Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

THE U.S. VS. JOHN LENNON   PEACE BED アメリカ VS ジョン・レノン '06 アメリカ

e0079992_13494688.jpg

ミシガン州の集会から始まるこの映画
意外にも こじんまりと淡々とした NHKか衛星で
放送しそうなタイプの ドキュメントだった
詳しくは:シネマ・トゥデイ

ジョン・レノンが撃たれたというニュースが
世界を駆け巡った時は リアルタイムで知ってるけど
その頃の彼がどんな風だったのかは知らないし
ベッドで何かあった・・・というのは おぼろげにしか知らなかった

この映画を見て驚いたのは 反戦を掲げ
政府が危険とする反骨分子と付き合いがあったジョン・レノンが
やはり政府から危険分子と見られて 盗聴、尾行されていたこと・・・
そして国外退去も命じられていて 戦いの末やっと永住許可を取ったということ

え?!ということは 例の事件ももしかして 差し金か?!と
不穏な空気を感じていたら この映画の中で描かれるピースフルな
世界を希望していたジョン・レノンのように ピースフルな地点へ
着地したので 意外にも ヒネりがなかったかな?という感じ
例のベッドの件も 思っていたより全然過激でなくて
意外にも平和だったんだなぁ・・・と思ったこと

e0079992_18114211.jpg


だけど この時代に生きたジョン・レノン 彼に共感をしていた人たち 
アクションを起こしていることに意義があり・・・という感じがする
私もだけど今のぬるま湯時代 ぬるま湯につかってる場合じゃないのに 
何もアクションが起こせない これまたぬるま湯人間には
その方法がどうであれ 勇気があるな・・・と思わされた

まさに Power To The People な時代だったんだなぁ
そして Happy Christmas の歌詞が心に沁みる・・・

そして フィルム、インタビューの中のオノ・ヨーコ
昔はいかつい顔した怖いオバハンだなぁ~と思っていたが 
意外にも可愛いところもあるし その喋り方もとても品がいい
その当時 まだ30代なのに 何もかも悟ったようなその達観ぶり 
落ち着き払った様子は凄い その風情を見ていると
こういう人は そりゃ日本じゃ納まりきらないだろうな~
今の時代でも こんな30代の日本女性は滅多にいないだろう
出会うべくしてジョン・レノンと出会ったんだろうな~と思う

するーっと見れる ピース・ベッド ドキュメント

今日の映画:70点
[PR]
by acine | 2007-12-10 18:20 | Estados Unidos 米映画 | Comments(0)