Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

ワダエミさん 講演 その3


e0079992_10544513.jpg 香港・中華圏映画絡みのお話

 そして 衣装の写真や 
 
 思い出した事柄など・・・

 今回にて終了です 





*マギー・チャンとは 宗家の三姉妹からのお付き合いで 仲のよい友人でもあります 
 (ずっと前から この映画見ないと・・・と思いつつ 早10年くらいたってます) 

*宗家の三姉妹でのコンセプトは 中国の生地で西洋服を作る
 西洋の生地でチャイナ服を作るということでした
 三姉妹はアメリカで教育を受けているので 洋と中 
 双方に縁があったというイメージからきています


*HEROでは 初めてのアクションものでしたが
 アクション監督のチン・シウトンは20人くらいのチームで
 剣が得意な人 槍が得意な人 いろいろ別れていて それぞれの得意な人が
 分担して 役者が全てアクションしてるようなシーンを作るので
 役者さん&その人たちの 衣装を各6着ずつ用意してくれ と言われ
 それは莫大な数の衣装を作りました
 (確かに・・・更に色分け分もあるし)

*そして 緑のトニーとマギーの衣装のスライドを見ながら
 これ中国の何かのCMにしつこい位 この緑のパクリ衣装使われてました
 その他 HEROの衣装は その他の中国のCMでも 
 かなりパクられておりました(笑) 


*ドニー・イェンの衣装のスライドを見ながら 
 これは秦に滅ぼされた国のものなので 滅ぼされた国というものは
 資料が残っていません なので 日本の衣装の雰囲気を取り入れています


*始皇帝の鎧も その後の 秦の時代の映画のシーンでは
 必ずこれとソックリな鎧が どの映画でも出回るようになりました(笑)


その他・・・思い出したこと

*(ワダさんが)衣装を作る時は まず本(台本)を読んで イメージ
時代考証や資料を読むのは そのあと・・・らしいです
イメージは私はすぐ浮かぶほうだと思います 
とのこと

*若い人たちのために 大学などでも 時々講演をします
日本や外国 最近では香港でしましたが
日本と外国では 質問の内容や若者の姿勢がまったく違います

日本の服飾関係の学生は 就職シーズンになると
ワダさんの所で働きたいのですが・・・お給料はいくらでしょうか?
一から教えて頂けますか? という内容が多いです
残念ながら 私は人を雇っておりませんし
一から教える時間もありません
私は20代の時は お金になる仕事なんて ありませんでした
そういう苦労するところから始めないとダメです

ちなみに 香港など外国では
私の仕事のやり方から よい意味で 私から何から盗もうか?
何か自分に生かせることはないか? 意気込みが違います
どうやったら 外国で仕事ができるか?その方法は?
その為にどんな準備をしたらよいのでしょうか?
どんなユニオンに入ったらいいですか?
など 皆積極的で 質問も大変具体的です
そのあたりも日本の学生とは全然違うんですね


このあたり 今の日本の退化してるような
人を頼るばかりの若年層と 独立心旺盛な外国の若年層と
かなり違いがあるようです 私も退化しないようにしないと! 

また思い出したら 加筆予定ですが 
このあたりで講演に関する内容は終了です

終わったあとも 興奮さめやらず 同行者とコーヒー飲みながら
講演の内容&ワダさんの生き方について さんざんお喋りしまくりでした!

最後に 当日 日本映画”利休”で 山口小夜子さんが
着用されたという衣装が 会場に展示されていました 
これは 刺繍をされた職人さんが すでに亡くなられておられて
自分でも なかなかこういう衣装は今後は作れないかもしれないと思い
自ら買い取ったものです 
という思い入れのある衣装のようです

こういう衣装・・・どうもコレクターの方が居られるようで
今も来春の個展で展示したい衣装があるのだけど
コレクターの方が なかなか貸して下さらないので
それは展示は難しいかもしれない・・・
なんてお話もされてたので
へーぇ そんなものなんだなぁとこれもちょっと驚き
しかし 一体こういう衣装 いくらするんだろう?
オートクチュール中のオートクチュールですよね?

裏側からでなければ 写真もOK!とのことだったので
せっかくなので 写してきました
e0079992_10423939.jpg

e0079992_10425184.jpg

人がワサワサと群がっていたので これが精一杯
お屋敷の大広間で 金屏風をバックに・・・ 絵になっておりました

来春 桜の季節に 彦根城の築城記念イベントで
ワダさんの衣装展が開かれるそうです
※11/4追記 ワダエミの衣装展 森羅万象in彦根城/京都新聞

ここ(倉敷)からも まだ近いと思いますので ぜひ皆さんいらして下さいとも・・・ 
ここでも またたくさんのワダさんの衣装が見られるようです
*HEROなど 中華圏映画の衣装は お話によるとないらしい・・・

上手くまとまらない文を読んでくださった方 有難うございました!
少しでも内容を!と思い UPしました
[PR]
Commented by mono_mono_14 at 2006-10-27 02:22
恥ずかしながらワダエミさんはかろうじて名前を知っている、というくらいなのですが、acineさんのこの講演会録はとてもおもしろかった! です。
世界の最前線で戦っている人の言葉は、問答無用の迫力と言うか説得力と言うかオーラが出まくりですが、きっと穏やかで柔らかな雰囲気の中にもそういう気が満ちていただろうと思います。素敵な経験でしたね、質問のトップバッターを務めたことも含めて(笑)。お裾分けをいただけて嬉しかったです。どうもありがとう。
それにしても、日本の業界ではほぼ無視されている状態というのは、寂しい話ですね。結局、独り浮きまくることになったまま去ってしまった中田ヒデを思い出しました。
Commented by acine at 2006-10-27 10:08
◇monoさん ワダさんのお話・・・きっと誰が聞いても何か感じるものが
あるだろう内容でした。
monoさんの書かれてる通り、穏やかで柔らかな中で、気が満ちている
ピッタリな表現です。日本では、その閉鎖的な状況もあいまってか、
なかなか条件が合わない。それだったら、必要とされるところへ行こう
という雰囲気でした。しかも、その必要とされた場所のほうが、日本より
うんと凄い仕事だったり、もっと大きな価値のある仕事のように私は思えました。
中田もあのドイツでのまわりの人間のふがいなさに絶望。
彼の気持ちもよーくわかるという気がしました。
舞台は違うけれど、世界で戦うことに関しては、中田よりさらに強力な
才能、経験、実績も持たれてる方なので、これからの活躍にも
ますます期待してしまいます。 
(私・・・どちらかというと中田は天才型より努力型と思ってますが、
見方違ってたら、おゆるしを・・・!)
質問・・・意気揚々と手を挙げたくせに、もう段々としどろもどろに
なってきて、穴があれば入りたいくらいでした〈恥)。

Commented at 2006-10-27 23:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuzuru_yuyu22 at 2006-10-28 16:36
おひさしぶりです。
素晴らしい講演だったようですね!
海外で活動する方の日本観・世界観も興味深かったですが、
映画における衣装のあり方、には私も深く共感しました。
貴重なお話がここで読めて、とても嬉しかったです。
Commented by acine at 2006-10-29 09:08
◇鍵コメさん そうなんですよね。日本は末期症状かもしれない。
そんな人ばかりじゃない。マシな若い子だっている・・・と思いたいけど、
そんな中、自分も一体何から変えたらいいのか、右往左往してる
だけ・・・って感じがします。 難しい時代ですねー。
鍵コメさんはイギリス生活長かったから、思うこといろいろおありだと
思います。
私もどうも日本の本音と建前には・・・共感できない部分多いので、
来世は、いい意味で、本音でOK,自分は自分、人は人、そんな国へ
生まれたいなぁ・・・と思ったりして。
何にしろ・・・衣装、そして今の日本の話・・・とってもいいお話が聞けました。

鍵コメさん、栄転なんですね!
大変そうだけど、きっとその力を見込まれてのはず・・・なので、
頑張ってください。
そのお店の前、通ったことあるかもしれないです。東急ハンズの近く
じゃないですか~? 11月からとなるともうすぐですね。
Commented by acine at 2006-10-29 09:13
◇yuzuruさん こちらこそ、ご無沙汰しておりました。
そう!とてもいいお話でした。衣装に関するお話も素晴らしかったけど、
そういうワダさんの姿勢や仕事の仕方、ポリシーというのが、
とっても興味深いものでした。そしてそんなお話が生で聞けるというのも
貴重でした。
元々日本映画には、いい意味でのファンタジー要素がない・・・と
いうイメージありましたが、そういう背景も影響大みたいです。
そりゃ・・・伸びないよなぁと思ってしまいました。
誰が早くそれに気がつくんでしょうねー?
最後に・・・今年は観戦には出かけられるのですかー?
Commented by kazupon at 2006-10-29 19:36 x
acineさん、3つの記事興味深く拝見しました!
とても貴重なものをご覧になったんですね~
しかも質問まで! その2で書かれているacineさんの質問に対して、
瞬時にそれだけの答えと情報が帰ってくるというのは
もっともっと熱い思いが作品ごとにあるんだと思いました。
間違いなく、世界の映画の歴史に名前が残る方だと
思いますので、acineさんにとっても思いで深いものに
なったんでしょうね^^羨ましいです。
倉敷なら無理したらいけたなぁ(笑)
Commented by RIN at 2006-10-30 01:55 x
記事、3つとも、とても興味深く拝見しましたーっ!
私も、kazuponさんと同じく、「無理したらいけたなあーっ!」
と、残念無念!
でも、来春の彦根城イベント楽しみにしてます♪
そうそう、キンキライーモウ新作は、ワダさんじゃないんですが、
チャン・チェンの「呉清源」の衣装は、ワダさんのはずですよ!
Commented by acine at 2006-10-30 20:55
◇kazuponさん そう!恐れ多くも、質問までしてしまったんですよ~。
しかも最後はもう日本語になってない質問(恥)。 ほんと、そうですよね。
どんな質問が来るかわからない中で、さっとまとめておられましたもの。
その進行といい記憶力といい内容といい、同行者と頭いい人だよね!と
しきりに感心してました。
そう、きっと各々の作品、衣装にワダさんの歴史&熱い思いありですね。
本当は、スライドでの衣装説明も、いろいろ言われて他のですが、
なかなか文にするのは難しいので、割愛しましたが・・・、それも
含め、充実の2時間弱でした。本当に世界の映画史に名が残る人・・・
冥土のよい土産になりますよ~。絶対!
kazuponさんも同じ空気を吸っておられたチェン・カイコー以来の感激
でした。あぁ・・・ここでアナウンスしておくべきでしたね~。

Commented by acine at 2006-10-30 21:18
◇RINさん 読んでくださって有難うございまーす!
あぁ・・・RINさんも・・・! 関西&中四国あたりの興味ありそうな
ブロガーさんには、お伝えすべきでしたねぇ。 すみませーん。
そうそう!彦根城イベント・・・ぜひ行ってみてくださいね。
多分、場所柄、和が中心の衣装みたいですよ~。
私も・・・行っちゃおうかな? なんて思ってます。
キンキライーモウの話はされてなかったので、やっぱりそうだったと
安心しました。ワダさんとは違いますよね。あれ。
でもジェイのシルバー・・・カッコいいですよね。お風呂のシーンは???
だけど(笑)。 チャン・チェンの「呉清源」はそうなんだ!楽しみー!
中国だか、韓国だかの新作(タイトルも監督も不明)の話をチラっと
されてて、じゃ、それがそうなんですねー!楽しみ。
Commented at 2006-11-03 08:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2006-11-03 23:46
◇鍵コメさん 移動したら、いきなり連休で大変ですね。
人間関係グチャグチャって一番つらいですよね~。仕事がきつい方が
きっとまだまし。しかもお局もいるー?!でも、悪いほうに考えてると
悪いほうへ行くから、鍵コメさんが書かれてる通り、派閥をぶっ壊す!
そういう風にポジティブに考えていくの賛成!鍵コメさんなら大丈夫!と思う。
大変そうだけど、頑張ってー!あんまりプレッシャーに感じず自然体で
立ち向かってください。
心斎橋の辺りに行ったら、寄りますねー!
Commented at 2006-11-05 19:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2006-11-08 10:03
◇鍵コメさん おはようございます。 ほんと、肉体的より、精神的は
疲れますよね~。挨拶できないなんて、ダメ!挨拶は基本!
でも、挨拶するまで・・・ってえらいわ。鍵コメさん。
でも、あんまり疲れないように、ほどほどに頑張ってねー!
私も、ボチボチ、ドラマ見てるくらいですよ。そうか2には彼も出てるんだ~。
昨日から、すっかり寒くなったので、風邪には気をつけてくださいね!
私も鼻がおかしいし、どうも頭も痛い、ここ1,2日です。
Commented at 2006-11-08 19:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2006-11-10 08:44
◇鍵コメさん おはようございます。
風邪大丈夫ですかー?! ほんと、火曜はすっごく寒かったもの!
休みはゆっくりすることも大事です。
ゾンビの館ー?! そりゃ大変だわ・・・。
やる気がなく・・・間違ったプライド・・・そんな子今時多いよね。
でも、鍵コメさん、戦いすぎて、精根尽き果てないように・・・
自分の為に余力は残しておいてね~。あんまり考えすぎないように・・・と
心配してしまいます。で、髪切ったのー?!ビックリ。
今度、会うことあったら、全然イメージ違ってるかも。
2も面白そうだよね。あと、今週やっと、如果・愛公開ですね!
来週見に行く予定です♪ 楽しみー!
by acine | 2006-10-25 10:49 | cosa cinema シネマごと | Comments(16)