Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

霍元甲 Fearless  '05  香港・アメリカ

e0079992_2185971.jpg

日本タイトル SPIRIT とはあえて書きません ささやかな抵抗

リー・リンチェイが 最後のアクション映画にするということで 出演したこの映画
正直 リンチェイの映画をちゃんと見たことあるのは
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ / 天地大乱 ロミオ・マスト・ダイ HERO位 
※ただし HEROは○ホみたいにリピーターした
あとは 少林寺やブラックマスクや冒険王(?金城武、チャーリー・ヤン共演)をチラ見程度

HEROのラストシーンでの顔など 歳を取るにつれ
磨きぬかれた技と共に 役者としても幅が出てきたんだろうと感じさせる演技だった
前評判&ジェイとのコラボで楽しみにしていたら あの主題歌差し替え事件!
香港で早速売ってたDVD買おうか? それとも日本で見る?
いろいろ迷ったけど DVDは買わずに やっぱり見に行った

ロニー・ユー監督の作品としては
レスリーの白髪魔女伝や夜半歌聲以来(どちらも好きな映画)

ストーリーは 大変わかりやすい
リンチェイ演じる 武術家 霍元甲(フォ・ユァンジャ)の
成功 挫折 復活 終焉を描いている
前半の血気盛んなリンチェイはまるで ジェイのコンサートの
あのハイテンションなまんまの雰囲気で 雰囲気にピッタリ合ってる 

前半のカンフー達人同士の戦いは本当に見がいがある
正直カンフーに関しては全く詳しくないけれど 素人目に見ても
小柄な体を駆使しての技は 本当に美しく芸術的で凄い

そして倒した相手の家族に復讐され 家族を殺され
世捨て人のように田舎にこもるシーンは癒しであり復活に向かう時間
田舎の風景が本当に美しい 中国は本当にいろんな風景があるんだなぁ

そして 復活し中村獅童と戦うシーンで 思わぬアクシデントが起こるのだけど
リンチェイがこんな終焉を迎えるのには ちょっとビックリ
何となく ヒーローは死なない リンチェイも死なない なんてイメージがあったから
こういう順風満帆で終わらないところに リンチェイのこだわりを逆に感じる

中村獅童は思いのほか存在感があって スクリーン映えはしていた
アクションがいかにもスタントなのと 日本語のセリフがあれ?!
上手くないのに ちょっとビックり ただかなりの儲け役
日本人の描き方も単なる悪者に終わってないのが 後味もいい
エンドクレジット見てたら 中村獅童の衣装はワダエミさんだったのね

e0079992_21321039.jpg戦いの場に倒れたものの
救いのあるラストシーン
そして本来なら この映画の世界を体現してる
ジェイの霍元甲のはず
ipod持参で 本来の主題歌を聞きました
でも大音量の”罪”が邪魔をする
映画は音楽・主題歌とも密接につながっている
何でこんな雰囲気ブチこわすかね 怒!
本当はコレ(音出るので注意!)が流れるのを心待ちにしてたのに 
映画タイトルの字体とも一緒じゃない!
こっちが本家!

ということで そのあたりも含めての評価 今日の映画 72点
蟹入り小龍包やふかひれスープのあとに
欲しくもない変な和菓子が 用意されてたような感じ
食べ合わせ悪いわ やっぱり
素人目に見ても 不調和音なのに
プロでありながら 平気でそれを公開するって
どうなのよ? とうっぷん晴らし!
[PR]
Commented at 2006-03-29 22:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mayo at 2006-03-31 00:25 x
観に行かれたんですね~。ipod持参で!あーでも確かに、映画館の音は大音量なので、差し替えの歌も耳に入らないわけではないんですね。うーん・・。
そういえば、私、自分の感想で中村獅童について一言も触れてないことに気づきました。彼、スタントの部分が分かりやすすぎて、私は凄く違和感感じたんですよ。しょうがないのかな~とは思いつつ、そのへんがちょっと惜しいなあって思いました。いい役でしたけどね。
Commented by kazupon at 2006-03-31 07:13 x
こんにちわ!TBありがとうございました。
なんとipod持参で!抗議行動ですね!やりますね!
そういえばこの映画タイトルも原題と関係ない英語つけてるんです
よね~;;
リンチェイのカンフーシーンはハリウッドものよりやっぱりいい!と
感激しました。
ところで↓の記事で知りましたが、ブルースリーの銅像が出来てる
んですねぇ。。九龍側でしょうか?トニーの看板にもびっくり
です^^持っていっちゃう人いてそう。。。
Commented by acine at 2006-03-31 21:40
◇鍵コメさん お帰りなさい。お疲れサマでした!
まずは疲れゆっくり取ってくださいね~。私も、今週はちょっとバテ気味です。
この映画のVCD買われたんですね~!私もDVDが出てて、どうしよう?!
と悩みましたが、結局買わずじまいだったんですよね。
また面白い映画があれば、教えてくださいね!
Commented by acine at 2006-03-31 21:45
◇mayoさん ipod持参で行きましたよ~!でも本当に邪魔されるんですよね~。
あの訳のわかんない曲に・・・。ジェイの曲に浸ることも出来ません。くやしいわ~!
中村獅童のスタントマン、髪が全然違ってましたもんね。
でもアクション以外では、2046に出ていた方よりはうんとマシだったと
思います。日本人の描き方も酷くなかったですしね。
ところで、台北の糖朝は、台湾のほうが、人当たりのよい人の確率が
高いからだと思います(笑)。中には中華的そっけない人ももちろん
いるんですが、全体的に接客が香港よりソフトですよ~。味・お値段は
言うことなし!
Commented by acine at 2006-03-31 21:50
◇kazuponさん ささやかな抗議行動です。でも大音量の”罪”に
邪魔されましたよ~!そうなんですよね。ただ、オリジナルに忠実なものが
見たいだけなのに、そんな当然の権利も与えられない日本の観客は
可哀想ですよ。次のチャン・イーモウの新作ではジェイの主題歌が
こんどこそ聞けるよう願っています。
リンチェイはやっぱりこの中華アクションですよね。今は亡きアリーヤと
共演したロミオ・・・なども悪くはなかったけど、やっぱり東洋人は東洋が
舞台がベストです。

そうなんですよ~。私も今回久しぶりに香港へ行ったらこんなものが
出来ていました。ここは九龍側でインターコンチネンタルホテルの前
あたりにこの手形ロードがあるんですよ。インターコンチって前は
ニューワールドとかいうホテルではありませんでしたっけ?
香港は相変わらず移り変わりが激しいですよね。
Commented at 2006-04-01 02:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-01 02:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2006-04-02 18:57
◇02:52&55の鍵コメさん 春田花花同学会って、名前と雰囲気だけは
知ってましたよ~。確か旧正月映画ですよね?←違うか?
きっと終わりよければ全てよしみたいなノリなんでしょうね~(笑)。
私も、買ってきたCDまだ全然聞けてないですよ~(悲)。というか
台湾で買ってきたのも、まだまともに聞いてないのもある~。
ライブ記事チラっと見ましたが、側田って良さそうですね~。
買って帰れば良かったです。 
Commented by rabiovsky at 2006-04-03 22:30 x
TBありがとうございました。
ストーリーは古典的といってもいいかもしれませんね。
とてもシンプルだし!そこにリンチェイさんのアクションと見所が
多いです。個人的には「えっ・・・」と思うところもあったのですが
アクションは相変わらずスゴイし、仰るとおり何かを悟ったとさえ
思えるような顔つきになっていますね。
演技のことは言いませんよ(笑)でもあの顔だけで味のある演技と
いえなくもないですがね!
そうそう中村獅童の衣装はワダエミさんだったみたいですね。
全然わからなかったけど・・・。
主題歌差し替え事件ってなぜなんでしょうね。
全然知らない私でも変える理由がわかりませんよ。
日本では知名度が低いからなんでしょうか?
Commented by acine at 2006-04-06 10:28
◇rabioさん 何だか夜中でボケてたせいか、私2回もコメントしてました
ね~。すみません!
そうなんですよね~。とてもわかりやすい話は香港映画の王道だった
かも(笑)。演技が・・・なところがあっても、彼には芸術的ともいえる
あのアクションがあるんですから、そんなこと関係ないですよね。
ここ数年、顔つきはすごく進化してると思いますよ~!
主題歌・・・どうも日本はアジアには入ってないみたいですね。
どうも日本のレコード会社も力弱そうというか、力あんまり入ってない
みたいであまり期待できなさそうです。あの才能に勿体ない話ですよ。
by acine | 2006-03-29 21:31 | Hong Kong  香港映画 | Comments(11)