Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

THE MACHINIST  マシニスト ’04 スペイン・アメリカ (スカパー)

e0079992_18261570.jpg

予告を見た時から 気になってたけど 行けずじまいだった映画

このポスターの通り クリスチャン・ベイルが28キロ(30キロとも言われる)も
減量してこの役に臨んだというように 彼の風貌&演技が痛々しく強烈
落ち窪んだ目元や顔はまだいいとして 壮絶なガリガリ体型で 
横から映すと もう骨と皮状態で ムンクの叫ぶ人のような感じ 
アメリカン・サイコで 自分の力こぶにうっとりしてたナル男が嘘のようだ

最近こういう 現実か夢か悪夢か幻想か妄想か?という映画が続いてるけど
個人的には これは見る価値ありの映画 ストーリー:コチラ
この前見たステイなんかより はるかにいいと思う

もう1年も眠っていない 心身ともボロボロになりつつある不眠症で
ガリガリに痩せたクリスチャン・ベイルの演技 静かだけど凄みがある
肉体改造まで伴って 俳優というのは本当に大変な仕事だなぁ・・・と思う
いくら仕事とはいえ とことん痩せるのも もしくはとことん鍛え上げるのも
役柄の為とはいえ 凡人ではなかなか想像がつかない世界だ

夜が中心の風景も いつも時計が午前1:30を指してるのも
彼の心の闇を表してるようで 見てる側も その心の闇に引きずり込まれる感じ
同僚を事故に巻き込んでしまい 機械工として働く工場でも
居心地の悪くなった彼を癒すのは 通い慣れ気心が通じる娼婦と
深夜いつも訪れる空港のカフェのウェイトレスのみ
なぜ彼がそんな孤独な立場に追い込まれるか?
なぜ夜眠れないのか? なぜそんなに自分を追い込むのか?

前半の痛々しいクリスチャンの姿 
中盤から なぜ彼はそんなになったか?の謎解きが加速
え?! この二人は同一人物なの?!と思ったところで 
真相解明・・・ やっと彼は眠れるようになる?

この謎解き・・・ シンプルといえば シンプルだけど
そこに至るまでのストーリー運びは なかなか上手い
この前見た”ステイ”のように とっちらかっていない
必然性のある混乱やエピソードという感じで あぁ!そうだったのか~!と
見てる側を納得させる説得力がある 納得のいくラビリンスという感じ
もっとも メモの真相シーンは ちょっとあちゃー!だったけど(笑)
ちゃんと点と点が線でつながるのだ・・・ やっぱりこれは基本よね

スタッフにスペイン人が多いせいか わざわざスペインで撮ったという
この独特の空気感や陰影が よく効いていると思う
キャストたちは英語を喋ってるけど 英語圏でもなさそうな街の無国籍感
オープン・ユア・アイズ とどこか通じる迷宮具合
↑のラビリンス度は もっと凄いけど・・・

このままいくと 餓死してしまいそうなクリスチャンの姿は
生理的に受付ない人もいるかも・・・だけど 
シンプルで よく出来たサイコサスペンスだと思う 
ラストも救いがあるような気がするし・・・
それにしても クリスチャンの鬼気迫る演技は凄い

今日の映画:76点
[PR]
Commented by kiki at 2007-08-06 00:15 x
これ、ワタシも前から気になってはいるんですが、未見でしたのよ。なんか重そうで。どんな映画なんだか内容もチェックせず、毎度ひっかかるんだけど、「う~、ちとやめとこう」みたいな感じで来てました。見て損はなさそうな映画ざんすのね。そうか。サイコサスペンスでしたのねん。
Commented by ジョディ at 2007-08-06 21:00 x
初めてコメントします。どうぞよろしく(kikiさんの所でご一緒してます)。
「マシニスト」、最初から何だか陰鬱でイヤ~な雰囲気で、見ていくうちにもう彼(トレヴァー)の行動がいたたまれなくなってきて辛いんですが、最後謎も解け、見ているこちらもホッとさせられる結末。人間の”良心”は思ったよりも強いんだなあ、と思いました。よかったぁ~。
私はC・べイルでなかったら見てなかったですね。彼の俳優としての姿勢がものすごくピュアだと思うし、質の高い演技も好きです。もちろんその
端正な容姿も・・・ですけど(^^ゞ
「リベリオン」を単なるB級映画に留まらせなかったのは、すごいと思うんです。究極のストイック! でもファンと言いつつ「プレステージ」もまだ見てない私なのです・・・(^^ゞ

Commented by Gloria-x at 2007-08-06 21:26
かなり以前に観てかなりしんどかった一本です。
↓にも書いたんですが、これも「ステイ」同様、何度も途中でやめようと思いつつズルズル最後まで観たクチです。
C・ベイル、よくぞあそこまで身体張りましたねぇ・・・
ほんと、役者って怖いわー。

Commented by acine at 2007-08-07 11:14
◇kikiさん 私も気になってたんだけど、やっと今頃見れました。
確かにヘヴィっちゃヘヴィなんだけど、必然性のあるヘヴィさ・・・、ラストでの
クリア加減が気持ちいいので、見て損はないと思いますよ~。
サイコだけど、別に怖いシーンが出るとかじゃなくって、クリスチャンの
存在自体がもうサイコ・・・なので、それ以上過剰な演出は必要なしという
感じかな。機会があれば、見てみてね~。
Commented by acine at 2007-08-07 11:22
◇ジョディさん 初めまして! kikiさんちでお名前は拝見してましたよ。
そうそうもうこの陰鬱さ加減が凄いですよねぇ。本当にトレヴァーはどうして
こんなに追い詰められてまで、夜勤してるのか、もう可哀想になってくる位。
ジョディさんのおっしゃる通り、ラストは人間の良心って捨てたもんじゃない・・・。
彼の悩みはそこから来てたのか・・・と、悲惨だけど、ラストに救いがあるよーな気がしました。
C・ベールは、特にごひいきというわけではないんですが(ごめんなさいね・笑)、
いつも実直な演技で、とてもいい役者さんだと思いますよ~!
しかも、この役なんて、命の危険まで感じそうなくらいですもんね。
しかも、このあとバットマンのために、40キロこんどは増量・・・とか
チラっと見て、驚きでした!
”プレステージ”私も気になってたんですが、”300”リピーターするのに
忙しくて見れずじまいだったんですよ(笑)。
また、いつでもいらしてくださいね! こちらこそよろしくお願いします。
Commented by acine at 2007-08-07 11:25
◇Gloriaさん おぉ~Gloriaさんも見られてたんですね!
私も、ヘヴィそうなので、なーんとなく今まで引っ張ってたんですが、
個人的には”ステイ”より断然好み・・・というか出来はいい!と思いました。
本当にそれにしても、物凄い体型してて、ビックリ。撮影もエネルギー
いりそうなので、大変だっただろーなと思います。本当に役者って、凡人には
想像つかない・・・世界です。ほーんと凄いですよね。
by acine | 2007-08-05 18:43 | España  スペイン映画 | Comments(6)