Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

CONTROL   コントロール ’07 イギリス・アメリカ・オーストラリア・日本

e0079992_223629100.jpg

イギリスの伝説のバンド 
ジョイ・ディヴィジョンのヴォーカリスト
イアン・カーティスを追ったドキュメント系映画
詳しく:東京美術通信

さすがに その時代は早すぎて 
カヴァーでの ”Love will tear us apart”
そして イアンが23歳で亡くなったあとのバンド
ニュー・オーダーの曲をチラっと知ってる位だけど・・・

e0079992_22582194.jpg


予告を見て これはよさそう!という予感がバッチリ当っていた

伝説の悲劇のミュージシャンを追う 音楽映画の中でも
ドキュメント系としても シンプルに映画として見ても
クオリティの高さが素晴らしい すごく良かった!

音楽好き 映画好きには きっとグっとくる映画だと思う
バンドをよく知らなくても イアンの生きていた時代に
自分も同化してるようなシンクロ感があり 
イアンと同じように こっちまで苦悩してしまうようなリアルさ 
正直どっと疲れたけど 疲れる価値のある内容だと思う

フォトグラファーであり 名だたるアーティストやバンドの
様々なプロモーションビデオを手がけてるらしい
アントン・コービンの初監督作らしいが・・・

全編モノクロながら その世界の空気感の素晴らしさったら!

イアンの終焉に向かっての重い世界を描いているけど
その時々の空気感 息詰まるような苦悩 タバコの煙 
音楽映画ならではの高揚感 女 映像&音楽の一体感 

物静かで内部で苦悩するイアンが多くを語らなくても 
彼の表情 佇まい くゆらす煙草の煙 ひょろっとした後姿
苦悩する人間から生み出される歌詞 危うさと神々しさ
その映像と音楽が 彼の揺らぐ心を 存分に写し出していた

e0079992_2301954.jpg

とにかく イアン役を演じた サム・ライリーが素晴らしかった!!!

大きな目とひょろっとした長身で 繊細で 何かに憑りつかれたかの
ような独特のステージング 真摯に自然にイアンになりきっていた感じ

憂いのある少年時代 そして若くして結婚し父親になり
バンドも徐々にメジャーになる中で 妻との不和 
美しいアニックとの不倫 病気(てんかん)の発覚と発作に見舞われ
家庭・恋愛・バンド・病気 板ばさみになり自己嫌悪に陥り
一人ところん苦悩し 周りの人間も悩ませるのだけど

その苦悩ぶりが 余りにも見ていて 痛々しくて
無事 彼の終着点はあるのだろうか・・・?と 
自分をコントロールできず 段々と追い詰められていく彼を
見ながら こっちまで一緒に追い詰められそうになる位 

よい結末が 待っていないのはわかっていても
彼の存在に目が釘付けになってしまい とにかく素晴らしかった!

この役 ジュード・ロウ、イライジャ・ウッド、キリアン・マーフィなども
候補だったらしいけど すっかり顔が出回ってる俳優より
新鮮なサム・ライリーで 大正解だったと思う
イギリスの若い俳優はほんとに凄いね 地に足が着いている

e0079992_239463.jpg

そして イアンから失敗した結婚と言われ 裏切られつつも 
なかなか離れられない妻を演じた サマンサ・モートンも適役

最近あっちやこっちやでやたらと顔を見るサマンサ・モートンだけど 
今回は妙に太いというか ゴツい体格が気になって 
繊細そうなイアンと結婚するティーンエイジャーにはかなり無理が
あるんじゃない?と思わせるようなどすこい振りで???だったけど 
バンドがメジャーになるにつれ 家からも自分からも離れていく
ミュージシャンの夫をつなぎとめられない妻役にはピッタリだった

彼女の気持ちはわかるけど そうでなくても女の子に取巻かれる
旦那がいたら あんなどすこいのままでオバさんくさかったらダメでしょ~!!!
登り調子の旦那がいるのに 自分はまったく変わらず 垢抜けないまま 
単に夫を信じて 私は妻よ!とあぐらをかいていては 
そりゃ旦那に逃げられるよ・・・という痛々しい役を 見事に演じてたのは凄い

e0079992_23434593.jpg


そして そんなどすこいな妻と家庭に悩む イアンの心にすーっと入り込んだ
ベルギー人のコケティッシュなアニークを演じたアレクサンドラ・マリア・ララ
彼女がもう凄く可愛かった! いかにもミュージシャンの心をつかみそうな
ルックスと雰囲気 素人くささを残し 洗練もされた 絶妙なさじ加減の女
ルーマニア人の女優らしいけど 個人的にはすっごく好みのべっぴんさんだったな~
サマンサほっといて 彼女に走るのが納得のこれまた適役だった

しかし 奥さんと本当に別れたいのか そうでないのか
イアンの心は既に決まってるくせに 奥さんとなかなか別れることが出来ない
延々見せる優柔不断さも これまた女二人を不安に陥れるのは ホントは酷いもんだ
嫌々家に帰ってきながら 奥さんに別れると宣言して 出かけた矢先に
アニークが待っていたり・・・どっちかが気性の激しい女だったら
絶対修羅場になりそうな感じ 若い&ミュージシャンだからってあれはイカンよ
あとで思い返せば 悶々とした三角関係だったなぁ

そして その他キャストの面 バンドのメンバー うさんくさいマネージャー 
マネージャーから降格した用心棒たち 基本的には悪い人間はいなくて
皆 適材適所で バッチリハマっていた

思ってた以上に ジョイ・ディヴィジョンの音楽もよかったので
またCDも聞いてみようかな~と思ったりして

それにしても 凄くいい音楽映画だった! 
静かで暗くて重くて 繊細で強烈!

今日の映画:84点

ニュー・オーダー絡みの映画:24アワー・パーティ・ピープル
公開時に見て これも雰囲気モンで悪くないけど
今回の方が 映画としてはぐっと上
[PR]
Commented by CaeRu_noix at 2008-05-22 01:00
acine さん、こんばんは。
モノクロームの映像の質感が素晴らしかったですよねー。
そして、サム・ライリー!!
彼の表情に浮かぶ憂いにノックアウトでした。
私もあのベルギー人の彼女の存在にも魅せられました。
この二人はモノクロの美しい映像の中でホントに絵になってましたよね。
切ないけれど、ステキな作品でしたー
Commented by acine at 2008-05-22 23:00
◇かえるさん こんばんは!
ほんとにモノクロなのに、決して平坦にはならずに、空気感や感情が
すごく溢れた映像&物語だったと思います。そして、サム・ライリー!
ほーんとに彼は素晴らしかったですね。かえるさんちに書かれてたけど、
俳優の勉強してなくても、これだけ出来るって驚異ですよね。
彼の憂いのある風情が本当にこの映画をぐーんとグレードアップしてた
ように思います。これは名演ですよね。
あのアニーク役の彼女も説得力のある可愛さでしたよね。この二人って
その後、ホントに付き合ってるらしいですね。わかるわ~。あんな子が
いれば、私が男でも、絶対言い寄る!
凄く良かったので、もう1回見に行ってもいいなぁ・・・なんて思ってます
by acine | 2008-05-20 22:54 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(2)