Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

墨攻  ’06  中国・日本・香港・韓国

e0079992_19294994.jpg

2000年前の戦乱の中国を描いた映画 日本のコミックが原作らしい
キャスト・スタッフ陣 極東アジアの国の人材と力が集まった作品

某最悪映画ディパーテッドなんぞに お金使う位なら 
ご本家で素晴らしかった アンディ・ラウを見なくては~!
”俺様アンディ”でも そりゃあ 見ねばなるまい!

巷淹中 率いる趙の10万の大軍が 住民4千人の梁城に攻め入ろうとしていた
梁王は墨家に援軍を頼んでいたが時間切れ
降伏しようとした時に墨家の革離という男がたった1人で城に到着
彼は1本の矢で趙軍の先遣隊を退けてしまい 梁に知恵を授けることになる
墨家は ”戦わずして守り抜く” という戦い方を貫く・・・ という物語

以下 ネタばれあり

個人的にも すっかりこの時代の話は "HERO"でお馴染みとなった
しかし この時代の中国の歴史について 詳しい訳ではないので
冒頭では 国の名前と誰がどの国の人なのか 
今攻め入ってるのはどこなのか かなり混乱するけれど
段々配置がつかめてくる

アンディのイメージによく合う ストイックかつ正義を押し通すマジメな作り
アンディも精悍でカッコいい(かなりナルシストなんだろうと思うが)
前から写すとくどいけど 彼の横顔は本当に美しい

騙しだまされ 今日の味方は明日の敵 
一体どんな方法で攻め入るのか それに対抗するのか
このあたりの駆け引きも面白いし 見応えもある
滑稽なワイヤーアクションもほとんどないのがよい

そして こういう中国歴史物を見ていると思うのが
キャストたちの台詞まわし 舞台劇風というか狂言的というか
北京語の独特のリズム 朗々と威風堂々と聞こえること
それが 堂々としてる俳優達にすごくよく似合って 聞きほれてしまう
そして 台詞の内容が 禅問答ならぬ 
いかにも中華的な 面子問答づくしみたいなところがすごく面白い
ひねくれていて かつなかなか見事 この辺もいつも見てて興味深い 

こういう台詞まわし 香港や台湾の映画やドラマ見てると
こういう言い回しの歴史が 未だに脈々と流れてて すごく面白い

肝心のドラマ ストイックな作りがいいじゃないか・・!と思ってたら
中盤あたりからのファン・ビンビンが出てくるシーンになると
アラ? あなた仕事もせずに何してるの?!って感じになってきて
彼女が出てくると この映画って何だっけ?
と妙に現実に引き戻されて ちょっと興ざめ 
とっても綺麗な人なんだけど 声が惜しい・・・アニメ声 
 *どうもアンディ&彼女は吹き替えだったらしい
e0079992_2022494.jpg

久しぶりのニッキー・ウーもよかったが ちょっと表情ワンパターン?
そして ウー・マおじさんなど 懐かしい顔ぶれもいたけれど・・・
個人的にはこの二人!巷役のアン・ソンギ(左) 
渋くて男気があって 凄くカッコよかった!!!
若王役のチェ・シウォン(右) 若く少し傲慢な感じもよかった ちょっとワン・リーホン似
個人的にはアンディより この二人が演技・ルックス共 とっても魅力的だった
前情報あまり仕入れずに行ったけど この二人は韓国からのキャスト
なるほど・・・中華圏男前とはまた少し違う キリっとした目元がいい

そして いつも思うのが どうでもいい兵士や庶民の中にも
とんでもない男前もポロポロ潜んでいるのが 
これまた人海戦術 中華圏映画の凄さ 人口多いとこうなんだなと
いつも感心する とんでもないベッピンさんも何気なく出てくるし

こういう映画見ると 気になるのがビジュアル
巨大な城のセット(よね?)は凄かったけど 映像は意外と地味め
質実剛健という感じ どの映画を見ても思うけどあの軍の大群!
人民解放軍をふんだんに使って こんな贅沢な本当の人海戦術を
使える国は いまや中国しかないだろう・・・本当に素直に感心する
あと個人的におぉ!と思ったのは 気球のシーン・・・
あれは意表をつく&幻想的で綺麗だった
あと衣装や甲冑や 内装の格子や金の細工や刀の柄なども
こういう小道具・大道具も芸が細かくて 中華テイストで見ていて面白い
あと 趙のテントもすごくカッコよかった

しかし クライマックス・・・
必殺助け人であるはずのアンディが
三都主まがいの助けで 梁に戻ったのはいいけれど
アンタそんなことしてていいのか? アンタの仕事は何~?!
しかも助けるんだったら そんな中途半端に立ち止まるんじゃなくて
ダニエル・ボンドみたいに 火の中であろうが 水の中であろうが
躊躇せず 飛び込みなさいよーっ!と ちょっとイライラする
これ以上犠牲者は出さないと言ってたのに
そんなことしてる間に どんどん人が死んでいってるじゃないのさー!? 
しかも ラストはまたいい人に戻って ○○と去って行く・・・
うーん 一人で去った方がカッコいいのにな~

中盤まではストーリーもアンディよかったんだけど
どうも中途半端に女が絡むので(香港監督の悪い癖だな~)
だんだん破綻してきて ラストは崩れてしまった 
ストイック路線貫いた方がよかったと思う
そして アンディもとにかくまっすぐで いい人すぎるんだよなぁ

今日の映画:76点



滿城盡帶黄金甲 
e0079992_21551413.jpg

e0079992_21553166.jpg

監督:チャン・イーモウ
出演:チョウ・ユンファ、コン・リー、ジェイ・チョウ、リウ・イェ
個人的には なんとも楽しみな顔合わせ

中国版 公式HP
英語版 公式HP *音出るので注意

それにしても いつも思うけど エラい色彩になってます
引き算を全く知らない色使い・・・ これぞ中華!
これを見ると 墨攻はいかにシックな色使いだったかが よーくわかる
衣装も ワダエミさんじゃないのが 一目瞭然

内容に関しては 最近のチャン・イーモウ見てると
当たり外れ かなり激しいので 頼むよ!という感じだけども・・・
どんな内容になっているのか すごく気になる

そして ジェイの主題歌 3度目の正直
今度こそ そのまま使ってくれよ~!とひつこく叫ぶ!
[PR]
Commented by sabunori at 2007-02-05 20:55
acineさーん、ご覧になりましたねー。
韓国からの参加組、かなりよかったですよね!
巷役のアン・ソンギは渋かった!本当に適役でした。
最初この2人が韓国俳優だとはわからなくて、それでもアン・ソンギは
しゃべる北京語で「あ、このヒトは中国人ではない」とわかったのですが
若王のチェ・シウォンはエンドロールを見るまで中国人だと思っていました。
確かに王力宏似かも。
ファン・ビンビンはねぇ・・・私もちょっと気になったのですがまぁギリギリ許しました。
(って何者?私)
あの気球のシーンは幻想的でステキでしたよねぇ!
Commented by acine at 2007-02-05 21:04
◇sabunoriさん はーい!見てきましたよ。私も全然あの二人が韓国の
人とは知らなくて、この二人・・・演技もルックスもレベル高かったです。
しゃべる北京語でわかる・・・とは、さすが~!sabunoriさん。
ね?リーホンとちょっと似てますよね。若返らせて、ちょっと細くした感じ。
リーホン・・・私、去年コンサート行ったんですよ(笑)。アン・リーの新作で
トニーと共演楽しみですよね~!ジェイと同じくミュージシャンだけど、
勘よさそうなので、演技もいい線いくんじゃないかな?と思ってます。
ファン・ビンビン・・・どうも気になりましたよね~?! 私はチャン・ツィイー
世代~若い中国の女優さんだと、やっぱりジョウ・シュンが一番いいと思う。
気球のシーンはすごく意外性があって、かつファンタジックでしたねぇ。
TBもありがとうございました!
Commented by kiki__D at 2007-02-06 12:35
おれさまアンディにもちゃんとお付き合いして来られましたか。さすが。
また、ひとしお張り切って小鼻もふくらんじゃってるご様子でしたね。
ワタシはトレイラーしか観ていないのでそれしか言えませぬが…。
やはり香港映画は女で失敗ですか。男騒ぎ系の映画に下手に女を
絡ますと、せっかくの興趣をそぐ事になるので使い方要注意、ですよねん。
Commented by RIN at 2007-02-06 19:27 x
こんばんは!
「中国って、ロケ弁ひとつでいくらでも人が集まるのよね」
と、ワダエミさんがおっしゃってました。
こういう豪勢な映画が撮れるのも、中国ならでは!ですねえ。
あは、「俺様アンディ」ダメですか?
私は、結構「まあ、生徒会長だから仕方ないや!」と、
アンディ兄さんなら許せるんですけどね!
この映画は、アンディ兄さんありきの映画だと思いましたねえ。
他の役者なら、「さっきまで膝抱えて悩んでたじゃん!!」
と思ってしまうところも、アンディ兄さんなら、さらりと流せます。
Commented by 小穂 at 2007-02-06 21:34 x
acineさん、こんばんは! ご無沙汰してます。
SuperJuniorのチェ・シウォンもですが、acineさんにアン・ソンギ氏を気に入っていただけて、我が事のように嬉しいです(笑)。
彼が画面に登場すると、彼ばかりを追ってしまうくらい、とにかく大好きなんです。
お芝居も声も、俳優としての姿勢も、とにかく全てが一流の俳優さんだと思います。
この手の映画に出演した時の華仔は、ちょっと(かなり?)苦手なので、どうしようかなぁと思っていたのですが、やっぱりアン・ソンギ氏目当てに見るべきかなと、レビューを拝見しているとそう思えてきました。

それから『滿城盡帶黄金甲』、本当に凄い色彩ですね……。
Commented by acine at 2007-02-07 07:53
◇kikiさん 私・・・基本的に、大の香港映画&中華圏映画好きでもあるので、
数少なくなった中華圏もの・・・よっぽど興味を惹かれない以外はご祝儀も兼ねて(笑)、
行くようにしてるのです~。俺様アンディ様でも~(笑)。
小鼻は膨らんでおられましたね。そう・・・どうも中華圏(特に香港)
女の扱いや描き方がマズいですねぇ・・・。男性ファンには受けても、
女は女にうるさいし&描き方にもうるさい・・・。中途半端な描き方
だったら、女優さんも可哀想だし、だったらいっそ出ないほうがいいと
思うわけです・・・。単なるお飾りだったら、意味はない。
この映画もアンディや女優さんが悪いわけではなく・・・、
演出の問題だなぁ~。
Commented by acine at 2007-02-07 07:59
◇RINさん おはよーございます。ロケ弁の話・・・面白い!
ロケ弁もだし、人民解放軍○○団とか、クレジットに出てるの見るたびに
凄いなーとただただ感心。ほんと、何かの本にもこういう本当の人海戦術
使える国は、中国とインドしかないって。
HEROはかなりCGぽかったけど、今回のは、本当に人動員してた感じがする。

あはは!俺様アンディ・・・私、もともと苦手なんですよ。彼(笑)。
四大天王(懐かしい響き)でも、私はレオン・ライ派で、その次はジャッキー、
それからうーんと離れて、アンディ&アーロン。どうもこの二人は濃すぎて
興味が持てなかったのです(笑)。
でも、IAあたりから、アンディをちゃんと見れるようになりました。
歳とともによい味は出てきてると思うんだけど、なんか今回のような
役も正義漢すぎるよーな気がして。悪が匂う役の方がいい感じします。
Commented by acine at 2007-02-07 08:04
◇小穂さん こちらこそ、ご無沙汰しておりましたー!
そうですよね。小穂さん、韓国ものもお詳しいですよね~。
アン・ソンギは渋くて、凄くよかったです。嫌らしい感じだった(これは
これでまた上手い)梁王(北京ヴァイオリンのヴァイオリンの先生!)
より、私はうーんと好みでした。一流・・・の香り確かに漂っておりました。とにかくカッコよかった。そしてチェ・シウォンもすごくいい感じでしたよ。
あはは!小穂さんもこういう映画の華仔・・・苦手ですか~(笑)。
でも、この韓国勢二人見るだけでも、充分価値ありだと思います。
私も、昨日つい、韓国もの好きな仕事仲間に、”この二人・・・すっごく
よかったよー!”と思わず報告に行ったくらいです。
Commented by rabiovsky at 2007-02-10 00:29 x
こんばんは。
アンディ兄さん、精悍な顔でカッコよかったですよね。
スターは違うのかな(笑)
確かにファン・ビンビンが出てくると違う話のように見えてきますね。
カワイイですがね(笑)ああいう女性には弱いです。
私もこの映画ではアンディ兄さんよりもアン・ソンギ先輩の方が
素晴らしかったと思います。あの存在感はスゴイですね。
全体的にはスゴイ映画ではないと思うけどそれなりに楽しめる映画
ではありました。ワイヤーアクションがないのが潔くていいです。
Commented at 2007-02-10 13:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2007-02-11 07:32
◇rabioさん おはようございます。TBもありがとうございました!
アンディ兄さん・・・確かにとっても精悍で、カッコよかったです。
確かにスターは違うかも(笑)。そして ビンビンちゃん・・・男性はきっとお好き
ですよね~。rabioさんも弱いですか・・・♪ 確かにとっても可愛いし
綺麗なんだけど、あの設定はうーん・・・って感じでちょっと無理があったと思う。
彼女に責任はないんだけれども。
私もこの映画では、アン・ソンギが出てくると、俺様アンディより、断然
こっち!って感じでしたよ。存在感あるし、上手い。そうそう。ワイヤーや
(あの噴水のシーン位?)CGを極力なくしてる部分は、アナログ感溢れれて、
共感持てたし、堅実に作ってる良心的な映画だと思いましたよ~。
なので、余計ビンビンのところが惜しい・・・って感じでした。
Commented by acine at 2007-02-11 07:39
◇鍵コメさん お久しぶりです~。お帰りなさい!楽しかったですかー?
あちらは寒くなかったですか?確かに残りはゆっくりしたいよね~。
あはは!鍵コメさんも華仔ながら、ちょっと興味ありですか・・・(笑)。
ニッキー・・・いつの間にか、ウー・チーロンなんて表示になってました。
でも、あれで30代半ばとは若いですよ~!もう少し深み出てくると
いいけど、何にしろ若い!
中華圏にしろ、韓国にしろ、中年以降も、俳優さん、お肌ピカピカで、
若々しい・・・。あの辺は本当に凄い。日本人はお肌・・・今イチだもんなぁ。
私も、同じだけど(笑)、やっぱり香港&中華圏は景気づけに行かないと!
ウォレス・フォ&ロザムンド・クァンのあたり私も借りたいんだけど、
なかなか見る時間なくて・・・! またお邪魔しますね~!
Commented at 2007-02-11 11:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-02-11 11:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-02-11 19:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-02-13 15:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2007-02-14 11:41
◇鍵コメさん こんにちはー! いえいえ全然OKですよ。
そーいえば、おしゃべりコーナーカテゴリも作ったので、そっちでも
全く遠慮無用・・・ですよん。

やっぱりN・・・おそろいだったんですね~!鍵コメさんのは元は何色?
私は赤と迷ったけど、プラムです。えぇ~?そんなにいろいろ変えられるんだ~。
そうか、香港とかで売ってるのね。
私は、今の色で気に入ってるので、変えないと思うけど、気に入ってます。
ただ、音楽の入れ方とか、使い方まだ全然把握できてなくて、最低限
使えるようになってるだけです。とほほー!これって、自動電源(時間
設定して、入り切り)ってついてないよね~? 自分で入り切りという
えらいアナログなこと今はやってます(笑)。
N・・・いいよね~!私も2台めだけど、ヨーロッパの人たちがみーんなこれ
持ってて、いいなーと思ってて。
シンプルでデザインもキレイだし、発想が違うのがいい。
Commented by kazupon at 2007-02-25 18:56 x
acineさんでも冒頭の配置は解りにくかったのかな?
ちょっと安心しました(笑)
そうか~あれだけ男くさい映画だと男前探しアリですね。
主だった女性キャストはほぼ一人!の映画なんですけど、
ファンビンビンはなかなか目の保養になりました(笑)
ウーマなんて出てたの全然気づきませんでしたよ~;;
アンディの声がヘンだなってのは始まってすぐ思ったんですが(笑)
吹き替えだと活舌よすぎて違和感あるんですよね。ビンビンの声も
そうだったような・・・。「PROMISE」のセシリアの声と同じ人かも?
とまで思ってしまいました(笑)
Commented by acine at 2007-02-26 20:25
◇kazuponさん いやいや、私、ものわかりよくないので、もう全然でしたよ~(笑)。
しかも、まだ登場人物の顔と名前も全然一致してないのに、国の名前や
その動きまで押さえるのは至難の業でした。
そうなんですよ!kazuponさん。きっと女性はみーんなそういう目で
見てると思います(笑)。中華圏・・・人口多いから、とんでもない男前や
ベッピンさんも一杯いるから、よい目の保養になるし、あれは凄いですよ!
ビンビンちゃんは、可愛かったけど、あの声がねぇ~。
私・・・今回はアンディの声・・・全然わからなかったんですよ。
”PROMISE"は私、中国語&英語字幕で見てたので、もう映像と
話を追う(&あのチャン・ドンゴンの走り見て、唖然とするのに)
とにかく精一杯で、とてもそこまで、わかっておりませんでした・・・です(笑)。

Commented by mameshiba_y at 2007-02-28 00:23
acineさん、こんばんは!! お邪魔します。
TBありがとうございます~。
私も、どういった戦略で攻防するのか楽しみでした。ストーリー的にも私好みでしたし。
そして、今回のアンディは「彼ってこんなにお顔が美しかったっけ!?」っと。!個人的にはターバン?を巻いた横顔のクローズアップ!!あの横顔が美しかったです。
チェ・シウォンも良かったし、私も韓国の人だと知って「なるほど~」っとなりました。やっぱり国によってタイプがかわりますね~。中華圏よりもがっちりしていてメリハリがあるみたいな(←私のかってなイメージです)

ファン・ビンビンももう少しうまく使えなかったのでしょうか。
なんだか、もったいないですよね~。でも、美人さんですね!!
ああいった、気の強そうなお顔の美人さん大好きです。
民衆や兵士の中にも男前ですか!! あ~私はそこはノーチェックです~(笑)次からは要チェックで鑑賞します(笑)
Commented by acine at 2007-02-28 22:44
◇豆柴さん こんばんは! こちらこそ、TBありがとう!です。
そうそう!アンディってくどい顔してるけど、横顔は本当に綺麗なんですよ。
正面からはうわーって感じだけど、横顔はあれも出来のよい東洋の美の
一つだなと思います。 そういえば、あったあった!ターバン。確かに似合ってましたね。

そーなんです。私は今回この映画では、この韓国勢が凄く良かったんですよね。
私は、逆に目元涼しげというイメージあるんだけど、この二人は逆に
中華圏寄りの顔かな?と思ったりしました。アン・ソンギ→ちょっとジャッキー・
チュン、チェ・シウォン→ワン・リーホン似という感じで。
なので、中華圏キャストに混じっても、全然違和感なかったような気がしました。

ビンビン・・・美人だけど、あの声&あの設定はね~。もうちょっと、どうして
練れなかったのか、
もしくは、彼女を売り出したいために、無理に作った役だったのか・・・?!
そう・・・群集の中にも凄い人いましたよ(笑)。 また見てみてね~!
Commented by sumi2211 at 2007-07-30 13:20
こんにちは。
チャン・イーモウ監督の次回作 気になっています。豪華なメンツですよね。
中華らしいど派手なコスチュームや舞台も期待しちゃいます。
ところで、やっとおすすめ頂いていた ジェイのCDを手に入れました!
とりあえず「七里香」と「依然范特西」の台湾版ですが、すでにハマり
毎日繰り返し聴いています。MVも凝っていて面白いですね。
acineさんに教えてもらえなかったら、聴く機会がなかったかも
しれないので感謝です。ありがとうございま〜す♪
最近はすっかり仕事も趣味も中華に寄りつつあって
台湾や香港に行って色々買い集めたい・・と思うこの頃です(笑)
Commented by acine at 2007-07-30 22:52
◇sumiさん こんばんは!
中華圏では”傷城”と同じく、去年のクリスマスシーズンに公開されてる
のに、日本ではいつになったら?という感じです。
ただ、チャン・イーモウも”LOVERS”では、ハズしてくれたので、一抹の
不安がよぎる・・・んだけど、期待したいですよね! 早く見たいです。この金ピカ映画。

ジェイ!聞かれましたか~! いいでしょう?! 私も長年、中華圏CD
聞いてるけど、”七里香”初めて聞いた時は、ブっ飛びました。
鳥肌が立ちましたもん。あんなに中華色、東洋色濃くて、世界と真っ向勝負
出来る音にビックリしました。 本人はちょっとモジモジくん系なのも可愛い
ですよね。

ホントにsumiさんがそちら方面に進まれるとは、私も夢にも思わず・・・
でしたよ~! 中華世界・・・なかなか面白くて、奥が深い(笑)。
ほんと、台湾や香港だと、CDも安いんですよ~。台湾だと1200円くらい。
香港は1600円くらい。私も去年行った時、各々5.6枚ずつ位買って帰りました。
まだ封を開いてないのもあるんだけど・・・。こちらこそ、これからも楽しませてくださいね!
by acine | 2007-02-05 20:00 | Asia アジア映画 | Comments(23)