Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

Notes On A Scandal   あるスキャンダルの覚え書き ’06 イギリス

e0079992_1265643.jpg

なんとまぁ ほんとに怖い女のお話でありました
女対女は 男対女より怖いかもしれません そのネチネチぶりったら
血がドバーっのホラーより怖い サイコホラー劇

ジュディ・デンチ演じるバーバラ
思い込みとは恐ろしい 孤独とは怖いもん
そしてケイト・ブランシェット演じるシーバ
付け入られ放題 まわりの人を簡単に信じちゃダメよ・・・という感じ

正直 まるでワイドショーネタのような 好奇心を煽る題材
スキャンダラスなはずの女教師と男子生徒の関係より
女二人のおかしな関係の方が どう見ても圧巻 
陳腐なドラマに成り下がってもおかしくないのに
この2人の芸達者な女優のおかげで 終始気持ちわるーい緊張感が続く
だけど どうもキャラクター設定は 物凄くステレオタイプ
芸達者なこの二人でなかったら C級になってそうだ

最初から ジュディ女史・・・怖さ爆走!
チロっとした目線で他人を品定めし 勝手に評価をする
別にアナタに評価されなくてもいーんだけどね的
程度は別として 年代関わらず いるいるー! こんな女!&こんなオバはん!
夜 時代遅れのネグリジェ着て 日記書いてほくそ笑んでる姿
怖すぎですわ しかもいい日には金星シール!
弱みを握りここぞとばかり そのヌチャーっとした執着心と
妄想爆発ぶりが うすら気持ち悪い

定年間近の教師でオールドミス 初老というより老人です
知性はあるんだろうけど 妄想激しく 結局アンタ・・・タカリやん
すごーく嫌なモン見せられてるようで おぞましさ満点
こんなオバはんに目をつけられたら最後・・・
日々の生活 幸せ 秘密・・・ そりゃ根こそぎ吸い取られますって

普通 いくら同じ職場だからといって 年代も違うし
そんなに共感し合えそうなタイプでもない二人
ケイトの立場だったら あんなオバはん相手にしないよな~
厚かましく近づくオバはんもオバはんだが・・・!

傍から見てても こんなオバはんと懇意になって ロクなことないって
ケイトは気がつかないんだろーか? 普通わかるだろ?とイライラする
こういう女の怖さやおぞましさに 普通 女はもっと敏感なのに
どうもケイトはのほほんとしすぎてて 見てて落ち着かない

中流階級の奥様ゆえの奔放さ ガードのユルさ イノセントさ
人をすぐ信用してしまう よく言えば寛大 悪く言えば鈍感なケイト
だから こんなオバはんに付け入られるのよ~!と思いつつ
15歳の男子生徒もそりゃ惚れるわ 年の離れたビル・ナイも
ジュディ女史からも 教師仲間からも そりゃモテモテだわな・・・と
すごく納得のケイトの美貌 美しい肌 柔らかいほのかな色気 

老若男女問わず そりゃ誰もが興味を持つだろうと思わせる
なんとも魅力的なケイト 欠点あっても 余りある魅力 
ラフなカッコ ボヘミアンなカッコ(笑) どんな衣装ももうバッチリ
普段の彼女同様 これまた凄いドレッサーぶり&素敵ぶりも
とことん見もの とにかく美しい! 雰囲気が最高だ
(しつこいようですが・・・もし生まれ変われるなら 私は絶対ケイトだ!) 

佳境を迎えても まだジュディの陰謀に気がつかないケイトに
イライラしつつ 爆発シーンで ちょっとやれやれ!
そしてラストで またオバはん・・・アンタ懲りないね・・・と呆れ
孤独とはつらいもの その発散方法が妙にリンクしてしまった恐怖劇

そして おぞましさと孤独を 気持ち悪く圧倒的に体現したジュディ
無防備さと美しさが際立ったケイト どちらもアッパレな演技でした
女:女は きっと男には想像つかないバランスの上に成り立ってるのかも・・・ 

今日の映画:78点
[PR]
Commented by Gloria-x at 2007-07-02 21:24
acineさん、復活されてるのを知らず失礼しました!
またリンクさせていただいていいでしょうか?
やっぱりacineさんもケイトがあのジュディババアみたいな先輩と親しくなるなんて「?」と思われましたね。基本中の基本ですよね!ま、それだけケイトが浮世離れしてるという描写なんでしょうけど、少年との関係といい、全般的にちょっと浅かったのが残念。
極上キャストを生かしきれなかった演出がちょっと期待ハズレでした。
それにしてもケイト、あの肌&髪の質感にうっとりでした・・・
Commented by acine at 2007-07-03 20:24
◇Gloriaさん いえいえ!私も中途半端に水面下にいたので(笑)、復活は
ひっそりとでごめんなさいね~!リンク・・・もちろん大歓迎ですよ~♪再びよろしく!
やっぱりGloriaさんもそー思いますよね。二人の演技で持ってるものの
けっこう設定には無理がある映画だと思ったりして。ケイトのように魅力
なくても、普通あんなジュディババア(笑)とは、仲良くなんないでしょ・・・と思いますよね~!
確かに、少年もちょっと安かったですよね~。それにしてもケイトは
本当に美しかったですよね。あの年の白人であのお肌の綺麗さ・質感は凄いと思います。
ケイトがいつにも増して綺麗だったのが無類のケイト好きの私としては
大満足でした。あんな普通の人の役でもやっぱり彼女は光ってる。
Commented by sabunori at 2007-10-22 23:46
acineさーん、TBありがとうございました。
なぜか1軒だけ京都の劇場で今頃公開している所があって、観逃していたので
観てきましたー。
おもしろかったです。2人ともなんたって芸達者ですもんねぇ。
acineさんお気に入りのケイトは(私も彼女は好きですよ!)今回はうまいな・・・とは
思ったものの、シーバという女は私は絶対ダメなタイプだったわ〜。
そばにいたら「バッカじゃないの、アンタ!」と一喝してしまいそう。
常にどこかオドオドしたような目つきでそれが天然なのだろうけど、どこか
男に媚びているようにも見えてダメでしたー。(←やっかみ?)
一方のジュディは市原悦子さんばりの演技でしたね。怖いけれど、彼女の全部を
否定しきれない自分がどこかにいました。
(えぇーっ!?とacineさんに腰を抜かされてしまうかもしれないけど。)
彼女の寂しさやら何やらがどこか少しだけわかってしまうような。
でもやっぱり怖いですよね。
Commented by acine at 2007-10-24 16:51
◇sabunoriさん こちらこそ! そーなんですね。でも、やっぱり映画は
見れるものなら、映画館で見た方が絶対いいですもんね!

そうそう!芸達者な二人だからこそ、C級にならなかったよーな気がしますよね。
シーバ・・・私もダメです。恵まれてるから、妙に鈍感で・・・。呆れるほど鈍感!
あんな女につけいるのは女史じゃなくとも簡単かもしれないかも(笑)。
かと言いつつ、同じ女として、妙に気になってしまう女かもしれませんね。
あぁいう人って。
ジュディはほーんと怖かった!でも、あぁいう女の女への近づき方、確かに
わかるよーな気がする。
でも、あれは中学生くらいなら可愛いけど、あんな歳になって、あんなこと
やっちゃいけません!〈笑)。確かに寂しいと女はあぁいう路線に走って
しまうのもわかるよーな気がします。私も。
でもね、金星シールはNG!でした(笑)。sabunoriさん~!
いやー、ほんとこういうの見てると女って怖い・・・!
by acine | 2007-06-18 00:11 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(4)