Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

GOAL!  ゴール!  ’05 イギリス・アメリカ

e0079992_11175875.jpg

そろそろ勝手にワールドカップモード始めようか(笑)
ということで 早速見に行ってきました

ズバリ! 大変わかりやすい映画 わかりやすすぎとも言ふ(笑)
そしてFIFA&日本サッカー協会公認というだけあり
道徳的というか 啓蒙映画風で かなりの優等生出来
なので 子供が見ても 誰が見てもわかりやすい
ハリウッド映画が好きな人には いいかもしれない
あと 普段あんまり映画を見ない人にも

メキシコからの不法移民としてLAで育った主人公サンティアゴは
町のラテン系チームでサッカーをする 昼も夜も働く勤労少年
ある日 イングランドの元選手から声をかけられ
イングランドはニューカッスルのニューカッスル・ユナイテッドの
トライアルを受けるために 父親の反対も押し切り 英国へ渡る・・・というストーリー

e0079992_11214237.jpg

冒頭にも書いたけれど 大変わかりやすいストーリーで
喜怒哀楽のうち 単純に喜・哀の繰り返しなので
何か起こっても 多分大丈夫ということがわかってくる
予定調和の世界なので あんまりスリリングさはない
割り切りよすぎて エピソードもはしょりすぎなので 万人受けするけど
ヒネリもほとんどなく深さもない 多分映画好きな人には物足りないと思う
あとサッカー好きな人にも こんなもんじゃないよと思われそう?!

そして ほとんどの周りの人がいい人ばかりというのも
いかにも映画(いや漫画的)で普通ありえないよね~ 
皆さん サンティくんを持ち上げすぎ 花道作ってあげすぎ
もっと挫折してどん底 ドロドロの綺麗ごとだけではないシーンが
あった方が リアリティはあったと思う
サンティは品行方正で どうのこうの言っても とんとん拍子なので
逆に面白くない ← 私がヒネてるだけなのか?
そういう風に割り切って見れば 一大娯楽道徳スポーツ映画
ワールドカップ開催に向けての活気付け映画としては成功なのか?!
だけどよっぽど才能ない限り なかなかこんな風に
トントン拍子には進みませんよ 現実は!

そして 致命的なのが 主人公のサンティアゴのプレイが
素人目に見ても さほど上手く見えないということ!
フィールドを走ってる姿からして 何だか動きがスムースではないし
運動神経は悪くないけど 特に良くも見えないのが厳しい
しかも 町のチームから上り詰める役なんだから あれは厳しい
かつプレイのシーンも 上半身と下半身が別々に撮られている
ブツ切りシーンが多くて 苦肉の策という感じもするけど なんだか興ざめ
なのに 君には才能があるだの 輝きがあるだの・・・なんて
周りが持ち上げても ふーん はーん と思うだけで 説得力がない
なので 彼が活躍して ゴール~!なんて 本来なら
感動できるシーンでも 何だか同感できないが勿体ない

こんなので 次作で銀河系集団(マドリー)なんか行っても 
キミ 本当に大丈夫なんかね~?!と 思わず心配してあげる
少林サッカーのプレイの割り切り方のほうがよっぽど潔い!
今思うとあの映画のサッカーのシーンは凄かったのね~と思う

なーんて 文句タラタラだけど
空から写した ニューカッスルの街並み スタジアムなんて胸躍る!
なんて イギリスのスタジアムたちは カッコいいんだろうー!!!
やはりヨーロッパのスタジアムが持つ あの胸躍る高揚感は最高!
チアガールなんかが出てくる アメリカのサッカーの試合なんて
はー?!という感じ 論外!何か勘違いしてない~?!
あんなスタジアムと 男くささと 熱さがなくてはイカンよ!
これ見ると ヨーロッパでサッカーが見たくなること請け合い
 (過去・・・スペインとイタリアでサッカー観戦したことあり)
そして日常にサッカー選手が自分の街を歩いてる感覚 
堂々と突っ込んでたりして面白いし うらやましい!

そして 慣れない場所でトライアルに参加する気分
不安と期待が混ざり合って ピッチに出る瞬間
あぁ こうして新人選手って 階段を上っていくのか?
慣れない土地で頑張ってる日本人選手の心情などもなんとなく想像できて面白い
あと サッカーやってたって やっぱり夜は女の子と遊びたい
そしてミュージシャンと どっちこっちのセレブな生活
 *ほんとはもっとドロドロしてそうだけど(笑)
とってつけたように出てくる ベッカム、ジダン、ラウールにも笑える
エンディングのキャストのクレジットの時 各々HIMSELFと出ててウケた!  
なので 金返せーとは言わないし それなりに面白かったかな

主人公を演じたクノ・ベッカーはメキシコ人
トレスポの頃のユアンの髪型に スキンヘッドっぽかった時の
ロビー・ウィリアムスにちょっと似た スポ根向きなルックス
(あんまり根性は感じるストーリーではなかったけれど!)
平凡といえば平凡 もう少し破天荒かつ甘酸っぱい雰囲気が
あった方が 女性受けはいいと思うけれども・・・
ただ 1部がプレミアリーグ 2部がレアル・マドリー 
3部がドイツ ワールドカップ が舞台という展開を考えると
スペイン語・英語・ドイツ語が出来るという背景は申し分ない
だけど もう少しサッカーが上手そうに見える雰囲気があればね!

個人的には いかがわしい感じを漂わせていた
(結局 この人もいい人なのが勿体ない・笑)
デル・ピエロ似のハリスくん(写真:右)が面白かったかな
こういうセレブ気取りのサッカー選手って一杯いそうで
誰をモデルにしたか 何となくわかりそうで(笑)

壮大な3部作というわりには わかりやすい道徳映画!というイメージだったけど
もう少し細かい部分描こうよ! きれいごとばかりじゃないことも描こうよ!と希望
きっと3部作とも このわかりやすさで突っ走りそうだけど(笑)

今日の映画 70点

個人的には 
前回のワールドカップ時に公開された
後味抜群の爽やかなガールズサッカー映画 ベッカムに恋して
同じく その潔い割り切り方に今さらながらアッパレ 
同じエンターテイメントだったら こっちの方が上 少林サッカー
そして 同じニューカッスルが舞台でサッカー絡みなら 
味わい深いイギリス映画 シーズンチケット
この3作に 私は断然軍配上げます!
こっちの登場人物の方が 断然根性もある!

そして今NHKでやっているW杯特集の方が
リアルで(当然だけど!) これぞサッカー啓蒙ドキュメント!と思いましたもん
FIFAも 同じ協力する・公認するなら
こんなドキュメンタリー映画作った方が よいお金の使い道だと思うな
事実だし 天才・名選手はいかにして 苦難を乗り越え 夢をつかむか
こういう形の方が これからサッカー選手を目指す子供にも絶対影響力ある
この映画見ても そう簡単にはあんなにのし上がれる訳ないもの! 

ロナウジーニョ 10歳の頃のフットサルの試合のプレイの凄いこと
天才は昔から天才なんだなぁ 感心!
これぞ天分を持って上り詰める姿そのもの!

そして 酷い内戦から立ち上がったアンゴラ代表のアクワ
名選手であっても 12年かけて
やっと出場権を勝ち取ったウクライナのシェフチェンコ
旧東ドイツ出身で初のキャプテン 
東ドイツサッカーの誇りを持って挑むドイツのバラック 

こういうホンマもんドキュメンタリーでいいじゃない?!と思う私
[PR]
Commented by RIN at 2006-05-30 00:14 x
こんばんはー♪
やっぱ、少林サッカーの方が上ですよね?安心しました(苦笑)
ストーリーが見えちゃうんですよね。旅費、お@さんが取っちゃうんだろな、
でも、どーにかなるんだろな・・・みたいな感じで・・・。
でも、イギリス人なんかは、素直に大喜びするのかなあ?
とか思いました。
Commented by acine at 2006-05-30 08:32
◇RINさん おはようございます!
コメント&TBどうも有難うございました(ビルおじさんにも!)。
映画見てて、こりゃ少林サッカーのサッカーシーンに軍配だ!と
思いましたもん(笑)。RINさん100円均一で行って正解ですよー!
そうなんですー。どーにかなるなコイツというのが、わかってくるから
余計冷めてしまう部分がありました。2部、3部ではもっとヒネらないと
厳しいですよね~。
イギリス人というより、アメリカ人?ハリウッド映画好きな人?!
イギリス人・・・サッカーにうるさいから、あの映画には辛口なよーな
気がします。でも、おらがヒーローが出てるから甘いかもですね(笑)。
Commented by mono_mono_14 at 2006-06-02 20:33
こんにちは。
小気味よい辛口インプレッション(笑)、なんとなく、企画自体からして胡散臭いなーこれ、と思っていたのですが、どうやら当たらずとも遠からずな直感だったみたいです。
一方、かの有名な「少林サッカー」も「ベッカムに恋して」も未見なのですが(恥)、こちらは観てみようかなあと思いました(勝手にキャンペーン系には乗る方向で(笑))。そして、「シーズンチケット」というのは存在すら知りませんでしたが(再恥)、これも面白そうですね。どれも家の小さなテレビ画面で観るしかなさそうなのが残念ですが(これだけ遅ければしかたないですね(笑))。
Commented by acine at 2006-06-03 23:02
◇monoさん こんばんは! こちらにもどうも有難うございます!
小気味よいか?こうるさいか?なインプレッション?!
そうなんですよ~。胡散臭いなーとちゃんとわかってたmonoさんえらいです。
私もその香りはしてたんだけど、見ていくうちにやっぱり!って感じでした。
でも、イギリスに渡ってからは、それなりに楽しめたので、まぁ許そう!と思ったりして。
私もmonoさんが一番お好きそうなのは、シーズンチケットだと思います。
イギリスらしさ抜群で、ラストが面白いですよー!
そして、ベッカム・・・も後味抜群、サントラも個人的には大好き、
少林は思いっきりおバカ映画ですが、よくぞここまで映像化した!と
個人的には拍手を送りたいです。
マジメなサッカーファンの方が見ると怒るかもしれないけれど、私は
こういう香港おバカ系&主演・監督のチャウ・シンチーが好きなので許します(笑)!
またよかったら、勝手にキャンペーンに乗ってみてください。
最後になりましたが、こちらからもリンクさせて頂きますね。
〈問題あれば、ご遠慮なく教えてくださいね~)
Commented by mono_mono_14 at 2006-06-04 00:08
再びこんにちは。25年くらい前ですが(愕然!)、「勝利への脱出」というスタローン主演のサッカー映画があって、あれもよく考えれば子供だましだったと思うのですが、まだ子どもの範囲だったので、楽しくだまされました。たぶん、ゴール」3部作も、子どもたちにはわくわくする世界が広がっているんだろうと思います。そういう意味では、意義はあると思います(どうしても胡散臭さは残りますが(笑))。
また推していただいたので(嬉)、「シーズンチケット」、観られるように頑張りますね。
あと、リンクしてくださるなんて、感謝こそすれ問題があろうはずもなく。どうもありがとう。よろしくお願いします〜!
Commented by acine at 2006-06-04 22:30
◇monoさん こんばんは! 私もその映画・・・TVとかで見たことある
かもしれません。あの頃スタローンは大スターでしたもんねぇ。
私もロッキーシリーズとか夢中で見てたような気がします(笑)。
ゴール!も確かに、子供が見たらおぉー!の世界かもしれません。
でも外国映画だけあり、セクシーなお姐さんあり、セレブ気取りな
女好きの選手あり・・・ちゃんと描いてるのはえらいなと思います(笑)。
ヒネた大人には・・・ふーん!な部分も多いのですがね~。
映画見るのも、エネルギーいるので、また余裕のある時にチャンスが
あれば、どうぞ見てみてくださいね~。でもこういう嗜好品(笑)、音楽と
一緒なので、無理はされませんように~。
リンクの件も、どうも有難うございます!こちらこそ、よろしくお願いします。
by acine | 2006-05-28 12:01 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(6)