Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

Little Miss Sunshine  リトル・ミス・サンシャイン ’06 アメリカ

e0079992_1657525.jpg

年末に行けなかったので 年が明けて鑑賞 今年2本目
 (1本目は またしても某スパイ映画・笑)

*ネタバレあり
 
眼鏡をかけたちょっと太目のオリーブは 
地区の繰上げ代表となり カリフォルニアで行われる
子供のミス・コン "リトル・ミス・サンシャイン"に 出場することになった
そんな娘について ポンコツのワーゲンのバンで出発することになる家族
ファミリーものロード・ムーヴィーって珍しいかも

成功論にとりつかれる父親と この中ではマトモな母親
空軍のパイロットになるまでは喋らないことにした反抗期の兄(息子)
ヘロインをたしなむ ナチスとも戦ったという ワイルドな祖父 
好きだった男にふられ自殺未遂をはかった伯父(母親の兄)も
放っておけないので なぜか同行

あれよあれよと言う間に ノリよく出発してしまうのがおかしい
道中も ワイルドな爺さんは孫息子にとくとくと女のススメを説き
父は契約目前の仕事を破棄され激怒し ちょっと脱線
しかも 車は超ポンコツゆえ エンジンがかかっても進まないので
みんなで押しながら発進する(笑) クラクションはなりっぱなし 
最後にはドアまで外れる始末・・・

そんな中 あっと驚く出来事が家族を襲う
しかも そんな○○を運び出し車に乗せてしまうのだ!
笑っちゃいけないのに 思わずぷっと笑ってしまった
あとハイウェイ・パトロールに 見つかるシーンも面白すぎ
不謹慎なんだけど笑える このあたりのさじ加減絶妙

一見 上手くいってないような家族だけど
トニ・コレット演じる母親を中心に 実はとってもまとまってるいい家族なのだ
心を閉ざしたかのように見える兄の心を 自然にほぐしていく自らも傷心の伯父
パイロットになれないとわかり そっと兄の肩に手を置くオリーブ
娘&孫娘の為なら労をおしまない両親と祖父 みんないい奴!
どこかにいそうな家族像がいい感じだった

しかし アメリカ映画見ると 本当に食生活はなってないな~と
いつも驚く あれじゃ太るよ 成人病になるよ 
食事の飲み物がスプライト?! うわーカンベン!

押し付けがましくなく さりげなく家族をまとめてる
母親のトニ・コレット 彼女の演技はいつも凄くいい
心が徐々に通じ合う 伯父スティーヴ・カレルと息子(甥)もすごくよかった
この息子 ポール・ダノ・・・どっかで見たなーと思ってたら
キング 罪の王に出てたあの息子だったんだ~ なかなか演技派だ

e0079992_17191460.jpgそしてなんとも可愛いのが 主人公のオリーブちゃん!
お腹ポコン ちょっと肥満児?
あの体型でミスコンへ出るのが笑えるけど
わざと太く&不細工に見せてる感じ 
本当だったら 充分ミスコンへ出れそうな可愛い子  
心に傷を負った伯父さんとも対等に喋ってるし 聡明 
コンテストで おじいちゃんから伝授された
”Super Freak"(ウケた!この選曲) を
踊るシーンは 面白かった! 

周りがどう思おうとかまうもんかで 
オリーブちゃんを盛り上げる この家族の姿がよかった
しかも二度と来るな・・・のおまけつき
だけど めげずにさっそうと また皆で押し押し 
オンボロバンで帰る姿が心地いい

それにしても ミスコン・・・ジョン・ベネを思い出すような風景
しっかり化粧して大人顔負けの衣装を着て 媚びも売る
だけど いかんせん子供体型 なんかアンバランス
しかも ショーアップ具合もけっこう派手で
アメリカって凄いなーと ある意味感心
あとゲストのミス・カリフォルニアが日系人だったことも意外性あり

だけど ハレンチ娘呼ばわりされ 出入り禁止をくらった 
あのオリーブちゃんの踊りが そんなにマズかったんだろうか~?!
媚売りまくりのこまっしゃくれた子より よっぽど可愛かったけど(笑)

予告ではもっとクセありかと思ってたけど
ヒネリもあるけど とっても素直にストレートに作ってある
後味のとってもいい映画でした 正月明けにもピッタリ
負け組も捨てたもんじゃない・・・と  頑張ろう!私も!

今日の映画 78点
[PR]
Commented by sabunori at 2007-01-09 22:07
acineさん、こんばんは。
観た後に気持ちよく劇場を後にできる作品でしたね。
そうそう、なんだかわからないけど「自分も頑張ろう!」なんて思っちゃう映画。
今回の旅行の機内でもこれをやっていたのでついついまた観てしまいました。(笑)
やっぱりあのオリーヴちゃんのダンスシーンでは思わず大笑いしながら
うっすらと涙目に・・・。
まわりの人が観たらちょっと怖かったと思うわ〜。
Commented at 2007-01-10 01:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2007-01-10 09:49
◇sabunoriさん おはようございます~。
そう・・・決していいことばかりではないのに、なんだか気分よく後味
よかったですね!機内でもやってたんですね。そうそう、あのオリーブ
ちゃんのダンス・・・確かに泣き笑い。サポートする家族の姿も
泣き笑いですよね~。でも機内での映画、ビンゴだったら嬉しいですよね~。
私は過去よかったのは、見逃してて嬉しかった”ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ”
だったかな(笑)。 TBもありがとうございました!
Commented by acine at 2007-01-10 10:44
◇鍵コメさん おはようございます~。
そーですよね。この状態では迷ってしまいますね(笑)。
そういうお喋り系カテゴリ作ればいいんだけど気にせず、目についた
ところへ、適当に書き込んでもらえればOKですよ♪

オリジナルと変えてない・・・って最近のアメリカのリメイクにありがちな
パターンですよね。”バニラスカイ”とか、もう唖然としましたもん。
だけど、絶対オリジナルの壁は越えられないもんです~。
なので、Dもきっとそうだろう・・・とハスに構えて待ってます(笑)。
私、大変単純で、ハマりやすい人間なんですが、アマノジャクなB型
ですので、その辺り楽しみにしております(笑)。
でも、アイリッシュマフィアには???ですよー。香港アンダーグラウンド
とは、きっと全然違ってそうですよね。

また遊びに行かせてもらいますね!
Commented by kiki at 2007-01-10 12:34 x
こんにちは。また来ました。(笑)もう本当にものすごい量の映画を観ておられますね。アッパレ。というか、素直に驚きました。かのIAについて書いておられる記事はいずこにありましょうか?続編の部分しかみつけられず…。
これ、ディパーテッド観て何か書こうと思うなら、まずどうしてもIAは観ておくべきですね。ちゃんと完全に。…う~む、またがんばってみます。
Commented by acine at 2007-01-10 16:29
◇kikiさん こんにちは! いえいえ、嬉しいですよ♪
このブログ自体は1年半近くですが、ブログ生活始めて2年半になる
ので、その間のを貯めてたら、こうなりました(笑)。
でも、きっと映画ブログとしては、数少ない方かもですよ~。
年間100本とかいう方一杯おられますもんねー!感心。
私はどうも好き嫌いが激しく、好きな映画のジャンルが凄く偏ってるので
そんなに本数は伸びず・・・時々何かにむしょうにハマる・・・というパターンかな。

それがIAはブログ始める前に見てるので、記事はないんですよ。
ごめんなさいー! どうも好きすぎてなかなかまとめれない・・・という
のが正しいかも。バッタもんの前にぜひ見れたら見てみてくださいな♪
Commented by kiki at 2007-01-10 16:59 x
あまり本数をみると、ただ観るためだけに観ているという感じになりかねないですしね。ワタシは「カジノ」公開が終わってダニエルの新作が来るまでの間、今まで観たお気に入りの作品についてまとめてみようと思ったりしていまする。ワタシも凄く偏ってますよ。1年間映画館に行かない年もあります。まあ、そういうときはケーブルで観てるわけですが。年間何本みればどうこうって問題じゃないと思ってるので(笑)キモチが動いたときが大事ってことですもんね。またちょこちょこお邪魔いたします。
Commented by kiki at 2007-01-10 17:01 x
すみません。追記で。
IAの記事、無いんですね。…凄く読んでみたかったのですが…。
分かりました。なんとか自分で真打を観てからバッタモンに赴くことに致しまする。(何度も書き込み、すみませぬ)
Commented by acine at 2007-01-11 20:38
◇kikiさん こんばんは!
やっぱり人それぞれキャパがありますねー。私はよく見た去年くらいが
精一杯くらいかも。でも、本数しっかり見られる方もホントに凄いと思いますよ~。
私はどうも好き嫌いが激しいので、食わず嫌いも多いんです。きっと(笑)。

kikiさんのお気に入り映画、興味津々。楽しみだなぁ・・・!
そうなんです・・・。祭が終わったらちょっと寂しいですよねー。
私は多分、見納めまた行きますよ(笑)。今、原作も買ってきたところです。

IA・・・残念ながらすみませんー。気力の満ちた時にいつか書きたいと
思ってますが、思い入れがありすぎて、なかなか書けませんー。
もしかしてバッタモン見たら、むしょうに意欲が湧いてくるかも?!

またいつでもいらしてくださいねー!
Commented by rabiovsky at 2007-01-14 01:32 x
こんばんは。
ひとりひとりがキャラが濃い過ぎて、目標もバラバラ
それがミスコン会場まで行く過程で再生していく様は素晴らしいですね。
あのガソリンスタンドでエロ本を買わせるおじいちゃん直伝のダンス
をみんなで踊る所で最高潮に達して、ミニバスでゲートを壊し
ながら進むところなんて心地よかったですよ。
だけどあの子供達のミスコンに出てくる女の子たちはどうもうけつけ
ませんよ。なんか気持ち悪かったです。
その分、あの家族がぶち壊してしまうのが嬉しくて(笑)
今年の初映画がこの映画でよかったです。
Commented by kazupon at 2007-01-14 17:09 x
正月某スパイ映画が1本目で2本目がコレってまったく同じです(笑)
あのラストのミスコン出場者がめちゃくちゃ極端だったのが
ちょっとやりすぎかもと思いましたが(笑)考えるとあれを観たことで
ウチの家ってまだマシじゃんとあのヒッキー兄貴が思ったのかもしれない
ですよね(笑)
実際現実的にはああいう家庭ってかなり一般的なんじゃないかと
思いました。映画ではセレブしかでてこないの多いですしね~
Commented by acine at 2007-01-15 16:58
◇rabioさん こんばんは!
確かに、一人一人濃いわ、変わってるわで、だけど、オリーブちゃんを
中心に、まとまっていく様は見事でした。
エロ本・・・大笑いでした。だけど、あれですんだあの家族は幸せですよね(笑)。
私は、あのシーン思わず白バイ野郎ジョン&パンチを思い出しました。
(rabioさん、知ってます?)
あの女の子達怖かったですよねー。あのオバさん、オリーブちゃんの
ダンスには怒りまくって、媚び売りまくりダンスには何も言わないのも
おかしいですよねー。あの辺・・・アメリカの価値感ってよくわかりませんー。
ほんと、あの一家がぶち壊してくれて、万々歳でした!
Commented by acine at 2007-01-15 23:04
◇kazuponさん 3本ともホントにTB&コメントありがとうございます~。
ははは!1,2本目一緒でしたね(笑)。kazuponさんとは殿下初来絶賛とか、
陳凱歌&C・ドイル@神戸とか、時々、不思議なところでシンクロしてますよね~。
いやいや・・・とっても嬉しいことです。
そう、あのミスコンはうすら寒いお嬢ちゃんが一杯で怖かったですよね。
そうか、あれはワザとだったのかも。
確かにヒッキー兄貴の変化は楽しかったですね。私は”ウェルカム・トゥ・
ヘル”のメモを伯父さんに見せた時点で、この子は全く正常だ・・・って
思いましたもん(笑)。そりゃあのメンバーに囲まれてたら、あぁも
なってしまうでしょうね。でも、確かに国は変わっても、こういう一家って
普通かもですね。で、ちゃんとまとまるんだから、まともな家ですよー。
まとまらない家族も多いと思ったり。

Commented by kiki at 2007-03-07 12:18 x
acineさん。録画した「インデペンデント・スピリット・アワード」
を観てたら、これが随分あれこれと賞を取ってましたよ。
そういえば、これはacineさんがレビュー書かれてたなと思って。
前の書き込みは全然関係ない事でしたね。お恥ずかしい。
これは随分、いい感じの映画みたいですね。アラン・アーキンも
かなり良かったみたいだし。トニ・コレットはいつでもどこでも
いい仕事してますね。今となってはDVD待ちだけど、楽しみに待つ
ことにしますわ。ってあーもう、待たねばならぬものばかり…。
Commented by acine at 2007-03-08 10:02
◇kikiさん 充実のレポート読ませてもらいました。ダニエルも断然
こっちの方が、カッコよかったじゃーありませんか!
昨日、たまたま新聞でもこのインデペンデントとアカデミーを取り上げた
記事が載ってて、インデペンデントの方は、制作費が何億円以下、そして
映画ファンの投票で決まる・・・みたいなことが載ってて、こっちの方が、
きっと映画好きな人の感覚に近い賞なのかもですね~。
これは、なかなかおもろい映画でした(笑)。とことんアメリカーンなんだけど、
シニカルな笑いや、繊細さもあって、なかなかいい感じ。ただ、作品賞
とかいうと、小粒かな~。佳作程度って感じかな~。
私自身は型破りな爺さんだったアランより、ゲイの伯父、スティーヴ・カレル&
ヒッキーな息子、ポール・ダノのコンビがすごく好きだったのでした。
トニは個性的な顔だけど、演技力確かですよね。私も好き。
by acine | 2007-01-05 17:27 | Estados Unidos 米映画 | Comments(15)