Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

かもめ食堂  ’06 日本

e0079992_12215682.jpg

ずーっと前から 公開されていて 見に行こうか?どうしようか?
日本映画は間合い悪いし 歯切れ悪いし 苦手だしなーと
食わず嫌いで 見そびれていた映画・・・
キャストにもどうも惹かれないし 何でこの面々でフィンランド?

でも小物・インテリアが可愛いらしいし なかなか見れないフィンランド見れるし
行きたいという人がいたので やっと重い腰を上げ 今頃になって鑑賞!
日本映画見るのホテル・ハイビスカス以来 何と3年ぶり!

結論: 見てよかった!
何でこの面々でフィンランドで食堂なの?と思っていたキャストや題材が
意外にもフィンランドの風景・空気・人と馴染みがよく 相性がいいのにビックリ
日本の家に北欧の家具やインテリア小物が合うのと一緒かも・・・
多少の間合いの悪さはあったものの 佳作!

正直 登場人物たちがフィンランドのヘルシンキで遭遇し
いつの間にか小林聡美演じる主人公の食堂(雰囲気はカフェなんだけど)を
手伝うようになるには どうしてそこへやってきたのか?
そこへ至るまでの 彼女たちの過去はどうなのか?
まるっきり説明不足のまま 話は進んでいくんだけど 
段々そういうことは余り気にならなくなってくる
その省略具合がこの映画には合ってるのかもしれない
ありそうでなさそうな サバサバした たまたまめぐり合った
大人の女の友情@フィンランドという映画かな

でも ついつい気になるのが・・・
そんなに簡単にこんな小奇麗な食堂が外国で開けるのか?
改装の仕方も完成度高いし 家具も小物も新品っぽい
そんなに資金あったのだろうか?
儲かってもいないのに こんな気長に続けていけるほど
この人財力があるんだろうか?とか
お客さんへの接客 無防備すぎとか甘すぎじゃない?とか 
しかも ほどほどの家も借りてるみたいだし 居候もさせる
ぱっと来た外人(しかも現地でのパートナーもいなさそう)に
ここまで出来るもんなの~?!と疑問点はいろいろ(笑)
まぁ 文句はこの辺にしておいて

e0079992_12333324.jpg

それをさておいても この食堂の持つ空気感 居心地のよいこの眺めが最高! ↑

白い壁 ブルーの腰壁 窓際の鉢植 いかにも北欧テイストな室内に
アルテックの家具 イッタラのカップ 棚に置いてる鍋 おふきん
料理を作る姿 机をふく姿 BGMがなく響く食器や料理を作る音
美味しそうで素朴な日本の家庭料理 おにぎり 幾度となく出てくるコーヒー

これを見た後は コーヒーが飲みたくなる しょうが焼きが食べたくなる
イッタラのカップが欲しくなる 北欧テイストを生活に取り入れてみたくなる・・・etc

そして小林聡美の家も IKEAチックというか 等身大の北欧インテリアと
いう感じで 何とも可愛く どこか真似できそうな雰囲気
全てが何とも可愛く興味をそそる! きっと年代問わず 女性好み間違いなし!
女性監督らしい視点 エンドクレジットに女性スタッフが多いのも納得

幾分 作られすぎ?と思う空間だけど フィンランドの独特の空気感と
日本人好みの空間がピッタリとマッチ
だた キッチンのカウンターは向こうの人に合わせてあるのか
かなり高くて 片桐はいりにはよくても 他の二人にはかなり高そうだった

そして同じく魅力的なのが キャスト
日本女性 なんとも凛としてたおやかなのか・・・!なんである
日本かぶれの青年 泥棒 アル中かと思われた女性など
現地フィンランド人のあしらい方&付き合い方が サバサバと上手い

小林聡美: どっしりと構えて 凛として かつ軽やかな姿
        こんな可愛い人だったのね フィンランド語も堂々
片桐はいり: 背が高いので 北欧の町の中にいても あの顔でも見栄えがする
         独特のサバサバ感に愛らしさも感じる
もたいまさこ: まるで教頭先生のようなルックスで 品がよく ユーモア感あり 
         マリメッコの衣装も印象的(笑)で快演
 
どうなのよ?この面々と思ってたキャストの演技はあっぱれでした
皆 堂々として自然体で 姿勢もよく 動作も美しく 
見よ この年代の大和撫子の底力!という感じで
若くて可愛いだけの今時の女優では 出せない空気・演技で感心

後味すっきりの 女性ならずとも 老若男女問わず 楽しく見れる映画だと思う
エンドでの驚き 原作:群ようこ だったのねー!

今日の映画 80点
[PR]
Commented by RIN at 2006-08-15 15:17 x
こんにちは!邦画は3年ぶりですかっ!
しかし、この映画、舞台がフィンランドじゃなかったら、
最近にありがちな「癒し系(?)小粒邦画」になってたんでしょうね。
フィンランドを舞台にすることによって、ちょっとファンタジー的だけど
妙なリアリティが出た(3人の登場人物に)ように思います。

ところで、「ウィンター・ソング」宣伝担当さんから、感想書き込み
たくさんお願いが参りまして(ファンに頼るしか、他に頼るところ
がないのだろうか???爆汗・・・)
「ウィンター・ソング応援BBS」立ち上げとなりました。
すでに観られた、acineサマ感想もぜひお時間おありの
時にカキコお願いしますー。
Commented by maggie at 2006-08-15 19:16 x
お久し振りで~す!!! 私 この映画 すっごい楽しみにしてて 見たくて 見たくて・・・・でも 最近 忙しくて 見に行けなくて・・・(><)
マリメッコ大好きなので フィンランドって すっごい興味あるのと 群ようこも 好き。おまけに 昔から 「やっぱり猫が好き」のFANで 小林聡美と もたいまさこLOVEなんです!
acineさんの記事 読んでたら すっごい見たくなってしまいました~^^
公開してる間に 行ければ 良いんですけど~~~
Commented by Gloria-x at 2006-08-15 21:04
実はわたしもこの映画公開前から気になってたんです。
役者陣には惹かれるんですが原作者がイマイチ好きじゃなくて・・・
それにacineさん同様、日本映画ってよっぽどじゃないと
お金払って劇場で観るモチベーションが上がらないんですよねぇ・・・
DVD出たらさっそくチェックしようっと!
Commented by sabunori at 2006-08-15 21:55
acineさん、こんにちは~。
この作品、随分ロングランになりましたよね。
原作が群ようこさんだと知らないで観たんですね!
この主演の3人ありき、で群さんが小説を書いたそうですよ。
サチエさんの資金面については私も気になったのですが、どうやら原作では
そのへんにも触れているらしく、宝くじが当たったらしい・・・。
ごちゃごちゃ説明のないいさぎよさがとっても気持ちのいい作品でした。
ラストシーンもスパン!と思い切りよくってステキなエンディングでした。
陽水さんの曲もグッドでしたね!
Commented by otobaco at 2006-08-16 11:02
acineさん こんにちは。
私も観に行きました。題名と役者とフィンランドに惹かれて〜(笑)
いつもは、数えるほどしかお客がいないミニシアター系の映画館に 結構入っていてビックリしました。
このキャストだからでしょうか?ププッと吹き出す場面もいくつかあって、
観た後にいい余韻が残ってよかったな〜と。
やはりイッタラの食器を集めたいとか、美味しいコーヒーを入れるようになりたいとか、いつかは北欧行きたいとか・・・
現実的なことも含めていろいろ考えて楽しかったです。
Commented by acine at 2006-08-16 23:33
◇RINさん こんばんは! どうも邦画アレルギーがあるので、久しぶり
でした(笑)。 確かにこの面々でフィンランドというのがミソですね。
そしてこの女優さんたちだから、リアリティのある大人の現実的なおとぎ話
になったような気が。

”ウィンター・ソング”(まだ慣れません~!笑)、応援BBSですか?!
それは、ぜひ書き込みさせてもらいますね!
本当に、RINさんのその努力、尽力・・・感嘆です。
ただ、字幕版で全て理解できてないので(悲)、ヘンなこと書かないように
考えて、書き込みさせてもらいますね!
Commented by acine at 2006-08-16 23:37
◇maggieさん こちらこそ、お久しぶりですー! ほんと毎日暑いけど
元気にされてますか? この映画、かなりのロングランで、あちこちで
パラパラやってるみたいです。なので、私も今頃・・・!
そうですよね。maggieさんマリメッコ好きですよね!だったら、もたい
さんのマリメッコファッション、必見かも!日本では服まで売ってない
ですよね?
間に合えば映画館で、無理だったらDVDで・・・。ぜひご覧ください~!
個人的には余り興味のキャストたち(すみません)でしたが、
この映画では凄くハマってて、すごく良かったですよ!
Commented by acine at 2006-08-16 23:41
◇Gloriaさん Gloriaさんも日本映画=モチベーション上がらない派
ですね。私も同じ! よっぽど、興味を惹かない限りは、わざわざ見に
行かないですねぇ。外国ものだったら、ほんとにいいのかなー?なんて
あやしげなものにまで、お金払うのに(笑)!
Gloriaさん、群ようこさん・・・苦手なのですね?確かにGloriaさんの
お好みとは違うような気も!私も昔は読んでたけど、10年くらい彼女のは
読んでないかも。
でも、きっと見て損はないと思うので、DVDでも見てみてくださいね!
Commented by acine at 2006-08-16 23:46
◇sabunoriさん こんばんは!TBもどうも有難うございました!
そうなんです。最近、あんまり前情報、見ずに行くパターン多いです。
その方が、驚きがいろいろあって楽しいなぁと思って(笑)。
そうかー!この3人を想定してたら、ピッタリのはずですね。
3人ともすごくハマってましたもん。小林さん:可愛い人だったんだなぁ
片桐さん:愛らしいじゃない? もたいさん:あっぱれ!って感じでした。
そうかサチエさんは宝くじが当ったんですね~。
宝くじ当ったら、私も外国で食堂(カフェ)したいなぁ。
私の場合は、スペインかポルトガルかスロヴェニアあたりで(笑)。
そうそう!井上陽水の曲もすごく良かったです。
Commented by acine at 2006-08-16 23:50
◇otobacoさん こんばんは! すでにチェック済みでしたねー!
確かにotobacoさん、きっとお好きな世界ですよね♪
私が見た時も、老若男女いろーんな人が見に来てました。
後味、よかったですよね。そして、帰りに何か食べたく、飲みたくなる。
私たちも、コーヒー飲みに行ったはずが、何故かパイナップル&マンゴー
&ラズベリーのパフェに化けてました(笑)。
思わず、かもめ食堂風プレートも作りたくなりますよね。
イッタラのあのマルチストライプのお砂糖入れやカップも欲しくなりました。
現実的でおとぎ話的、大人の映画でしたね。
Commented by ゆうや at 2006-08-22 16:55 x
こんにちは、acineさん
ものすごくお久しぶりです。
映画といえば最近は大衆娯楽モノ?しか見てなくて
なんだかなー・・の生活です。
この映画はあこがれのひと(女性でございます)が
「絶対みるべき」と力説して進めて下さったのに
京都での上映を逃してしまいました。
acineさんの記事を読ませていただいて
きっと自分にも合う雰囲気の映画だと確信しましたので(おおげさ)
秋に上映されるおおさかの劇場にいってみたいと思います。

私。小林聡美さんが好きなんです。
このかたのセリフの間合いがなんとなく。
きれいに見えたりそうじゃなく見えたりするところが女優さんだなーと。
Commented by acine at 2006-08-22 22:23
◇ゆうやさん こんばんは! いえいえ、こちらこそ、ご無沙汰して
いてすみません~。 まだまだ残暑が厳しいですが、夏バテなど
されてませんか? 私はバテから立ち直りつつあります。

ゆうやさんのあこがれの方ってどんな方だろう?気になります。
でも、きっとお二人とも素敵な方なんだろう・・・と思います。

私もこの映画、ずいぶん前からやってるのに、先週初めてやっと
見ることができました。食わず嫌いをせず、もっと早く行っておけば
よかった。でも、映画館で見れてよかったな~と思いました。
何故か不思議な幸福感がじわーっと流れてる映画でした。
きっと大きな画面で見た方が、よりそれを感じられるかもしれません。
まだ、やってたら、ぜひ映画館で見てみてくださいね!

小林さん・・・って私は、ものすごーく昔”転校生”(俺があいつで、あいつが
俺で で合ってましたっけ?!)を見て以来だったかもしれません(笑)。
彼女、この映画ではとっても綺麗でしたよ。エレガントでした。
片桐さんももたいさんもそれぞれの持ち味発揮して、とても素敵でしたよ~。
Commented by maggie at 2006-10-12 15:46 x
こんにちは、今日は 遅番なので 仕事前に やっと「かもめ食堂」見ました~!! 何だか とっても 良い!そして 何故か お客さんが増えると私まで 嬉しくなって、少し泣きそうになりました~^^;
もちろん、食堂のご飯も おいしそうで、是非 食べたい!^^
良いな~~、フィンランド。まだ 行った事ないし、決して 一生に一度 行かない国かも。そんな街で 本当に この3人が かもめ食堂で 働いているかのような感じがして たっぷり楽しめた 映画でした^^
フィンランドって 良く考えたら 日本と とっても 近いような国ですよね。
何気に フィンランドモノって 日本に 普通に 浸透してる気が・・・。
私も マリメッコも NOKIAも サーモンも 大好き、結構 フィンランド被れ?なのかも・・・・(知らない内に)^^ 

心に残る映画でした~(^^)
Commented by acine at 2006-10-12 20:20
◇maggieさん こんばんは!
見れましたねー! 私も、日本映画だし、この3人が果たしてフィンランド
と上手く馴染めるのか不安でしたが、楽しい映画ですよね!
だけど、あまりにも、商売度外視で、いつまでもあのフィンランド青年に
コーヒーご馳走してていいのー?! こんなお客さん来なくても、いいのー?
と心配になるけど、終わりよければ全てよしでしたね。

フィンランドとか北欧のデザインって、すごーく日本人好みですよね。
あと日本の空間にもよく合う。 NOKIA!スペインで、皆ヨーロッパの
人たちが、NOKIAの携帯持ってて、すっごくうらやましくて、
日本へ戻ってから、私もNOKIAの携帯に買い換えましたよ~!
今はまた日本ものだけど。
Commented by kk at 2010-03-17 00:08 x
おじゃましま~す☆
私も日本映画って本当に数える位しか見た事ないんですけど、コレはピン!ときて見ましたよ~!昔群ようこさんの本が好きで良く読んでたんですが、これは映画から入った逆パターンでした。
小林聡美さんの淡々としつつ、それでいて温かい人との距離感とか、もたいまさこさんのもう彼女自身のもつ独特の雰囲気とか(笑)がフィンランドの清涼感溢れる街の空気感と絶妙にマッチして。

>この食堂の持つ空気感 居心地のよいこの眺めが最高!

ですよねー!!温かくってユーモアがあって映像が綺麗で日本映画の中ではダントツでお気に入りです。
個人的に少しフィンランド関係の会社で働いていた事もあってムーミンとフィンランドには思い入れがあります笑
Commented by acine at 2010-03-17 11:58
◇kkさん こんにちは!
kkさんも同じですね(笑)。私もお金払ってまで、ドラマでも
いいような日常生活の延長のようなものは見たくない(笑)んですよねー。
どうせ、見るなら、違う世界や違う価値観が見たいですよねー!

この映画、私も見てかなりたつんですが、いい映画でした!
地味?とも思えるキャスト陣が生き生きとしてて、不思議と
フィンランドの風景に馴染んでますよねー。
これはロケーション勝ちというか、ここを見つけた人はえらいですよね!
居心地よさそうだし、料理はおいしそうだし、この映画見ると
どこか外国でカフェがしたくなりますよね♪

おぉ!kkさんはフィンランド関係の会社で働いておられたんですね!
私も北欧のデザインや色遣い、家具とかは大好きですよー!

"千年の愛”これも、後半、かなりはしょればいい部分が
あるけど、
ストーリー自体はけっこう面白かったですよ!ジソブがあえりない
よーな恰好して出てくるんだけど、その中にもあの繊細さが
ちゃんと出てて、私はけっこう好きでした。
by acine | 2006-08-15 12:49 | Asia アジア映画 | Comments(16)