Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

向日葵  胡同(フートン)のひまわり  ’05 中国

e0079992_22144082.jpg

北京にある路地・横丁のことを胡同(フートン)と呼ぶらしい
そんな風情のある路地にある家たちも 
北京オリンピックに向けて 壊されて近代化されている最中とか
そんな失われ行く胡同で育った チャン・ヤン監督の作品 
路地好き&中華圏映画好きとしては これは見なくては!

’67生まれの向陽(シャンヤン)は夏に生まれ
家の前に咲いていた向日葵(ひまわり)にちなんで名づけられた
下放され(多分)数年間家を空けていた父親が家に戻ってきて
なかなかパパと呼べない なかなか馴染むことが出来ない向陽
絵の道を志していた父親は 息子にも絵の道を強要する
そんな父親を快く受け入れれない息子は
幼年期、少年期、青年期と成長していく中でも
理不尽な父にどうしても反発してしまう・・・
そして父と息子の関係は・・・?というストーリー

この映画の魅力は 
何とも味わい深い胡同の風景や室内の風景
北京の四季 タイトルのように 降り注ぐ優しげな太陽の光
長屋のようでもある路地に暮らす この家族や人々
出来事が淡々と生き生きと描かれていること
決してドラマティックでもなく いいことばかりでもない
地にしっかりと足がついている とても実直なところがいい
そこまでするか?とあっと驚いたり 呆れたりの
率直すぎる中国人のメンタリティもよく描かれていると思う
ご飯を通じて人間関係がつながっているのも 中国らしいシーン

日本もきっと東京オリンピック前は
皆 こんな生活をしてたんではないだろうか?と思われて 
国が違っても その辺りは変わりない
近代化で失った大切なものや事たちの姿が懐かしく
何だか勿体なく思えてくる・・・

いがみ合うことがあっても 困った時は近所の皆で助け合う
家族みんなで働く みんなでご飯を食べる
生活の音の中に家族がいる 勉強をする 作業をする
この映画を見ていると 近代化で手に入れたものの代わりに
失ったものの方が大きいのではないか?と思えてくる

主人公向陽と同じ ’67年生まれの監督の 失われゆく胡同と
そんな時代への 愛情のこもったオマージュのように思える
e0079992_225111100.jpg

国や時代が代わっても 親子の関係 家族の関係はどこも同じ
子供と親の関係は難しい・・・ 
親も成長過程(もしくは発展途上や成長不足の親だっている)だから
理不尽な事も平気で言う 息子を思う余り余計不器用にもなる
息子はいつの時代も わだかまりを持ち なかなか親を理解できない・・・
血がつながってるからこそ 余計こじれる 意地を張る 

でも この家族は根底では 結ばれているような気がする 
本当にこじれてたら 一緒にご飯なんか食べないし
何かあれば 駆けつけるようなこともしないと思う
ラストは え?それでいいの?! と父の行動に
賛否両論かもだけど 父の気持ちもわかる
お涙頂戴でもないかわりに 実直さが光る映画
中国もほんといい映画作る国ですね~

俳優陣もとっても堅実
主人公も3人が演じてるけど 皆合格点
しかも顔が似てるので ストーリーも上手く
繋がっていくので不自然さは全くない
細かく言うと個人的評価は 少年>青年>今 の順
父親も淡々としてるけど 落ち着いた何ともいい演技
母:ジョアン・チェンにはちょっとビックリだったりした
中国の俳優さんも 懐大きく実力ある人が多い

それにしても どんな構造になっているのか 
この映画に出てくるような路地や家を見てみたい!
入り組んだ路地 重厚な瓦 レンガ積み 植木鉢 
吊られた野菜 窓にかかったレースやカーテン 年代ものの家具
レトロモダンなソファの貼地 ホーローの洗面器
大道具 小道具 どれも魅力的で馴染みよく存在してる
インテリアも 何故かヨーロッパのカントリーなどとも通じる路線で
なんとも可愛く味わい深い いいデコレーションがしてある
私だったら 快適そうなマンションより この胡同の家に暮らしてみたい
カメラ持って 日常の風景が撮ってみたくなる雰囲気

そして エンドクレジットでのめっけもん
なーんと!この映画 撮影指導:杜可風 だったのね~!!!
彼にしてはクリアな映像だけど 奇をてらわず アートになりすぎず
シンプルにしっかり写してるのは この映画の雰囲気や空気によく合っている
杜可風好きとしては すごく得した気分!

今日の映画 80点
[PR]
Commented by sabunori at 2006-07-24 23:25
acineさん、TBありがとうございました!
おっしゃるとおりしっかり地に足のついた実直な映画でした。
ストーリーも親子の関係はもちろん、お父さんとラオさんの友情もキッチリ
描かれていて・・・やっぱりこの張揚監督、私好きです。
あの胡同の入り組んだ路地や共通の庭や向陽が隠れた屋根・・・とっても
味わい深い作りでこの映画のもう1つの主役になっていましたよね。
エンドクレジットで見つけたクリストファー・ドイルの名前!
私もビックリしました。
・・・それにしてもエンドクレジットが英語表記ONLYだったのはなぜなんでしょうね?
ところで張揚監督の「スパイシー・ラブ・スープ」と「こころの湯」、必見ですよ!
Commented by acine at 2006-07-25 00:05
◇sabunoriさん こちらこそ、早速コメント&TB有難うございます!
ラオさんが、またいい人でしたねぇ。もう打たれることのない将棋のこま
にはグッときました。お父さんもいい人なんだけど、息子を愛するばかり
どうも不器用で。
お父さんは下放されてたということなのかな?
胡同・・・本当に魅力的でしたよね。今も少しは残ってるのかな?見てみたいです。
そして、sabunoriさんも驚かれましたか~!C・ドイル!ビックリしますよね。
それにしても幅広く仕事してますよね~。感心&すごく得した気分です。
”スパイシー・ラブ・スープ”もそうだったんだ。これも前から気になってたんです。
あと”こころの湯”は、太陽の子のお父さんが出られてますよね~。たしか。
by acine | 2006-07-24 22:49 | China 中国映画 | Comments(2)