Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

大事件 ブレイキング・ニュース ’04 香港 (DVD)

e0079992_12341442.jpg


強盗団を獲り逃がし 信頼を失った警察の威信をかけて
犯人を追う一部始終を 機動隊員につけたワイヤレスカメラで
TV中継するという 警察が仕掛けた前代未聞のショーを追う というドラマ

そんなのあり?!という ありそうでなさそうな設定
いやなさそうで今の時代ありえる? という設定のもと 
どんな風に料理するのか? 監督:ジョニー・トー

市街地の団地(多分九龍)を舞台に 犯人を追う警察官たち 
リッチー・レン演じる大陸の強盗団+仲間
押し入った家に居合わせた ラム・シュー親子
そして これまた居合わせた大陸の殺し屋2人
投入された機動隊(PTU)
ケリー・チャン演じる警察の指揮官+面々
それを取り囲む多数のメディア

狭いエリア(団地の廊下、部屋)を利用して
シンプルなストーリーの中にも タイミングの美
ジョニー・トーらしい 様式美が光る

逃げる犯人たちの距離感 
それを追う警察官たちのバラつき感
狭い廊下を独特のテンポで進む警察官
団地を取り囲むメディアの集団

何とも絵的に 絶妙なフォーメーションというか バラつき感
これしかないという配置 人数 距離感  何とも職人技!
こういう部分 いつもながら ものすごくこだわってる監督だと思う

そして 犯罪ものにしては 不思議とゆったりしたテンポで
間合い 時間の進み方 これも独特の味わいを感じる

膠着してる状態にも関わらず
犯人が楽しそうに 野菜を切り 中華鍋を持って ご飯を作り
犯人と人質が一緒にご飯を食べてる図は
食にこだわる香港(中華圏)にしか 作れない図かもしれない
独特の間合い 空気感 ユーモラスで 何とも面白かった

あとメディアに 警察も弁当配るところも面白すぎるし
そのメニューまで放送するなんて(笑)
一部始終を中継するなんて やりすぎ感のあるところも 香港映画らしい
メディアのカメラマンも いつでもシャッター切りすぎでやりすぎなところも(笑)

e0079992_12553265.jpg

いつもは穏やかな雰囲気のリッチー・レンも 今回は一重の目も鋭く
時にはユーモラスに 見事に犯人を演じきってたと思う
台湾出身の彼にはピッタリな北京語を喋る役だったけど
本当に 香港映画での犯罪者・・・黒社会の人間じゃなかったら
大陸出身者という設定は 確立されたジャンルになりつつある感じ
しかも今回の犯人達は バックを斜めがけにしたりして
なかなかスタイリッシュだったりするのも 監督のこだわりかな?
音楽もジャズっぽくて 意外とコジャれてたような気がする

ケリーは正直 警察の指示をするクラスの人間には見えないんだけど・・・
でも あの硬質な持ち味がハマってたともいえる
でもやっぱりあの三白眼は苦手だな 怖い

ジョニー・トー映画でお馴染みの そこにいたんだ!ラム・シュー
やっぱり脂ぎってますサイモン・ヤム 今回は華やかだったマギー・シューも◎

何にしても いいかげんではない
きっちりと作り上げた 香港映画には間違いない 

今日の映画 77点

過去のジョニー・トー監督作:
ターンレフト ターンライト ザ・ミッション/非情の掟 PTU
[PR]
Commented by Gun0826 at 2006-07-12 18:47
ご覧になられたんですね。
仰る通り「配置」が見事な映画だと思います。
ううむそういう見方があったか! トー先生はここに来て非常に様式美
の人になってきましたよねぇ。
リッチー・レンが俺としては非常に収穫でした。ニック・チョンも。
ケリーは頑張ってたと思いますよ。あのいやみな感じとか。

早く黒社会も見たいですなー。
Commented by acine at 2006-07-12 22:35
◇Gunさん そう!やっと見ることが出来ました。
ストーリーの間合いの良さもだけど、とにかく絵ヅラが絶妙なのに
ほぉーっと見とれていました。ほんとこういうこだわり方は様式美、
匠の技になってきつつありますね。映画自体もちゃんと整合性もある
のが、ええかげんな香港映画界の中、彼の素晴らしいところです。
リッチー・・・意外にも、とっても演技派なのに驚きました。
ちゃんとチェックすべき俳優さんですね!今までゴージャスやこの前の
これまたおかしい20,30,40のイメージしかなかったもんで。
来週は韓城攻略借りる予定です。
ほんと、黒社会・・・早く陽の目を見て欲しいですね。日本でも。
Commented by Gun0826 at 2006-07-13 10:00
どもです。
香港・台湾の演技者の懐の深さはどうしたことなんですかね?
監督の腕なのかなぁ。
黒社会は三部作みたいなんんで、一気公開でもしてもらいたいです。

ソウル・レイダースって日本版出てるんですね。買ってまだ観てないw
そうそう、タイトル画像にもありますけど、傷城、楽しみですな。
Commented at 2006-07-13 18:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2006-07-13 19:31
◇Gunさん どもです。監督の力もあると思うけど、やっぱり彼らの力量
では?中華圏の俳優&女優さんは欧米人に負けないくらい質が高いと思います。
演技力もあるし堂々としてるし、肝も座ってる。本当に懐深いし、器用だと思います~。
黒社会・・・香港でDVD買って帰ろうかと思ったのだけど、
私も買っても家ではなかなか見ないので、公開まで待ちたいです。
↑と言っても公開されるのか~?!
ソウル・レイダース=韓城攻略なんですね(笑)。傷城・・・ほんと楽しみですね
Commented by acine at 2006-07-13 19:34
◇鍵コメさん おぉ!カムバックおめでとうございます!
使い易いですよね~。私も前よそへ登録したけど、やっぱり使いにくい。
いえいえ、こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪

なかなかマジメな作りが良かったですよ。この映画。
お仕事まだまだ忙しそうですね。急に暑くなったので、体には気をつけて
下さいね~。
Commented by sabunori at 2006-07-13 23:38
acineさん、こんにちは。
TBさせていただきました。
この映画・・・私はちょっとノレなくて(期待しすぎだった??)
悔しい思いをした作品でした。
ニック・チョンの超人的な体力が印象的だったなぁ。
Commented at 2006-07-14 06:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2006-07-14 07:52
◇sabunoriさん おはようございます!
TB&コメントどうもありがとうございます。ノレない・・・というのも
わかるような気もします。特別スリリングでもなかったし、確かに
描写が中途半端、ミスキャストもあり(?)・・・という部分もあるけど。
いい加減なつじつま合わせの多い香港映画の中では、やっぱり
良心的・・・しっかり作りこんでる方かな・・・と思いました。
私は配置の美がとにかく凄いな~と感心。
確かに・・・ニック・チョンの身体能力光ってましたね!
Commented by acine at 2006-07-14 07:55
◇鍵コメさん おはようございます! おや~早いですね?!早番ですか?
本当に、火曜くらいから急に暑くなりましたよね。私も夏はとことん弱い
ので、この蒸し暑さ、日照りが恐ろしいです。
ほんと、この季節に香港・・・恐ろしく暑そうですね(笑)。
私はまだ真夏には行ったことないです~。ほんと、鍵コメさんと同様
涼しいところ、湿気のないところへ行きたいです。←夢だけ!
ほんと、例の件・・・一安心ですね。ほんとこれで鍵コメさんも伸び伸び!
こちらこそ、よろしく~!
Commented at 2006-07-15 17:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by RIN at 2006-07-15 21:25 x
こんばんは!ごらんになりましたか!
サイモン・ヤム、脂ぎってますね!(笑)
夏用ファンデ研究した方がよさそうです!
あ、右上、金城くんになってますね!
ジェイとあったようですね。何話したんでしょうねえ・・・。
なんか、何も話しに加わってない(←金城くんが・・・)
気がします・・・。「Hello」って・・・・(絶句)
Commented by acine at 2006-07-17 22:21
◇鍵コメさん こんばんは! 今日は先週と打って変わって、涼しくて
助かりました。 
やっぱり夏の香港の湿気は凄いみたいですね~。そして、クーラー
ガンガン・・・は体に悪そうです。真冬の紅館でもクーラーガンガン、
アイスクリーム売りには・・・初めての時、目が点でした(笑)。
夏はもっとクーラー凄そうですよね~。
またほんと、鍵コメさん、よい計画になりますように・・・・。
そして、例の件・・・歓迎しますよ~。別に鍵コメさんでも無問題だけど(笑)!
Commented by acine at 2006-07-17 22:25
◇RINさん こんばんは! やっとDVDにて見ましたが、ヤムさん
いつも脂ぎってますよね~(笑)。ま、あの濃さが彼の魅力なんですが、
私も部分的にすごく脂肌なので、ヤム兄さんと一緒に夏用ファンデ
研究せねば・・・です。
ジェイmeetsトニさん&武くん・・・見てみたかった図ですわ~!
私もその2人の会話って想像できない・・・。Helloのあと何か話し
したんでしょーか?! 何にしろ彼らの新作・・・楽しみですよね~!
Commented by rabiovsky at 2006-08-05 14:51 x
この映画ではやっぱりリッチー・レンでしょうね。
あの料理を作る場面って大好きなんですよ。メチャクチャ美味しそう
だったし!
緊張と緩和をうまく表現できているのではないでしょうか。
でもちょっとね~と思うところもあるんですよ。
ケリー・チャンの顔とか(笑)
ジョニー・トー作品を見るともれなくラム・シューがついてくるのですが
いいですね~ 子供見捨てて逃げるって・・・。彼らしいです(笑)
Commented by acine at 2006-08-06 20:29
◇rabioさん こちらにも有難うございます。
リッチー・レン・・・いろんな役が出来ますよね。
でも、どんな役でも、人間味がいい具合に出るのは、これも持ち味ですよね~。
あの料理のシーン・・・ありえんだろ・・・と思うけど、食にこだわる中華圏
ならではの描き方ですよね。緊迫する中、一種オアシスのような時間帯だし。
ケリー・チャンの顔とは?! 気になりますね~(笑)。
私も、トー先生のおかげで、すっかりラム・シューの味わいにハマってます(笑)。
この人もなんとも人間味のあるタイプですよね。子供見捨てても(笑)。
こちらもTBしたかったのですが、TB欄がなかったで、ソウルの方のみ
させてもらいましたね~。
by acine | 2006-07-12 13:03 | Hong Kong  香港映画 | Comments(16)