Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

最好的時光  百年恋歌  ’05  台湾 (DVD)

e0079992_17351567.jpg

候孝賢(ホウ・シャオシェン)の映画は トニー・レオンが出てた
フラワーズ・オブ・シャンハイを見て以来・・・

あまりのスローテンポに 半分以上爆睡
ヒロインが(どうでもいい)羽田美智子だったというのもあるけど
トニーが出た映画で こんなに爆睡したのは この映画くらい
(あと小規模だけど 花様年華も・笑) なのでストーリーも全く把握できず

そういう前歴があるので 正直どうかな~?と思いつつ
チャン・チェンとスー・チーが3つの時代を演じるというのは
やはり面白そうだったので鑑賞 ストーリー:こちら

静かだけど 時代によって雰囲気を変えてる 
二人の演技はとても相性がいい 台詞は少ないけれど
その佇まいや雰囲気で 十分に物語っている

そして全編を通じて光 太陽の光、逆光、ランプの光、ガラス越しの光
夜の街の光、蛍光灯の光 etc・・・が どれもとても美しくて印象的だった
候孝賢って こ~んなに美しい絵を撮る人だったんだ・・・! と目からウロコ

それも作り込みすぎず かつ計算された絶妙のバランス 
画面の色合い・色彩も美しい・・・ メリハリは効いてるけど
王家衛より控えめな感じで品がいい 香港と台湾の空気感の違いだろうか?
音楽もでしゃばらず引っ込みすぎず これまたセンスがいい

静かな映画にも限らず・・・飽きずに見れた
だけど これまた間で居眠り何度かしてしまったけど(笑)
つまらないからではなく すごく心地いいから ついつい・・・
台湾らしい まったりとした時間がどの時代でも流れてるせいもある?

チャン・チェン・・・派手さはないけど端整で 往年の名スターのような
いかにも映画俳優らしい クラシックな空気をまとっている
映画の中でこそ輝く スケール感のある役者だと思う
その若さに似合わないくらい 地に足のついた
静かな佇まいが 今回もとてもよかった

スー・チー・・・舌足らずな可愛い広東語のスー・チーもいいけど
ネイティブである北京語 出身地台湾での大人なスー・チーも凄くいい
3作で的確に演技を使い分けてたと思う ファニーなだけじゃないいい女優だ
3幕目の目の周りの黒い縁取がよく似合うスー・チーもよかった

e0079992_1822734.jpg


1幕目のレトロなビリヤード場が舞台の物語
3幕目の現代の台北の物語もよかったけど
個人的には 2幕目の遊郭での物語が一番印象に残った ↑

しかも この2幕目はサイレント形式で 
台詞は字幕がドーンと画面の中心に写るという大胆な演出
しかもその字幕の背景が オリエンタルな木彫りか金属の彫り
シノワズリーテイスト満点で 物凄く綺麗なのだ
台詞がなくとも 雰囲気は十分伝わるし こういう大胆な方法を
こういう雰囲気の話に使うというのも 凄くセンスがいいと感心

そして 演じる二人がこれまた 静けさの中 
たおやかでまろやかで 凛ととても品がいいこと この上ない
チャン・チェンの辮髪 二人とも美しい衣装も板についてるし
部屋に置いてある家具やら小物やら ガラス越しの灯りや
ランプの光・・・ 目に入るもの全てが とにかく美しい 
こ部屋に置いてある小物や家具 衣装をじっくり見せて~!という感じ
あの美しいカバーをかける鏡なんて凄い・・・

派手さはないけど 味わいのあるいい3編だった
まったりした台湾もの・・・いいわ

今日の映画:80点

チャン・チェン: 2046 ブエノスアイレス 番外編 愛の神、エロス
         王家衛+張震のクリップ サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
スー・チー: ソウル攻略 ラブ・イズ・マネー 傷だらけの男たち



※候孝賢つながり・・・
 ’05~’06の年末年始に 台湾へ行った時 
  シネマ好きのためのスペース ”台北之家”へ行きました
  当時の記事を転記してみますね・・・ 

f0036383_9471927.jpg

ミニシアターの看板
f0036383_9473046.jpg

エントランス
f0036383_9473937.jpg

階段ホール
f0036383_947535.jpg

DVD CD 本 などが売ってる ライブラリー
f0036383_948668.jpg

エントランスの照明

MRT中山駅から歩いて3.4分 
中山北路沿いの 台北之家に寄る

元アメリカ大使館の洋館を使い 
台湾の映画監督 ホウ・シャオシェンがプロデュースした
コジャレた雰囲気の シネマ好きのためのスペース 
ミニシアター ギャラリー カフェなどがあり ゆったり楽しめる
この頃 日が暮れて とっぷりと暗くなっていたので 
こんな風にライティングも綺麗だった

台湾カフェ漫遊でも紹介されていて
映画好き&中華圏映画好きとしては ぜひ行ってみたかったスペース
カフェも併設してあったけど カフェには寄らずじまいだった(残念!)
ミニシアターも覗いてみたら スタッフの人が
映画紹介のチラシやパンフなどをくれたりして親切

ライブラリーには中華圏 西洋もの 様々な映画のDVD
映画にまつわる書籍 サントラ中心のCD
アート系の書籍 写真集などがあって 眺めるのも面白い

4枚目の写真のように 壁には中華圏を代表する
映画監督 台湾のアン・リー ホウ・シャオシェン エドワード・ヤン
中国のチェン・カイコー チャン・イーモウ 香港のウォン・カーウァイなど
中華圏映画好きには お馴染みの巨匠達の写真も並ぶ

*台湾出身のアン・リーは この度米アカデミー賞にて監督賞を受賞 恭喜!

中華圏映画&映画好きの方にはぜひおすすめ
建物もとっても雰囲気あるので すごくいい感じ
グリーンで囲まれているので ざわめく雑踏の音を聞きつつも
都会の小さなオアシスのよう

最新版 台北之家 情報/ 台北NAVIさん

■この時 台北で見た映画 如果・愛 無極
[PR]
Commented by Gloria-x at 2007-08-10 21:18
ああーこれ、以前どこかで予告かなにか見かけて気になりつつ、すっかり記憶から飛んでいました。最近足繁くTSUTAYAに行ってるけど見かけなかったような・・・次回絶対探します!
チャン・チェン、いいですよねー。
「ブエノスアイレス」では男2人旅が映画的にも中だるみしていたところに一服の清涼剤みたいで、一目惚れ。「エロス」ではすっかり大人になった色気にクラクラしました。スー・チーも魅力的ですよね。
Commented by acine at 2007-08-10 22:08
◇Gloriaさん でしょ~?! 私もすっかり忘れそうになってたんだけど、
私もTSUTAYAで発見して、もう7泊8日になってるわ・・・で、速攻で借りました。
チャン・チェン・・・ブエノスアイレスの頃は、Gloriaさんが書かれてるように
爽やか~だったけど、ホント”エロス”では、あの貫禄十分なコン・リー姐さん相手に、
全然負けてないどころか、息が詰まりそうでしたもんね~(笑)。ホント!
大人になりましたよね~。彼。 
あとは未だに”2046”の彼の扱いがゆるせーんっ!って感じです(笑)。
この映画では、すごく落ち着いてるけど、これまた凄くいいです。
演技者としての精神年齢は、年上の金城武より遥かに上・・・という感じがして、
達者。 今回の台湾版スー・チーも凄くいいですよ~!
彼女もやっぱり密かに凄い演技派。可愛いだけじゃないって感じ。
Commented by sabunori at 2007-08-12 08:55
acineさん、こんにちは。
それぞれ異なった時代のカップルを同じ俳優が演じるコントラストの
おもしろさをも楽しめる作品でしたね。
「輪廻転生」的なメッセージも感じたりなかなかステキでした。
主演の2人、今や台湾を代表する堂々たる俳優ですよね。
Commented by acine at 2007-08-12 23:02
◇sabunoriさん こんばんは! TBも有難うございます♪
同じ役者でも、その空気感、思いや佇まいがそれぞれ違ってて、
どれも味わい深かったです。同じような舞台の”フラワーズ・・・”は
あんなに退屈だったのに、こっちでのお話は凄く良かった。何でだろう?
”輪廻転生”と言えば、”ファウンテン”もどこかつながる世界だったけど、
個人的にはこの映画の世界の方が、印象に残る内容でしたよ~。
東洋的で静かだけど、心はつながる・・・つながらないもどかしさ。
台湾映画ならではの、穏やかさ、静けさ、まったりさが心地よかったなぁ。
主演の二人、まだたかだか三十路に入ったばかりで、この達者ぶりだから、
これからもほーんと楽しみですよね!

Commented by rabiovsky at 2007-08-15 23:21 x
TBありがとうございます。
私もうつらうつらしながら見てて、最後の3分間は覚えていません(笑)
だけど光の使い方がうまいですよね~。ほんと美しい映画という感じ
でした。私はこの映画って監督の今までの映画と重なる映画のように
思うんですよ。
1幕目は監督の青春時代を描いた映画に似てますし、3幕目は彼の最近の
映画、そして2幕目は私は見てないのですが『フラワーズ・オブ~』じゃないかなと。
そう見ると2幕目の繊細さと美しさは主演のふたりの力も大きいのでは
と思ってしまいます。
スー・チーは正直、こんなこともできるんだ~と思ってしまったぐらい
魅力的でした。チャン・チェンも頭に目がいきつつもオーラのある映画俳優
というぐらいの存在感がありました。
素晴らしい人たちが集まるとこのような映画ができてしまうんだな~と
思わせる映画でした。
Commented by acine at 2007-08-16 09:28
◇rabioさん ほーんとこの映画、別の意味で眠りを誘う映画ですよね(笑)。
つまらないんじゃなくて、単にすごく心地いいから。
本当に、各々のタイトルのシーンからして、光の綺麗さに見とれますよね~。
ランプの灯りとか、ガラス越しの灯りまで芸術的なまでに美しい!
そうか~、この映画は監督の集大成のような感じなんですね。
トニー好きなくせして、私はまだ”非情城市”見たことなくて、これは
ちょっとホウ・シャオシェン映画も当ってみようかな・・・って気になってます。
おキャンな香港版スー・チーもいいけど、小悪魔&ファニーでない大人な
スー・チーも凄くよかった。思いのほか巾ありますね。彼女。
チャン・チェン・・・あれ、髪型だけじゃないですよね~?!(笑)
ジュード・ロウみたいにならないのを祈ります。いやーいい映画でした。これ。
Commented by Gloria-x at 2007-08-19 15:43
暑いので今日は一歩も家から出ないと決めて、クーラーかけて遮光カーテン閉めてさきほど観ました。
ほんと、心地いいから眠りを誘う作品でしたねー!環境ビデオとして部屋に流しておきたいほどです。物撮りカットがすべてすごく好み!
わたしは一作目のビリヤード屋の話がいちばん好きでした。ストーリーも空気感も2人の演技も・・・。でも2作目もよかったなぁ、衣装や部屋のしつらえなど見ごたえあったし、無声なのでスーチーの表情演技が際立ってよかったです。
でも、わたし頭が悪いのでよくわからなかったんですけど、あれって遊郭なんでしょうか?それと、義妹の身請けのお金って誰に払うもの?
3作目は好きじゃないタイプの話で、しんどかったんですがacineさんもご指摘のスー・チーのアイメイクは「どうやったらこんな化粧できるんだろー?」としげしげ観察してました(^_^;
Commented by acine at 2007-08-19 20:04
◇Gloriaさん 私もお盆中はホントにそうでしたよ(笑)。今日は出たり入ったりで
死にそうでした。昨日から頭痛に見舞われていて、もう太陽はいらん!って感じです。

ほんとほんと、環境ビデオとしても恐ろしく質が高いかも。
そして、本当にどの場面もめちゃくちゃ美しい!私は、ホウ・シャオシェン
食わず嫌いだったけど、これはちょっと見てみようかなぁと目からウロコでした。
Gloriaさんは1話目がよかったんですね~。あのお話が一番二人も自然な感じでしたよね。
夜、手をつなぐシーンとかすごく私も好きだった。
2話目は、もう光やインテリアや小物や衣装がパーフェクト!あぁいう大道具、小道具
じっくり見せて欲しい!って感じ。二人の演技も、静かだけど抜群の品の良さでした。
Gloriaさん、私も2話目の話はよくわからなかった(笑)。でも、雰囲気に
すっかり酔わされたので、それでいいかと(笑)。
3作目・・・なんとなく同感!でもあのメイクは凄く似合ってたなぁ。
あと、現代の台北の空気感とか街の雰囲気がわかるのもよかったです。
なーんとなく、台湾の街の雰囲気や、空気感って古きよき日本の香りがしますよね。
by acine | 2007-08-10 18:11 | Taiwan 台湾映画 | Comments(8)