Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

WHEN THE ROAD BENDS: TALES OF A GYPSY CARAVAN   ジプシー・キャラバン ’06  アメリカ

e0079992_2357522.jpg

北インドに起源を持ち 11世紀から全世界へ散らばったジプシー(ロマ)
彼らの生活や生き方と音楽 その土地毎に特色のある音楽の数々

インド、ルーマニア、マケドニア、スペイン
4つの国の5つのバンドのアメリカツアー”ジプシー・キャラバン”
そして彼らの国での生活を織り交ぜながら追うドキュメント映画

音楽(しかもエスニック)、ロード・ムーヴィー、ドキュメント
私の好物がズラリと並んでいるこの素材!
きっと楽しめる!の予感はピッタリ当っていた

国やタイプは違えど 原始的で 訴えかけるこの旋律
トランス状態に陥り 観客席の幼児までが自然に
踊りだした気持ちがよーくわかったりもする・・・
なんともノスタルジックで魅惑的で幻想的な旋律の数々

マケドニアのジプシー・クィーン エスマ
美しい衣装に身を包んだふくよかな体と豊かな歌声 
子供が出来ないので47人の養子を引き取り育てたという彼女
太陽のような笑顔と そのどこまでも広い 痛みを知る心が印象的

そしてこの映画を見ていたら ルーマニアはジプシー音楽の
一大産地というか メッカなんだなぁと 恥ずかしながら知る 
そういえば去年見たトランシルヴァニアもルーマニアが舞台だったな~

耳に残るは君の歌声で 共演してから友人であり 
バンドのファンと語る ジョニー・デップのインタビューも入る 
タラフ・ハイ・ドゥークスの中心人物らしい粋なじい様ミュージシャン
ニコラエ ルーマニアの素朴な自宅でのインタビュー

e0079992_0163178.jpg


”ミュージシャンはモテるんだ”
”この年で一家みんなを食わせてるんだよ”
”ジョニー・デップの家みたいにプールをそのうち作るんだ”
”年をとってから 楽な人生で感謝してる”

なんともウィットがあり 自然体で気取りがなく
音楽を素朴に愛し 演じる姿はなんとも粋
こんな粋なジイさんは 日本には滅多にいないだろう
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブに出てくる ハバナのジイさん同様 
なんともカッコよく それゆえに 終盤でまた泣かせてくれるのよ

地元の才能ある少女に授業料を出して音楽を勉強させたり
音楽で成功した分 何かを社会に還元したい
貧困から脱出するためには 子供に教育をつけてやりたい
とか 彼らの考えることは凄くまっとうだ

流浪の民ゆえ 迫害され 疎まれ 就きたい職業にも
なかなかつけなかった歴史の中 自然にインドから脈々と
持ってきて 受け継いだ音楽が彼らの大きな財産となり
現地の環境と融合し また個性豊かな音楽を作る・・・ 
財産は持たずとも 原始的な生き方がいいなぁ・・・
遊牧民がルーツ そんなB型の私には 何とも魅力的だった

そして 発祥の地 インドのルーツは同じだけど 
今は各々違う国の人間として 彼らが存在すること
でも 自分達に流れるものは同じ・・・という感覚も 
島国で育った人間には 凄くユニークに思えた

話は戻るが ジプシー音楽のメッカ ルーマニアのバンド
ファンファーラ・チョクルリーア これまた凄いブラスバンドだった
まさにトランス系というか魅惑的 ここのオヤジさんもまたいい味わい
ラスト辺りのあの窓の外の演奏シーン・・・泣けました

そして 個人的にも興味大 スペインのフラメンカ
ロマの言葉は話せなくとも 今風のヨーロッパ的暮らしをしながらも
ロマに生まれてよかった みんなとツアーをして同じものが
流れているのがわかった・・・と語る彼ら 他の音楽と比べると
陰影と静と動の激しさが対照的なスペインのフラメンコも
まさに彼らの影響なくしては成り立たない音楽 
カンタンテ&バイラオーラの肝っ玉母ちゃんも何とも魅力的

そしてまさに本場 インドのバンド マハラジャ
いかにもインド!という衣装に身を包み オリジナリティを
プンプン発するその旋律 世界でもこんな魅力的な旋律は
なかなかないよ・・・と言う通り 唯一無二の旋律
そして 化粧をし 美しく飾り立て 凄いダンスをする
ちょっとおネエ風青年 彼のダンス・フレンドリーさも凄く魅力的だった

e0079992_0335022.jpg


ラスト マケドニアのエスマの言葉

”みんな ロマを見習うべきよ
私たちは戦争を始めたり 国を占領したり 
誰かを迫害したことなんて歴史はない”

そんな彼らの素朴で オリジナリティ溢れる音楽と人間性
一緒にツアーバスに乗ってるかのようなドキュメントはとっても魅力的だった

今日の映画:82点
[PR]
Commented by CaeRu_noix at 2008-04-24 07:22
acine さん、こんにちは。
素敵な音楽ドキュメンタリーでしたよねー。
ほんと、ニコラエじいさんったら、イキでかっこいいです。
そんな姿にスポットがあてられていたことも嬉しくなりました。
ロマの音楽はもともと大好きだったんですが、ルーツが同じでもそれぞれに個性的な5つバンドの多彩な音楽がこれまた楽しかったですよねー。
私は前世はロマだったとほざき続けますー♪
Commented by acine at 2008-04-24 23:11
◇かえるさん ホント!予想にたがわぬ、私も大変好みのドキュメントでした!
ワールド系でエスニック系・・・たまんない世界ですよね。
ニコラエじいさんがあのルーマニアの自宅で語るシーンが凄く
人間味が溢れてて、よかったですよね。そして終盤・・・涙!でした。
ロマの世界ってのは、ほんとにワールドワイドなんだなぁ・・・と
感心しました。私はB型で、ホントは遊牧民だから、どうも日本社会は
合わないわ~と思っていて(笑)、こういう放浪の民・・・大変そうだけど、
自分たちだけの世界を持っていて、いいなぁ・・・と思います。 

by acine | 2008-04-15 23:58 | Estados Unidos 米映画 | Comments(2)