Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

BLACK SWAN ブラック・スワン ’10 アメリカ

e0079992_22172319.jpg

見た当時 度肝を抜かれた
レクイエム・フォー・ドリーム から8年

その後の最近二作(タグ参照)
前作:老レスラー再生物語はまぁまぁ 
前々作は妙な悟り物語で・・・???だったけど

監督ダーレン・アロノフスキーが 予告を見る限り
今回はやってくれそうで期待度大!

病む人 病んでいく人 その過程を描かせたら 
彼の右に出る人はいないんでないか?と思う

その狭く深いエリア内の世界を 万人にわかりやすく
かつ 恐ろしく 説得力大に 神経衰弱すれすれに
画面へ引きずり込み インパクト大に描く手腕は凄い!
今回はレクイエム同様 まさにその路線!

その予想は当っていて バレエの主役を狙う 
主人公ニナを演じるナタリー・ポートマン
詳しく:シネマトゥデイ

小顔で美しくまさにバレリーナの雰囲気にピッタリで
実際に踊ってるのは9割位本職という噂も
気にならないくらい 違和感がなく自然 

以下 多少ネタバレあり

e0079992_22422950.jpg


しかし どうもそんな競争が厳しい世界で生きていくには
どうも真面目で繊細で 殻が破れない彼女

登場したてから  そんな不安オーラが充満していて
こんな競争厳しい世界でやっていけるの? 
これは病むよ~!と思っていたら 段々とそっち方面へ
これは夢の中? 現実? 妄想? 
そんな世界へどんどんと向かってしまう

見てる側も どこまで現実? どこまで妄想?
彼女同様 引きずられていくので 怖い・・・!

顔は怖いけど さほどワルではない ヴァンサン・カッセルより
ライバル?ブラックスワン?本人? な セクシーなバレリーナ仲間や
突っ立てるだけや 笑ってるだけでも とても怖い母
そして 完璧にヒール役なウィノナ・ライダー
女どもの心の奥底がメラメラとかつほの暗くて 妙に怖いのだ・・・

そんな女たちより 怖いのが 今回
鏡だったり 水面だったり 爪だったり 爪切りだったり・・・

何より 地下鉄の通路 アパートの通路 練習場の通路などの
ほの暗い部分 あのうす暗さが 主人公の心の闇を表してるようで
不安定な感じで妙に怖かった そして そんな鏡に映る○・・・!

心理的に怖い部分も多いけど 今回は多分ホラー的演出も
けっこうありで というのは・・・ 私はホラーは大の苦手なので 
3.4か所 あー! もうダメだ! で 目をつぶっていたので
きっと 肝心な部分を見れてないと思う(笑)

だけど 清純派ナタリーを使ってのブラックスワンとの葛藤

今回も 病んでいく人・その過程 を描かせたら 天下一品!だった 

アロノフスキー監督のこの映画見て凄い!と思ったら
”レクイエム・フォー・ドリーム” 見てください

今回は登場シーンから 病んでも致し方ない雰囲気の
バレリーナだけど ”レクイエム” は もっと普通の人たちなので
余計怖いし その救いようのなさが極めてたというか 
個人的には ”レクイエム”は超えなかったけど 見ごたえ十分でした

しかし これは体調悪い時や 疲れてる時見ると
見てる人まで その病んでいく演出力が冴えわたってるので
向き合うのにもパワーがいる かなり怖い映画だと思います

ナタリー・ポートマンの役だって 一歩間違えたら
そのまま病んだっておかしくない役だと思うけど
健全な精神の持ち主で良かった・・・!と安心

しかし 本当に こういうバレリーナや女優って
まさに 自分を切り売りする仕事で 
誰ばれ真似できない仕事だな~と思う

↑に限らず 頂点を目指す人ならではの 
神々しいまでの気高さ そして その反面の孤独さ
紙一重の立場が存在してるんだろうなぁと思う

もしくは さほど悩まず スパっとその辺りに
綺麗に線引きできる人がいたら もの凄いことだと思う 

今日の映画:80点
[PR]
Commented by CaeRu_noix at 2011-05-20 10:49
お久しぶりでーす。
見ごたえありましたけど、エンタメ系驚かしホラーなところが目立っていて、やはりやはり『レクイエム〜』の圧倒的な心理的恐怖の方に軍配はあがる感じですよねー。
私も肉体的に痛いホラーはちょっと苦手で、爪関係はヒーとなりまし。
演出は定番、王道という感じでありましたが、鏡づかいとかよかったですよねー。
アロノフスキーには、あんまりポピュラーな方にはなびかず、カルトな映画をまた作ってほしいところですが。
Commented by acine at 2011-05-20 21:40
◇かえるさん おひさしぶりでーす!
TBも有難うです♪ そーなんですよ。私も多分アロノフスキー
直球系だと思ってましたが、かえるさんの書かれてる通り、
エンタメ性高くて、ホラー色強かったですよねー。
私もレクイエムの心理的恐怖の方が、個人的には好みなので、
余りにもホラー的な部分は結局どうだったんだろう?って感じで
見れてないんですよね(笑)。そうそう、爪とかあの皮膚とか、
あぁもうカンベンしてー!って感じでした。あと部分部分、
余りにもCGに頼りすぎでかえって浮いてましたもんね。
私もかえるさん同様、アロノフスキーの何かに執着する人、
病んでいく人を描くクールで生々しいカルト映画どんどん見たいとこです。
こういう路線は極めてますもんね。頭の中どうなってるんだろう?と
思う位。
Commented by sabunori at 2011-05-24 16:10
acineさん、お久しぶりのTBさせていただきますね♪
この作品、おもったよりもエンタメ性が高くてちょっと意外でした。
acineさんがひ〜っと目をつぶった3~4箇所が気になります。(笑)
私が唯一怖かったのはニナのお母さんの少女趣味でしたね。
ニナのお部屋が一番怖かった!
ピンク、ピンク、白、ぬいぐるみ・・・。怖い・・・。
ある方からお聞きしたのですがリリーは実は存在しない説というのが
あるらしくて、
その意見はものすごく説得力ある!と鳥肌がたちました。
もちろんナタリーの演技は素晴らしかったですが、
個人的には彼女よりもリリー役のミラ・クニスの方が好みでした。
Commented by acine at 2011-05-25 13:53
◇sabunoriさん こちらこそ映画部門 おひさしぶりです♪
本当に今年は見れてないのですよ~(悲)。でもそんな中でも、
sabunoriさんとはカブる映画確率高くて、嬉しいです♪
そーなんですよ。エンタメ性高いし、ホラー色強いし、少女漫画風でもあり・・・。
もう少しマニアック(笑)なのを予想してたので、あらら?でもありました。
でも、スクリーンには釘付けで、ホントに怖くて見れないシーンがところどころあって(笑)。
見れなかったのは、お風呂のシーンとか、病院のウィノナとか、
最後辺りのお母さんとのバトルとか、バスタオルをそぉーっとのシーンとか
あのあたり・・・です。怖いの大嫌いな小心者なんですよ~私。
sabunoriさんはさすが!確かにあの母娘は尋常ではなかったですね(笑)。
二ナは最初からおかしい・・・感じだったけど、それに負けず劣らず
私はあのお母さんが怖かった・・・!登場するたびにドキドキでした。
あと、絵を描きながら○いてたり・・・これはどういう意味?とか。
Commented by acine at 2011-05-25 13:56
◇sabunoriさん 続きです。
で、リリー・・・、うわ~!それ怖いー!確かに最初からニナの○想だったら、
それまた凄い話ですよね。私もナタリーは元々、あまり好きな方ではないので、
ミラ・クニスの方がってよーくわかります。私も彼女の方が好みです。
ちょっとクセありの意外とどんな役でも出来そうな人でしたね。
ナタリーはどーも優等生すぎますよね。そのまんまのイメージの
この役はピッタリだったと思うけど・・・。
Commented by Gun0826 at 2011-06-17 18:11
お見事な感想、通路の闇などの件なるほど!と思いました。
アロノフスキー初体験がこの映画でしたので、結構やられました。
怖い映画を撮れる人だなぁと。
刃物系が痛くてつらかったですね。
でも見ごたえのある映画でした。
疲れてる中の鑑賞だったので相当やられましたがw
Commented by acine at 2011-06-18 00:28
◇Gunさん そんなそんな!でも、褒めて頂けると嬉しいです~。
TBも多謝です!延々と続くあの暗さ、見てるだけで、
こっちまでが病みそうな感じでした。
そんなところも執着する監督アロノフスキーなんでしょうね。
やられるでしょう?アロノフスキー、けっこう強烈です。
今回、刃物も効いてましたねぇ。あんなはさみじゃなくって、
爪切り使おうよとか、極めつけはウィノナ!
もう勘弁してー!って感じでした。ほんと。
私もGunさん同様、疲れてる時に見たので、私も相当
やられましたです。これはパワーある時見ないとしんどい映画です。
ひつこいようですが、パワーのある時にぜひ”レクイエム・
フォー・ドリーム”ご覧になってください。この映画以上に
キョーレツかも。トレスポなんかまだ健全かもと思える
これまたキテる怖い中毒映画です。
by acine | 2011-05-11 22:56 | Estados Unidos 米映画 | Comments(7)