Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

ジェイミー・オリバーの食育革命! in USA ’10 アメリカ (WOWOW)

e0079992_1757146.jpg

何気なく見てみたら すごく面白かったドキュメント
今 2話を見終えたところですが・・・

イギリスのカリスマイケメンシェフ 
ジェイミー・オリバーがアメリカの小学校の給食にメスを入れる
このドキュメント ちょっと強引なところが なんとなく 
マイケル・ムーアのドキュメンタリー風で 見ていてなかなか面白い!
詳しく:WOWOW

見始めて思ったこと

個人的に本を買ったこともないけど 有名だったので
あら?ジェイミー・オリバーってもっとイケメンではなかったっけ?
ちょっと膨張してて ちょっとビックリしたけれど・・・
ベッカムか?ジェイミーか?ってな感じではなかったっけ?
(どちらも別に好みではないです・・・笑)

そんなことはさておき 現地での食生活の様子に
衝撃を受けるのは イギリス人のジェイミー同様 
見てる側の日本人の私たちも同じ

アメリカ一不健康な街の小学校の給食

いかにも体に悪そうな甘い味付き牛乳 ピザ チキンナゲット 
フライドポテトetc・・・ とにかく ジャンクフードのオンパレード
こうも揃うと凄い 恐れいりましたという感じ

それを何とも思わず喜んで食べる子供たち
そして それを大量に残し 分別もせず 
容器も食べ残しも バサバサと容赦なくゴミ箱に
捨てていく様は 飽食の極みという感じで 
見ていて気持ち悪い 食べ物は大切に扱わないと・・・!

作る側も似たりよったりで 州?町?の給食の責任者
そして 給食のおばさんたちも自分たちの作っている
(加熱してるだけ)の給食に 国のガイドに沿ってやってるんだから!と
何の疑問を持ってないのも衝撃的 まぁ やれと言われることを
彼女たちはやってるだけなので 何の罪もないわけだけど・・・

学校も凄いけど 一般家庭の食事も激しい!

家族全員肥満体 なのに 毎日の食事の酷さと言ったら!

ジェイミーが机の上にバラまいた 彼ら1週間の食材
見事に同じ色した気持ち悪いジャンク・フードばかり!

自分もかなりの肥満体ながら こんな見るから
体に悪そうな食事を子供に与えていた母も
ジェイミーにこんなのでいいのか?と言われて 
初めて 自分の子供を負け組に追いやろうと
していたことに気がつく始末で 根が深すぎるのに唖然

そして 父兄を集めて これまたブチまけた
1週間の給食の材料のとんでもないおぞましさったら・・・!

もはや 人間の食べ物というより 家畜の餌にしか見えない
いや 家畜にさえ 可哀想だと思えるような絵ヅラなのだ
はっきり素材がわかるものなんて 何一つなく
訳のわからない加工品だらけ! 極めつけは脂肪の山 

見てるだけで うへー!って感じで 地獄絵そのもの
これには さすがに父兄もこれではいけないと感じる

そんなことを書いてる自分も 当然冷凍食品も使うし
加工品もジャンクも食べるけど・・・ まだ量は知れている

食は大切・・・ 
そして 美味しい食材も豊富という国に生まれた
私たちは とても恵まれていると思う
食にこだわる国に生まれて 今更ながら
本当に良かったと思う 

人間を作るのは食べ物で 壊すのも食べもの
これを見てると 食事は大切だと 今更ながら気付く

給食でも 当然加工品もあるだろうけど 
あのアメリカの給食を見たら なんて自分たちの給食
そして 家での食事は なんて 幸せだったのか・・・!と 
思うに違いない ちゃんと食材が使われてたもの~

そんな(こっちから見たら)宇宙人みたいな人たちを相手に 
どこまでジェイミーが戦えるのか? 
どこまで革命を起こせるのか?が 楽しみなドキュメント

これを見ると 野菜を食べよう! ちゃんとした料理を作ろう
少しでもまとものなものを食べないとと思うの請け合いです

WOWOW見れる方 今からでも遅くないので
ぜひ これは見てみてください おすすめ~!

このドキュメント エミー賞の最優秀ドキュメント部門も受賞してるらしい
[PR]
Commented by はらみ at 2011-05-11 09:17 x
アメリカの学校の給食のひどさは「スーパーサイズ・ミー」で知りました。あんなお菓子みたいな、食材がよくわからないような冷凍品や添加物いっぱいの加工品をよくそのまま出すなあとびっくり。日本の給食がいかに優れていて細やかなのかよく分かりましたよ。
ジェイミーさんの番組も以前見たことあります。彼が直接学校へ行って現状を見て驚き、自分の手作りの料理を期間限定で出そうと奮闘していたのを覚えてます。時に給食のおばちゃんと衝突しながら・・w
実際に出された野菜いっぱいの惣菜と魚料理を子供たちが「味が薄い」「魚嫌い」だの言って拒絶し、横に置いてあったいつものジャンクフードに手を伸ばしてるのをみてジェイミーさんが無力感に襲われていたっけなあ。大変だよなあアメリカの子供たち・・でも習慣ていうのはそういうものですよね、怖いなあ。
ひょっとして前のの再放送かしら?それとも新たな学校に挑戦しているんでしょうか?
Commented by acine at 2011-05-11 23:28
◇はらみさん その”スーパーサイズ・ミー”気になってたんだけど、
未見なんですよねー。でもその通り、もう原料が何かさっぱり
わからないような飼料のような加工品の山!
全部フライドポテトやチキンナゲット色。誰がどう見たって
不健康になるよ・・・!って、子供はもちろん、親も、関係者も
何も不思議に思ってないこと自体がこれまたジェイミーさん
同様ショッキングでした~。根が深すぎる・・・!
高校生になっても料理をしたことがほとんどない・・・とかね。
私は見てないけど、以前、イギリス編やったらしいので、はらみ
さんが見られたのは、多分それではないかしら~?
しかし、多分アメリカの方が、もっと激しそうな気がします。
本当にこういうの見ると、日本の給食はえらいっ!ですねー。
しかも、全部食べるまで、昼休み遊ばせてもらえない・・・とかね。
Commented by bellissima_2046 at 2011-05-15 16:06
こんにちは。ジェイミーと言えばうちの息子のネ申です(笑)
うちには彼のdvdが沢山ありまして、イギリス版の給食改善奮闘のものも持っています。

これを観ると日本人もジャンクフードを口にしますが心の中でどこか後ろめたさを感じてるところが救いなんだろうなと思います。

ちなみに彼のお店へ行ったときのブログです。良かったらご覧下さいね ttp://bellissima.exblog.jp/12666796/

彼のいろんな食材や味付けの料理がイギリスではセンセーショナルだったようですが、日本人の私たちからすると「普通なんだけどな」って感じです(笑)豊かな食文化に感謝!
Commented by acine at 2011-05-16 17:41
◇アキさん こんばんは! そうそう!確かアキさんちの息子さん・・・って
なんとなく覚えてましたよ♪ 記事も見覚えありました!
居心地よさそうで、カジュアルな感じのお店&料理がいい感じです。
しかも、イギリス編ちゃーんとお持ちなのね♪ さすがー!
そうそう!なんとなく、私たちは後ろめたさがありますねぇ。
その分、まだマシだ・・・と思える!思える!
で、アキさんの書かれてる通り、↑のドキュメント見る限りでは、
一般日本人の普通程度の料理レベルがある人であれば、
確かに全くフツーの献立ですよね(笑)。私も勝手ながら、
その位のレベルは自負(笑)してるので、へーぇこんな普通の料理で
改革ができるんだ~・・・と、心の奥底では思ってたりして(笑)!
それをちゃーんと指摘できるアキさんは鋭いわ!
by acine | 2011-05-04 18:15 | documental ドキュメント | Comments(4)