Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

LA SCONOSCIUTA    題名のない子守唄 ’06 イタリア

e0079992_2252261.jpg

凄い映画を見た・・・!の一言

ミステリアスで残酷なのに テンションが物凄く高い 
その一瞬一瞬が 常にクライマックス状態で
常にドキドキする展開で とにかく強烈  
久しぶりに見終わって 茫然自失な映画だった

とにかく冒頭から スクリーンに釘付け!
こんなタイプの映画 見たことないかも

北イタリアのトリエステに現れた 自称ウクライナ出身の謎の女 イレーナ
妖しげなフラッシュバックの場面 ミステリアスでスピーディで
力強くドキドキするようなエンニオ・モリコーネの音楽
 
得体の知れない女でありながら 強い決意を秘めたイレーナが
華麗な装飾が施された美しく どこか孤独を感じるような
トリエステの街を彷徨うシーン そして掃除婦から家政婦へ・・・ 
一体 彼女はどうしてそこへ潜り込んだのか?
何故潜りこまねばならなかったのか?

e0079992_23181078.jpg


演じるロシア出身の女優 クセニア・ラパポルト
聡明な瞳はどこかケイト・ブランシェットを連想させ
スラブ系独特の透明感のある美貌とどこか漂う暗さを持っている
彼女の演技や佇まいは 謎の女イレーナそのものだった

段々と謎解きがされていき ははーん そうか!と 気付き始めても
ドキドキ感は全く失われず テンションも全然下がらない
これを延々見続けてたら 高血圧か心臓に負担がかかりそうな
くらいの濃さだ そして同時に存在する芸術性の高さも凄い

人間の残酷さ・悲しさ・哀れさ イタリアに潜む富むヨーロッパの闇
段々と明かされるイレーナの過去
どうやって彼女はイタリアに流れ着いたのかわからないけど
ただのプターナじゃなくて あれがホントだとしたら
ただの日本人は 呆気に取られて見てしまうだろう
それほど彼女達の生活は壮絶で こんなの死んだ方がマシだと思う
私も唖然として見てたけど・・・ 

それなのに 単なるお涙頂戴には全く終わらない
涙は出ない ラストが・・・というキャッチだけど 
正直ラストよりそれまでの過程の濃密さったらない

子供の描き方だって ハリウッドだったら絶対NGだろう
子供を甘やかさない 子供の着地点だって決して安堵できない
そんな子供テア役を演じた子もすごく達者だった
演技も自然で底力があり ハリウッドの子役より 数倍格が上という感じ

独特の力強さ そしてこのドラマティックさに圧倒された
いやいや 凄い映画を見たなぁ・・・と 呆然
e0079992_23203698.jpg


同じように 子供が出てきて 子守唄や母性がモチーフというと
パンズ・ラビリンス もダークで残酷で 素晴らしかったけど
この映画も甲乙つけがたく素晴らしかったと思う
個人的には こっちの方が より強烈だったような気がする 
地獄と天国 どちらが救いがあるのか?という 感じがするけど
この救いようのない強烈さと悲しさ どこかホっとする瞬間もちらり
ラテン映画がとことん描く 人間の陰影・残酷さ
強烈すぎるエモーショナルさや愛情表現
なかなか他の国では真似できないと思う だからラテンものは辞められない

この映画・・・ 
5年前に行ったことのある トリエステの街が舞台ということで
だったら見てみようか・・・ 位のきっかけだったけど 
こんな凄い映画だったとは・・・!と 驚きの色が隠せない私

この映画の監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
海の上のピアニスト マレーナは見てるけど 
この監督は どこか残酷で 夢だけは絶対見させてくれない
前者はよかったけど ちょっと作りこみすぎが鼻につく・・・
後者はこの映画と同じように 暴力シーンもキツいし 
後味悪くて あんまり好きじゃなかった・・・
この映画は そういうシーンがあっても 心底凄い!と思った
この力強いテンションは誰ばれ真似できない しかもこんな題材で

とにかく強烈 エモーショナルすぎて テンション高すぎるのに
凄いとしか言いようがない映画だった
映画なのに 事実は小説より奇なり という感じ 
これは傑作!

今日の映画:84点

11/24追記

”パンズ・ラビリンス”より凄いかも・・・と書いてましたが
その場の衝撃度でいうと この”題名のない子守唄”の方が上
だけど あとでジワジワよりくるのは”パンズ・ラビリンス”の方
何にしろパヒュームと並び 今年のダーク・残酷系ではこの3作肩を並べるでしょう
何にせよ ハリウッドでは絶対作れないタイプの これぞ映画!的ダーク系映画



5年前の夏 この映画の舞台 トリエステに行ったことがある
ヴェネツィアから電車で2時間 アドリア海沿いの街
車で10分も走れば そこはスロヴェニア(旧ユーゴスラヴィア)
イタリアであって イタリアらしくない街らしい・・・

この映画の撮られた冬と違って 私が行ったのは真夏なので
また雰囲気が違うと思うけど こんな東欧の女性を舞台にした
ミステリアスな題材が 確かによく似合う

その時の旅の同行者(イタリア大好き)いわく
他のイタリアの街と雰囲気も 歩いてる人の顔も全然違う・・・らしい
確かに 顔つきがラテンというより どこかスラブ系っぽい顔つきの人も多い
たまたま乗ったタクシーの運転手のお兄ちゃんも 話を聞いてると 
父イタリアと母スロヴェニアのハーフだった (長身で美形!)

その歴史は・・・
イタリア半島の付け根の東端にある フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の州都
ローマ、アクイレイア、ヴェネツィアの支配を経て 14世紀後半から
オーストリアの支配にあった 1719年にマリア・テレジアとジュゼッペ2世の下
オーストリア・ハンガリー帝国の軍港となり その後自由港として発展した
その後第一次大戦後はイタリア領となり 
第二次世界大戦後は英米とユーゴスラヴィアの共同管轄地になり
1954年に現イタリア領となった
 =地球の歩き方 ミラノ ヴェネツィア&湖水地方編= より引用

↑のように イタリアになって まだ50年ちょっと
イタリアらしくない・・・というのもなるほど・・・の歴史
地図で見ても 飛び地のようにトリエステの街だけが 
イタリアから飛び出て ぐっとスロヴェニアやクロアチアの
旧ユーゴ領に入り込んでいる感じだもの

そんな歴史もなるほど・・・と思う 
いろんな国の支配下に置かれて 中欧・東欧の玄関口で
ハプスブルグ家の下 栄えたというのがなるほど・・・とわかる
とても落ち着いて どっしりとした街という印象
かつ重厚で荘厳な建物がズラリ 見方によっては重々しい感じさえするくらい
そんな中 ウィーン的な華麗な装飾や 美しい扉や窓が一杯ある街だった
あと ここはコーヒーで有名なillyの本拠地だとか
 (ホントは行きたかった illyカフェに行き損ねた!)

イタリアに行っても なかなかトリエステは
行くチャンスのない街だと思うので ちらーっと写真をご紹介
 *フイルム時代のコンパクト写真のスキャンなので 今イチで失礼

e0079992_9573874.jpg

カナル・グランデ 大運河
e0079992_958277.jpg

正教系の教会らしい モザイクや彫刻が美しい
e0079992_9581288.jpg

〃 扉
e0079992_9582281.jpg

美しい装飾の重厚な扉が一杯ある街
e0079992_958336.jpg

確かデパートだったと思う
e0079992_9584368.jpg

装飾が美しい!
e0079992_9585653.jpg

こんな路地がたまらなく好き
e0079992_9591329.jpg

商業の中心地あたり
e0079992_9592542.jpg

イタリア統一広場付近
e0079992_9593719.jpg

回廊もたまらなく好き
e0079992_9595281.jpg

広場の前はすぐアドリア海
e0079992_100594.jpg

広場のオープンカフェ
e0079992_100189.jpg

政庁舎 華麗!
e0079992_1004725.jpg

山と海にはさまれているので 神戸のように坂道も多い街 
e0079992_10564637.jpg

郊外のアドリア海沿いにある ハプスブルグ家のお城 ミラマーレ城
e0079992_101166.jpg

ふたたびトリエステ中心部 美しい窓まわり
e0079992_1011387.jpg

ひっそりとした路地
e0079992_1012532.jpg

この窓も美しい
[PR]
Commented by Gun0826 at 2007-11-21 12:51 x
大変ご無沙汰しております。お元気ですか。

この映画、俺の役者やってる友達(女性)がみてえらく衝撃を
受けたって話を聞いててどんな映画だろうと思ってたのです。
(彼女はめったに映画を良いとは言わないのですがこれは絶賛してた)
女優さんはロシアの人だったんですか。
DVDで観るにはちょっとキツそうな内容のようですが、チャレンジして
みるかなぁ。
Commented by acine at 2007-11-21 14:59
◇Gunさん こちらこそ!Gunさんもお元気にされてますか?
密かに時々お邪魔してて、ジミーちゃん映画の感想なども読ませてもらってました。
残念ながら、私ジミーちゃんはNGなので・・・面白そうだけど、見には行かないかな(笑)。

おぉ!Gunさんのお友達もそうだったんですね。これは私も凄い衝撃でした。
多分、男性は引いてしまう人が多いかもしれないけど、このイレーナと同じ女の目で
見ると、衝撃・・・というのは、よーくわかるような気がします。
もっと静かな映画かな?と思ってたら、何の何の!凄いテンションの高さに
ビックリしました。キツい内容かもだけど、これは見て損はないと思います。
そういえば、ちーりんさん、トニー&武と今共演してますね。
何かで写真見たけど、お美しかった・・・。”赤壁”楽しみですよね~。
Commented by Gloria-x at 2007-11-21 21:49
予告編観て「観たい!」と反応したんですが
監督がトルナトーレと知ってテンション激下がり・・・
「海の上の・・・」「マレーナ」どっちも観たけどどうも苦手なんです。
わたし的には「おセンチ」な感じが強くて・・・
題材的にはすごく惹かれるので、とりあえずDVD待ちます!(;^_^A
Commented by acine at 2007-11-21 22:11
◇Gloriaさん トルナトーレ・・・クセありますもんね。私は、彼と知らずに
トリエステだから・・・と何気なく行ったのが幸いだったかも。
私もGloriaさん同様、”海の上の・・・”も”マレーナ”もどっちかと言うと
苦手な部類。でもね~、これは凄かったですよ!
好き嫌いは別として有無を言わさぬ超絶テクの迫力。
これもおセンチといえば、おセンチだけど、妙に力強い不思議な魅力がありました。
ぜひ、これは見てみてください。音量大きめで!
Commented by kiki at 2007-11-22 23:59 x
大絶賛じゃないですの。acineさん。こうまで凄いと書かれて、雰囲気がスゴそうな気配はもうもうと立ち上ってくるのに、さっぱり内容がわからないと引っ張られますねぇ。インパクト強いポスターだし、ちょっと脳裏に引っかかってはいたんですけどね。そうか、傑作なのねん。
Commented by acine at 2007-11-24 23:47
◇kikiさん そうなのよ~!もう今年はこれで平穏に映画も終わりかな~と
思ってたところへ、これはかなり目から鱗でありました。
この映画、最初にラストを(見てない人に)言わないでくださいと
わざわざ注意書きが出るのね~。でも私はこの映画はラストより
そこに至るまでの過程が大事だと思うので、見てない人で、興味持って
くれる人いたら・・・と思い、わざと曖昧に書いてるのでした。
生理的に好き嫌いは別れるかもだけど、これは好き嫌いは別として、
とにかく凄い!とだけ申しておきましょう。
Commented by fotobella at 2010-10-06 21:08
acineさん こちらにもおじゃまします~
最近、映画を観ることにすっかりはまってしまい・・
驚くべきは、わたしが「このレビュー、あるかな?」って
思ってココに来ると、たいていあること!!スゴイ!

この監督、『マレーナ』と同じなんですね~そうか・・
あんまり好きじゃなかったですが・・
この映画、エグイし残酷だし、ダークすぎるのですが、
それでもぐぐーっと引き込まれて最後まで一気に観れました
映像や音楽、カメラワークや色遣いなど、
かなり凝ってますよね
過去と現在と、フラッシュバックなどで行ったり来たり
してますが、ごちゃごちゃとした感じもないですし、
よくできている感じがしました

ラテン映画って、どうしてこう、みなさん演技が
素晴らしいんでしょうね!
主人公のイレーナがブロンドの時と、栗色の髪の時で
全然違う人に見えるのが、「女優ってすごい」と
思ってしまいました^^

トリエステ、行ったことないんです~
うーん、行きたくなってきました^^
Commented by acine at 2010-10-07 21:05
◇ゆりさん こんばんは~! いらっしゃいませ♪
映画、楽しいでしょう~?!えぇ~?そうなんですか?
その以心伝心ぶり(笑)、 きっと、ゆりさんと私の好みが
この辺もカブるものが多い・・・ってことではないでしょーか?嬉しいな~!

そーなんですよ。前情報なしで見たので、トルナトーレとは
知らずに見て、かえって良かったです。
この監督は、映画によっては(特にマレーナとか)、そこまで
描かなくっても~!みたいなかなり不快感スレスレみたいな
演出しますもんねぇ。
この映画も、ゆりさんも書かれてる通り、主人公の置かれた
想像を絶する立場とか、子供にも容赦なしなところとか、
けっこう激しく、そしてダークだけど、ものすごいドラマティックで、
見入ってしまいました。この映画は単純に凄い!と思いました。
2度目を見る勇気はないけれど・・・。
Commented by acine at 2010-10-07 21:06
◇ゆりさん 続きです。

ほんと、ラテン映画って、実は皆上手いですよね。
アメリカ映画みたいに、ルックスさえよけりゃ使われる人とかは
混ざってなく、皆職業:俳優系なので、落ち着いて見れますよねー。
このイレーナ役の人、役柄にぴったりのミステリアスな雰囲気が
凄く素敵でした。演技も上手かったですよねー。
スラブ系の人らしく、美しく知的な感じも凄くよかったです。

同じラテン系で、同じころ見た”パンズ・ラビリンス”(舞台は
フランコ時代のスペイン、監督はメキシコ人)も、この映画に
負けず劣らずダークだけど、凄い映画でした。まだ見られて
なかったら、ご覧ください・・・。心理的にも凄い怖い&哀しい
映画なんだけど、映画としては凄い映画ですよ~。
ゆりさんもおすすめイタリア映画ありましたら、教えてくだいね~♪
Commented by acine at 2010-10-07 21:08
◇ゆりさん 長すぎました(笑)。 さらに続き。

トリエステ・・・、はしっこですもんねー。スロヴェニアとか
クロアチアとか、旧ユーゴの国がすぐ傍だし。
ハプスブルグ色が強い街なので、あんまりイタリアらしくない
街らしいですよ~。(一緒に行ったイタリア好きの友人いわく)。
イタリア一回しか行ったことないのに、行った街が
ヴェネツィア(ま、これは大メジャー!)とこのトリエステと言うと
何でトリエステー?!とけっこう驚かれます(笑)。
BSとかで須賀敦子さんの”トリエステの坂道”の特集とか
してるとつい見てしまいます。貴重で・・・。
正味2日しかいなかったけど、こじんまりとして、落ち着いていて、
住みやすそうな街・・・という印象でした。
個人的には、次にイタリア行けるとしたら、シチリアとか
レッチェとかアマルフィ(映画で有名になる前から行きたかったんです~)
とか、南の方に行きたい!です。
by acine | 2007-11-20 23:17 | Europa  ヨーロッパ映画 | Comments(10)