Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

無間道Ⅲ 終極無間  インファナルアフェアⅢ 終極無間 '03 香港 (2回目 スカパー)

e0079992_23271853.jpg

公開当時以来 3年ぶりに見てみました

映画館で見た時は とにかくストーリーを追うのに必死で 
かなり頭が混乱してましたが・・・ 感想

今回も 一回見たはずなのに やっぱり混乱!
え?チャンって? え?ヨンって? へーぇそうだったのか?と
改めて驚いたり そういえばこんなシーンあったけど・・・と混乱しつつ
Iの前後の物語で 時系列が 容赦なく行き交うので 
ぼーっと見ていては あっと言う間に取り残されてしまいそうになって大変
めくるめくラビリンスについていくには 見る方にも覚悟が必要

それにしてもこの映画 Iがヒットして作られた
なりゆきまかせで出来た3作目にしては よく練られてるわ・・・と感心
時系列シャッフルして こねくり回して作ったはずのストーリーだけど
ちゃーんと魅せる・・・ 多少のご都合主義にには目をつむっても
やっぱりIAシリーズは凄いわ・・・ と改めて思った 
 
ちゃっかりアイディアだけ横取りした 某醜悪リメイクの意味ない長尺なんか
目じゃないくらい なりゆきで作られたような この映画のシーン・・・
たかが5秒だけでも 全てが勝ち! 大味なアメリカーン猿芝居軍団より
アジアの湿気よ!湿気! アジアの男よ!男! 無間地獄よ!地獄!
こんな麗しすぎる香港ノワールのリメイクなんぞするのは 100年早い! 
美味しいとこ取だけするのなんてズルすぎだ 金輪際辞めんかい~!と思う

訳わからないままも さすがに2回目となると とは言ってもかなりクリアには鑑賞

結論 結局 ラウ(アンディ)は小悪党に過ぎなかったということ・・・
あんなにIでは達者だった悪党ぶりが ヤン(トニー)が死んでしまって
罪悪感に苛まれ ストーカー化し ヤンと何故か同化していく・・・
果ては ”俺は善人になりたいんだ” 既に遅すぎだ・・・お前
まるで風船がしぼむように 小物ぶりが露呈してしまった哀れな男ラウ

e0079992_23435717.jpg

そして トニーはやっぱり傷だらけの男たち より IAシリーズ!
小柄で肩幅が狭かろうが Iのようにクタクタヨレヨレでなくても 
今回の役にピッタリなほどよい量の男の色気が滲み出る 
そしてこの映画ではとてもキュート(死語)だ 普段は植物的な人なのに何故?

e0079992_23484428.jpg


そして 惚れ惚れしたのが レオン・ライの声!
和菓子のようなはんなりとした魅力が彼の持ち味だけど
なんという声の良さ 余韻が残りさ加減が最高
このはんなりした 程よくポーカーフェイス 程よく人間が透けるレオンが
金城武の代わりに ”傷だらけの男たち”に出てても 
それはそれで面白かったかも・・・と思ったりして

声フェチからすれば 大王様 ダオミンさんも なんともいい声
そして その悪そうでかつ威厳のある 品のある風貌

一見地味ながら しっかりと存在感のあるこの二人が
ポーカーフェイスで 芸達者なので 善と悪のどちらか?
え? この二人って結局何だったっけ?といい具合に惑わされてしまう

それにしても 死んでしまったあの人もこの人もジャンジャン出てきて
夜の追跡 エレベーター ビルの屋上 突然鳴る着信音 封筒
ストップモーションかかったような群集画像 マッサージ嬢の話 あの曲 この曲・・・
IAファンにはたまらないアイテムが てんこ盛りなのも
サービス精神旺盛かつご都合主義な香港らしさ十分

ヤンが死んだ後 りよんとダオミンさんが話していたシーン
”死んでしまったら 線香なんて 何の役にも立たない”
この台詞がこのシリーズを凄く物語ってると思う

線香だ!線香! 
そんな世界がわからないと いくら形だけリメイクなんてしたって
無駄なことなのよ! 型だけ取っても中味はスカスカ えーい!わかったかー?! 

エンディングのおぉ!そうつながるか~!にも再び感心

そして最後に やっぱりこのシリーズ 
時系列順にシャッフルして 最初から最後まで 一度見てみたい!
このチームだったら 上手く編集できると思うんだけど・・・
このⅢも こんなバラバラの断片を ちゃーんと映画に仕上げてるんだもの・・・

今日の映画:78点

ケリー・チャンは 綺麗なんだかそうでないのか やっぱり判断つかず・・・
けっこう綺麗だと思ったら 多くのシーンで オノ・ヨーコにも見える
個人的には好みの顔ではないな~ なんか怖い顔だ
[PR]
Commented by Gun0826 at 2007-09-21 17:46
終極無限はご指摘の通り、ラウという男の俗物っぷりをまじまじと
見る映画だと思います。故にアンディファンじゃないとかーなーり
キツイ映画でもありますわな。
彼が●●ないことで、無間地獄となって本作は完結するわけで、
そういう意味で見事なラストだったといえます。

ダオミン先生、レオン・ライはカッコいいですよね。
あの3人が語り合うシーンが好きです。

傷だらけの男たち、結局見られずでしたので、DVD待ちです。
こちらでも香港映画は上映規模がどんどん小さくなってて泣けてきます。
Commented by Gloria-x at 2007-09-21 22:12
待ってました!実はわたしも3作パックDVDを購入したので、
最近もぶっとおしで鑑賞(何度目かわからん)したところです。
個人的には「3」がいちばん好きですねー。
なんていうか風格が感じられて・・・
わたしも劇場で最初観たときはついていくの&ムードに酔うのに精一杯で細かな人間関係とか把握できてなかったんですが、これだけ何度も観ると「そうだったのねー」とさらに充実!

>和菓子のようなはんなりとした魅力

ですよねー!(笑)京都を舞台にした日本舞踊の師匠役でもこなせそう!
それと、ダオミンさんは渋いですよねー。妻が先立ってるというのがまたいいと思いません?彼を主役にして番外編作ってほしいわぁー。

ケリーはほんとあの映画にいらないです・・・・髪を後ろでまとめてるシーンではけっこう首筋野生のままって感じで毛深くてびっくりしました。


Commented by acine at 2007-09-22 22:15
◇Gunさん ホントホント! じっくり見てみたら、ラウのあまりの器の小ささに情けなさ&哀れさまで感じました。公開時は話を追うのに必死だったけど、
今回はじっくり見れて、それに気がつきました。
俺様アンディ・・・苦手だけど、このシリーズのアンディは私は合格点!
お前勝手すぎだぞ!と思いつつ、許せますね~。 そして、Gunさんの言われる通り、
●●ないことで、業を背負い続けるということですね~。ほんとこの辺りよく出来てますよね~。
平和な3人の出会いは、ほーんといいシーンです。だから、”線香・・・”の台詞にも
グっとくるわけですよ~。トニー&ダオミン&レオンでもあと1作出来そうですよね(笑)。

”傷だらけ・・・”は、賛否両論で、私は正直ノレないまま終わってしまったんだけど、
Gunさんの感想はどうか?楽しみにしてますね。
花の東京でもそうなんですねぇ。香港映画、んな○ホな的映画もあるけど、
いい映画も一杯あるのに残念ですよねぇ。
Commented by acine at 2007-09-22 22:27
◇Gloriaさん さすが~!IAマニアのGloriaさん。何度目かわからん・・・
素晴らしい! 
私は、Iは即買ったんだけど、Ⅱ、Ⅲは持ってなかったので、今回3作スカパーで
オンエアされるので、これは録らなくちゃ~!と張り切ってます。

GloriaさんはⅢが一番お好きなんですね~。久しぶりに見たら、書かれてる通り、
しっとりと落ち着きがあって、確かに風格あります。キャストのせいかな~?
どれも、ちょっとずつカラー違いますもんね。
ⅡはⅡで、若者二人とオヤジ二人、そしてカリーナ姐さんと名もなき黒社会の男が一杯。これも見所充分。 でも、私はやっぱりⅠですね~。
思い入れがありすぎて、未だに感想書けない・・・マイ大カルト映画です。
Commented by acine at 2007-09-22 22:29
◇Gloriaさん 続きです・・・。

レオン=和菓子ですよねぇ!(笑)。確かにアリだ・・・踊りのお師匠さん。
呉服屋の若旦那でもOK! あと宮司さんとか・・・。何故か和の香りがしますよね。
”ラブ・ソング”の1,2年あとくらいに、香港で彼のコンサート見たことあるんだけど、
やっぱりゆで卵剥いたようなツルツル系ではんなりとされておられました(笑)。
かなりいい席で、間近で見たんですよ~!

ダオミンさんも渋いですよねぇ!”英雄”でも私はすっかりハマってました。
凄い男前というわけではないけど、風格のある役者だと思います。

首筋野生のまま(爆)!!よーく見てるわ。Gloriaさん。さすが!

そういえば、ミス・ポターのレス・・・誤字・脱字だらけでした。すみませぬ。
Commented by manggisk at 2008-02-02 10:20
acineさん、こんにちは。
これTBさせてもらいましたー。
今回Ⅲを観てストーリーがきちんと細かいところまで練られていたことにびっくり。いまさら気づくなって感じですが、無間地獄をきちんと表しているのはⅢなのかも、とひしひし感じた次第です。
生き続けなければいけないというのはある意味つらいですね~。
Commented by acine at 2008-02-02 22:45
◇manggiskさん こんばんは!
TBもどーもありがとうございます♪ そうなの。普通あれだけの元が
あると、ⅡやⅢは作りにくいと思うんだけど、香港らしからぬ緻密さですよね!
本当にこの3作の時系列順シャッフルヴァージョンあれば、絶対欲しい!って感じがします。
生き続ける・・・私はどうも俺様アンディ苦手なので、トニーの生き地獄と
比べたら、甘いっ!という感じなのですよ(笑)。
by acine | 2007-09-20 23:57 | Hong Kong  香港映画 | Comments(7)