Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

WAITRESS   ウェイトレス おいしい人生のつくりかた ’06 アメリカ

e0079992_2315172.jpg


やっぱり 女が描く女は違う
チクリと現実的で ふわりと希望も

パイが名物のダイナー パイ名人の主人公 厨房モノであり
ダメ亭主 望まない妊娠 主治医との不倫 上手くいかない人生を絡めた 
女性監督ならではの視線 こじんまりとした映画だけど いい映画だった
次々と現れる創作パイが美味しそうで ネーミングも絶妙

主人公ジェンナの人生と カブらない人生を送ってる観客にも 
じわじわと共感させ 早くこんな人生辞めなさいよ~!
こんなダメ亭主さっさと切って 逃げればいいのに~!
アナタの道を歩むのよ~!と 思わずジェンナの行く先をハラハラと 
ダイナーのウエイトレス仲間のように 自分も思わず心配してしまう 
静かで強力な洗脳力 そして静かな爆発力がある映画

結婚してから 豹変してしまった ダメDV亭主に諦めながらも
根気よく結婚生活を続けるジェンナが痛々しい
その旦那も 心底悪い人ではなさそうだけど
どう見ても あんな男にまとわりつかれて いい人生になるわけがない
ジェナが妊娠を告げた時言ってた 子供を産む条件も 
お前は○ホか?と呆れる位ガキだ

そんなところに現れた 白馬の王子ならぬ 白衣の王子
とはいえ あんまり垢抜けない雰囲気なのも この映画にはピッタリ
担当産婦人科医のドクターと不倫・・・ 辞めようと決心しながら燃え上がる心
そりゃもう致し方ないよ!と誰もが納得するだろう
そんな彼と逃避行するのかと思いきや 
そう簡単には問屋がおろさないところも現実的

嫌々だった子供の出産も 産んだ途端に彼女の人生が変わる
そして 足を踏み出すところが 今度は逆に映画的で 少し夢物語だったりして
苦労のあとには 少しの幸せというさじ加減・・・
ちょっと呆気にとられるが 苦労したんだからと・・・と思うと後味もいい

e0079992_23372466.jpg


そんなジェンナを演じたケリー・ラッセル
毅然と人生を受け入れ でも小さな夢は捨てたくない
でも どうにも出来ない現実 望まぬ妊娠への戸惑い
旦那には感情を押し殺すけど ドクターには戸惑いながらも情熱的
クールで誠実でドロくさい 田舎のちょっと美人がピッタリだった

そして ジェンナと共に働くウエイトレスたちもとても良かった
可愛い女たち そして その3人の関係も凄くいい 
皆それぞれ悩みを持ち ささやかな幸せを追い求める姿
国が違えど 誰もが同じこと考えてるだろう
この女たちも まるでボルベールの女たちのようで 
叱咤激励しつつ お互いを支え合い助け合う姿は 見ていて心地よかった

そんなウエイトレスの一人 ドーン役を演じたのが 
この映画の監督エイドリアン・シェリー ファニーフェイスの顔も声も可愛い人
小粒だけど地に足のついた 心の通い合うよい映画を作る人だと思う

なんと彼女は ’06年 騒音を隣人に注意しに行き 惨殺されてしまったそうだ
なので 彼女の映画はもう見ることが出来ない
人生思うようにはいかないけど 夢を捨てずに地道に
生きていこうじゃないの!という こんな映画を残して・・・

ご冥福をお祈りします 

今日の映画:78点
[PR]
by acine | 2008-01-15 23:48 | Estados Unidos 米映画