Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

BIG FISH   ビッグ・フィッシュ ’03 アメリカ (ビデオ)

e0079992_1054295.jpg

これはティム・バートン作で1,2を争う位 大好きな映画!
この年のナンバー1にも選んでるくらい (もう一つは スリーピー・ホロウ)
正月休みに ひさしぶりに見てみました

やっぱり この映画 ティム・バートンのストーリーテラーぶり 圧巻だわ!

そして キャスティングの妙&名コラボ! 豪華でかつ適材適所
”チャーリーとチョコレート工場”のウーパー・ルーパー(こっちは一人・笑)や
あの金髪母子の母まで出ててビックリ ダニー・デビートもそういえば出てた

ホラ吹きで 口から出まかせ男のような 病床のアルバート・フィニー
どこまで この男の言ってることが本当なのか
結婚式の日に 父親と衝突した息子のビリー・クダラップは
どうも父親と和解できず 病床の父ともしっくりいかないけど 
段々と真実が明らかになるにつれ 
父親と息子の関係も変わってくる・・・というお話

そんな二人を優しく見守る妻たち ジェシカ・ラングとマリオン・コティヤール
この二組の夫婦のキャスティングも最高 
一人二役で出る監督夫人ヘレナ・ボナム=カーターも
若き日のジェシカ役のアリソン・ローマンもとてもいい

そして そんなアルバート・フィニーのホラ話をいかにも本当か?と
思わせるのが 若き日の父親役のユアン・マクレガー 彼が本当にいい!
んな○ホな?と普通だったら思う ファンタジーの世界をリアルに
生き生きと生息してる きっと地のまんま?みたいな
彼の天真爛漫な存在が すーっと老いたアルバートに自然につながる

違和感全くなしの 共演するシーンは全くなくてもどうだ!の名コラボぶり! 
そんな二人のコラボが ラストの感動に知らぬ間に グイグイと引っ張っていく 
公開時はアルバート・フィニーが より印象的だったけど
今回はユアン! 彼が若き日を演じてないと ラストの感動はないと思う

これ劇場で見た時 あの川のシーンで 私はもうボロ泣きしたけど
今回はお葬式の後 みんなが談笑するシーンで 思わず涙!でした

ティム・バートン ホラーがかったり ファンタジーがかったり
エキセントリックだったりするけど こんな映画も撮れるんだ!と
驚いた印象は今回も変わらず・・・ いやーいい映画です
[PR]
Commented by manggisk at 2008-01-07 23:55
この映画大好きです。私も五本指の中に入る映画です。もっとも5本といっても優劣つけられないだけなんですけどね。
最後のほうは涙が止まらない。嘘のような本当の話のファンタジーと思ってみましたが、ユアン・マクレガーの魅力に開眼した映画でした。
もひとつ五本指圏内に入った映画が、ボルベール。このお正月に見てもうペネロペの歌に感動、泣いちゃいました。あんなに上手だとは。あのハスキーがかった声もスペイン語にものすごく合うし、ペネロペの肝っ玉母さんぶりにも驚き。
ハリウッド映画なんかに出るよりよっぽど感動させてくれます。ペネロペって実はすごく良い女優さんだったんだ、と見直させてくれた映画です。やっぱりラテン系の雰囲気が一番なのかも。
Commented by acine at 2008-01-08 11:36
◇manggiskさん これは、本当にいい映画ですよね~!
私も映画館で見た時、あの見送るシーンもうボロボロ泣きましたもん~。
今回はあの談笑シーンで涙でした。ほんとほんと、嘘のような本当の話・・・
ティム・バートン、本当に旨いなぁ!と感心しました。
ユアンの天真爛漫な存在とA・フィニーののほほんぶりが、絶妙のコンビ
でしたね。
 
おぉ!”ボルベール”も見られましたか!私もあの歌のシーンは涙腺が
緩みました。ペネロペはやっぱりスペインもの、ラテンものが絶対よいですね。
強烈な女達のコラボも面白かったですよね。私はアルモドバル映画の
色使いや音楽も凄く好きなんですよ。
by acine | 2008-01-07 11:09 | Estados Unidos 米映画 | Comments(2)