Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

夜宴  女帝[エンペラー]  ’05 中国・香港

e0079992_13433195.jpg

コテコテの中華色と思いきや シェイクスピアのハムレットがベース
こういうコスチュームもの宮廷劇は 何故か洋の東西差はなく
支配する者 される者 権力と色と欲が渦巻く人間関係
巨大な建物 華麗な装飾に衣装 馬で駆け巡る 
ヨーロッパものと中華もの モチーフ的に共通項がとても多い
双方 様式美の世界なので 違和感全くなし
ストーリーはコチラ

いやはや 美術・衣装・音楽・アクション 
どれをとっても 凄まじい様式美の世界!
まるで中華版ゴシック これでもか!と徹底されている
東洋らしい竹を使った戦いの場 紙の面 水 石 刀 彫り 照明 蝋燭etc・・・
衣装・室内・装飾品など 黒・金・赤・白がメインの中華的な色
作りこみすぎか?ともさえ思える 大道具・小道具の凝りよう
場面場面がまるで 1枚の絵か狙いすました写真のようなインパクト
音楽も”HERO”のタン・ドゥンなので ドラマチック感をそそる 
HEROほどのスケールはないけど 力の入れようは感じた

そしてユェン・ウーピンの まるで優雅に舞うような 
独特の時間が流れる ワイヤー&カンフーアクションの数々・・・
土や川や雪の中から人が飛び出てきたり 空から人が降ってきたり
あ・ありえん・・・!と思いつつ その美しい舞いとその間合いに見入ってしまう

これは いくらハリウッドが香港風アクションを真似したって
真似できない東洋的(中国的)な優雅さと鋭さ
俳優陣もそういう血が自然と流れているようで
アクション、構え一つ一つとっても 大変サマになる
いやはや 中華圏の俳優は 演技も当然のことながら 男も女も
こういう伝統的アクションも出来て当然なのがいつもながら感心

そして そんな徹底した様式美に比べると 
演技はどちらかというと静の世界
今回若干おとなしめに見えるキャスト陣の中でも
褒めたくないけど チャン・ツィイーはインパクト大

女のいやらしさ・強さ・計算高さを延々垣間見せる演技
本心を隠し 頂点へ登りつめる女を演じる様子は
彼女のリアル女優人生とも重なるようで 小賢しさ十分
は~嫌な女だなぁ・・・とウンザリしつつ やっぱり口が曲がってるわ
と思いつつ でもくやしいけど上手いわな・・・と唸らされる 

たかだか20代半ばで こんな大奥か極道の妻のような
女のいやらしさや小賢しさを 存分に出した演技が出来る女優は
洋の東西でもそんなにいないんじゃないかと思う
まだまだ コン・リーの貫禄やスケール感には欠けるけど

そして これまたいかがわしく気高く静の演技が上手いグォ・ヨウ
白い衣装がピッタリの皇太子・・・彦祖 ダニエル・ウー 
彼の古装片は初めて 顔の彫りも深いのでアップが映える
アクションバリバリいけるのに 今回はちょっとおとなしめだったかな 
そして これまた儚げで ツィイーとは対照的に清流のようなジョウ・シュン
名前がわからないが これまたスッキリした男前のジョウ・シュン兄も好印象

いつも思うが 中華系の俳優は 本当に落ち着き&貫禄がある
日本の俳優などにありがちな 存在感が軽くないのがいい
時代物だと しっかりとその時代にもハマるし
そして あの口上合戦というか ハッタリ合戦のような
あの独特な朗々とした台詞まわしも たまらなく面白い

様式美とチャン・ツィイーのインパクトに比べると
今イチ酔えないストーリーは尾を引かないけど まぁ及第点 
物凄い様式美を見るだけでも価値あり

今日の映画:76点



思いっきりドメスティックな ”大日本人”と 
同じく 思いっきりドメスティックでも 裏の狙いが見え隠れしても
十分海外に通用しそうな この映画との違いは何だろう?

いつも思うが 中華圏の人のメンタリティの方が
より欧米人の感覚に 近い感じがする 
俳優も堂々としてるし 間合いも的確

作品作りも 世界のマーケットで何が必要とされてるか
その辺りのニーズを掴むのも上手いと思う
だけども 映画には 東洋的奥ゆかしさ たおやかさもあり
色使いを始め オリエンタリズム エキゾチシズムも強力
こりゃ・・・中華圏勢 強力だわな~ アピールが上手い
[PR]
Commented by sabunori at 2007-06-06 23:54
acineさん、コメント欄OPEN中ですね!
確かにコン・リーやマギーに比べるとオーラが足りないというか小粒感あり、
なんだけどそれでもやっぱりチャン・ツィイーはああいう役にハマりますよね。
今回の作品も「HERO」同様色がインパクトありましたねー。
特に赤。
ワンの衣装はもちろん、さす紅の赤、血しぶきや流れ落ちる血の赤・・・。
ラストシーンもなかなか印象的でした。
Commented by acine at 2007-06-07 23:06
◇sabunoriさん レスできそうな時は、こんな感じで、不定期だけど、様子を
見ようと思います。よろしくね~!
チャン・ツィイー・・・コン・リーやマギーに比べると、小粒感漂うものの、
なかなかしたたかな小物ですよね(笑)。くやしいけど、アンタ上手いわ・・・
こういう役やると・・・!と唸ります。
”HERO”以降、中華系の色彩美・・・ほんと目を見張りますよね~。
ワダ・エミさんを起用した圧倒的な美だけど、引き算も光る”HERO”には
なかなかどれも勝てないけれど、この映画は1シーン、1シーンとても
綺麗だったと思います。確かに・・・赤。血もダラダラ流れていたけど、
不思議と嫌じゃなかったですね~。
今度は、とことん金ピカだろう”黄金甲”楽しみにしています!
Commented by RIN at 2007-06-14 16:38 x
こんにちはー、おひさです♪
おお、高評価ですね!
私は、びみょーに全部はずしちゃったなあ・・・
という感じがぬぐいきれない映画でした。
色彩美も、ワンカットずつ見れば綺麗でシックなんだけど
映画で流しちゃうと地味な感じがしちゃって・・・。
私の色彩感覚がどんどんズレてってるのかもしれません・・・(汗)
Commented by acine at 2007-06-16 10:27
◇RINさん お久しぶりです~! やっと復活できそうです。
びみょーに全部はずしちゃったなぁ・・・って感覚よーくわかりますよ。
私も、美術的には面白かったけど、肝心のストーリーや小癪なツィイー
に関しては、褒められない・・・かも(笑)。彦祖は顔隠してるシーン多いし!
どっちかというと、綺麗に見せる、様式美で見せる方にウェイトがかかり
すぎてる映画かもですね~。
それより、出演者ももっと魅力的な金ぴか映画”黄金甲”はドラマ面にも期待してるんだけど、イーモウさん、外す時は外してくれるから、ちょっと怖いです。
日本タイトルも何じゃい?になってしまってるし(笑)!
by acine | 2007-06-06 14:35 | Asia アジア映画 | Comments(4)