Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

MACTH POINT マッチポイント ’05 イギリス・アメリカ・ルクセンブルグ

e0079992_1946213.jpg

ウディ・アレン監督作 *少しネタバレあり
恥ずかしながら よく考えるとウディ・アレン映画・・・初めてでした
予告で見て これ見よう!と思いながら 結局いつも見ずじまいに終わってました

が! 今回は ”ベルベット・ゴールドマイン” 見た時から
好きなジョナサン・リース・マイヤーズ(いつからメイヤーズ表記?)が出るし
妙に気になるスカーレット・ヨハンソンも出るのでチェック 

上昇志向の強い アイルランド出身のテニスコーチ 
クリス(ジョナサン)の成り上がり物語であり
と同時に そりゃいかんよ・・・な不倫の泥沼物語であり
いやいや 予想してたより あまりにも古典的な話運びでビックリ
ベタな展開で とても現代劇とは思えないくらい 
ありがちな小説を読んでいるような気もしたけれど・・・
配役や見せ方が上手いので それでも最後まで楽しめる
クールでかつ独特のねっちりと濃さがある二人に演じさせて正解!

いかにもな上流家庭の一家と生活 
お嬢様だけど 面白みのないつまらない嫁
私が男だったとしても あの嫁よりは絶対スカーレットに惹かれるの決まり!
だけど 嫁のバック・財産のおかげで いい生活が送れるもんだから
そりゃ多少のことには目をつぶっても 今の生活を続けたい気持ちもよくわかる
自分が男でも ついそういう気になってしまうだろう
しかし あそこまで子供!子供! 不妊治療もつき合わされるとつらいよねぇ・・・
嫁の立場になれば 気持ちはよくわかるけど・・・
嫁はかなり鈍感な女で これじゃ旦那が浮気するよという感じもアリアリ

e0079992_7301572.jpg

ジョナサン・・・苦味ばしった独特の甘さのある表情
は変わらずだけど ちょっとボテがついたか? 
あの儚げで中性的で 非現実的なクールな味わいはなくなりつつある?
年齢から考えればもっともな リアリティある大人の風貌に彼もなりつつある
これはこれでアリなんだろう

銃を手にしたあたり 狂気をはらんだ瞳など 
ジョナサンの本領発揮! ぐいぐい引き込まれる
警察のシーン え?! そこまで言うと余計疑われるよ!と心配したけれど 
えー?! そう納っていいのかー?のラストまで 運で生き延びるんである
だけど 果たしてそれって幸せなのか? いや不幸だと思う
そんなダーティな面を背負って生きていく男によく似合うジョナサン 

そして スカーレット
特別美人ではないけど あの顔つき 小柄だけど肉感的なあの体
私はセクシーと言ってのける あの堂々さがいいのか?
体が演技の一部って人は 今の時代いそうであんまりいないのでは?
でも女から嫌われるタイプでもない 私は好きだな!
後半部分 ふたたびジョナサンと出会い 泥沼にハマっていくあたりから
彼女も真骨頂! ○ッチぶりがあっぱれなんである
でも下品にならないのが 不思議な魅力!
あの若さであの色気とあの堂々ぶり・・・これもアッパレ!

しかし 立派でなくても運がよけりゃ・・・って実際の世界では確かにある
個人的には立派なほうを選びたいけど 
運のいい人間にもなりたいもんだわ と言っておしまい

今日の映画 79点

◆個人的に好きなジョナサン映画: 
ベルベット・ゴールドマイン 中性的で妖しげで美しいロックシンガー役 これでファンになった
シビル・ガン 楽園をください アン・リー監督作 南北戦争の兵士役 長髪がよく似合う
ベッカムに恋して 爽やかなサッカーコーチ役 こういう役も不思議とハマる

◆スカーレット映画感想:理想の女
[PR]
Commented by Gloria-x at 2006-10-02 21:52
あら、意外!acineさんウディ・アレン作品初めてでしたか。
あまりにも意外な作風なので「彼の映画これが初めてって人がいたら固定観念つくかもな~」と思ってたんですよ。
個人的には「ギター弾きの恋」「カメレオンマン」などお勧めです。

ところで、ほんと前半のベタぶりは「ええ~?こんな展開でいいの?」と
心配しながら不思議にグイグイ引き込まれましたよね。

>しかし あそこまで子供!子供! 不妊治療もつき合わされるとつらいよねぇ

ほんとほんと!こっちまでうんざりしましたよ。
でも、あの嫁、良くも悪くも鈍感なのは金持ちで大らかに育った故でしょうね。
一方のスカーレットも急にキーキー言い出して、怖かったし、
あのあたりのジョナサンの追い詰められっぷりは女なのに共感しました(笑)
Commented by sabunori at 2006-10-02 22:22
acineさん、こんばんは!
ジョナサン演じるクリスはなんとも自分勝手な男なのですが、
映画を観ながらいつの間にか彼の行動がうまくいくようにどこかで応援している自分に気づきました。
(これはジョナサンの魅力のせいかしら??)
・・・それにしてもacineさん、アレン映画初めてですか!
私は結構好きでほとんど観ていますが、この作品は今までの作品とは
かなりテイストが違いますねー。
アレン作品の舞台がニューヨークじゃなくてロンドン・・・?なんて思いましたが
出来上がってみればそれはそれで悪くありませんね。
こちらの「MATCH POINT」の写真、ステキです!
Commented by acine at 2006-10-03 08:23
◇Gloriaさん そうなんですよー!あとでよく考えたら、あら?W・アレン
って初めてだわ・・って。そうか・・・これは意外な作風なんですね~。
Gloriaさんのオススメ映画・・・また機会があればチェックしてみます♪
私の妹もW・アレン好きなんですよ~。

ほんと、前半・・・今の時代こんな話ないだろ?!と心配になったけど、
中盤~後半の加速振りが面白かったです!警察官二人のシーンも
えーっ?!ってな展開でご都合主義っぽいのも(笑)。

確かに大らかなのかもしれないけど・・・あぁ鈍感なのは困りますね。
そして、確かにスカーレットも前半はあんな女だとは思いませんでした(笑)。
人間切羽つまると、本性が出るのか・・・でも上手かったです。

そうそう・・・自分も女なのに、何故かジョナサン(男)側の立場に
たって見てしまうのが不思議(笑)!

映画館の人いわく・・・この映画、設定が古過ぎる!男が勝手過ぎる
って、女性はみんな腹が立つー!って文句を言うって言ってました(笑)。
確かにそうだけど、私は面白かったけどなぁ・・・!
Commented by acine at 2006-10-03 08:31
◇sabunoriさん おはようございます。 そうですよね。ホントよく考えりゃ
勝手な男なんだけど、妙にほっとけないというか・・・スカーレットとも
ドロドロしだして、確かに余計ジョナサンを応援してる自分がいた(笑)!

ジョナサン・・・好き嫌い別れるルックスだけど、”ベルベット・・・”見た
時から、すっかりマイってしまった私でした。
この映画ではすっかり危うげな少年くささが抜けて、大人になってましたね~。
その辺がちょっと残念だったけど、すっかり大人になったこれからの
ジョナサンにも期待です!演技は相変わらず上手いし!

いつも予告を見ては、これ見よう!と思いながら、他の作品を見てしまってて、
恥ずかしながら、今回が初めてのW・アレン映画でした。
そうか・・・今回からベースをロンドンに移したんですね~。
アメリカよりヨーロッパが舞台の映画の方が好きなので、大歓迎です。

この画像・・・私も好き!あともう1枚つけましたが、これはスペイン語
ヴァージョンみたいです。これもクールで綺麗。
Commented by kazupon at 2006-10-05 21:33 x
acineさん、そうでしたね、「ベルベットゴールドマイン」は
もうかなり前なのでスッカリ忘れてました自分^^
何故かユアン・マクレガーの方の印象が強くて・。
アレン作品始めてとの事ですが、ここ最近の作品の中では
実はちょっと異色なんですよ。で評判もいいみたいです。
他は結構アレン本人が出てきて、神経質にベラベラしゃべる
映画が多いんですよね^^
個人的には本人が出ない「カイロの紫のバラ」とか
「ブロードウェイと銃弾」なんて今観てもとてもいい映画だと
おもいますので、お時間許すならトライしてみてください!^^
Commented by acine at 2006-10-06 10:20
◇kazuponさん そう”ベルベット・・・”はもう遥か過去ですよね。
当時、ジョナサンはまだ19,20歳くらいではなかったですかねー?!
私もユアンが出るので、見に行きましたが、ジョナサンの妖しさ&美しさに
すっかりハマってしまいました。あの頃と比べると、ジョナサン・・・ずいぶん普通の人になったもんです(笑)。
この映画・・・サントラも凄く良くて、当時よく聞いてました。ジョナサンの
歌も毒気があってよかったんですよね~。

皆さん、今回のは異色・・・って言われてますね。
アレン本人が出て、神経質にベラベラ・・・はちょっとダメかもしれない(笑)。
”ブロードウェイと銃弾”はウチの妹(アレンけっこう好き)もいいよと
言ってたような気がします。”カイロ・・・”もタイトルからして匂いますね。
チャンスがあれば、見てみますねー!
Commented by rabiovsky at 2006-10-06 22:05 x
TBありがとうございました。
ウディ・アレンの映画、初めてでしたか。
今までの彼の作品とはちょっとテイストの違う映画って感じがして
今までのウディ・アレンの映画のファンの方はちょっと戸惑っている
みたいですが、私は嫌いじゃなかったです。
もう、スカーレット・ヨハンソンですよ。あのセクシーさはなんなんでしょうかね。
彼女が金持ちじゃないところがいいですね。
ほんといろんな意味でアッパレですね!(笑)
>面白みのないつまらない嫁
一刀両断ですね。(笑)確かにあんなにうるさいと嫌になるのもわかります。
金持ちと言う部分はおいておくと現実にいそうな感じがするんですよ~。
絶対ヨハンソンはいないもん!(笑)
それ故に貴重な存在です。
Commented by acine at 2006-10-08 08:37
◇rabioさん こちらこそ、有難うございます。
そうなんですよ~。なんと初めてでした。そうそう皆さん、そう言われて
ますが、こんな古臭い話でどうするよ?と思っていたけど、キャストが
バッチリだったし、とても楽しめました。
スカーレット・・・まだ22歳と知りビックリですよ~。日本の同年代の
若い子には望めない雰囲気ですよね(笑)。確かにお金持ちじゃなかった
から、ジョナサンと理解し合えたのかも。
でも、後半のガラっと変わった彼女もまた魅力的&上手かったです。
あぁ・・・嫁!すみませんー。rabioさん、お好きなのに・・・!
いやはや・・・あれはちょっと女に嫌われる女かもしれません(笑)。
敵にまわすと怖そうな(いや勝ち目はない)スカーレットの方が、何故か
女性受けいいと思うんですよ。ほんと。
確かに彼女のようなタイプはいますね。”ブラック・ダリア”も見に行こうかな~。
私・・・結局スカーレット好きです(笑)!
Commented by kiki at 2007-09-02 23:04 x
まさに、ビックリするほど古臭いお話なんだけど、ベタな展開にしたのは運で左右される、というところに力点を置いてるからなんでしょうね。ウッディ・アレンは過去に名作が沢山あり、「ラジオ・デイズ」や「カイロの紫のバラ」など「マンハッタン」「アニー・ホール」ト並んで好きですよ。確かにこれは彼の作品系列の中では異色なんだけど、新生面を出して最後まで見させるというのはさすがに老いたりといえどウッディ・アレン、健在だなと感じました。
Commented by acine at 2007-09-03 09:42
◇kikiさん ほーんと唖然とするような古臭さでしたよね(笑)。でもその分、
確かに運で左右される男が右往左往してる所がとことん際立ったのかも。
でも、2度目見たら、スカーレットに詰め寄られて、情けなさすぎなジョナサン(笑)。
器が小さいくせに、ああのし上がれる事自体不思議でした。
スカーレットが嫁の所へ押しかけてたら、それも面白そうだったのに~!
そーなのです。W・アレン・・・これが初だったので、これからはもっと
見ようと思います。
そーいえば、この前、W・アレン、またスカーレットとバルセロナの街中で映画
撮ってるなんて写真見ました。傍から見放題みたいで、観衆からスカーレットは
”意外と普通ね”なんて感想が出てたとか。
by acine | 2006-10-02 20:17 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(10)