Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

Marie Antoinette  マリー・アントワネット ’06 アメリカ

e0079992_0637.jpg

ソフィア・コッポラがキルスティン・ダンストと組んだ いわずと知れた歴史モノ 
クラシックな中に 現代感覚の残るアメリカ娘キルスティンを据え
そして 今風音楽と組み合わせることで 気軽に見れて
モダンでクラシックな 個性的な歴史&コスチュームものになった

そして ソフィアお得意のガーリーな世界が全開! 
それはそれは 甘ずっぱい世界が繰り広げられる
いやいや これは楽しかったの一言! たたみこむような夢の世界

ウィーンを出発し フランスに嫁入りの際
引渡し儀式 (あくまでも国同士のモノ扱いなのね)で
出身国のものは 行く先の国では身に着けてはいけないと
服をまるごとフランスのものに着替えさされ
可愛がってた犬まで取り上げられるアントワネット

そして 決して美男でもなく さほど頭もよさそうにも見えない
ルイに嫁ぐものの・・・なかなか自分に手を出さず 今イチ心も通わないルイ 
世継ぎを産まないと(しかも男) お前の価値はない・・・と責める周辺
この辺り 彼女達に課せられた仕事は 古今東西まったく同じ 気の毒だ・・・

豪勢な生活の中にも いろいろ悩みはあるが・・・
そんな部分や ホントだったらドロドロ渦巻いてるはずの
愛憎関係・陰謀などはカット そういう部分をさっぱり程度に
留めてるのが この映画では正解!

そんなことより 豪勢な宮廷生活での
コスチューム、ヘアスタイル、アクセサリー、扇子、靴、花柄の洪水
美味しいもの、食事、ケーキ イチゴとシャンパン 美しいインテリアetc・・・
そっちに重点を置いたのが 企み成功!

これ間違いなく 女性の好きなアイテムてんこもりだから・・・!
これを息もつかせず延々見せられると 誰もが ぽぉーっとなってしまうはず
多かれ少なかれ かつては 誰もがそういう少女マンガ的世界を
楽しみ 夢見たはずだから・・・(笑) こういうストーリーは魅力的
こういう 可愛いもの 綺麗なもの 美しいもの 美味しいものetcの誘惑
この大洪水には 年令に関係なく 女は誰も勝てないと思うな・・・ 

衣装を見ながら アクセサリーや靴も見て インテリアも見て
うわー・・・! という場面の連続なので 忙しいけど楽しいわ!
冒頭から この世界にすっかり入り込んで うっとりしておりました(笑)
あんな生活1日でもいいからしてみたいものだわー
美しいドレス着て 昼間からイチゴとシャンペンで 遊びまくるなんて!

これは 女性監督にしか撮れない 
女性ウケする映画の典型という感じ 確信犯
だけど あざとくないというか あくまでも自然なのがいい
英語圏じゃないのに 皆が英語喋りまくる映画は嫌いだけど
この映画は そんなに気にならなかった

e0079992_0334738.jpg


キルスティン・ダンストが この役に凄くハマってたのもよかった
スパイダーマンシリーズが ウソのように可愛かった!
 *キルスティンもともと嫌いではなく どちらかと言うと好きな部類
動作などアメリカ人らしさはちょっと見え隠れしたものの
白く美しい肌 ピンク色の頬 ブロンドの髪 華奢な体
彼女の どこかヨーロッパ的なルックスが よく効いていた 
それにしても 凄いレベルの美白肌・・・!
自然体の演技加減も丁度良く ソフィアは
彼女のよいところを 余すことなく撮ってあげてる感じ  

レディースデーで 女性だらけの観客席
うっとり具合&夢心地が 最後まで続いたのか
エンドクレジット終わるまで 席を立つ人がほとんどいなかった
皆さん いい夢を見させてもらったらしい・・・ 私も・・・(笑)!
見終わったあとの 楽しい夢から醒めたような・・・
同時に感じる儚さ・・・心地よかったです  

普段 あんまり可愛い系のモノは好きじゃなかったりするけど
たまには こんな大甘可愛い系もよいもんです(笑)

それにしても 本当にヴェルサイユ宮殿で撮ってるから凄い!
私 10年以上前に行ったことあるんだけど 
そうだった こんなとこあったあったよなーなんて思い出した
マリー・アントワネットのベッドもこんな感じだったよなーと思いながら見た
そういう点でも大変豪華な映画です 本当の歴史の舞台でやってるんだから
衣装もアクセサリーetc・・・一体いくらお金かかってるんやら?!

でも よくある歴史もの&コスチュームものにならず
女性のハートをつかむという点では すごく上手い映画!

忘れたい映画のいい口直しになりました
これ2回見てたほうが よっぽど良かった

今日の映画 80点

セクシーでワイルドで可愛い ダニエルで攻めるか? 
 *ボンド史上初 女性プロデューサーが選んだ
  ボンド:ダニエル その狙いは的中!
こんな大甘の女性好みアイテムてんこもり路線で攻めるか?
どっちの路線もアリでしょう・・・ 正反対だけど これは王道!

女性ウケという点では 僕の恋、彼の秘密 かもめ食堂
このあたりも また王道でしょう
[PR]
Commented by kiki at 2007-01-25 12:00 x
こんにちは~。
これ、良かったんですか。 なるほど~。
ソフィアが撮ってたのか。なんか主演のキルスティン
だけ、ドドーーンと前に出ていたので気づきませんでした。
どうせ末期はああいうことになっちゃって、誰もが知ってる
悲劇の結婚なわけだから、100%だぁーって、うふふふふん
という路線で宮廷生活を垣間見られたほうが面白いのは
確かにそうかもって感じですわん。観る予定無かったけど
観に行こうかしらん。
何かほわんほわんしそうですわね。むふ。
Commented by acine at 2007-01-25 16:44
◇kikiさん こんにちは!
これは予想以上に良かったです。ドロドロ部分を潔くカットしてて、
甘ーいケーキ部分をを延々味あわせてくれるので、すごく楽しい!
夢心地でした(笑)。宮廷生活もどこまでホントかわかんないけど、
コッポラブランドで、本場で撮ってるだけあり、そーだったのかもなーと
思わせる説得力がありましたよ。
そうそうほわんほわんとして、思わず見終わったらほわーっとなりますよ。
周りの人もきっとそうだったはず(笑)。
ダニエルとはまた正反対の女性ウケ路線の王道です。これも。
Commented by Gloria-x at 2007-01-25 23:39
ほんとに楽しかったですよねー、うっとり♪
そういえばわたしが観た劇場もエンドクレジットが終わっても
みんな放心状態で座ってました(笑)
ただただポップでガーリーなだけじゃなく、登場人物の感情の揺れもきちんと描いていて、しっかり作られてたのもよかったです。
ソフィア・コッポラは「ヴァージン・スーサイド」が中途半端、
「ロスト・イン・トランスレーション」はNGだったんですが、
この作品で評価が変わりました。
Commented by acine at 2007-01-26 17:16
◇Gloriaさん ほんとこれは楽しかったー!Gloriaさんが見た時も
皆さん放心状態でしたか~(笑)!不思議ですよね。あれ。
なぜかぽぉーっとしてしまう洗脳力ありますよねぇ。じっくりディティール
見るのに、もう一回見てもいいかも。でもどんどん場面が変わるので、
ゆっくりドレスetc・・・見る暇ない感じですよねー。
そうそう感情の揺れや不安もきちんと描かれてたのもいい。
どうなるか?と心配してたルイも段々顔がひきしまってきたし。
”ヴァージン・スーサイズ”は衛星で見て、ウロ覚えだけど、あれもガーリーで
儚い雰囲気だったような気が。 
”ロスト・・・”はスカーレット&ビルが出てるので、見たいなぁと思いながら、
未見なんですよねー。
Commented by kiki at 2007-01-26 19:02 x
こんばんは。
横レスしてすみませぬが、「ロストイン~」はちとタルイなぁと…。
この前スターチャンネルでやってたので、久々に観てみたのですが
封切り時に劇場で見たときは悪くないと思ったんだのに、どうも
今回は見ててタルくなっちゃって、途中で鑑賞中止しました。(笑)
あれは好き嫌いの分かれる作品かもしれませぬね。
ビル・マーレーの「ひたすら困惑」状態が、なんだか役の設定だけ
じゃなく、ほとんど地でいってたんじゃなかろうか、と思われた
二度目の鑑賞でした。ひどくお疲れなご様子でした。
Commented by acine at 2007-01-26 22:41
◇kikiさん こんばんは~。
いえいえ、そうか~”ロスト・・・”はそうなんですね。
ハマれない人も多いらしいというのは知ってたけれど。
ま、それとは別にスカーレット鑑賞で見てもいいかな?と思ってまして(笑)。
ビル・マーレーって最近そんな”ひたすら困惑”状態演技の映画
続いてますよね。確かにあれはほとんど地のような・・・(笑)。
でも、地でお金稼げるってのは、俳優として実は凄いことなのかもー。
私、スカーレットは”真珠の首飾りの少女”の方が見てみたいのです。
ただ、なんとなくシリアスそうなので、敬遠気味でまだなのです~。

そーいえば、kikiさん。29日にダニボン・・・北京へ来るらしいですね。
ちょっと距離が縮まるので、ちょっと嬉しかったり(笑)。黒子も来るんだろうかしら?!
Commented by kiki99999 at 2007-01-28 08:40
acineさん。
スカヨハはかわゆいですよん。ぷりんぷりんしています。内省的でちょっと気難しいところもある文学少女系の若妻をうまく表現しています。一度は観ても悪くないですよん。「ロスト~」。
29日に北京上陸ですか。中国本土ではこれから公開なんですかね。
ほひょう~。でも北京になるともう欧州の方に近いですからね。それこそ上海あたりまで来てくれたら、九州あたりからひとっ飛びの距離にいらっしゃるのねん…とか思ってウキウキしてしまいそうです。中国広いから大都市を幾つか廻ったりするのかしらんらん。きっと黒子もがっちり一緒ですよ。間違いない。…ふう。(kiki)
Commented by acine at 2007-01-28 19:15
◇kikiさん そうか~。かわゆいのか・・・。私、スカーレット妙に好きなんですよね(笑)。
そうか、じゃやっぱり見てみよう。”真珠・・・”の方は、キリアンも出てるので
それもちょっと気になってるんですよ。

北京、そうえいばもう明日ですよね。また写真が出回るかな?ちょっと楽しみ。
そして隣には黒子が・・・。ふぅ、もれなくついて来るか・・・(笑)。
確かに北京は遠いですよね。関係ないですが、私、たまたま飛行機で
隣だった北京出身の中国人の人(東京在住)に、”あなたは典型的な中国の北の顔。北京にはあなたみたいな人一杯います”って言われたことあります(笑)。
しかも”話してるとあなたは日本人らしくありませんねー。
あなたの考え方はとっても大陸的!”と、大陸の方に”大陸人らしい”と
太鼓判押していただいたことがあったり・・・(笑)。
そうそう上海だったら、ウチの辺りからもけっこう近いですね~。
近くの空港からも上海便出てたりします。ダニボン@中国ちょっと楽しみにしてよう・・・。
kikiさん、もしかしてお仲間になったのかしら~?!
Commented by kiki at 2007-01-28 22:15 x
こんばんは。
前から、こっちに箱だけ作ってあって、中身を何も入れてなくてほったらかしにしてたんですけど、kiki的の方とカラーの違う映画のレビューなんかは、こっちに作った箱に入れようかな、なんて思って移植作業なんかをしている最中にこちらにコメントしたもんで、唐突にエキサイトな感じになっちゃったんですよ。あれれれ?と思ったんだけどなにぶん不慣れで分らないもんでそのままいっちゃったらIDが出ちゃって(えへへへ)ブログ用のはちと、また変更したのですけれど。むほほ。こっちの箱には主に日本映画とか小説の感想とか、そんなのを入れようとか思ってるんですよん。acineさんは日本映画あまりお好きじゃないんですよね。にょほほ。
Commented by kiki at 2007-01-28 22:15 x
追伸でごんす。
あ、そうそう「真珠の耳飾の少女」はいいですよ。物凄く好きです。私。
もう、画面が本当にフェルメールの絵みたいな色彩で、16世紀の世界に
さーっと入ります。私はコリン・ファースも好きなんですけど、彼がロンゲで憂鬱げなまなざしなんかしていると、かなり来ます。これは必見ですぞ。acineさん、大陸指向なんですね。うふふ。前にB型とおっしゃってたけど、A型じゃない日本人は、割に大陸的な感じで行けるのかもしれないですよね。漠然とそんな気がしていまするが、いかがでせうか?
Commented at 2007-01-29 00:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-01-29 01:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2007-01-29 09:26
◇kikiさん おはようございます~。そうなんだ~。
それで唐突にエキサイトな感じになったのですね~。了解!
そうそう会社違うと、微妙にやり方違いますもんね。私も前、某ブログ
で作ってみたものの、どうも慣れなくて、やっぱり慣れてるエキサイトが
いいや~と思って、そっちは公開せずじまい・・・でした。エキサイトはシンプル
なのがいいんですよね~♪ また開かれたらお邪魔させてもらいます。
でも、確かに・・・私は日本映画めったに見ないなー。非国民(笑)。

私、耳飾りじゃなくて、首飾りって書いてた・・・(笑)。どうもどこかで記憶が
すり替わってたみたいです。アート性も高そうですよね。この映画。
コリン・ファースは私は今までノー・チェックで来たのですー。
近々、見てみますねー。
Commented by acine at 2007-01-29 09:28
◇kikiさん 続きです。
確かに、中国人B型多いらしいですねー。
B型はただストレートに我が道をゆきたいだけ(その他の興味のないことは
エネルギー注ぎたくないし、どうでもいい・・・笑)。
B型の人と話すると、B型は本音と建前社会、日本では息苦しい・・・
という結論になりますねぇ~(笑)。
ラテンはO型多いらしいし、私BO型のBなので、O型の気持ちもよくわかったり(笑)。
kikiさんは何型なのかしらー?!
Commented by acine at 2007-01-29 09:35
◇鍵コメさん おはようございます~。
やっぱり、ご存知でしたよね(笑)。ご縁がどうもあるみたいですね♪
では、そういう感じでいこうと思ってますので、これからもよろしくね!

よかったでしょー?!マリー・アントワネット。その方面に詳しい鍵コメさん
だったら、チェックどころ一杯ではなかったでしょうか?
私ももう一回行こうかなー?!なんて思ってます。すごくいい時間が
過ごせるはずだから・・・。ほんと、某ディパなど行かず、こっちへ2回
行ってたほうがよかったよねー?!

で、例の件もすごーい!愛の力ですわね!どっちもそれとは凄い!
下りてきたら、去年の私のように、触れる(笑)んじゃないでしょーか?!
いやー、せっかくだったら、触ってきてください♪
ちょっと残念だけど、しっかり楽しんできてくださいね。
Nさん&ボクはお元気にされてますか~?!よろしくお伝えくださいね。
Commented by acine at 2007-01-29 09:40
◇鍵コメさん 続きです。
私もそっちは冬枯れです・・・。寒いとどうもあんな重たいもの持って
ウロウロする気にもなれず・・・。やっぱり重いですねー。
しかも、この前せっかく張り切っていたら、ISO1600になっていた(笑)!
この寒い中、頑張ったのに、あれはショックでした(笑)。
また復活したら、お待ちしてます。無理しなくてOKですからねー。

私も鍵コメさん同様、今年は変化の年(公私とも)にしたいですが・・・。
何から手をつけたらいいいのかー?!
仕事は今は普通かなー。ホントはもっと仕事取らないとダメ!
もっと業務拡大しないとダメなんだけど、何から手をつけていいのやら。
この仕事も気付けば10年選手になりましたが、初心に戻って、よりスキルアップ
を計りたいです。

鍵コメさんもよい年になるといいね!マイペースでやっていきましょー!
Commented by kiki at 2007-01-29 10:14 x
ワタシはこう見えて(って別にネットじゃどうとも見えてないですかね)A型なんですよ。でもAOですね。そしてOのほうが強く出ているらしゅうございます。でも、「てなもんや商社」とか読んだときに、関西人かB型の人じゃないと中国人とは渡り合えないなぁ、としみじみ思いましたね。ワタシは東京モンのA型なんでもっとも中国人にしてやられるタイプの日本人かもですわ。あははは。中国スキなんですけど、行ったら神経磨耗しそうかも、なんだか。ひゃはは。
Commented by kiki at 2007-01-29 21:02 x
acineさん。度々お邪魔しますが、「愛の悪魔」はTSUTAYA DISCAS(宅配レンタルDVDサービス)を利用されるのがベストだと思います。無料おためし期間があるので、そこで登録してレンタルを申し込んで(2本で1組だからもう 1枚何か頼んで)在庫があれば翌日には配送されてきます。観たいものを自宅まで届けてくれてしかも期間内はタダ。観てすぐに解約すればOK。ワタシはこれで「ホテル・スプレンディッド」のぷちぷちダニエルを0円にて鑑賞してしまいました。(売り物がないから苦肉の策だったんだけど)便利な世の中なり。TSUTAYAさん、多謝。とりあえず早く見たい、そして買いたくはない、おまけに近所の店にはない、という場合はこの手段が有効かもですわ。
Commented by acine at 2007-01-29 22:21
◇kikiさん こんばんは! 確かにネットじゃ見えてないですが(笑)、
私は、kikiさん・・・ABかOあたり?と思っておりました。
そうそう、AでもOの強い人は、アナタほんとAなの?ってな人も
多いですよね(笑)。 確かに中国人はキョーレツですね。
私は、香港、台湾、マカオ止まりで、まだ大陸は行ったことないけど、
前、どなたかの本に”中国へ行くと、どんなイナカに行っても、ゴマンと人がいる。
だから生存競争が激しい。なので、外国人は電車一つ乗るにも苦労する。乗ったら乗ったで、席はなくしょうがなく通路に座ったら、ゴミを
ポンポン投げてくるわ、子供はおしっこするわ・・・。おちおち座っても
いられない。こんな国なくなってしまえばいい!と思う人はたくさんいるだろう・・・”
と書かれたのを見て、これはキョーレツだな・・・と思った記憶が(笑)。
生存競争が厳しいので、自然とたくましくなってしまうんでしょーね。
Commented by acine at 2007-01-29 22:26
◇kikiさん 続きです。
海外での中華街の人たちはたくましいし、中華圏の俳優さんたち見てると、
堂々としてて、メンタリティは全く欧米人並み。ついでにいうとラブシーンも上手い。
何で、こんなに日本人は繊細なのでせう・・・?!って感じですね。
いえいえ、kikiさんは正統な日本人ですよ。きっと。
私は大陸人に太鼓判押されたけど、やっぱり気後れするかも・・・。
うちの父親は大阪生まれ&育ちで私はB型だけど、勝負できるだろうかしらー?!

そして、すっごく詳しいレクチャーありがとうです♪すっごくお得な方法
みたいなので、ぜひ近々試してみます。
”愛の悪魔”もだけど、やっぱり”ホテル・スプレンディッド”は外せない
だろう・・・でもどうしよう・・・と、ボケーっとしてたんですよ。
ほんと、廉価版、バンバン出してくれないだろーか?今なら凄い需要
ありそうなビジネスチャンスなのに・・・!
Commented at 2007-01-30 18:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2007-01-30 20:43
◇鍵コメさん やっぱりそうですかー?そんな感じしてました♪
私は、最初はO?と言われること多いけど、実はB!言うとなるほどー!
ってうなずかれる次第。同じですね(笑)。その辺。
ほんとチビチビ飲みつつお話できたら、楽しそうですね!
ちなみに私は酒飲みですよ~(笑)。飲めたら何でもいいというタイプ。

ウチはですねー、鍵コメさんちの別館がまた復活したら、鍵コメでその辺りはお話しようと思いますが、もう少し東寄りです。ビミョーなところだな(笑)。

そして、またまた詳しいお話ありがとうございます~♪一銭も・・・ってところ
にウケました。いやーいいお話嬉しいです。
そーでなくてもなんか衝動的にお金使ってる今日この頃だから。
それはとっても助かります。やっぱりそのコンビでいきますね!
Commented at 2007-02-01 00:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazupon at 2007-02-16 19:55 x
acineさん、コメント劇遅ですいません・・。
いや~これ賛否すごくて面白いですね。acinさんは
お気に召されたんですね~
この映画、書かれている気に入られた部分を最初から
狙って作ってる気がしますね^^
自分はやはりどうしても男性目線で見てしまってて(笑)
あぁこういの好きな方多いだろうなぁとそんな一番イケナイ
見方をしてしまってた気がします。
ルイ16世の描き方が結構面白くて、ソフィアっていい所の
ボンボンとか、それこそ王族?とか知り合いいてそうですから
ああいう男性って実際いるのかもしれないなって思いました。
ちょっと何考えてるかわからんというか(笑)狩りがそんなに
大事なのかよ~って思いますよね。
Commented by acine at 2007-02-17 20:17
◇kazuponさん いえいえ~! Kazuponさんちは、莫大なコメ&TB
量なので、本当にレスが大変だと思うので、忙しい時は、全然気にしないでくださいね~!
そうそう・・・確かにあざといかもしれないけど、ソフィアのお嬢様フィルター
かけると、不思議とそのあざとさが消えて、女性はうっとり・・・(笑)に
なるんですね~。いや、この辺ほんと上手いです。
そうか・・・男性目線で見ると、やっぱりイケナイ見方になっちゃうんだ~。
そうそう、あのぼぉーとしたというか、何考えてるのか、よくわかんない
ルイは確かに面白かったですね!浮気相手のフェルゼンなどは、
妙にわかりやすい甘い男前を持ってきてたというのに・・・。
でもあのイトコさん、打っても響かない感じがなかなか印象に残る演技でした。
ほんと、狩りって農耕民族には理解不可能は遊びですよね(笑)。
Commented by rabiovsky at 2007-07-26 23:13 x
TB&コメントありがとうございました。
クラシックと今風の音楽の融合にソフィア・コッポラのセンスの良さを
感じることができたのですがお得意のガーリーな世界が全開!なところを
『マリー・アントワネット』でやるというところがひっかかったんですよ。
悪い映画ではないとは思うし、楽しめなかったといえば嘘になるのですが
本物のベルサイユを使って、お得意のガーリーな世界はありなのか?
という戸惑いがありました。でもセンスはいいんですよね~。
女性の好きなアイテムの洪水は嫌いじゃないですよ。
やっぱり確信犯なのでしょうかね?読んでてそう思えてきました(笑)
キルスティン・ダンストは魅力的でしたね~。
確かにアメリカ人っぽさが薄い感じはしましたね。
この配役はかなり決まってました!
でもキルスティン・ダンストの日本での知名度はまだまだ低いでしょうね。
Commented by acine at 2007-07-30 12:08
◇rabioさん いえいえ、こちらこそ! すっかりレスが遅くなりました。
音楽はニュー・オーダーやら昔のイギリスもの中心なのに、妙にあの
ベルサイユの風景によく合ってましたよね~。
確かに本物を使うってとこが、人によっては・・・になるのかもだけど、
単純な私は、本物使うなんて、さすがお嬢様、コッポラブランドだわ・・・
と別の意味、とっても感心しました(笑)。
うんうん、やっぱりこれは確信犯ですよ! 完璧狙ってるよーな気がしますもん。
キルスティン・・・多分、系統もゲルマン(たしかドイツ系+スウェーデン系)
だから、違和感なかったんでしょうね。北ヨーロッパの硬めの香りというか。
キルスティン・・・男性はともかく(笑)、女性受けは多分日本では良さそうですよ。
綺麗すぎないのも愛嬌というか、いい女優だと思いますよ。私は好き。
by acine | 2007-01-25 00:33 | Estados Unidos 米映画 | Comments(27)