Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

127HOURS   127時間 ’10 アメリカ・イギリス

e0079992_19571336.jpg

実話ベースの
監督:ダニー・ボイル 主演:ジェームズ・フランコのこの映画
詳しく:シネマトゥデイ

以下 焦点はボヤかしてますが 多少ネタバレあり
これから見る方 ご注意をー!


ストーリーはいたってシンプル 

そして 大自然の中 身動きが取れない
主人公のほぼ一人芝居といえるこの映画

一体 どうやって 描くんだろう?
どんな行動(演技)をするんだろう?

その2点に 見る前から焦点が絞られた この映画

冒頭から いかにもダニー・ボイルらしい 
勢いとヴィヴィッドさ そしてスタイリッシュさも全開!
A.R.ラフマンのすっごくカッコいい曲をバックに
主人公のハイテンションぶりに呆気にとられてる間に

あっという間に 見てるこっちも 
ジェームズ・フランコ演じるアーロンと一緒に 
ユタ州のブルー・キャニオンへ!

その後知り合う ガールズと共に 
これまたハイテンションで ダイビング! 
えー? いくらイケメンだからといって
そんな危険そうな遊びに 簡単に付き合う?! 

肉食人種の突っ走るハイテンションぶりに 
呆気に取られてる間に 今度は あっという間に 岩と岩の間へ!

ここからは 主人公と大自然しか存在しなくなり

いよいよ 映画としても 正念場!

大自然の中の密室劇に突入となる

e0079992_20265088.jpg


なんとなく ○と○の間に身体が挟まれて 足が宙ぶらりんと
いうのを想像してたけど 実際はそれと違っていた
 (ま それだと 127時間も持たないよね)
これまた過酷な状況へ 気がつけば 追い込まれる主人公

何でアンタ そんな○○や○○なんて機器持ってるくせに
何で○○ 持ってきてないのー?! と問いかけたくなる
シチュエーションだけど それが出てくると 
話にならないから しょーがないか・・・ と自問自答

最初は勢いもあった主人公も 奇跡でも起こらない限り
助かるのは無理だろう・・・ でも それじゃ 話にまたならないか~
でも それだったら ○○しかないよなー とまた自問自答

結果 予想通りだったけど 
そこに至るまでの主人公の行動 反省 
そこで見たもの 感じたこと etc・・・

下手な監督 演技力ない役者だったら 
とてもここまで 絶対 引っ張ることのできない 
スリリングかつヴィヴィッドさ そして潔いシンプルさ

終盤の この○につながる運命だったんだ・・・的
台詞 上手いなぁと思いました

そうなのです 大自然の前に 人間はなす術もない

最低限でも 準備しないと 運次第ではこういう羽目に合う
そして あっけなく 苦しみながら 土に戻ってしまうのだ・・・という
押し付けがましくない 教訓的な部分も見せ方も上手い

今回 水筒や水にまつわるシーンやスピーディさなど 
どこか トレスポを思わせる感じ

e0079992_2032162.jpg


そして ジェームズ・フランコ
いくらなんでも いくらこんな羽目に合うと言っても
イケメンすぎないか? と思ったけど
終盤 すっかり人相変わってる姿見て
イケメン俳優の役者魂を見た!という感じでした

無精ひげはやしてると 名字の通り ラテン系の血が
よくわかるルックス ラウール(サッカー選手)を
薄めにした感じだな・・・ ということは 
やっぱりラウールもイケメンなのか・・・と思ったり

余談になりましたが

大自然の中の小作品 ダニー・ボイルらしい 
小回りの効いた ヴィヴィッドで シンプルな映画でした

エンディングも素敵な小技が効いてました

彼の映画は後味がよいのがいい

イケメン俳優を主人公にした訳がわかりました

しかし ○○先をメモに残すのもいい
水 サバイバルグッズも必要

だけど 今の時代 
まずは 充電した○帯を持って行くべし!という感じ

今日の映画:79点

個人的には ダニー・ボイル ベスト3は

1:普通じゃない 2:トレイン・スポッティング 
3:ミリオンズ シャロウ・グレイブ (同点) ですねー
[PR]
Commented by CaeRu_noix at 2011-06-22 00:53
acine さん、こんばんは。
さほど広げようがないストーリーなのにバッチリ見ごたえありましたよねー。
さすがです。らしさを失わずに円熟してますねー、ボイル。
こういう一人舞台に限っては、見続けたくない顔の俳優だとつらいところだったから、フランコくんでよかったしー。

ダニー・ボイル作品、私もミリオンズがかなり好きだったりします。
普通じゃないは・・・・。
あと、DVDでしか観たことないけど、ストランペット がやたら好き。
Commented by acine at 2011-06-22 11:07
◇かえるさん こんにちは! 本当に選択肢としては
コレとコレしかない・・・という状況、そして恐ろしくシンプルな
設定の中、ちゃんと見せてくれましたよねー。
こういう予定調和もアリということで。たしかにらしさを失ってない。
かえるさんが書かれてた通り、ゾンビも宇宙もヒューマン
何でもボイル風味になりますもんね。

そして、フランコくん。私は”ミルク”のゲイのBF役で開眼したけれど、
今回も、意外と役にハマってましたねー。確かに!延々
顔を見ないといけないから、やはり彼位のお顔じゃないと
確かにキツかったですねー(笑)。
かえるさんが書かれてた”バレエ・・・”は未見なのですよー。

そして、かえるさんも”ミリオンズ”お好きですか♪
私もあの子供もの大好きですねー!”普通じゃない”は
イレギュラーかもですが、私は凄く好きなんですよねー。
キャメロンとユアンの相性良かったし、サントラも凄く好き。
その”ストランペット”またまた未見です。また見なくてはー!
あと、キリアンのゾンビものも、公開時、見てなかったけど、
去年、TVで見たら、意外と面白かったです。
Commented by kiki at 2011-06-26 23:36 x
acineさん。ご無沙汰してました。お元気そうね~。
これ、テンポが良くて、冒頭からぐいぐいーっと引き込まれましたねぇ。そして、ワタシも足の立たない岩場に宙ぶらりんに挟まれたのかと思ったんだけど、違ったのね。確かにそれじゃ127時間ももたないものね(笑)そういえば携帯は棚の奥にあって、手が届かないので面倒になってそのまま出かけちゃうのよね。そもそもこの人、一人で出かけて自然を満喫したいから誰かと連絡取りたくないのよね。そういうスタンスがこの場合、いよよ窮地にって感じになったのだけど。ふふ。フランコさん、役にあってて良かったですね。
で、X-MENの最新作ですが、acineさんもこれまでのシリーズは無縁だったのね~。でもこれには随分ハマっちゃったのね~。そうですか。ファズベンダー、ツボに来たのね。ワタシはちょっとハマりきれなかったけど、なんとなくどこが気に入ったのかは分るような気もしますよん。ふほほほ。
Commented by acine at 2011-06-27 21:51
◇kikiさん こちらこそ! ここ1ヶ月ほど、比較的落ち着いてて、
やれやれです。ここ1年の疲労困憊状態よりちょっと復活しております。
で、そうそう!この冒頭のシーン、あれよあれよという間に
こっちもフランコくんと一緒にブルー・キャニオンへ!という感じでした。
kikiさんが書かれたように一人遊びが楽しくってたまんないのかも
だけど、あの勢い!あのガールズも、一体下に何があるのか
わかんないのに、よく付き合うな~なんて、ちょっと引き気味で見てたけど、
あの岩に挟まれてからが、本番!いやー見どころありました。
あんな恐ろしくシンプルなシチュエーションで、お見事!って感じでした。
そーか!携帯はあの棚の奥にあったんだー!丁度、映画が
始まる前、仕事絡みの電話があったりして、そっちが気になって、
今イチ集中できてなくて、見落としてたわ~。
でも、確かに、誰かと(誰とも)連絡取りたくない。自分の世界を
満喫したい。確かにそんな時、携帯なんて邪魔なばっかりだねー。
あの岩はセットだったらしいけど、毎日あそこで撮影ってのも
なんとなく滅入りそう(笑)。フランコくん、よく合ってました。
Commented by acine at 2011-06-27 21:53
◇kikiさん 続きですー。

で、X-MEN。そうそう!私には無縁のもの・・・って感じでしたもんー(笑)。
なのに、ハマった!でも、ダニエルの時のハマりように比べると、
まだ落ち着いてるかも(笑)。
スタイル、ボディバランスは圧倒的にダニエルの方がよいと思うけど、
あのマグニートー、頭がデカかろうが、顔が長かろうが、
足が短かろうが、役にはピッタリでした!

個人的には、またこういう路線のオファーが殺到するかも・・・だけど、
マシュー・ヴォーンには”レイヤー・ケーキ”みたいな粋な小作品も
撮ってもらいたい・・・ところ。

Commented by sabunori at 2011-07-04 07:48
acineさーん、TBさせていただきますね~。
窮地に陥った人間を127時間も鑑賞し続けるのはキツイかなぁーと
思っていたのですが、そこは流石ダニー・ボイル!
冒頭の約30分、アーロンのアクティブ&アトラクティブな人物像と
監督お得意の疾走感、目に入りきらないほどの色の洪水に
あっという間に物語の中に引っ張り込まれました。
そうかそうか、〇〇は棚の奥にあったわね、確かに。
1人で生きていると自負していた彼にとって〇〇はそれほど重要な
モノではなかったからなくてもいいや・・・というスタンスだったのでしょうね。
(私もこういう傾向あり。これからは考えを改めるわー)
ボイル作品では(全てを観ているわけではありませんが)
私はかえるさん同様「ミリオンズ」が好きですねぇ。
Commented by acine at 2011-07-04 23:51
◇sabunoriさん TBも多謝です~!
そーなんです。大自然の中の密室劇。しかも身動き取れない
んだから、下手な監督&俳優であれば、とても見れたもんじゃない
設定ですもんねー。
その辺が、流石ダニー・ボイル!同感です!
オープニングから身動き取れずシーンまでが圧巻でしたよね!
見てるこっちまでが、あれよあれよという間にブルー・キャニオンに
連れて行かれちまった!って感じでしたもんー。
その後の展開の上手さ、そしてエンディングはえぇー?!ホラー?!
ビビリな私はまた目をつむっておりました(笑)。
○○・・・私も正直アーロンやsabuunoriさんと全く同じ意見で、
あんなもん持たなくていいなら持ちたくない派ですー!
あんなもんに自分のペースを崩されたくないもの~。
でも、私も考えをちょっとは改めました(笑)。
Commented by acine at 2011-07-04 23:52
◇sabunoriさん 続きですー。
おぉー!sabunoriさんも”ミリオンズ”お好きでしたかー!
私もあれは子供たちは可愛いし、ダニー・ボイルらしい
アイテムが満載の好感度大の小作品だと思います。
一時期、当初予定のユアンでなく、ハリウッドが押す
デカプリオ使ったりして、どうも???だったりしたけど、
ダニー・ボイル完全復活、ますます進化ですね。
しかし、今回の映画見ながら、何故か前作のあの凄い
トイレのシーン思い出した私です(笑)。
by acine | 2011-06-21 20:32 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(8)