Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

The Black Dahlia   ブラック・ダリア ’06 アメリカ

e0079992_912228.jpg

監督:ブライアン・デ・パルマ 原作:ジェイムズ・エルロイ
このポスターの通り 妖しげで残酷なフィルム・ノワール&人間ドラマ
フイルムの色といい 俳優の衣装 当時のインテリアや車といい
映画館で見ないと勿体ない 何とも映画らしい 往年の映画らしい雰囲気
40年代後半 実際に起こった 女優志望の娼婦の猟奇殺人事件がベース
*ネタバレあり

冒頭のジョシュ・ハートネットとアーロン・エッカートと
スカーレット・ヨハンソンの出会い~ボクシングの試合
(本編と全然関係なかったような気がするけど)
そして 男二人は刑事としてコンビを組み 一緒に仕事をするようになり
そこで起きる ブラック・ダリアことエリザベス・ショート殺人事件
そこからどうも歯車が狂いだす はたから見ると不思議な関係の3人

冒頭にも書いたけど 古き良き時代のハリウッド映画っぽい
セピア色がかったフイルムの色 雰囲気はすごくいい
変にカッコつけない 俳優の写し方もシンプルでいい
ある部分の違和感を除いて ぐっとスクリーンに引き込まれる

登場人物が多くて 名前と顔がなかなか一致しなかったり
え? この人たちはどういう関係? なんて思いながら見て行くうちに
人間関係が交錯し もつれて行く・・・
後半の大車輪な ちょっと都合がよくてテンポよすぎる
あんまり時間を割かない 種あかしには驚かされるけど 
何ともダークで 謎めいた雰囲気は 全編を通じてすごく良かった

ある部分・・・とは ジョシュ・ハートネット
うーん まだ青い 大作に抜擢され頑張ってるのはわかるんだけど
どうも気になるあの眉毛(笑) ガタイよくスクリーンでの全身は
映えるんだけど どうも表情がどうもこわばってるというか 
演技が一辺倒で あんまりバリエーションがないのがキツい・・・
アーロンのあのシーンでも もっと表現の仕方があるんじゃ?!
と思ってしまった 嫌いではないけど・・・要修行

それに対し 大人のアーロン・エッカート 上手かった
歳の功だけあり 余裕の演技 苦悩するシーンも上手い
もしかして 顔デカい? 背あまり高くない?
でも あぁいうクラシックな雰囲気 よく似合ってました
私がスカーレットなら 青くさいジョシュより
大人のアーロンの方が絶対いいと思うけど・・・

そして スカーレット・ヨハンソン
クラシックなコスチュームにクラシックなメイクにヘア
似合ってましたが 時折オバさん風な髪型もあり あれ?
彼女 見方によっては 綺麗なんだかそうでないのか 
よくわからない時がある 今回は特にそう (でも好きだけど!)
あと今回は今イチ 殻破れず? 平凡な出来だったかも
もっと彼女だったら 出来ると思うんだけどな 

そして オスカー女優のヒラリー・スワンク
演技はともかく あんまり顔も雰囲気も好きじゃないし
エリザベスとソックリ? そうかなー?! という感じで
彼女のシーンには入り込めず もっといい女が演じた方が
よかったんでは? スタイルは抜群だったけど・・・華が足らないんだなー
美しいドレスを着て 綺麗なアクセサリーをつけて 
○ッチになっても どうも役不足 雰囲気合わない

e0079992_9343338.jpg


いい女といえば エリザベス役のミア・カーシュナーは間違いなくいい女
クラシックな美しさ モノクロのフイルムの中でも
ミステリアスな妖しさが光ってた すごく綺麗な人!
そういう不幸な境遇で 女優を目指すものの 
怪しげな世界へ足を踏み入れてしまった哀しい目とあの佇まい 
今回の女優陣ではピカイチ この映画の世界を一番上手く表現してたと思う

女優陣といえば あのお母さんは凄い! 怪演あっぱれ!
出てきた時から何?この人?だったけど いやー凄かったです

ラストの芝生の上・・・夢に出てきそうで怖かった!
あの現場でのシーンも怖くて見れなかった・・・!
レイトショーで こんな映画見るもんじゃありませんね 怖いわー!
この映画はドラマ色濃かったけど 残酷系・ホラー系 苦手!

今日の映画 77点

ブラック・ダリアの前に 
007 カジノ・ロワイヤルの予告編 スクリーンで見れたので満足 
あのクールな佇まいにあの低音・・・ダニエル・クレイグ カッコよい!
ミア・カーシュナー・・・誰かに似てる 誰かに似てると思ってたら
今回のボンド・ガール エヴァ・グリーンに似てるんだわ (単にメイク?)
[PR]
by acine | 2006-11-01 09:38 | Estados Unidos 米映画