Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

Sylvia  シルヴィア ’03 イギリス (DVD)

e0079992_22201567.jpg

どよーんと暗そうなテーマ 
そして 苦手いや嫌いなグウィネス・パルトロウ出演だったので
予告は見たけど やっぱりいいかな?とスルーしていた映画
しかーし!グウィネスの相手役が ダニエル・クレイグだったと知り
そりゃー見なくっちゃー!と あっさりひるがえり
”勝手にダニエル・クレイグ強化月間”により 敗者復活!

グウィネス演じる アメリカ人詩人シルヴィア・プラスと
ダニエル演じる イギリスの詩人の夫テッド・ヒューズの物語
予想通り かなり重い話・・・でした
天気でいえば うす曇り~曇り~小雨~大雨~土砂降り
という感じで 取り返しのつかない結末に・・・というお話
 
才能のある夫を持つ 同業者の妻
旦那は仕事に没頭し浮気もし 自分は家事をし子育てをしているので
詩などなかなか書けない 成功した夫の影に埋もれてしまった自分
静かに彼女の中の何かが壊れていく・・・  
両者演技派なので さほど見飽きることもなく 見応えもある
映画館で見てたら もっとこの世界にぐっと入り込めただろうと思う佳作

冒頭の出会うシーン
彼に ”君は美しい 才色兼備だ”と言われ 
”イエス” と余裕満々で答える グウィネスの姿を見て
あぁ こんな役ばかり 彼女はしたいんだろうなぁ・・・と
最初から まずはちょっと嫌気がさす

グウィネスの映画は時々見ているけど
確かに演技は上手いと思う 演技派に入れていいと思う 
だけど どうもあの顔が私は受け付けない・・・
あの陰気くさくて カエルのような顔・・・ どうも好みから大きく外れる
何年か前まで なぜかグウィネスは美人女優ともてはやされ
本人も私は美人よ!モード全開だったけど・・・
こっちは えっ?!アナタが美人?!違うでしょ?! 
どうも好みではないプラス 生理的に受け付けない顔らしい

正直 今回共演してた彼女の実の母親ブライス・ダナーの方が
お年を召していても大変美しく 凄く華やかだった!
さぞかし若い頃は花が咲くように綺麗だったんだろうと思う
グウィネスは 歳をとってもあぁはならないだろう・・・気の毒に

女優、男優 ルックスがいい そして華やかさがあるに越したことはない
男優だったら ルックスはともかく 味わい深ければそれでOK!
でも どうも女優になると ハードルがもっと高くなる(笑)
女は男に甘く 女に厳しい・・・って 当ってる 
確かにグウィネス・・・演技は上手いよ でも味わい深いか?というと別
アメリカ人ながらヨーロッパ的と言われるけど 
ヨーロッパの女優ほど さほど味わい深さもない・・・

アカデミー賞取った時だって ”恋するシェイクスピア”も見た
確かに悪くなかったし それなりに良かったと思う
ただ ”エリザベス”の ケイト・ブランシェットの演技の方が
私の中では圧倒的に上! 存在感も違いすぎる
結局アメリカ人に取らせたかったんだなぁ・・・とがっかり

ま 単に私はケイトのようなルックスや 華やかさエレガントさ
演技での化けっぷりや 映画選びのセンスが好き 
単に好みなのかもだけど ケイト・ブランシェットは大・大・大好き!
私は無類のケイト好き!と言ってもいいくらい 彼女の事は手放しで褒めたい!
演技だけじゃなく 彼女こそ最高のお洒落セレブだと思う
あぁいう女性になれるもんならなりたいですね (憧れ)
*ロゴ写真 ダニエル&ケイトを発見

グウィネス・・・確かにいい演技してますよ・・・今回も
衣装も素敵だし きっちりメイクをすれば 華やかになる
だけど 静かに異常をきたしてくる場面・・・ 
素顔に近くなると その顔 怖いよー!!!
怖すぎて あれ?ホラー映画を見てるのか? 
え?サスペンスを見てるんだっけ? と思えてきたりして
そういう意味では 真に迫ってて 彼女でこの役は正解だったのかもしれない
だけど どうもあの華のなさ&あの顔はやっぱり苦手だわーと思ってしまった次第

e0079992_2240227.jpg今回のダニエル・クレイグは 黒髪なので印象がまた違う
地の金髪だと ロシア人かスラブ系っぽい雰囲気になるけど
(時々オシムに似てる時もある)
黒髪だと とってもイギリス人らしい風貌になるのね 
黒髪に青い瞳っていいかも!いやーこれまた素敵でした!
特別男前なタイプではないけれど この黒髪は
男前度が確実にUPする そして歳も相応に見える

いつもながら・・・服の着こなしが本当に素敵! 洋服が本当に似合う人
背広系もだけど ポロシャツとかセーターなど何気ない格好がこれまた◎
そして何故かダニエル映画定番の上半身裸とか水着姿シーン
今回も何とも素敵な胸板&背中!いや監督もよくわかって撮ってるね

演技としては シルヴィアが主人公なので どちらかというと受身
でもこういう受身系や巻き込まれ型が 彼にはとってもよく似合う
彼の振る舞いに心を痛めるシルヴィア 気持ちもよくわかるけど
そりゃそんな疑心暗鬼な怖い顔した奥さんいたら 家にも帰りたくなくなるわな・・・
なんて 旦那側の気持ちもよくわかる・・・という 手堅い演技
そしてあの声&セリフ回しにも すっかりマイってる私には
グウィネスの詩の朗読は早回ししても ダニエルの朗読はしっかり聞く!
本当に演技に関しては外れなし間違いなし!今回のダニエルも◎印でした!

今日の映画 76点

ダニエル云々より 何故グウィネスが嫌いかを延々書きましたが お許しを!
当分ダニエル映画UPしていくと思いますが
は?ダニエル・クレイグ? そんな人興味ないわという方は
あっさりスルーしておいてください・・・(笑)

◇勝手にダニエル・クレイグ強化月間◇
レイヤー・ケーキ 1. レイヤー・ケーキ 2. ミュンヘン Jの悲劇
[PR]
Commented by Gloria-x at 2006-09-22 01:01
acineさん、長年わたしが思っていたことをスパッと言い切ってくれてスッキリ!思わず爆笑しちゃいました~

>あの陰気くさくて カエルのような顔
>こっちは えっ?!アナタが美人?!違うでしょ?! 

その通り!わたしが繰り返し力説するところの「言ったもん勝ち」というのでしょうか?なんで世間が彼女を美人扱いするのか心底不思議。
「裸の王様」と同じで誰も真実を口に出せなくなってるんでしょうかねぇ?

>あぁ こんな役ばかり 彼女はしたいんだろうなぁ

さすがacineさん、鋭い指摘ですねぇ!
「リプリー」の時も才色兼備な役を当然のようになんら臆することなく堂々と演じていましたよね。すごいですよね。

>ちなみに私 ケイト・ブランシェットは大・大・大好き!

同感です!役によってガラッと印象変わるけどどれも好きです。




Commented by acine at 2006-09-22 06:51
◇Gloriaさん 私もいつか書きたいなーと思ってましたが(笑)、とうとう
書いてしまいました!しかも、えらいブリついたわーという感じ♪スッキリしたー!
そうそう言ったもん勝ち&裸の王様・・・当ってます。だけど、美人かどうかとか
いい役者かどうかなんて、他人が判断することで、本人の勝手な自覚ほど、
怖いもんありませんねー(笑)。ずーずーしいわってば!
よっぽど私・・・グウィネス嫌いみたいです。
そうそう!リプリーだってそうでしたよねー!でも、この映画は私は
ジミーちゃん(M・デイモン)の黄色い海パンがトラウマのように目に
焼きついてます(笑)。ただ、映画自体は悪くないので、意外に彼女の
映画見てますが、こんな役ばかりしてるようでは殻は破れないでしょうね~。
しかも、歳をとってくわけだから・・・いつまでもこのテは通用しないでしょう。
歳とると余計怖い顔になりそうだし。
Gloriaさんもケイトお好きですよねー!こちらにいらっしゃる女性ブロガーさん、
類は友を呼ぶ・・・かケイト好きの人多いんですよね!嬉しいー♪
by acine | 2006-09-21 22:57 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(2)