Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

大日本人  ’07 日本

e0079992_22113196.jpg

カンヌにまで行って話題になった 松本人志 監督・主演作
映画感想の本も出してる 大の映画好きらしい松ちゃんの初映画

昔から洋モノ好きで 日本モノや日本の芸能人には興味ないけど
一時期 松ちゃんがすごく好きで ”ごっつうええ感じ”や
”ガキの使いやあらへんで” を欠かさず見ていたことがある

なーんとなく 意外といい or 何じゃこれ? or まぁ普通 のどれかだろう
見ようか見まいか迷ったけれども 迷ったら・・・とりあえずは行ってみよう
お手並み拝見しよーじゃないか!

結果: まぁ普通 

映画としては かなり微妙なラインだけど 
何となく彼のやりたいことは わかるような気がした
やってることはまだ稚拙だけど カラーは出てる

全体的に 意外にもタイトル通り 物凄く日本的だった
春夏秋冬 四季があり 神道あり 義理人情もあり・・・
そして妙に懐かしい昭和の香りのする風景がスクリーンに広がる

バックの音楽(テイ・トウワ)も すごく日本的だったり
海外も意識して やっぱりジャパネスクを強調したのかな?と思いきや
段々見るうちに 多分 これは松ちゃんに自然に染み付いたものが
単に出てきてるだけだと思った 意外にも彼は伝統的日本人だったらしい
日本人松本人志による 日本人の為のドメスティック映画という感じ

これ果たして カンヌで見た外国人にこの内容 
この微妙な笑い 微妙なマジメさかげん ニュアンスが伝わっただろうか?と謎

逆に こんな微妙な内輪ウケオンリー 妄想が綿菓子のように膨らんだ映画
こんな映画で よくカンヌへ堂々と乗りこんだわ ある意味アッパレ!かも 

e0079992_22423524.jpg


この映画は日本人 もしくは日本人をよーく理解してる人でないと
全然この内容わからないんじゃないだろうか? と思う 
そして ヒーローもの見て 昭和を過ごした人だとより(笑)

グダグダしたスロースターターぶりに イライラしてきたところで
大日本人が登場! そのあたりから くすくす笑いが時々聞こえてくる
笑えるかどうかは 人にもよるし シーンにもよるし 判断は難しい

もっとバカバカしいナンセンスぶりを期待してたけど
意外にもマジメというか・・・ 時々飛びすぎるナンセンスも
万人には理解し難いかもしれない 
見たい人だけどうぞ この世界にハマれる人だけどうぞ という感じ

シュールに作ったつもりか? マジメに作ったつもりか? 
作りこみすぎなのか? ラフすぎなのか? なかなか表現が難しい
非凡で一筋縄でいかない松ちゃんの頭の中を 
もっと上手くまとめて 映像として表現出来始めたら
監督としても 評価は上がるだろうけど まだまだ発展途上

やりたいこと全部やったぞ・・・という 同じくナンセンス派の
香港のチャウ・シンチーの偉大さが逆によーくわかったりも・・・
彼の○ホさ加減は 思いっきりスコーンと突き抜けていると思う 
同じようにとことんローカル色強くても アピール度はうんと高い

意外にも 松ちゃんのナンセンス そして持ち味は とても日本的なもの
シニカルだけど 一歩引く 妙にしんみりとしたり 
ウェッティな部分もあるんだなというのが よーくわかった

本編より 何とも大阪色濃いエンドクレジットこそ 彼の真骨頂!
こんなギャグ短編を 延々続けてもよかったと思う
そうなると 言葉がますます重要になるので 余計日本人受けになると思うけど
グローバルな時代に コテコテのドメスティック系で全然OKという気もする 

個人的には エンディングのグダグダ話
髪型も含めた松ちゃんの格好がなんとも楽しい (欲しいパジャマがあった・笑)
白装束でズンズンと神主引き連れて儀式へ向かう場面
スポンサー (実在の会社&商品なのがおもしろすぎ)
板尾との間合い 4代目 スーパー・ジャスティス のあたりはなかなか!

この盛り上がらないミョーなリズム・・・私は嫌いじゃないな

今日の映画:66点
[PR]
Commented at 2007-06-05 22:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2007-06-05 23:11
◇鍵コメさん こんばんは! さっそくありがとう!
レスできそうな時はこんな感じで、不定期で開けようかな~と思ってます。
おぉ・・・鍵コメさんご夫婦も松ちゃん好きですね! 私も松ちゃんは
数少ない気になる日本のタレントさん。
あの人は、浜ちゃんと比べても、すごくB型的だと思わない?
独創爆走アマノジャク万歳系というか(笑)。 日本だと浮くB型的松ちゃん
ですが、意外にも、映画はすごく日本的でした。
評価は見る人によって様々だと思うけど、松ちゃんが好きな人だったら、
きっと金返せ~とはならないと思います(笑)。
気になったら、鍵コメさんも見に行ってみてね。1000円の日とか、
モーニングとかレイトで行くには問題なさそーです(笑)。
エンディングに関しては大阪的笑いが一杯でおもしろすぎ・・・。
Commented at 2007-06-07 20:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kiki at 2007-06-07 21:58 x
acineさん。「大日本人」までカバーしているとはアッパレなり。acineさんのように、元々、松ちゃんのファンという人じゃないとなかなか足を運ばないですわね、きっと。映画監督ってこの世の中の難しい職業のTOP3には入ると思う、難しい仕事だと思うのだけど、他の分野でいくら才能があっても映画を撮るってことだけはベツモノなんだと思います。これ見てないし、多分見ないと思うけど、映画監督の難しさ、という事を改めて認識する映画って感じなんじゃないのかな、とくふくふ思ってましたわ。
Commented by acine at 2007-06-07 23:14
◇20:17の鍵コメさん おぉ~!早速見てきたのね♪
ほんと映画っぽくないというか、昭和の時代のTVドラマ風というか(笑)。
けっこうあぁいうアナログ感覚・・・私は嫌いじゃないなぁ。
確かに獣・・・卑猥なのおりましたね(笑)。だけど、紹介文がなぜあんなに
明治の文(?)みたいだったのかしら~?!
白衣・・・今、思うと白装束が正しそうなので、本文直しますね。
あのシーン、鍵コメさんもツボでしたか~!妙におかしいよね。
パジャマ・・・後半、多分当ってると思う。松ちゃんの格好・・・私はけっこうどれも凄く好きかも・・・って感じでした。
鍵コメさんはあとで来たのね(笑)。でも、確かに、あれじゃ・・・”金返せ~!”
と怒る人は怒るかもしれないね。
私は、もっとスコーンと割り切って、もっと爆笑かと思ってたら、
意外と松ちゃん・・・マジメで驚いた(笑)。B型・・・って確かに妙にマジメな
時もある・・・!
Commented by acine at 2007-06-07 23:20
◇kikiさん ふふふ!めったに日本ものは見ないアンチ日本もの派ですが、
これは、どーかな~?と恐々行ってみました。
確かに、これは松ちゃんが好きな人だったら、内容はどうであれ、まぁ
ご祝儀と思って、穏やかに帰ると思うけど、そうじゃない人から見ると
”何じゃこれー!”と私の某ディパみたいに噴火して、帰るかも(笑)。
確かに、映画監督って、凄く難しい仕事よね。
いろんなものが絡んでるし、自分だけの力量だけでは無理だし(スタジオ
がグダグダ言ったり、俳優が力不足だったりetc・・・)、松ちゃんは、まだまだ
要修行だな。本人もきっとそれ自覚したよーな気がするけど。どうだろう?
私も、来世は映画作りのスタッフの一人になりたいなぁ・・・というのが
夢の一つです(笑)。
ほどほどの責任かつ、ほどほど何か表現できる仕事(笑)。
Commented at 2007-06-14 21:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2007-06-16 10:31
◇鍵コメさん お久しぶりです。 好きだったら、金返せ~にはなんない
かもですよ。1000円の日とか、モーニングやレイトならOKだと思います。
映画としては、失敗作かもだけど、私はこのノリ・・・嫌いではなかったんですよね~(笑)。

そして、お疲れ様です。いろいろあったのね~。
自分の力だけでは、どうにもならない事、時もあります。
よい気分転換が香港でできるといいね! 普段の生活忘れて、
リフレッシュしてきてください。 のーんびりと楽しく・・・!
そういえば、あのロープウェイ・・・落ちたらしいですね?!

Commented at 2007-06-17 19:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2007-06-18 00:31
◇19:37の鍵コメさん こんばんは!
いろいろお疲れ様でした。鍵コメさんは物事を客観的に見れる人、
そしてちゃーんと気がつく人だから、余計ストレスだったのかもですね。
鈍感力・・・とかいうけど、鈍感な方が人生気楽に生きていけるのかも
しれないけど・・・気がつかないといけないことに、気がつかないのも
悲しいもんあるから、どっちが幸せなんだろう?と思いますね~。

何にしろ、日常をスッパリと忘れて、ドーンと気分転換してきてくださいね!
そしたら、また新しい頭で、いろいろ考えれるよーになるかも。
楽しんできてね~!あっちは暑そうなので、体にも気をつけて。
そして、美味しいものも一杯食べてきてね~!
by acine | 2007-06-05 22:45 | Asia アジア映画 | Comments(10)