Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

THE SQUID AND THE WHALE  イカとクジラ ’05 アメリカ

e0079992_18114975.jpg

86年 NYのブルックリンに住む一家の物語
かつては人気作家だったけど落ち目の作家の父 ジェフ・ダニエルズ
新進気鋭の作家の母 ローラ・リニー 16歳と12歳の息子
ある日 父と長男は 母の浮気現場に遭遇し 夫婦は離婚を決意

仕方なく二人の息子は 双方の家を半分ずつ行き来する
ハタから見てても 面倒で心に負担が来るような生活を余儀なくされる
勝手な親とティーンエイジャーの息子たち・・・

そのうち 母は二男のテニスコーチ
(W・ボールドウィン 相変わらずニヤけてる・笑)と・・・
父は 教え子の学生とよい仲になる
身勝手な親に振り回され 子供達はホントにお気の毒・・・
そうでなくても 自分たちもあれこれ悩み多き年頃なのに・・・!

まだ父親は 子供のことを考えてると思うけど
ローラ・リニー演じる 自分のことしか考えてないような母親
どうなのよ・・・?!って感じで 彼女にはイライラしてしまった

こういうアメリカの家族の日常を 垣間見るという点では
まぁまぁだったけど 家族間の関係や会話がストレートすぎて
ヅカヅカと土足で入りこんでくるような関係は
日本人的感覚で言うと ちょっと嫌だな・・・という感じ
なのに 母親は息子をほったらかして 男と出かけたり
どうも利己的すぎ 家族間にも線引きと配慮は必要じゃない?
自分の主張だけして 子供はほったらかし・・・うーん理解できず
あんな母親なら 長男の方が正しい・・・って感じが

予告を見た時は この映画おもしろそう!と思ったけど
結局 何が言いたいのかよくわからないし どうも肌に合わず
入り込めないまま 傍観者のまま 終わってしまった映画だった

しかも ラスト・・・1,2分 睡魔が襲って見れずじまい!
そこで イカとクジラがどうのこうのって言ってたような気が・・・
核心・・・見れずじまいでした(笑)

音楽ももっと効いてるかと思ったら そうでもなく・・・
それよりバックにブライアン・アダムスの”Run To You"が
流れてたり 映画館で”ブルー・ベルベット”見てたり
80年代の香りがプンプンしてるのが 懐かしかったり・・・

一つ思ったのは この長男役のジェス・アイゼンバーグにしろ
リトル・ミス・サンシャイン キング 罪の王 のポール・ダノにしろ
この年代のアメリカの若い役者は上手いな~ということ
パっと見 その辺にいるような子達だけど 演技は自然で上手い
この年代特有の 所在なさげな風情や小生意気だけど繊細
そういう雰囲気を 気負わず自然に出せる
ハリウッドの 俺は上手いんだぜー!と 過信している
オーバーアクトな有名俳優たちより よっぽど好感が持てる

同じアメリカの家族ものなら 
リトル・ミス・サンシャイン に軍配!
こっちの方が断然よかったな

今日の映画 70点

どうでもいいけど

チケット買う時 ”どの映画ですか?”と聞かれ
”イカと・・・”と言いかけたら ”イカの方ですね!”とニッコリされ ウケた!
[PR]
Commented by Gloria-x at 2007-01-26 20:58
acineさん、さっそく飛んできました~(笑)
そうかぁ、acineさんはアンチ:ローラ母派なんですね、
わたしはどっちかというとアンチ:ジェフ父だったんです。
最初の家族テニスのシーンで次男が「パパ組VSママ組」って言ってましたけど、親子でも一人の人間として相性ってあるんだなぁと思いつつ、
わたしは常に次男に共感していたんですが、acineさんは長男に共感してらっしゃったんですねー。そういう意味ではおもしろいですね!
Commented by acine at 2007-01-26 22:48
◇Gloriaさん さっそくありがとうございます♪
そうなんですよ~。私はアンチローラ母派でした。
次男は母思いのとってもいい子だと思うんですよ。でもあのシーンは
ちょっとビックリしませんでしたー?!子供だと思ってたのに、
なんだか生々しかったなぁ・・・(笑)。でも、ローラ・リニーは腹を痛めて
産んだ子だろーか?っていう位、子供にクールで自分中心だったので、
どうも私はダメでした。身勝手ながら、まだジェフ父の方が理解できたかな。
そんな父を慕う長男も・・・。確かに家族の中でも、派閥とか相性って
ありますよねぇ。家族って難しいもんです・・・。
Commented by sabunori at 2007-01-26 23:41
acineさん、こんばんは。
実は私もこの作品観たんですよ。
でもなんだか心に響くものがあまりなくてレビューを書く気になれず
そのままになりました。(こういうのが私の場合結構ある)
子供2人の演技はよかったのですが親、特に母親が私もダメでしたね。
日本とは違う感覚なのでしょうが、母親に会いたくて母親宅に行っても
「今日は会う曜日じゃないでしょ」と子供を追い返す母親。
母親にだって事情はあるのだろうけど、理由も聞かずに追い返す母親に
思わずイラッ!
母親よりもオンナなんですねー。
Commented by acine at 2007-01-27 22:40
◇sabunoriさん こんばんは!
そうなんですよ。確かに心に響くものがないし、共感できる部分もない。
日本人的感覚から見ると、パっと見はキワモノばかりだった
”リトル・ミス・サンシャイン”のオリーブちゃん一家の方がうんと魅力ありましたね。
こっちは一見マトモだけど、すごくイカれてました。
私もあの母親は全く共感できなかったです(怒)。そうそう追い返すなんて
普通の子だったら、もっとグレると思うんだけど・・・!
親はイカれてたけど、子供たちの方はマトモでしたよね。
親を子供は選べないのって、不幸です・・・。どうも疲れる親(ほんと母親!)でした。
そうですよね。レビュー書く気になれないのは、私もsabunoriさん
みたいに、これからはスルーしようかな~。

Commented by rabiovsky at 2007-01-29 02:41 x
ご覧になりましたね。
私は『リトル・ミス・サンシャイン』より好きなんですが(笑)
確かに日本人的感覚からすると嫌悪感がありますよね。
私はアンチ父親派で、最初のテニスのやり方からして大人のやること
じゃないですから(笑)それに下手だし!
父親に肩入れする長男も好きになれないです。なんか痛々しくて。
そんな父親サイドにムカつきっぱなしでした。
私が好きな要因の一つは80年代の香りがプンプンしているからかも
しれません。それだけではないですがね。
Commented by acine at 2007-01-29 09:46
◇rabioさん TB&コメントありがとうございました。
そうそう!rabioさんのように”リトル・ミス・・・”より好みって人も、
けっこう見かけていたので、ちょっと期待してたんですが、
どうも相性よくなかったみたいです~。
で、コメント書いてくださった3人+私・・・映画同様、見事にパパ組とママ組に
分かれました(笑)。
そうかー、rabioさんはアンチ父親ですか?確かにあのテニスの一件で
母親に火がついたというか、きっかけになってそーですよね。
父に肩入れする長男も、尊敬できない父を容認したくない裏返しの
父崇拝だったのかもですよね。でも、私はあの母親にムカかついたなー(笑)。
そうそう!楽しい80年代の香りがプンプン、あれはとってもよかったですよね。
by acine | 2007-01-26 16:47 | Estados Unidos 米映画 | Comments(6)