Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶 ’03 スイス・フランス

e0079992_18412176.jpg
フランスの天才写真家 
Henri Cartier-Bresson のドキュメンタリー
バックグランドは知らなかったのだけど
きっと誰もが知らず知らずのうちに 
彼の写真を1枚2枚と 目にしたことあるに違いない
予告編が興味深かったので見ることにした

一言で言うと
まるで美術館で 彼の作品展をじっくり見ているような映画
映画というより 良質なドキュメンタリーそのもの
彼の説明付で 紙芝居のように 次々と出てくる写真たち

e0079992_12321551.jpg


フランス スペイン ユーゴスラビア ドイツ ロシア
中国 日本 インド インドネシア etc・・・
世界中で撮られた彼の写真は
静かな中にも 凛とした構図の美しさ 自然さが光るものばかり

単に外国へ出かけて写真を撮るというのではなく
何気ない写真でも すべての瞬間に
彼が居合わせた必然性を感じる写真たち

歴史上の様々な出来事に彼は遭遇している
ベルリンの壁ができた時 パリ解放 ガンジーの死
それは単に彼がそこへ居合わせたというより
神が知らぬ間に彼を誘導し巡り合わせた・・・ような気がする

静かに流れるピアノの演奏に載せて
彼の写真 彼の言葉 彼を取り巻く人たちのコメントが
淡々と続くので 興味がない人にはつらいかもしれないけれど
写真に興味がある人 写真家の仕事・視点に興味がある人
世界のいろんな風景を見たい人 写真を見るのが好きな人
美しいものが好きな人にはおすすめ

彼の写真は静かで雄弁 
彼の佇まいも言葉も同じく・・・
瞬間瞬間を大切に 切り取った写真は
見る人に 静かに 彼の思いを感じさせる
大変 品格のある作品たちだった

今日の映画 72点

◇この収録の後 彼は’04年に逝去しています 合掌
[PR]
Commented by sabunori at 2006-07-04 19:05
acineさん、こんにちは!
TBありがとうございました。
おっしゃるとおり映画館にいながら美術館でじっくり彼の写真を鑑賞してしまったような
映画でした。
とても心地よかったです。
その作品のみならずご本人もチャーミングな方でしたね。
ところで!ビックリしました。
そうだったんですね。もう1つの方も遊びに行かせていただきますね!
それもマカオなんて・・・♡
私は8月に香港へ行く予定なのですがその時はマカオにも久しぶりに
足をのばしてのんびりしてこよう・・・とちょうど考えていたところでした。
Commented by acine at 2006-07-05 11:05
◇sabunoriさん こんにちは! こちらこそTBどうも有難うございました。
本当にピアノのバックとも伴って、まるで美術館にいるような気になりましたね。
心地よすぎて、私・・・少し居眠りしてしまったくらいなんですよ(笑)。
そして、sabunoriさんのおっしゃる通り、ほんと茶目っ気のある
素敵なお爺ちゃん(と言ったら失礼だけど・・・)でしたね~。
さぞ若い頃も素敵だったのだろうなぁと思いました。

そうなのです。ひっそりとやってますので、遊びにいらして下さいね~♪
sabunoriさんは8月に香港に行かれるんですね~!
私も久しぶりの香港、そして初めてのマカオを楽しんだんですが、どうも
忙しくて、なかなか行きたい所行ききれてないし、食べきれてないのが
心残り・・・です(悲)。
またsabunoriさん@香港、マカオも楽しみにしてますね~。
Commented by Gloria-x at 2006-07-05 20:47
少し前、彼の写真展の情報をキャッチし、
行こうと心に留めつつ結局行けなかったんです~
これよさそうですね。
ドキュメンタリーってフィクションを観るときとは脳の違う部分に
刺激を受ける感覚が好きです。
Commented by sumi2211 at 2006-07-05 23:35
こんばんは。
この作品、観ようと思っていたところです。
自分が大学生の頃は、モノクロで街の風景を撮るのが好きで
やはりブレッソンの写真作品はよく観ていました。
フランスへの憧れもあって、アジェやドアノーの作品も好きでした。
アーティストのドキュメンタリーは、勉強になるし 興味深いですよね。
Commented by acine at 2006-07-05 23:52
◇Gloriaさん Gloriaさん さすが、チェックをされてたんですね~!
映画の中と生で見るのは、きっと雰囲気違っていい体験ですよねぇ。
思いっきり別世界へ連れて行ってくれる映画もいいけど、こういう事実に
基づく映画は、Gloriaさんが書かれてるように、別の刺激、別の形で
向き合えますよね。 淡々としてるけどエモーショナルな映画かも・・・。
Commented by acine at 2006-07-05 23:54
◇sumiさん sumiさんもすでにチェック済みでしたね!
私は恥ずかしながら名前は知らなかったのだけど、写真はどこかで
見たものが何枚かあり、予告編が印象的だったので、見に行きました。
モノクロの街・人の風景って、本当にまた違う魅力がありますよね。
シンプルなのに、すべての写真が雄弁でした。アジェやドアノー・・・・
恥ずかしながらこちらも知りませんでした。またチェックしてみようっと!
Commented at 2006-07-09 00:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2006-07-09 21:37
◇鍵コメさん こんばんは! 昨晩はニアミスでしたね~。
情報、つかまれてて、凄いです!今回は行ってないですよ~。
メンバーの中にも好みの順がありまして(笑)。
かつ飛ばしすぎだったので、休憩もしなくちゃ・・・なのです。ほんと。

いえいえ、こういうドキュメント(しかもパラパラ紙芝居系)難しくて
なんだかありきたりのことしか書けてなくて、お恥ずかしいばかりです。
また遊びに行きますね!
by acine | 2006-07-04 18:21 | Francia フランス映画 | Comments(8)