Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

DREAMGIRLS  ドリームガールズ ’06 アメリカ

e0079992_013242.jpg

単純に 面白かった!
ものすごくステレオタイプというか すごくわかりやすいストーリー
音楽業界 黒人音楽 ショービズ界の オモテ・ウラがよくわかる 
そのステージと同様 光と影が渦巻く世界

音楽を絡めた映画かと思ってたら ミュージカルだったんだ・・・
その歌詞も またものすごくわかりやすいんだけど(笑)!
恐ろしく シンプル・イズ・ベストなのが 潔くていい
パワーとリズム感で見せる ブラックアメリカンパワー・フル回転!

このガールズグループの 成り立ちもこれまたわかりやすい
エディ・マーフィー演じる うさんくささプンプンの歌手のバックコーラスでデビュー
最初は歌唱力で勝ってる 太目のエフィがフロント
そして エディから離れ グループとして独り立ち
メジャーへと上っていく過程で 太目のエフィはフロントを外され
ルックスのよいディーナに その座を奪われる
果ては ディーナ&ドリームガールズ なんてグループ名になり
既に後任まで いつの間にか決まって わがままでカっとしやすいエフィは
とうとう この世界から姿を消すことになる・・・

e0079992_021113.jpg

ルックスやスタイルが見事キマった エフィの抜けたあとの ドリームガールズ ↑
やっぱりお金を取るなら 見た目も大事というのは 誰の目に見てもわかる
この3人になってからの衣装やメイクも キラキラと洗練されてて本当に華やか!

いくら抜群の歌唱力があっても ルックスのいい娘にその場を奪われる
果ては 下積み時代からのマネージャーの恋人まで奪われ
恐ろしくわかりやすい展開なんである・・・(笑)

そんなエフィ役を演じてるのが 賞を総なめしてるジェニファー・ハドソン
さて お手並み拝見!で とくと見てきたんだけど・・・ 

確かにパンチがある 歌も上手い! そしてこ憎たらしい雰囲気全開
そして 自分ではどうにもならないルックスの悲哀 ヒネクレた感じもありあり
演技は自然なんだけど あんまり演じてるように見えないというか 素のまんま?
歌もとっても上手いんだけど 新人のせいか とにかく力がよーく入ってる
せっかく手に入れたこの役! やってやるわよ!!!という意気込み満々で
力入りすぎてて 見るほうも 段々息苦しくなってくるのよ・・・
あの去って行くシーンの時の歌なんて こりゃこんな迫力で詰め寄られたら
男も逃げるよ・・・と思いたくなるよな猛獣状態 

確かに歌は上手いんだけど 唄う時 歌に気を取られるせいか
どうも立ち姿(特に膝から下)が美しくない 
力みなぎる上半身と対照的に ダランと気が抜けてるのだ・・・
そのあたり ビヨンセはプロなので まったくスキがないし 華がとにかくある 
このへんが ショービジネス界での 経験の差がありありと出た
みにくいアヒルの子のような役なので その点ではOKだと思うけど
アメリカでは こういうわかりやすい 過剰演技がウケるんだな~と思った

同じように エディ・マーフィーもよかったんだけど やはり力入りすぎ
いい奴から嫌な奴に変貌していく 引き算の演技の出来る 
ジェイミー・フォックスの方が 見ていて安心感があるし 自然
同じように ビヨンセも普段の仕事が生きてて 見事なディーヴァぶり!
彼女も決して力みすぎず自然なのに 異様に華がある バランスがいいのだ

e0079992_0331337.jpg
 
いやいや この映画・・・やっぱり彼女で持ってると思った ビヨンセ
月並みですが まぁ・・・なんて華やかで綺麗なんだろう・・・!!!
こりゃ~誰も太刀打ちできないわ そりゃジェニファー・ハドソンなんて
はじき飛ばされるのも当然だわ・・・と 誰もが納得するしかない
眩いばかりの美しさと華やかさ ステージだって 当然キマってる
歌だって本気で唄わせりゃ当然上手いし ステージングだってお手のもの
こんなパーフェクトな人 めったにいないんじゃない?ってくらいキマってる

世間は ジェニファー・ハドソンばかりを褒めてるけど 
引き算の演技も出来る彼女あってこその映画だと思う 
なのに・・・何故か彼女の扱い 今回小さくない?
いや~本当に呆れる位絵になる! なりすぎる!
途中からは もうただただビヨンセに見とれておりましたです ハイ
美しくてエレガントでセクシー これは無敵だわ・・・と(笑)

このブラック音楽 ショービズ界 アメリカでしか描けない物語
音楽も衣装もステージも時代背景も見ごたえ十分
単純だけど とっても楽しい映画だった!

今日の映画:79点
[PR]
Commented by kiki at 2007-03-12 11:12 x
来ましたね。うふふふふ。なんか観なくてもacineさんのレビュー読んだら
観た気になっちゃいましたわよん。そういえばどこでもジェニファー・ハドソン
はやたらフィーチュアされていた気配だったけど、この役以外でそうそう注目
されることはないんじゃないのかと思われますね。ビヨンセはきっとアベレージ
高いし、歌姫の役だし、ある程度やって当たり前みたいな感じで見られ
ちゃってるのかも。要求値が初めから高いからスターは大変なり。
それにしてもacineさん。私たちブサ子に厳しいという点でも共通しちゃってる
かも。でも、ブサ子にもよるのよねん。全否定じゃなくて。
Commented by Gloria-x at 2007-03-12 17:52
acineさん、今回もやっぱり冴えてるわ~!
まるで浜村純の映画トークを聴いたように、もうこの映画観たような気になりました(笑)しかも説得力あるし。
特にジェニファー・ハドソンのパワー全開でほとんど「素」っていうの、予告編などを観ていてもわかります。あとエディ・マーフィーも。
「レイ」でもバックコーラスがルックス重視で交代する展開があったけど、やっぱり人間、才能だけじゃダメなんですねぇ・・・(-.-;)

>音楽を絡めた映画かと思ってたら ミュージカルだったんだ・・・

えー!ミュージカルだったんですか、苦手なんですよねぇ・・・
音楽絡みのフツーの映画にしてほしかったなぁ。

Commented by kazupon at 2007-03-12 20:17 x
acineさん、映画観てからサントラ結構聴いたんですけど、
ジェニファー悪くないけど、やっぱりワンパターンでまだまだって
感じですよね。
アカデミーのパフォーマンスでもやっぱりビヨンセ華あるなぁって
思いましたし。そりゃドーム公演とか何度もこなしている
彼女なんですから、スゴイのは当たり前なんですけど、それを
あえて彼女にオイシイところやらせてあげてる(笑)のは
ビヨンセえらい!とオスカー見てても好感持ちました!
Commented by acine at 2007-03-13 23:08
◇kikiさん 内容、書きすぎだったでしょーか? ごめんね。
そうそう、ホントはもっと早く見る予定だったんだけど、すっかり遅くなってる
うちに、アカデミーも取ったりして、そんなに凄いのか~?!と期待半分、
お手並み拝見半分だったけど・・・、どうも個人的には、たまたま素にすごく
近い役だった。歌も凄いんだけど、一辺倒かな・・・という感じでした。
確かにkikiさんの言うとおり、ビヨンセは出来て当然・・・みたいな
スタートラインからして違うから、今回はちょっと大変だったかもだけど、
個人的には断然彼女に軍配!kikiさん・・・ブサ子って(爆笑)!
いやー私はそんなこと言ってませんことよ(笑)。単に私は美しいもの、
人が好きということで(笑)。男優ならルックスより雰囲気でもOK、演技力
でもOKと敷居がユルくなるんだけど、女は女にうるさいよね(笑)。
美しくて、演技もよくて、個性があれば・・・言うことなし!
もしくは、ビヨンセのように、有無を言わさぬ華やかさがあれば、これまた
全て帳消しになるような気が。いや、彼女は本当にキレイでした!
Commented by acine at 2007-03-13 23:14
◇Gloriaさん いやー、浜村純さんを例えに出してもらえるだけでも
すっごく嬉しい(笑)!私も大阪のラジオ局圏で育った人間。そして
大阪人のGloriaさんにそんな風に言ってもらえたら、木に登るー!(笑)。
いやいや、それはさておき、ほんと、ジェニファー・・・あれは素ですね。
もしくはほとんど素に近い。今回の役がハマりすぎてたので、kikiさんも
書かれてるように、今後が逆に難しいと思います~。迫力と歌だけでは
やってけないもの・・・。もともと役が限られてしまうタイプと思うので、
今後は難しいかも。少し映画に出て、表現方法勉強して、歌に転向って
方が、合ってるような気がします。エディは私・・・なぜか誰かが谷村新司
の真似してるよーな気がしてしょーがなかったのです(笑)。
ちょっとやりすぎ感あり。
”レイ”私、見逃してるので、興味アリ。ジェイミー・フォックスはよかったので。
Commented by acine at 2007-03-13 23:24
◇kazuponさん サントラ、ちゃーんと買われたんですね!
私も途中までは、買ってもいいかな?と思ってたんだけど、余りにも
ジェニファーが一本調子なので、これは疲れそうだわ・・・と思って
辞めました。ファミリーとか、キャデラック(これ実はお気に入り・笑)とか、
ビヨンセ版のワン・ナイト・オンリーとか、いろいろいい歌もあるんだけど・・・。
そうそう、確かにビヨンセ・・・度量がありますよね。いい役だけど、
”君には特色がないからフロントで”みたいな台詞もあったし・・・。
よく考えたら、ジェニファーにしろ、ビヨンセの立場にしろ、音楽モノで
ありながら、まるで日本の少女マンガかスポ根もののような世界
だったとも言えますね。
そういえば、最初、オーディションのシーンでマイクがぐーっと下がってくるの
すごくカッコよかったですね。あと”hit me!"もまたありましたね(笑)。
by acine | 2007-03-12 00:39 | Estados Unidos 米映画 | Comments(6)