画 80点
[PR]
Commented by bellissima_2046 at 2011-03-28 00:22
私はこれは読んでも観てもないのですが、カズオ・イシグロの作品に描かれている人の業の様なものって本当に日本的だなぁと他の作品を読んで思った事があります。「三つ子の魂百まで」と言いますがほんとこの人三歳までしか日本に居なかったから業を知るには早過ぎると思うんですが、そういうのって解っちゃうもんなんでしょうか、、、特に感受性が強い作家なんかになる人には…
Commented by bellissima_2046 at 2011-03-28 00:23
すみません、続きです

こちらでは大学の先生がこの作品についてのレクチャーをするイベントがあるのですが、その先生が新聞のレビューに「美しい英国の風景が白々しく感じられるようにわざと撮ってあるようで流石だ」と書いてありました。すごーくこのフレーズが気になって観たい映画となりました。acineさんはそう感じられましたか?
Commented by acine at 2011-03-28 01:22
◇アキさん 私はイシグロ氏の作品って、読んだことなくて、この作品も
タイトルだけは知ってたという感じだったけれど・・・。
アキさんの書かれてる通り、この映画も、舞台はイギリス、
監督はアメリカ人、なのに、とても日本的な空気を感じました。
3歳までしかいなくて、英国生活が長く、英国人となっても、
血は争えない。日本のDNAは隠しきれない・・・と思いました~。
見てる最中もとても日本的だなぁと思って見てました。
確かに、英国の風景が白々しい気もしたけど、主人公たちの
置かれた立場とリンクしていて、白々しいというより、儚いと思いましたよ~。
うら寂しい、もの悲しい感じが彼らの人生を象徴してるようで・・・。
英国好き&お詳しいアキさんもチャンスありましたら、見てみてください♪
アキさんの感想聞きたいわ~。
最後に、明日の長居、行けるもんなら、ホントは凄く行きたい~!
だけど、仕事&送別会で絶対不可(悲)。絶対録画します。
しかし、サッカー界のサポートは、国内、海外共、素晴らしいよねー!
いんちきサッカーファンとしても、凄く頼もしいし、嬉しい!
Commented by sabunori at 2011-03-30 20:57
acineさん、こんばんは。
私も未読ですがカズオ・イシグロ氏の原作にも興味が沸きますね。
原作は更に心にズシン、とくるのだろうな・・・という予感がします。
>あれが自分だったら 即逃げ出したくなる
自ら人生を断ち切ってしまいたくなるだろうなぁと思って見てました
私もそう思いました。
だけど彼らはそういう選択肢があることすら気づかない、思いつかない・・・
そんな環境を与えられて育ったのでしょうね。
それがとても悲しいです。
主演の3人はacineさんがおっしゃるようにそれぞれ適材適所でした。
キャリー・マリガンは私も本作で初めて知ったのですが
見方によって若く見えたりふけて見えたりちょっと不思議な雰囲気でした。
でも控えめな感情のキャシーをうまく演じていましたよね。
ラストシーンの彼女のモノローグに心が痛みました・・・。
Commented by acine at 2011-03-30 21:38
◇sabunoriさん こんばんは!こちらこそ、ちょっぴり御無沙汰
しておりました。TBも有難うございましたー!
せっかく頂いたのに、消すのはもったいないので、大丈夫ですよ♪
原作、既に読んでる人は知ってることだし・・・。

で、原作、早速昨日買ってきて、今読んでるところです~。
原作は背景とか、もっと詳しく書いている部分もあるけど、
映画版は映画版で簡潔に、そして静かだけど、感受性豊かに、
上手くまとめてるんじゃないかな~?という感じがします。
sabunoriさんもよかったらぜひ読んでみてくださいね。
(近くだったら、お貸しするんだけど~!)
Commented by acine at 2011-03-30 21:42
◇sabunoriさん 続きです~。
やっぱりsabunoriさんもそう思いましたよね、自分だったら、
逃げるのが無理だったら、人生断ち切りたい・・・と思いました。
そうか、そういう選択肢さえ気がつかない・・・。当ってますね。
それこそ、余りにも悲しい事実ですよね~。
ほんと、現にこんなことあったら、ホントに怖いと思いました。
でも、すごくリアルだったので、もしや?って思いたくもなりますよ~。

キャリー・マリガン、不思議な魅力でした。演技は確実に上手いですね~。
雰囲気だけでいうと、サマンサ・モートン?アメリカだったら、
ミシェル・ウィリアムズにもちょっと系統似てるかな?
エンディングの彼女のモノローグのシーンは本当にこっちも
痛みました・・・。あとで思えば、彼女の設定自体が、すごく
日本人的・・・なような気がしました。
Commented by gloria-x at 2011-04-03 17:24
acineさん読まれてるんですね!
わたしは4年ほど前に読んで、打ちのめされるほど心を動かされた小説だったんです。
映画化は楽しみな反面、怖くもありましたが、原作の世界観をうまく映像化していると思いましたねぇ・・・。
主演3人もよかったけど、子役がそれぞれとてもよかったですよね!
特にルース役のコ、妙な色気があってよかったわ~。
日本映画みたいに泣きわめいたり過剰で安っぽい演技がいっさいないところがかえって悲しみをひしひし感じさせてくれましたよね。
Commented by acine at 2011-04-03 22:45
◇Gloriaさん、こんばんはー! 気になって、即買って、読み始めたんだけど、
年度末と重なって、なかなかまだ読破できない状態です。
(普段の私は、読むのすごく早いんですが・笑)
私は読まずに見たけど、十分、その内容は伝わってきたような
気がしました。
あの淡々とした感じ、個を抑えた感じが、とても日本的で、
不思議な感覚でした~。舞台はイギリスなのに・・・。
そうそう!主役3人も良かったけど、子役もよかった!
ルースは子供時代の方がべっぴんさんでした(笑)。
本当に抑えた演技&演出勝ちという映画でした。
こういう時期なので、余計身に染みるというか、決して
後味いいとは言えないけど、もう1回見たいなぁ・・・なんて思ってます。
原作も、続きを読まなくちゃ~!
by acine | 2011-03-27 23:26 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(8)